キマイラ 9話・10話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

キマイラ 9話・10話 あらすじと感想

「広告」


キマイラ 키마이라 2021年放送 OCN土日 全16話

第9話視聴率1.101%

neroさん

第9話あらすじ

ラジオを聞いてラジオ局に電話を掛けた“キマイラ”を名乗る男。男はこれが計画殺人であることを告げると、次なるターゲットがソリュングループの会長ソ・ヒョンテであることを明かします。これによって、ヒョンテの自宅では大掛かりな捜索が行われることに。しかし、爆弾らしきものは見つかりませんでした。

一方、息子のチャ・ジェファン(パク・ヘス)を「ソ理事」と呼んだチャ・ウンス(ナム・ギエ)は、ハッと正気に戻ります。体調が良くなったと話すと、ウンスはジェファンに仕事に戻るようにと言います。その後、亡くなったハン・ジュソクの遺品から1枚のメモを見つけたウンス。メモに書かれたハンミョン大学の理学部へ向かったウンスは、断片的に記憶を取り戻します。若かりし頃のソ・ヒョンテと思われる男性に何かを頼まれるも、それを断るウンス。ヒョンテはウンスを“ソンヒ”と呼んでいました。記憶が戻ったウンスは、その場で気絶。

母ウンスが倒れたとの連絡を受け取ったジェファンは、慌てて病院へ。幸い命に別状はなかったものの、せん妄(意識精神障害の一種)の傾向がみられると話すイ・ジュンヨプ(イ・ヒジュン)。ここ最近大きなショックを受けるような出来事はなかったかと聞かれ、ジェファンは亡くなったジュソクを思い出します。母とジュソクが特別な関係だったと明かすジェファン。その後ジェファンは、ジュンヨプに父イ・サンウの遺書が偽造された可能性が高いことを伝えます。

大学での講義を終えたユジンは、そこでカン・サングと顔を合わせます。先日の事件に関して、一般には公表されていない情報を知るサングに不信感を抱くユジン。

特別捜査チームは現場のCCTV映像から、水タンクを運んだと思われる1台のトラックを発見。トラックの行方を追うなか、犯人の居場所を掴んだ捜査チームは、ソリュングループのブラックリストの中から街頭地区に住む人物がいないか調べます。そこで、1人の男性に目星をつけた警察は、男が住むアパートへ出動。駐車場に停まるトラックを確認したジェファンらは、宅配員のフリをして男の身柄を拘束します。



その頃、捜査本部へ向かったユジンは、ブラックリストの中にカン・サングの名前を発見。カン・サングが以前話していた勤務先へ連絡するも、そんな人物はいないと言われます。再び大学へ向かったユジンは、サングの机を捜索します。そんなユジンの姿を目にしたサングは、彼女の後をつけることに。

図書館へ向かったジュンヨプは、TH-5に関する論文に目を通していたところ、理事長のイ・ファジョン(キム・ホジョン)に声を掛けられます。しきりに35年前の事件の真相に迫ろうとするジュンヨプに、警戒心を強めるファジョン。

一方、犯人と思われる男を拘束したものの、自宅から見つかったのは爆薬ではなくただの食用油でした。捜査本部へ戻ったジェファンは、机の上にカン・サングの資料が置かれているのを見て不審に思います。すぐさまユジンに電話を掛けると、何やら様子がおかしい…。実はその頃、ユジンは爆弾を持ったカン・サングに脅され、自宅で身動きが取れない状況だったのです。恋人のフリをして電話を切ったユジン。すぐにユジンが危険だと悟ったジェファンは、応援を要請してユジンの自宅へ向かいます。

アパートへ到着したジェファンは、管理人を装ってユジンの部屋のチャイムを鳴らします。一瞬の隙をついて中へ入ったジェファンは、カン・サングを攻撃。しかしその手には、爆弾のスイッチが握られており…。

第9話感想

ハラハラドキドキのエンディング!

自称キマイラの正体を突き止めたユジンでしたが、爆弾を持ったカン・サングに捕まってしまいます。果たして、ユジンとジェファンは無事にアパートから脱出することができるのでしょうか。

キマイラを名乗って爆発事件を起こしたカン・サング。カン・サングの両親は2人とも、ソリュングループが開発したTH-5の生産工場で働いていたといいます。その過程で、白血病にかかってしまった両親。カン・サングも生まれつき色盲を患っており、そのせいで消防官にはなれず、ソリュングループへ何度も脅迫メールを送っていたのだとか。やはり事件のカギを握るのは、ソリュンが開発したTH-5。。

そんななか、TH-5の開発に携わっていた研究チームの研究員の内、唯一の生存者と言われるリュ・ソンヒが、実はジェファンの母ウンスであったことが判明!これは驚きの展開となりました。事故で過去の記憶を一切失ってしまったウンスですが、その過去に一体何があったのか、気になります。

現時点ではまだ、ウンスの過去を知る者はおらず。もしかすると、ハン・ジュソクはウンスの過去を知る唯一の存在だったのかもしれません。息子のジェファンも知らないウンスの秘密。。次回の展開にも期待です。

第10話視聴率2.108%

neroさん

第10話あらすじ

部屋に入ってきたジェファンに爆弾のスイッチを見せ、笑みを浮かべるカン・サング。しかし、背後から近づいたユジンによって拘束されてしまいます。カン・サングが既にソ・ヒョンテの自宅に爆弾を仕掛けたと考えたユジンは、警察にそれを報告。すぐさまジェファンがソ・ヒョンテの自宅へ向かい、ユジンは捕まえたカン・サングの取調べを担当することに。

これまでの事件がすべて自身の仕業かと尋ねるユジンに、カン・サングは自分こそがキマイラだと話します。しかし、爆弾の成分をわざと間違えて伝えたユジンは、その間違いに気付かなかったカン・サングを模倣犯だと確信。さらに会話の流れから、ソ・ヒョンテの自宅に仕掛けられたのが爆弾ではなく、別のテロであることに気付きます。

カン・サングの自宅を捜索していたイ・ゴンヨン(クォン・ヒョクヒョン)は、そこで放射能の防護服を発見。ヒョンテの自宅に仕掛けられていたのは、爆弾ではなく放射能物質だったのです!検査の為、しばらくの間入院を余儀なくされたヒョンテとその妻ファジョン。ジェファンのおかげで命を救われたヒョンテは、報酬は何がいいかと聞きます。そんなヒョンテに、かつてTH-5の研究に携わっていたリュ・ソンヒの行方について尋ねるジェファン。しかしヒョンテは、何も知らないと答えます。

一方、ジュンヨプもまた、独自にリュ・ソンヒの行方を追うことに。賭博場の女主人を呼び出すと、リュ・ソンヒについて調べて欲しいと頼むジュンヨプ。そんなジュンヨプに、女主人は何やら不吉な予感がすると伝えます。

キマイラを名乗るカン・サングの逮捕を受け、警察は捜査終了を発表。しかし、カン・サングが模倣犯だと考えるジェファンは、納得がいきません。そんななか、先日一緒に大学教授の話を聞きに行ったジュンヨプが、事件の容疑者の1人だと知り、ジェファンに不満をぶつけるキム・ヒョギョン(チャ・ジュヨン)。するとヒョギョンは、リュ・ソンヒに関する情報提供があったと話します。ヒョギョンの話によると、TH-5は開発当時、大きな問題点が見つかったものの、周囲はそれを隠そうと必死だったといいます。そんななか、問題点を無視できず、リュ・ソンヒが内部告発にいたり、その為、関係者から攻撃されるのを恐れて、姿を消したのではないかと話すヒョギョン。

ジュンヨプに頼まれリュ・ソンヒの行方について調べた賭博場の女主人は、リュ・ソンヒが火事で亡くなったと伝えます。死亡した当時、ソンヒには幼い子供が。子供と一緒に寝ている時に家に火がつき、そのまま焼死したと話す女主人。火事が起こる前、ソンヒの自宅周辺では、度々その付近には似つかわしくない高級車が行き来していたといいます。さらにソンヒの死後、近所でソンヒとよく似た人物を見たという目撃情報があったと聞き、眉をひそめるジュンヨプ。

翌日、ジェファンは母ウンスを連れて病院へ。そこでソ・ヒョンテと顔を合わせたウンスは、ハッと目を見開きます。同じくヒョンテもまた、ウンスを見て驚く…。

1984年、TH-5の開発にあたって深刻な問題点を発見したリュ・ソンヒは、内部告発を行います。それを知ったパク・インサン教授は、ソンヒの自宅へ行き、彼女の行動を批難。教授に殴られた拍子に床に倒れ込んだソンヒは、近くにあったストーブを倒してしまいます。激しく燃え上がる炎のなか、子供の泣き声を聞くソンヒ…。

その後、ハン・ジュソクと同じく椅子に縛り付けられたパク・インサンが、必死に許しを請う姿が登場。「死なせるつもりはなかった…。」そう詫びる教授に向かって、問答無用で火を放つキマイラ。その正体はなんと、リュ・ソンヒでした!

第10話感想

なんと35年前に研究員らを殺害したキマイラは、リュ・ソンヒだった・・・

TH-5に関する問題点を見つけたソンヒは、発売を間近に控えたTH-5に対して、内部告発を行います。これを知ったパク・インサン教授は、ソンヒを殴り、倒れた拍子にストーブから燃え移る炎。こうして愛する我が子を失ったソンヒは、キマイラとして復讐を誓ったようです。キマイラの正体がソンヒ、つまりジェファンの母ウンスだったとわかり、驚きの展開となりました。

35年前のキマイラはリュ・ソンヒ(=ウンス)だとわかりましたが、だとすると現在のキマイラは一体…?さらにソンヒの目的が子供の復讐だとすれば、同じく内部告発を止めようとしたソ・ヒョンテも標的の1人だったのではないでしょうか。なぜソ・ヒョンテは生き残ることができたのか。ウンスが記憶を失くしたきっかけとなった交通事故と、何か関係がありそうです。

第10話に入り、ジェファンとジュンヨプの共同捜査?も、だいぶ様になってきました。潔癖症のジュンヨプと、大雑把なジェファン。部屋でお菓子の食べかすをこぼすジェファンを見て、すかさず掃除するジュンヨプの姿に思わずくすっとなりました。2人の関係が良くなれば良くなるほど、第1話の冒頭のシーンが気に掛かります。なぜジェファンは、ジュンヨプに銃を向けることになったのか。

物語も後半戦に突入し、一気にスピードアップした感じ。非常におもしろいです!

キマイラ 11話・12話 あらすじと感想

キマイラ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー