ラケット少年団 9話・10話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ラケット少年団 9話・10話 あらすじと感想

「広告」


ラケット少年団 라켓소년단 Racket Boys 2021年放送 SBS月火 全16話

第9話視聴率3.6% 5.4%

neroさん

第9話あらすじ

釜山で国家代表の合宿トレーニングが行われ、セユンとハンソル、ユンダム、そしてヘガンが参加します。山登り訓練の途中、隣にいたハンソルに声を掛け、内緒で先に下山しようと提案するヘガン。実は山頂で選手らを待っていたのは、ヘガンの父ヒョンジョンだったのです。そこへ、どこからともなくペン監督が現れます。ペン監督の監視により、ヘガンらの脱出計画は失敗に。帰り道、道に迷ったヒョンジョンは、男女でペアを組んで下山するようにと提案します。セユンとペアになったヘガンは、渓谷で一休みしながら、パク・チャンから告白されたのかと質問。するとセユンは、明日の夜会う約束をしたと答えます。

その日、練習を終えたヘガンはカラオケに行こうと誘うも、ユンダムはそれを断ります。結局、他校の選手らとカラオケへ向かうヘガン。宿舎に戻ると、そこにはまたしてもペン監督が。明日の試合に負ければ、国家代表の資格をはく奪すると監督。

ヘガンらが不在の村では、村の活性化を巡って会議が行われることに。都市にはデパートや地下鉄があると話すと、村にもデパートを建てて地下鉄を走らせればいいと話すヨンテ。そんなヨンテの発言に、同席したウチャンとインソルはギョッとします。結局これと言った意見は出ず、会議が終わろうとしたところ、都市夫が手を挙げます。村の特産品をネットショップで販売して、村の知名度を上げてみてはどうかと都市夫。これには村長を始め、オメおばあさんらも感嘆の声を上げます。

日本の代表選手らとの交流試合が行われ、男女ともに勝利。日韓戦とあって、終始ピリピリしたムードの監督たち。しかし、試合を終えたセユンは、「私は日本が相手だから必死になったわけじゃない。私たちは日本の選手とも仲良く過ごしている」と答えます。その言葉に、思わず感心する大人たち。

トレーニング最終日、休暇を得た選手たちはそれぞれに観光を楽しみます。待ち合わせ場所に、ハンソルと一緒にワンピース姿で現れたセユンを見て、思わず息を飲むヘガン。セユンと海雲台へやってきたヘガンは、通りかかった男性に声を掛け、ツーショット写真を撮ってもらうことに。ヨンテに頼まれたミッションを終え、宿舎に戻ると、そこにはセユンを待つチャンの姿が。



部屋に集まった選手たちは、中央に置かれたシャトル用のケースを見て、何やら神妙な面持ち。それぞれに賛成・反対を口にすると、ハンソルがケースの中に隠されたビール瓶を取り出します。しかし、直前で怖気づいた選手たちは、結局酒を飲むのは諦めます。代わりにゲームを楽しむ選手らでしたが、そこへ見回り中のペン監督が現れます。セユンと共にクローゼットに隠れたヘガンを除き、監督に連行されて行く選手ら。グランドを走る選手らを見て、ペン監督は「1人足りないな」と呟きます。

その頃、クローゼットに隠れたヘガンは、チャンの告白に何と答えたのかと聞きます。「告白はされていない。でも、大会に勝ったら告白するつもりだって」と答えるセユン。それを聞いたヘガンは、恐らく告白は出来ないだろうと話します。大会では自分がチャンに勝つつもりだと言うヘガンに、「…その約束、守る自信はある?」とセユンは尋ねます。

第9話感想

セユンとヘガンの間に流れる、何とも意味深な空気…。

前回、セユンに話があるとメッセージを送ったチャン。それを知ったヘガンは、どこか面白くないと言った態度で、合宿中もチャンを目の敵にする様子が描かれました。セユンを呼び出したチャンは、その場で想いを伝えるのではなく、大会で優勝して告白すると宣言。何から何までやることがカッコよすぎます、パク・チャン。

パク・チャンの告白宣言を聞いたヘガンは、自分が大会で勝つ予定だとこれまた大口を叩くことに。これに、約束を守る自信はあるのかと尋ねるセユン。セユンはきっと、ヘガンに約束を守って欲しいんですよね。2人の甘~い恋物語の行方が気になります。そして、ユンダムとハンソルの関係も可愛い。この2人はもう、付き合っているのでしょうか。こちらもお似合いです。

第9話では、日韓戦の様子も登場。日本が相手とあって躍起になる監督らでしたが、セユンが言った一言がとても印象的でした。「私たちは日本の選手だからと言って嫌いではありません。これはスポーツで、バドミントンはバドミントンですから」これまで、反日思想を取り入れた韓国ドラマは多数見て来ましたが、こんな風に日本との関係を表現する作品は初めて。日本人として、見ていてとても嬉しい気持ちになりました。まだまだ日韓の関係は良好とは言えませんが、少なくともスポーツにおいては、こういったわだかまりがなくなればいいなと思います。

また、ヘガンたちが釜山で観光を楽しむシーンでは、海辺を通りかかる現地人としてイ・シオンがカメオ出演。俳優イ・シオンと言えば、釜山出身で有名ですよね。ドラマ「ラケット少年団」は、毎回豪華なカメオ出演にも注目です!

第10話視聴率4.4% 5.1%

neroさん

第10話あらすじ

クローゼットで2人きりになったヘガンとセユン。そこへペン監督が現れると、ヘガンはセユンを庇って1人でクローゼットを出て行きます。罰としてグラウンドを走らされるヘガンでしたが、その表情は明るく…。

合宿を終え自宅へ戻ったヘガンは、ヒョンジョンが投げたリンゴを受け取ろうとするも、上手くキャッチできません。最初は偶然かと思ったものの、目の前に立つヨンジャにすら気付かないヘガン。どうやら日韓戦で負傷した目に問題があるようでした。慌ててヘガンを病院へ連れて行くと、幸い大したことはなく、1週間ほど安静にしていれば治るとのこと。ほっと安堵するヒョンジョンでしたが、ふと医師から言われた一言が気になり始めます。「ヘガンは本当に、運動がしたいのだろうか。」

ヒョンジョンは家に戻ると、下宿中の部員たちを呼び出します。しばらくの間、ユンダムの家で過ごすようにと伝えるヒョンジョン。さらにヘガンは安静が必要な為、連絡もしないで欲しいと言うのです。

一方、何も知らないヘガンはここぞとばかり休暇を満喫することに。リビングでダラダラと過ごすヘガンを見て、セユンは苛立ちを募らせます。しかし、セユンが何に対して怒っているのか、全くわからないヘガン。

SNSでヘナム西中の伝説について書かれているのを見つけたヨンテは、ユンダムとウチャンに報告。そこに書かれていたのは、伝説のコーチと言われる“白い狼”の話でした。白い狼が一体誰かと頭を悩ませる部員たち。部活帰りにスポーツ用品店に寄り、店長に白い狼について尋ねた部員たちは、それがペ監督だと知り驚愕します。

翌日、借金の保証人となった友人に会いに行ったヒョンジョンは、貸していたお金を返してもらうことに成功。皆が金を返せと催促するなか、ヒョンジョンだけが自分のことを心配してくれたと涙を流す友人。そんな友人の姿を見て、ヒョンジョンの心はますます複雑に。ヒョンジョンが家に戻ると、そこには部員らの姿が。部員らがヘガンに会いたがる理由が対抗戦の為だと考えたヒョンジョンは、「言っただろ!ヘガンはしばらく運動を休むって!」と憤怒。そんなヒョンジョンに、ウチャンはヘガンと遊びたいだけだと答えます。その後、ヘガンを呼び出したヒョンジョンは、ソウルへ戻って野球をするのはどうかと提案。しかし、ヘガンはバドミントンがしたいと話します。

翌日、ヒョンジョンがヨンジャと一緒に家に戻ると、飾り付けられたリビングとケーキを持ったヨンテが。実はその日はヒョンジョンの誕生日。部員たちがヘガンと連絡を取りたがっていたのは、試合の為ではなく、ヒョンジョンの誕生日を祝う為だったのです。皆の前で大泣きする父ヒョンジョンを見て、驚くヘガン。2日後、学校対抗戦が始まり、見事1勝を収めるラケット少年団。惜しくも2回戦で敗退したヘナム西中でしたが、下宿も再開し、再び日常に戻ります。

ワンおばあさんの誕生日、村を上げて盛大なパーティーが行われます。映画を鑑賞した後、スクリーンにはヘガンらが撮影した釜山の風景が。実はヨンテがヘガンらに頼んでいたのは、おばあさんの故郷・釜山の名産品と風景の動画でした。映像を見たおばあさんは、喜びを噛みしめます。一方、試合の日程を変更してもらう為、ヒョンジョンは相手校のコーチに会いに行くことに。しかし、それまで良い雰囲気で酒を交わしていた2人でしたが、試合の日程は絶対に変更できないと告げ、去って行くチョンコーチ。

そんななか、新たにSNSには、“白い狼”ことペ監督がかつて、部員らに暴力を振るっていたとの記事が。

第10話感想

第10話のラストに登場したのは、部員らに暴力を振るうペ監督の姿!

本当にペ監督は、教え子たちに手を挙げたのでしょうか。これまでのペ監督は、口数は少ないものの部員想いで、温厚な監督に見えましたが…。これまた気になる展開となりました。

ヒョンジョンの誕生日に、運動着をプレゼントした部員たち。最初はどうせセール品だろうと考えたヒョンジョンでしたが、実はそれは新製品。部員たちがどれだけヒョンジョンを慕っているのかがわかりますね。そんな部員たちの気持ちを知らず、ヒョンジョンは試合の為にヘガンが必要なのだと勘違いしてしまいます。部員たちは、ただヘガンと会って遊びたかっただけなのに…。ヘガンから部員らを遠ざけようとするヒョンジョンの行動は、ちょっとないなと思いました。でも、すぐに誤解が解けて良かったです。

一方、村の人々と食事を終えた都市夫婦は、老人らの早く子供を作れコールに思わず気を悪くします。先に席を立つ妻。残った夫は、「結婚したら子供を持つことが当たり前だと思っていたけれど、違いました。幾ら願っても、叶わないこともあるんです」と反論しました。田舎ならではの行き過ぎた関心かもしれませんが、これはちょっと酷いですよね。シン女史のキャラクターがイマイチ掴めませんが、悪い人ではないような…。今後どのような展開を見せるのか、楽しみです。

ラケット少年団 11話・12話 あらすじと感想

ラケット少年団 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー