ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2021年



放送予定

【日本放送】

●LaLa TV  全14話(2022/12/8-27) 字幕

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から)午前8:30 字幕

●KNTV(2022/1/3から)月~金曜日18:45から 字幕

●【日本初放送】KNTV 全14話(2021/10/10から) 日曜日20時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】 2021年6月19日から8月1日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

ボイス3 キャスト・相関図 視聴率 感想 あらすじ
ボイス2 ~112の奇跡~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
ボイス~112の奇跡~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

原題:ボイス4:審判の時間

邦題:ボイス4~112の奇跡~

ボイス4 (ボイス4:審判の時間)

보이스4    Voice 4

2021年放送 tvN OCN Studio 土日 全14話

視聴率

平均視聴率 3.63% 시청률 最低視聴率第1回3.155% 最高視聴率第14回4.372%

出典:http://program.tving.com/

あらすじ

犯罪現場のゴールデンタイムを死守する112通報センター(日本の110番に当たる)隊員たちの熾烈な記録を描いた音追撃スリラー

112通報チームのグォンジュ(イ・ハナ)は絶対聴覚を持ち、被害者の通話口から聞こえるわずかな音から犯人を追跡してきた。だがパートナーを事件で失い、悪夢に苛まれる日々を送っていた。苦しむグォンジュに追いうちをかけるように“サーカスマン”を名乗る人物から彼女にしか聞こえない音でメッセージが送られてくるようになる。そんな中、連続殺人事件が発生。被害者は「“サーカスマン”は普通の人には聞こえない音が聞こえる」と言い残し亡くなる。犯人も自身と同じ絶対聴覚を持つと知ったグォンジュは殺人鬼を捕まえるため捜査を開始する。

一方その頃、ロサンゼルス市警のデリック・チョ(ソン・スンホン)の妹がサーカスマンの殺人現場を偶然目撃、殺害されてしまう。デリックは犯人とグォンジュが同じ能力を持つことを知り、犯人を捕まえるためにグォンジュと手を組むことを決意する。だが、2人の前に現れたサーカスマンには大きな秘密があり…。

出典:KNTV ボイス4

相関図

出典:tvN

キャスト

デリックの周辺人物たち


出典:tvN

ソン·スンホン デリックジョ役
LAPDギャング担当チーム長+ゴールデンタイムチーム出動チーム協力刑事
死の現場で命を救う原則主義刑事
“今からでも人間として生きたいなら、堂々と罪の償いをしろ”

幼い頃、両親を亡くし、妹とともに米国人警察幹部の家に養子縁組を受け、米国で成長した。 現場の統率能力と体格に基づき、LAPD傘下の犯罪現場鑑識班  (CSU) 勤務を開始。LAPDオリンピック警察署のギャング専従チーム長を務めている。 緊急応急処置が必要な現場であれば、医大で学んだ医術で、即刻鑑識が必要な場合、CSUの経験を活用する圧倒的なカリスマでLAPD坑専門担当チームを率く。養子縁組と東洋系という偏見を消すために、小さなミスも許せない強迫と原則主義で、チーム員たちの恨みを買ったりもする。しかし、彼がマンバ (コブラ科に属し猛毒を持ち素早い) と呼ばれるほどのひどい強迫観念を持つようになった隠れた理由があるようだが…。


出典:tvN

ハン·ジョンフン チャド役 LAPD五輪警察署のギャング担当チーム員。ゴールデンタイムチーム出動チームの協力刑事を志願したデレクのそばに残り、 デリックの右腕の役割をする。


出典:tvN

モーリス ニック役  LAPDオリンピック警察署のギャング担当チーム員

カン·グォンジュ


出典:tvN

イ·ハナ カン·グォンジュ役 
ピム地方警察庁ゴールデンタイムチーム112通報センター長。
命の声を聞くボイスプロファイラー
“犯人は私と同じ聴力を持っています。やつも人が聞けないことを聞く”

原則と感性を按配してゴールデンタイムチームを統率する、優しいカリスマのある、気丈な女性! 父親が犯罪の犠牲者であっただけに、すべての被害者に心から接する。2番目のパートナー、ト·ガンウまで死亡して、警察トラウマセンターで治療を受けるほど、深いPTSDに悩まされている。最後まで苦痛に耐えながら、女性警察リーダーとして位置づけられていたある日、 残酷な連続殺人鬼サーカスマンから謎めいたメッセージを受ける。犯人は自分のような優れた聴力で連続殺人を犯していることが分かり、IP追跡の結果、犯人がピム島からメールを送ったことが分かると、ゴールデンタイムチーム発令地をピム島に決めて、 急いで飛行機に乗る!

サーカスマン


出典:tvN

サーカスマン
グォンジュと同じ能力を持つ連続殺人鬼。死の声を聞く招待力を持つ殺人鬼。優れた聴力を持っている。 自分を「サーカスマン」と称し、 聴力を使って残酷な殺人を犯す。彼女の殺人には明確な規則がある。事件発生前、グォンジュにすぐに行われる殺人について予告をすること! サーカスマンの存在に気づいたグォンジュが自分の痕跡を追うと、ピム島に身を隠したまま新しい殺人の謎を送り始める。

ゴールデンタイムチーム

– コールチーム –


出典:tvN

ソン·ウンソ パク・ウンス役 ピム地方警察庁ゴールデンタイムチーム·コールチーム指令チーム長で、自他共に認める「歩く翻訳機!」。母方の祖母の下で妹と過ごした幼い時代がある。 妹のパク·ウンビョル拉致事件(シーズン1)をきっかけに入って、ソン·ホミンとのデート暴力事件(シーズン2)でひどい経験を積んだ後、今は老練なコールチーム指令チーム長として生まれ変わった。 警察人生初の模範であるグォンジュに対する愛情と尊敬心が深く、誰よりもグォンジュを気遣う。 星雲 (ソンウン) 市と豊山 (プンサン) 市に続き、ピム島に勤務が決まると、ためらうことなくついていくが…!


出典:tvN

WINNER カン·スンユン ハン・ウジュ役 ピム地方警察庁ゴールデンタイムチームコールチーム要員。特別採用(巡査)で入ってきた、4次元サイバー要員!3大工学者の家系で特出した頭脳で注目を集めたが、仕事とプライベートの両立を重要視して、博士課程を捨てた工学界の異端児。

成人ウェブトゥーンを不法に流通させた事件を指一本で解決しながら、サイバー捜査に初めて興味を覚えた。しかし、いくら重大な事件を控えていても、定刻に退勤するなど、個人主義の王様でもあるが…。

ゴールデンタイムチームに投入されて被害者たちの切なる声を聞きながら、初めて真の警察になるために使命感が必要なことに気付く。ない使命感をどうやって作ればいいのか、四次元的な悩みに陥る。

– 出動チーム –


出典:tvN

キム・ジュンギ パク・ジュンギ役 ピム地方警察庁ゴールデンタイムチーム出動チーム長。凶悪犯罪捜査課チームで骨太の中堅刑事。 つっけんどんな言い方に反して、内面はコメディアンだ。自他共に認める「ケチ刑事」と呼ばれる。 韓国系米国人刑事デレクが出動チームに入ると、はばかりのない性格のまま「気の争い」を始める。 デレクの強迫と原則主義を理解した瞬間、彼の秘密を知り、衝撃に陥る。


出典:tvN

ソン·ブゴン ク·グァンス役 ピム地方警察庁ゴールデンタイムチーム出動チーム刑事。隠された勝負欲がすごい。岩のように見えた射手のチャン・ギョンハクが殺害され、復帰したガンウも死亡するとショックを受けるが、そうなればなるほど、全力を尽くして出動チームの仕事に励む。

結婚を約束した美貌のウズベキスタン女性、 ティナによって、外国人差別を誰よりも理解するため、デレクを異邦人として扱わないように努力している。


出典:tvN

ペク·ソンヒョン シム·デシク役 ピム地方警察庁ゴールデンタイムチーム出動チーム刑事。長い昏睡状態の後、リハビリを終えて帰ってきた後、 シニカルで無口な男に変わった。

モ・テグの声が入った録音ファイルを流出したが、 グォンジュとジンヒョクがモ・テグ検挙に大きな役割を果たしたことを力説し、罷免懲戒の代わりに降格で警察職を維持することができた。

グォンジュから提案をうけて長考の末、ゴールデンタイムチームに合流する。

 

出典:tvN

スタッフ /演出:シン・ヨンフィ、ユン・リヤン、脚本:マ・ジンウォン、キム・ジョンヒョン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

neroさん

 

ボイス4 1話・2話 あらすじと感想
ボイス4 3話・4話 あらすじと感想
ボイス4 5話・6話 あらすじと感想
ボイス4 7話・8話 あらすじと感想
ボイス4 9話・10話 あらすじと感想
ボイス4 11話・12話 あらすじと感想
ボイス4 13話・14話(最終回) あらすじと感想

 作品感想

大人気シリーズの最新作!新たなパートナーにソン・スンホンを加え、さらなる凶悪事件の解決に挑む!

日本でもリメイクされた人気ドラマ「ボイス」の第4弾。シーズン1のチャン・ヒョク、シーズン2&3のイ・ジヌクに続き、3人目の出演となったソン・スンホンが、主演のイ・ハナ演じるカン・グォンジュのパートナー役を熱演します。ソン・スンホンが演じたのは、幼い頃に両親を亡くし、アメリカの養父母に引き取られたロス県警の刑事。流ちょうな英語を話すソン・スンホンの登場シーンで、ぐっと本作に対する期待度が上昇しました。

シーズン4にもなると、割と中だるみする作品が多いなか、本作は最後まで気が抜けない展開が続き、あっという間に最終話を迎えることに。さらに最終話では、続編の存在をほのめかすエンディングとなり、更なるシリーズ化に期待が高まります。

今回、グォンジュ率いるゴールデンタイムチームが活躍する舞台となったのは、ピモ島と呼ばれる小さな島。島には独特な文化やしきたりがあり、よそ者のグォンジュやデリックにとっては多少やりずらい場面が続きます。そんななか少しずつ絆を深めていく2人。前シーズンのイ・ジヌク演じるト・ガンウが、ちょっと精神的に不安定な役柄だっただけに、冷静沈着でどこか人の痛みに寄り添うデリックのキャラクターに好感が持てました。そんなデリックにも、他人には言えない辛い過去が…

さらに今シーズン、新たにチームに合流したのはサイバー要員のハン・ウジュ(カン・スンユン / WINNER)。これまで、シーズン1ではSuperJuniorのイェソン、シーズン2&3ではキム・ウソクが演じたゴールデンタイムチームのマンネ(末っ子)ポジションを、これまたキュートに好演しています。また、シーズン1で犯人に襲われ重傷を負ったシム・デシク(ペク・ソンヒョン)が今シーズンでチームに復帰し、ファンには嬉しい知らせとなりました。

シーズン4を視聴するにあたって、これまでの3作品を1話からすべて視聴することに。(実はシーズン1の途中で一度挫折した経験あり。。)かなりの長編となりましたが、結果的にすべてのシリーズを視聴しておいて良かったと思いました。物語の随所に、これまでのシリーズで登場したキーワードが人物が登場するので、シーズン1から見ておくと、よりストーリーに集中することが出来ます。どのシーズンもオリジナリティがあって、本当に面白い!ぜひとも、続編に期待したいです。




【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP