ラケット少年団 13話・14話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ラケット少年団 13話・14話 あらすじと感想

「広告」


ラケット少年団 라켓소년단 Racket Boys 2021年放送 SBS月火 全16話

第13話視聴率4.9%

neroさん

第13話あらすじ

夏休みを目前に控え、喜びを爆発させるヘガン。一方、地獄の特訓を想像し、部員たちは浮かない表情。そんななか、ソウルからジェソクとパク・チャンが遊びに来ます。村長にお使いを頼まれ、チャンと2人で外へ出るセユン。そんな2人が気になったヘガンは、「トイレに行く」と言って1人出て行きます。

セユンが国家代表に選ばれることが目標だと話すと、「俺も同じだ」と微笑むチャン。そこへ、ヘガンが現れます。どこか嬉しそうなセユンの表情に、先に戻ると言って歩き出すチャン。2人きりになったヘガンは、「俺は怖がりでトイレにも1人で行けないけど、ずっとここでお前を待ってた。前に言った秘密だけど、大会が終わったらお前に告白する。」と気持ちを明かします。

翌日、ヘナム西中の体育館には1人の来客が。スーツ姿の中年男性は、国家代表の次期監督だといいます。ヘガンを呼び出すと、ソウルへスカウトしたいと監督。監督とヘガンが2人きりで話すのを見て、部員たちは不安げな表情を浮かべます。しかし、部員らの予想とは反対に、スカウトを断るヘガン!ソウルには行かず、ヘナムで仲間と一緒に実力を証明したいとヘガンは言います。実はヘガンに会う前、監督はセユンのもとを訪ねていました。セユンもまた、ヨンジャのもとでプレーをしたいと言い、スカウトを辞退。

どこかよそよそしい態度の部員らに、スカウトを断ったと明かすヘガン。主将にしてくれないから断ったと嘘をつくヘガンでしたが、内心ほっとする部員たち。一方、昼間の代表監督との会話が気に掛かるハンソルは、セユンに対して冷たい態度を取ってしまいます。結局ハンソルと和解できないまま、セユンは世界大会が行われるタイのバンコクへ。

少年体育大会が開幕し、初戦に見事勝利するハンソル。しかし、セユンが不在のまま決勝へ進むことに、ハンソルは不安を感じます。

その頃、準決勝に挑んだセユンは、まるでウォーミングアップのような動きで楽々と勝利。明らかに手を抜き明日の決勝戦に備えるセユンを見て、ペン監督は感嘆します。そんななか、明日の決勝にセユンが間に合うかもしれないと聞き、ほっとするヨンジャ。ヨンジャの会話を聞いたハンソルは、複雑な表情を浮かべます。



かつて、ペ監督のもとで指導を受けていたバドミントンの天才カン・テソン(カン・スンユン)。皆が復讐の為にヘナムに戻ったのではと噂するなか、コンビニで働くテソンのもとへ、用品店のノ社長から「お前に会いたい人がいる」と連絡が。

テソンの前に座る女性は、ペ監督の妻。実は10年前、母親を亡くしたテソンをペ監督夫婦が自宅で下宿させていたのです。監督の妻から、ペ監督が母親に会いに行ったと聞いたテソンは、母の納骨堂へ。10年ぶりの再会を果たした2人。監督に今後の目標を聞かれ、テソンは国家代表になることだと答えます。そんなテソンの夢を、一緒に叶えようと微笑むペ監督。

世界大会の決勝戦が行われ、これに勝って韓国の少年体育大会へ出場したセユンは、開始直後から猛スピードで攻撃を仕掛けます。いつもよりピッチの速いセユンを見て、このままだと負傷してしまうと心配するペン監督。しかし、そんな監督の心配をよそに、セユンは圧倒的な強さで優勝を勝ち取ります。試合が終わるとすぐに、会場を後にするセユン。その頃、夜に行われる決勝戦を前に、緊張した面持ちの女子チーム。そんななか、ヨンジャのもとに世界大会の決勝戦が終わったとの連絡が入ります。

タイの空港へ到着したセユンは、電光掲示板を見て愕然。そこに書かれていたのは、“欠航”の文字…。

第13話感想

10年前、当時コーチを務めていたペ監督との間にわだかまりを抱えたまま、姿を消したカン・テソンが再びヘナムへ。

テソンがヘナムに戻った理由は、親の様に自分を育ててくれたペ監督に面と向かって謝罪する為でした。10年前に前回登場したチョンコーチによって、暴力沙汰が騒がれたヘナム西中。ペ監督はコーチの暴力を上に訴えますが、圧力で逆に追い出されてしまったのです。当時、真実を明かさず黙秘を貫いたテソン。前回のラストで煙草をふかすテソンの姿が登場し内心ヒヤッとしましたが、予想以上に好青年で安心しました。

一方、スカウトを巡って対立するセユンとハンソル。ハンソルは、セユンがスカウトを断ったことを知らないのでしょうか。チームとコーチを選んでヘナムに残る決意をしたセユンでしたが、ハンソルとのすれ違いに胸を痛めます。完璧なセユンの隣で日の目を浴びれずにいる、ハンソルの気持ちも十分理解できますが・・・早く2人には、以前のような関係に戻って欲しいですね。

第13話の冒頭では、セユンに気持ちを告白するヘガンの姿が!意外と男らしいヘガンに、見ているこっちがドキドキしました。

そんななか、マッハのスピードで優勝を決め、韓国に戻ろうとするセユン。しかし、天候不良によって飛行機が欠航してしまいます。果たして、セユンの運命は…?

第14話視聴率5.1%

neroさん

第14話あらすじ

大会の決勝戦を前に、緊張した面持ちで連絡を待つヨンジャ。幸い何とか飛行機に乗って韓国へ到着したセユンでしたが、会場へ向かう途中、渋滞に巻き込まれてしまいます。セユンが試合に間に合わないと知ったヨンジャは、仕方なくセユンなしでオーダーを組むことに。

決勝戦が始まり、2対2で勝敗の行方はファイナルのハンソルに委ねられます。ハンソルの相手は、国家代表選手でセユンのライバルでもあるナラ。応援席に腰掛けたヒョンジョンは、心配そうに試合の行方を見守る部員たちに「ハンソルに今一番必要なものは何か、考えろ」と一言。するとユンダムは大きく息を吸い、「ハンソル、ファイト!!」と叫びます。仲間たちの応援も虚しく、1セット目はナラが先取。どうすればいいかわからないと嘆くハンソルに、ヨンジャは掛ける言葉が見つかりません。

しばらくして競技場へ戻ったヨンジャは、ハンソルに相手が油断しているこの状況を利用すべきだとアドバイス。ヨンジャのアドバイスのおかげもあって、ハンソルは無事に次のセットを奪取することに成功します。

運命の3セット目。試合会場に駆け付けたセユンは、大きな声でハンソルを応援。実は試合前、ハンソルはセユンの母親と会っていました。自分が試合に間に合わないと知ったセユンは、母にハンソルの応援を頼んでいたのです。するとセユン母は、ハンソルに「セユンが唯一信じて頼れる友達だって言ってたわ。ありがとうって。」と言います。実はセユンも、大会に間に合わないことはずっと前から気付いていました。それでも監督を急かして会場へ向かったのは、ハンソルを応援する為だったのです。セユンの応援はハンソルにも届き、見事ハンソルは勝利。

チームは優勝したものの、ヨンジャの表情は暗いまま。セユンが間に合わないと知った時、既に勝利を諦めていたヨンジャ。ヨンジャはそんな自分自身を責め立てます。しかし、ヨンジャのおかげで優勝できたと言って、ヨンジャにトロフィーを差し出す部員たち。そんな教え子らの優しさに、ヨンジャは嬉し涙を流します。

世界大会を終え帰国したセユンに、「お疲れ」と声を掛けるヘガン。甘いお菓子が食べたいと話すセユンの為に、ヘガンはお菓子を買いに行きます。帰り道、セユンの陰口を叩く連中を見て、言葉には気を付けろとヘガン。

準決勝に進出した全羅南道代表。準決勝の相手は、スンホン率いる釜山代表だと言います。準決勝にもかかわらずがらんとした会場内を見て、ため息をつくヨンテ。するとそこへ、楽器を手に入場するヘナム応援団の姿が。

準決勝のファイナルは、ヘガン対スンホン。自身に満ち溢れた表情でコートに登場したヘガンは、1セット目を難なく先取。しかし、2セット目に入ると、形勢は逆転。何とかギリギリで2セット目も勝利したヘガンは、見事決勝戦への切符を掴みます。応援席でその様子を見ていたセユンは、どこか不安げな表情を浮かべ…。試合を終えた選手たちに、持参した手料理を振舞うヘナムの人々。その日、ヘガンと2人きりになったセユンは、コーチに相談するようにと告げます。

応援を終え、村へ戻ったオメおばあさん一向。すると村長の弟が、紹介したい人がいると言います。実は村長の弟が突然村に顔を出したのは、ゴルフ場の開発をすすめる為でした。社長がじきに到着する予定だと話す弟。しばらくして、その場に現れたのは、以前ゴミ問題で村人らと口論になった男でした!

その頃、どこか深刻そうな表情で皆の前に現れたヘガン。気まずそうに口を開くと、ヘガンは目が思うように見えないと話します…。

第14話感想

完治したと思われたヘガンの右目でしたが、やはり本調子ではなかった・・・

決勝戦を目前に控え、窮地に立たされたヘガン。さらにダブルスで負傷した他の選手も、病院の診断の結果、決勝戦に出場するのは難しいと言われてしまいます。果たして、ヘガンは決勝の舞台に立つことができるのでしょうか。

一方、ソウルからやってきた男たちが、突然村にゴルフ場を作ると言い出し問題に。ゴルフ場の建設を進めるのは、何と例の都会から来た男でした。以前、何度も村人たちと口論になったこの男。今度はゴルフ場とは、、本当に次から次へと問題が尽きません。それにしても、相手があの嫌味な男だとなると、話は簡単にすまないと予想されます。せっかく村人たちが一致団結して、良い雰囲気になってきたというのに。こちらも不安が募ります。

国家代表になりたいと話すテソンの為、ペン監督に出場停止処分を取り下げて欲しいと頼むペ監督。しかし、ペン監督はそんな事実はなかったと言います。回想シーンでは、先輩選手に執拗な嫌がらせを受けるテソンの姿。自分の悪口を言われても必死に堪えてきたテソンでしたが、コーチの悪口には思わず拳が飛び出します。テソンがバドミントンを辞めた理由は、チョンコーチの体罰問題だけではなかったようです。

最終話に向けて、先の読めない展開となってきました。ここに来て、問題が山積みのヘナム西中と村の人々。はたして、ラストはどんな展開が待っているのか。。残り2話も見逃せません!

ラケット少年団 15話・16話 (最終回) あらすじと感想

ラケット少年団 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【純情に惚れる】

●BS朝日(2022/2/2から)月~金曜日8:30から 字幕

純情に惚れる 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン】

●テレビ大阪(2022/2/2から)月~金曜日11:59から

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン- あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (時代劇サイト・外部リンク)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー