ラケット少年団 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2021年



放送予定

【日本放送】

●Netflix

【韓国放送期間】 2021年5月31日~8月9日 22:00毎週月曜日と火曜日

ラケット少年団

라켓소년단 Racket Boys

2021年放送 SBS月火 全16話

視聴率

平均視聴率 4.93% 시청률 最低視聴率第9回4.5% 最高視聴率第15回5.6%

出典:https://programs.sbs.co.kr/

あらすじ

バドミントン界のアイドルを目指す「ラケット少年団」の少年体育大会への挑戦記で、陸の端の農村で繰り広げられる16歳の少年少女たちのリアルな成長ドラマ

相関図

出典:https://programs.sbs.co.kr/

キャスト

海南(ヘナム)西中学校のコーチ&選手


出典:SBS

キム・サンギョン ユン·ヒョンジョン役 生まれ年:1978年(44歳)現住所:全羅南道海南郡 職業:海南西中学校バドミントン部コーチ 趣味:オヤジギャグ 特技:犬足ダンス 強み:すべてに肯定的な態度 補完点:ラテっていう言葉を捨てることができない昔の大人
指導者総合評価:親和力は最強で、厚かましい! 友人の借金保証を皮切りに、今は何もしなくてもどんどん貧しくなる一家の家長。 それでも肯定的なのが長所であり、短所。肌なのかと思うほど365日着る、黒いトレーニング服が強制トレードマーク。本人は絶対に違うと言うが、「パパの時はね~」が口癖。世紀末の流行語と言葉遊びが特技であり、趣味でもあるオヤジギャグマニア。 当然、周りに反響はない。 一時は国家代表を務めたが、現実は生活のため体育講師をしながら、会員の機嫌を取るのが仕事。どこか物足りないように見えても、情が深くて、人が良いため、かえって損をするケース。これ以上都会で持ちこたえられなくなり、先輩の勧めで農村に帰る。生活費のために、仕方なく引き受けた海南西中学校のバドミントン部。そして、子供たちと一緒に少しずつ成長していく中で、本気でバドミントンを始めた息子のヘガンに毎度無視され、友達のように喧嘩したりもする。ヘガンのために自分のすべてを諦めて、何でもできる息子だけに期待する。


出典:SBS

タン·ジュンサン ユン·ヘガン役 ユン·ヒョンジョンコーチの息子。生まれ年:2006年(16歳中3) 出生地:ソウル 麻浦 現住所:全羅南道海南郡 趣味:キャッチボール 特技:野球 将来の希望:野球の国家代表 球歴:2016年(11歳小4)~2021年(16歳中3)_6年(※野球) 強み:運動センスと動物的な感覚 補完点:ウクする
指導者総合評価:小さな村でバドミントンを始めた、野球部都市少年の普段から怒りっぽい、血の気の多い性質で、言葉遣いや行動がやや荒っぽいので注意してほしい。
ソウル生活16年、望まない転校によってその程度がさらにひどくなる。 特に父へ。 必要以上に強いふり、クールなふりをするが、犬とお化けは恐れる怖がり屋。 「俺、俺はユンへガンだ!」と自信満々によく叫ぶソウルから来たと部員と農村を無視する傾向がある。 部員との関係、農村生活への適応を注意深く観察する必要があるようだ。 何よりも親子関係でトラブルにならないよう格別の注意と配慮が必要。 試合であれ日常であれ、負けるのは我慢できない「狂った勝負欲」の持ち主。 恋愛経験なし まだ愛より友情が良いという母胎ソロ、義理男。 アイドルは国家代表投手のヤン·ヒョンジョン選手、チキンが好きな典型的な子供たちの好みの持ち主。 この生の言葉で典型的な田舎者。 性格や性向については意見が様々だが、運動能力が優れていて、これからの発展が期待できる怪物であることは確か!



出典:SBS

ソン·サンヨン バン·ユンダム役 生まれ年:2006年 (16歳中3) 出生地:全羅南道海南西県州 全羅南道海南郡 趣味:SNS、自撮り 特技 (無駄な): 賭け国家代表 将来の希望:バドミントン 球歴: 2015年 (10歳小3) から7年 強み:強いスマッシュと爆発力 補完点:接戦の状況では急ぐ傾向がある
最近の受賞歴: 2020年全国夏季種別選手権大会15歳中2シングルスベスト8
指導者総合評価:ルックスと実力を備え、インスタグラムのフォロワー10万人を夢見る全国区の人気者で、目覚めたらSNSから確認できる関心種だ。
息子の運動を全面的に支援する両親がパン屋を経営しており、あだ名は「パンユンダム」息子がピザを好んで食べ、おやつとしてピザをよく送ってくれる。 6人兄弟の長男、表現はしないが長男として相当な責任感を感じているようだ。 普段の練習の時も主将としてリーダーシップが強く、ファイトの良いスタイル。 守るべきことは守る! 絶対に先生、親が決めた線を越えない時と場所を選ばず賭け事を提案する賭け中毒者。 コーラ早飲みなどの指導が必要な賭けも目にする。 女子大生の恋心に冷淡 強いスマッシュが得意な攻撃型選手、全国大会シングルスベスト8進出! チームのエースとして活躍中。大都市から定期的にスカウトのオファーを受けているが,断った理由は不明。 最近は接戦の状況で焦り、急ぐ傾向がある。 解決策として、叱るよりも褒めることが適していると判断し、メンタル管理により集中する予定。



出典:SBS

チェ·ヒョンウク ナ·ウチャン役 生まれ年:2006年 (16歳中3) 出生地:忠清南道鷄龍 現住所:忠清南道論山市 趣味:ヒップホップ 音楽鑑賞 特技:ハンドシェイク 将来の希望:放課後バドミントン教師 球歴:2016年 (11歳小4)_6年 強み:安定感のある守備力 補完点:慢性的な体力不足
指導者総合評価:海南ソジュンヒップホップ王。校長先生にもヒップホップ式の挨拶をしたことがあり、格別に注意!
校友との共感能力に優れ、あらゆる面でディテールで繊細な性格の持ち主。 おかげで口げんかをする部員の仲裁者でありカウンセラー。 また、誕生日と記念日を祝う優しい男。 1年後輩のヨンテと仲が格別で、自他共に認めるバドミントン部の相棒。 軍人の家族で親離れ すべてがヒップホップだが、父には「田中」口調を使う。 父は息子の運動を嫌っており、今後の部隊発令時には転校を考慮している。 頻繁な転校で本人が疲れを感じているため、格別に気を使う必要があるようだ。 最近バドミントンの実力も停滞中。スマッシュに力が不足し、体力と持久力も著しく落ちる。 後輩の成績がもっと良いことに自信を失わないように激励することが何よりも必要だ。 それでも守備だけは全国トップクラス!



出典:SBS

キム·ガンフン イ·ヨンテ役 生まれ年:2007年(15歳中2) 出生地:全羅南道海南郡 趣味:利用隊 徳質  特技:おしゃべり 将来の希望:生活体育指導者 球歴:2015年(9歳小2)_7年 強み:全般的に安定したプレー 補完点:確かな主な特技部材、大きな試合で過度な緊張とジンクスがある。
指導者総合評価:バドミントン界のおしゃべりの実力者!
バドミントンについてはAからZまで知らないことがない。典型的なTMI(情報過剰)であり、TMT(おしゃべり)。たまにその程度がひどくて、兄たちのムチをもらうが、なければ物足りない、自他共に認めるムードメーカー。「私に良い考えがある~」と「デジネ·デジャ~」を口癖のように使う、アイデアバンクであり、小細工大魔王。 民間療法の達人。毒草と薬草を使い分ける才能があり、自然と農業のことも知らないことがない。 部員の中ではウチャンと仲が良く、頼りがいがあるように見える。イヨン大学オタク! 服装から運動スタイル、セレモニーまで全てコピーしようとする傾向がある。瞬発力のあるネットプレーなど、全般的に安定した競技力を発揮するが、逆に自分だけの得意技がないというのが短所。 普段は大丈夫だが、大きな試合の時は過度に緊張し、心理的な不安感が強い。 そのたびに下着の色、ユニフォームの着用順序など、すべてのジンクスにこだわり、憧れのイヨン大学選手との出会いを待ちわびている!  時には過度な傾向があるが、動機づけのためであり、実力上昇に肯定的な影響を与えると考えられる。


出典:SBS

シン·ジョングン ペ監督役 海南西中学校体育教師で、バドミントン部の監督。印象よさそうに見えるが、毎日が大変で無気力な体育教師でバドミントン部監督。 「挑戦」、「創造」という言葉が大嫌いで、新しいものに対しては無条件否定的である。 でも子供たちには、「勝っても一緒に!」 「負けても一緒に!」と空しく叫んだりする。 妻より校長先生の顔色を伺い、今日一日も無事過ぎ去ってほしいが、チームのエース、ユンダムには無条件に「OKマン」! 唯一、信じて頼れる選手だ。


出典:SBS

キム·ミンギ チョン·インソル役 非常に気難しい性格で、海南西中学校の全校1位であり全校会長。 「運動は勉強ができない子供たちがすること」と考え、校内のバドミントン部を徹底的に無視して、バドミントン部のユン·ヘガンと対立するようになる人物。


出典:SBS

キム·ギチョン 校長 へナム西中学校の年寄り。学生たちが「チキン」と叫ぶ時に「有機農」を叫ぶ不通のアイコン。校長につかまれば説教1時間は基本、生徒の忌避対象の第1号だ。 人の話にすぐふりまわされる他人行儀。バドミントンはもう盛りが過ぎたという話を聞いて、伝統のバドミントン部を解体してゴルフ部をつくろうとする。 注目されるのが好きだ。 ただ、全校会長であり地方区軍医長の息子でもある、チョン·インソルには寛大なひいき教師。

海南第一女子中学校のコーチ&選手


出典:SBS

オ·ナラ ラ·ヨンジャ役 生まれ年:1980年(42歳) 現住所:全羅南道海南郡職業:海南第一女子中学校バドミントン部コーチ 趣味:子供たちのコンディションチェック 特技:バドミントン 強み:一時は牛耳ったバドミントン界の最強者らしいカリスマ 補完点:鋭い目つきのため、たまに近寄り難い。
指導者総合評価:バドミントン界の生きた伝説! 近づけないカリスマ! アジア競技大会女子シングルス金メダリスト、バドミントン界の生きた伝説! 現在は全国1位の海南第一女子中学校のコーチ。 コート内外の戦略と政治、すべてが完璧なカリスマ性の女丈夫さ。トレーニングウェア姿の他のコーチたちと違って、いつもきちんとしたスーツ姿。 彼女のカリスマを引き立てる装置でもある。 鋭い目つきと一言で、他校の生徒たちも震え上がらせる恐怖の対象。 人々は彼女を「ラノス」(タノス)と呼ぶ。 もちろん、目立たない所だけ。 誰でもうわごとを言うと、「もういい!」という一言で、すべてを一発で片付ける。 誰よりも怖いが、実は子どもたちのためなら、すべてのことをやり遂げる、情熱的なコーチ。 大会ごとに子どもたちがいつも本人より優先であり、試合の数日前から子どもたちのための周辺状況のチェックは、彼女にとって当たり前のこと。 カリスマの裏に細心さが隠されている。



出典:SBS

イ・ジェイン ハン·セユン役 生まれ年:2006年 (16歳中3) 出生地:大邱 現住所:大邱広域市 趣味:モッパン視聴 特技:縄跳び 将来の希望:バドミントン国家代表 球歴:2014年(9歳小2)_8年 強み:完璧に近い競技運営、競技に対する集中力と勝負欲 補完点:プレーに現われる感情
最近の受賞経歴:大会名 出場学年種目など、順位
2020年アジアジュニアバドミントン選手権大会15歳中2U-15シングルス1位 2020年コリアジュニアオープン15歳中2U-15シングルス1位 2020年少年体育大会15歳中2中等部団体戦1位(最優秀)
指導者総合評価:最年少国家代表を夢見るバドミントン少女
青少年中学代表エース! 小6の時、すでにシーズン全冠制覇。生まれつきの才能よりもたゆまぬ練習で作られた努力型天才。 完璧主義であり、眼病にかかっても練習に出る練習の虫だ。 時には疲れるスタイル。 どんな試合でも関心集中。若い選手たちの憧れで模範。バドミントンに対してはいかなる譲歩も、妥協もない冷血な面も見せる。 口数が少なく、バドミントン以外の全てに無関心で無愛想な方。友達といる時はおしゃべりをして、勝利後はセレモニーをして、モッパンYouTubeを見るのが趣味。負けること、嫌われることが死ぬより嫌い。 長く走ること、体力トレーニングでも男子選手たちに勝って1位を占めるほど「根性」。 さらには、泣く姿を一度も見たことがないほど感情を隠すことがあるが、時々試合中に感情が表れるプレーをする場合があり、指導が必要。 過激なスライディングは負傷の危険があるため引き止めたにもかかわらず、本人の意地を折れない。 試合前は肉とインスタント食品を食べない、自己管理の神様。試合前に縄跳びで体をほぐし、コンディション調節。 その時は指導者でも触ると危険な超鋭敏状態。 現在の技量さえ維持すれば、最年少国家代表の夢はかなえられると展望!



出典:SBS

イ·ジウォン イ·ハンソル役 生まれ年 2006年 (16歳中3) 出生地:京畿始興市    現住所:京畿道始興市 趣味:後輩たちを叱る 特技:片思い、YouTuber    球歴: 2014年(9歳小2)_8年 強み:精巧なヘアピンと繊細なプレー 補完点:セユンと一緒にするとき団結力が大きいが、2人はコンプレックスがありそうだ。
最近の受賞経歴:2020年全国夏季種別選手権大会15歳中2ダブルス1位
2020年全国夏季種別選手権大会15歳中2シングルスベスト4
2020年少年体育大会15歳中2中等部団体戦1位
指導者総合評価:好きなことも、やりたいことも多い女中生、好きでも、驚いても、悲しくても、”うわぁ~”と叫ぶ、この区域のインサ (人気者) 女子中学生。
海南第一女子中学校の軍紀班長。 後輩の前では気難しい言い方をする、怖い先輩。 かっとなる気質もある。 男子選手たちも、ハンソルの目つきと馬の足に動けず、ごまかすのを何度か目撃。 セユンのダブルスパートナー。 ダブルスの試合中、自分だけ相手のターゲットになることにストレスがある。「全国区の実力だが、セユンと比較されると、ナンバー2のコンプレックスが多少ある。ハンソルや他の部員の前で、セユンだけを褒めるのはやめなければならない。ハンサムな選手たちの前では、話し方や表情から違う。 化粧の達人。ルックスに関心があり、ツーブロックは絶対嫌だと言って何年間堪えている。ルックス、おしゃべり、芸能人に関心が高い、10代の少女。

へガンの家族


出典:SBS

アン·セビン ユン·ヘイン役 ユン·ヘガンの妹。 年齢では末っ子だが、精神年齢は序列1位の大人。 正しい言葉だけ選んでせめて、胸をほじくる、別名「ファクト暴力少女」! 宝物1号は、いつも抱いて寝る人形! 自分を守ってくれると信じている。 喘息のため、夜な夜な咳がひどくなる。 ほこりアレルギーもあるので、格別に注意。
ヘガンが一番好きなお兄ちゃんだけを見る。 時には難しい問題に最も易しい解答を持っている賢者。

村の人々


出典:SBS

ウ・ヒョン ホン村長役 地の果ての村のリーダーであり青年会長。 町の隅々まで用事ができればすぐに駆けつける5分待機組であり、できないことのない海南マクガイバー (冒険野郎) で、誰よりも村と住民を大事にする人物だ。


出典:SBS

シン・チョルジン ノ夫婦 お爺ちゃん 耳が遠く、他人の話がよく聞こえない祖父と、自分の言いたいことを言う「オメお爺ちゃん」。 見かけはお人好しで人情深い老夫婦のように見えるが、本音が分からない人々だ。 しかも早朝、突然家にやってくるのは基本。 あれこれ口出しはオプション。 やり取りが確実な「ギブアンドテイク」主義者だ。


出典:SBS

チャ·ミギョン ノ夫婦 オメおばあさん役 


出典:SBS

チョン·ミンソン 都市夫婦の夫役 結婚10年目、ハードな都市生活に疲れて農村に帰ってきた、典型的な都市夫婦の夫。 公務員試験準備生で、屈強な小心者で、過多配慮の男。


出典:SBS

パク·ヒョジュ 都市夫婦の妻役


出典:SBS

ペク·ジウォン シン女史役 最南端の村の守護者を自任する「みんな一緒女」。 老母と2人きりで暮らしており、母は村の一番上の年配の人であるが、口が利けない。口汚い悪口を口癖にしている人物。

特別出演

キム・ミンソク

チョン·ドンファン パク·ジンソク役

 

出典:SBS

スタッフ /演出:チョ・ヨングァン、脚本:チョン・ボフン、制作:Pan エンターテイメント
作成:え

●以下ネタバレ感想有

話数ごとのあらすじと感想

neroさん

 

ラケット少年団 1話・2話 あらすじと感想
ラケット少年団 3話・4話 あらすじと感想
ラケット少年団 5話・6話 あらすじと感想
ラケット少年団 7話・8話 あらすじと感想
ラケット少年団 9話・10話 あらすじと感想
ラケット少年団 11話・12話 あらすじと感想
ラケット少年団 13話・14話 あらすじと感想
ラケット少年団 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 作品感想

田舎町を舞台に繰り広げられる、夢と希望にあふれる青春スポーツドラマ!

主人公たちが暮らすのは、ソウルから片道5時間弱の田舎町。野球少年だった主人公ヘガンは、親の金銭問題によって突然の田舎暮らしを迫られることに。そんなある日、Wi-Fiの設置を条件に、ヘガンはバドミントンの大会に出場することになります。実は野球を始める前、ジュニア界では有名なバドミントン選手だったヘガン。最初は乗り気ではなかったバドミントンでしたが、仲間との出会い、家族との絆、さまざまな困難を乗り越えるうちに、次第に彼の心に変化が。バドミントンを通じて成長していく選手たちの姿を描いた、まさにオリンピックイヤーにピッタリな作品です。

主人公ヘガンを演じたのは、「愛の不時着」で一躍有名となった俳優タン・ジュンサン。前作「愛の不時着」では主演のヒョンビン率いる部隊の末っ子兵士役を演じたタン・ジュンサンが、本作ではバドミントンに夢中になっていく中学生役を熱演。実際の年齢は現在17歳で高校生ということですが、中学生役でも全く違和感がありません。自信満々に放つ、「俺だぞ俺、俺はユン・ヘガンだ!」という決め台詞がなんとも爽快。

ヘガンのチームメイトには、「椿の花咲く頃」でヒロイン・トンベクの息子ピルグ役を演じたキム・ガンフンらが登場し、こちらも話題に。主人公の父親でチームのコーチを務めるのは、俳優キム・サンギョン。時代劇のイメージが強かったキム・サンギョンでしたが、本作ではちょっと頼りないけれど憎めない、ユン・ヒョンジョン役を好演しています。

また、カメオ出演の豪華さも本作の魅力の1つ。大ヒットドラマ「刑務所のルールブック」で脚本を手掛けたチョン作家の作品とあって、「刑務所のルールブック」でおなじみの主演者たちが多数登場しています。さらに最終話では、「被告人」に出演した少女時代のユリが登場。毎回、誰が出演するのかとわくわくする楽しみがあります。

スポコンドラマといえば、専門的な用語や試合風景がメインということもあって、苦手意識を持つ方も多いかと思います。私もスポーツドラマはあまり観ない方ですが、本作はスポーツドラマというよりも、ヒューマンドラマや家族愛、地域愛といったテーマを主としているので、普段はスポーツ系はちょっと。。と思う方に、是非とも見て欲しい作品です。ここ最近はサスペンスものを好んで見ていたこともあって、久しぶりに癒されました。

最終話までほっこりした気分で見られる作品。スポーツだけでなく、地域の住民やお年寄りとの出会いを通じて、成長していく主人公たちの姿に注目です。






【放送情報】


【リセット~運命をさかのぼる1年~】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/5/26から)月~金曜日深夜27:30から

リセット~運命をさかのぼる1年~(韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想と視聴率


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP