ボイス2 ~112の奇跡~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【日本放送】
●LaLa TV(2019/12/1から)日曜日10:30から4話連続放送 字幕
●LaLa TV(2019/8/26から)月~水曜日13:30から 字幕

【韓国放送期間】2018年8月11日から2018年9月16日

ボイス2 ~112の奇跡~ 보이스2 全12話
2018年放送 OCN
平均視聴率 4.931% 시청률 最低視聴率第7話2.440% 最高視聴率第12話7.086%
OCN ボイス2  보이스2
あらすじ

警察の112通報センターでボイスプロファイラーとして活躍するグォンジュ(イ・ハナ)は普通の人には聞こえない音が聞こえる“絶対聴覚”の持ち主。ある日人質立てこもり事件が発生し、グォンジュは見事事件を解決に導く。だがチャンチーム長(イ・ヘヨン)が現場に出動しなかったことを不審に思う。その直後、チャンチーム長が人を撥ねたうえ自らも命を落としたと連絡を受ける。グォンジュが事故現場に駆けつけると、そこには遺留品を持ち去ろうとする謎の男、ガンウ(イ・ジヌク)がいた。実はガンウは刑事だったが、3年前にある事件で相棒を失ったうえ、犯人に殺されかけトラウマを抱えて休職中だった。3年前の事件とチャンチーム長 の死が同じ連続殺人鬼の犯行だと直感したガンウは事件について調べ始める。当初はガンウを怪しむグォンジュだったが、チャンチーム長の汚名を晴らすため、ガンウと共に事件解決に乗り出す。だが実行犯の男が謎の死を遂げ、2人は背後にいる真犯人に翻弄される。

 

KNTV ボイス2 相関図
キャスト

イ・ハナ カン・グォンジュ 112通報センター長、ボイスプロファイラー
イ・ジヌク ト・ガンウ 112通報センター出動チーム長、刑事

クォン・ユル パン・ジェス 猟奇殺人犯、警察官
アン・セハ クァク・ドッキ ガンウの情報屋 詐欺前科有。

ソン・ウンソ パク・ウンス グォンジュの右腕、警察官 5ヵ国語が堪能
キム・ウソク チン・ソユル デジタル鑑識専門家、凄腕ハッカー。

ユ・スンモク ナ係長(ナ・ホンス) プンサン警察庁強力係長
キム・ギナム ヤン・チュンビョン ナ係長の部下

キム・ジュンギ パク・ジュンギ ガンウの部下、出動チーム員
ソン・ブゴン ク・グァンス ガンウの部下、出動チーム員
イ・ヘヨン チャン・ギョンハク ガンウの前任の出動チーム長

スタッフ /演出:イ・スンヨン 脚本:マ・ジンウォン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●刑事ものとして見ごたえがある作品 シーズン1を見てなくても楽しめる。

ストーリーがとても複雑で、まるでパズルのピースをはめていくような面白さがあります。前作のストーリーも面白いものでしたが本作では、その前作を超えた面白さです。

ドラマには多くの伏線がありますが、よく伏線が多過ぎる刑事ドラマは視聴者がついていけなくなったりしますが、このドラマはそんなことがなく伏線が多くてもそれだけ楽しむことが出来ます。

今回イジヌクさんが出演していますが彼の演技を初めて見たのはナインでしたが、ナインでの凄い演技にすぐに彼のファンになってしまいました。

この作品では、イジヌさん演じるガンウは犯人の思惑でいろいろな事件に巻き込まれてしまいますが、それでも悪にひきずりこまれることのない彼の姿がとても素敵でした。前作から引き続いて出演しているイハナさん演じるグォンジュは特別な耳で状況を判断して行く姿が、とても頼もしく格好良かったです。

イハナさんがリーダーとしてみんなを引っ張っている姿が、とても印象的でこのドラマは彼女の存在なしには語れないほどです。猟奇的な殺人の犯人が、多くの伏線のおかげで誰なのかが分からず最後まで犯人捜しを楽しむことが出来ます。

よくシーズン2は、シーズン1に比べると面白くないといいますが、このボイスではその定説が覆されており前作を超えた面白さがあります。イジヌクさん演じるガンウは相棒を殺人鬼に殺されたのに、容疑者として疑られて休職していていて復活していた刑事を演じていますが、「サイコパス」といあだ名の通りの演技を見せてくれもしかして彼が犯人なのではと途中までは思わせてくれます。

前作に出演していたチャンヒョクさんは、休職中という設定で出演していませんが他の出演者は出ており、前作が好きだった人にはオススメの作品です。前作を見ていない人でも、この作品は単独で楽しめます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー