キマイラ 3話・4話 あらすじと感想

キマイラ



キマイラ 키마이라 2021年放送 OCN土日 全16話

第3話視聴率0.868%

neroさん

第3話あらすじ

焼死したハン・ジュソク(カン・シンイル)の司法解剖が行われ、ポケットから焼けただれたライターが見つかります。一方、一連の事件を早急に解決する為、本庁から派遣されたコ・グァンス(ホ・ジュンソク)。特殊捜査本部のチーム長に任命されたグァンスは、すべての資料を渡すようにと指示。一方的に捜査の指揮をとられ、チャ・ジェファン(パク・ヘス)は納得がいきません。

そんななか、鑑識班からジュソクのポケットに入っていたライターを受け取ったジェファン。そこに描かれたキマイラの模様を見て、ジェファンは複雑な表情を浮かべます。

ジュソクの追悼式が行われ、1人でその場を後にするジェファンを見て、掛ける言葉が見つからないユジン・ハザウェイ(スヒョン)。聴取に応じたジェファンは、ジュソクの身体を燃やしたのは、間違いなく天井から滴り落ちた水だったと話します。鑑識の結果、現場から見つかったのはやはり水の成分。しかし、どうやって発火したのかは不明だといいます。ユジンを訪ねたジェファンは、ジュソクが殺された現場へ。

明らかに正常ではないジェファンを心配するユジン。「人は眠れないとすぐわかるものです。私じゃなくても、辛いなら辛いと誰かに胸の内を伝えて下さい。」そう話すユジンに、何も知らないくせにと憤るジェファン。

ジュソクがキマイラ事件の担当刑事だったと知ったユジンは、驚きを隠せません。実の父親のように慕っていたジュソクの裏の顔を知り、苦しむジェファン。そんなジェファンに、ユジンは何かを守りたかったのではないかと話します。「俺は腹が立ってしょうがない。あの時、応援が来るのを待つべきだった。一歩も動くべきじゃなかった。俺のせいで…。」

翌日、特別捜査本部で一連の事件が連続殺人事件であると明かすジェファン。ソン・ワンギが焼死した現場と今回、ジュソクの身体から見つかった2本のライターを見せ、犯人のシグニチャーだとジェファンは話します。しかし、35年前のキマイラ事件の犯人は既に死亡しており、関連性は立証できないとグァンス。「勘違いするな。俺たちが捜査するべきは35年前の事件じゃない、今目の前で起こっている事件だ。」そんなグァンスに、ジェファンは容疑者の存在を明かします。

ジェファンが言う容疑者とは、ソン・ワンギと面識のあった医師イ・ジュンヨプ(イ・ヒジュン)。しかし、ソン・ワンギと同じ賭博場に通っていたというだけでは、捜査は認められないとグァンス。

その頃、同じく今回の事件に興味を抱く報道局の記者キム・ヒョギョン(チャ・ジュヨン)は、警察の許可もなく現場へ向かいます。同僚らを促し、カメラを回させるヒョギョン。同じ時刻、その場にはイ・ジュンヨプの姿もありました。人の気配に気付いたジュンヨプは慌てて柱の陰に身を隠します。局へ戻り、先ほど撮影した映像に目を通したヒョギョンは、そこに映る怪しい人影に気付く…。

ジュンヨプの家の前で待っていたジェファンは、泥のついた革靴を見て不審に思います。さらにジュニョプの襟についた、ペンキの跡。ジェファンが襟に手をやると、咄嗟にその腕を掴みたたみ掛けるジュンヨプ。緊迫した空気が2人の間を流れます。

一方、引き続き捜査を行っていたユジンとジェファンは、現場から検出された成分のうち、水と混じり合って発火の原因となったのがマグネシウムともう1つの化学物質だったと気付きます。さらにジュソクの自宅付近のドライブレコーダーの映像を確認したチャン・ハナ(ユン・ジウォン)は、そこに映るジュンヨプの姿を発見!すぐさま病院へ向かった警察は、その場でジュンヨプを緊急逮捕。

同じ頃、ジュンヨプの自宅へ向かったジェファンは、1枚の絵画を目にします。そこに描かれていたのは、椅子に座った状態で苦痛の表情を浮かべる男の姿…。

第3話感想

ついに、ジュンヨプの緊急逮捕に踏み切った警察!

果たして本当にジュンヨプは犯人なのでしょうか。病院での冷静な態度を見ると、彼が犯人のような気もするし、はたまた違うような気もするし。まだまだ特定は出来ません。そんななか、ジュンヨプの家で見つかった1枚の絵画。まるでジュソクの死にざまを表現したようなその絵画を見て、驚愕の表情を浮かべるジェファン。

35年前の事件とよく似た今回の事件。一連の流れもまったく同じで、これは同一犯の犯行と思ってもしょうがない展開に。しかし、問題なのは肝心な犯人が既にこの世を去っているという点。当時容疑者として逮捕された男は、調査の途中で自ら命を絶ったといいます。

私の予想では、この容疑者というのが誤認逮捕で、濡れ衣を着せられて自殺した男の家族(息子?)こそが今回の事件の真犯人ではないかと思います。つまり、イ・ジュンヨプは35年前に命を落とした容疑者の息子。父親を死に追いやった者たちへの復讐が目的だと考えると、無惨な殺害現場もなんだか納得できます。果たして、真相はいかに?

第4話視聴率1.084%

neroさん

第4話あらすじ

被害者の自宅周辺を捜査するなか、ドライブレコーダーに映るイ・ジュンヨプの姿をキャッチした警察。これによって、一連の事件の容疑者としてジュンヨプが緊急逮捕されます。警察に連行されたジュンヨプは、いたって冷静な様子。

モニターでジュンヨプの様子を観察したユジンは、まずは相手を極限の状態に追い込むといいます。部屋の温度を上げ、だまっていても汗が流れるほどの空間を作るユジン。そこへ、氷水を持ったジェファンが現れます。すかさず水を要求するジュンヨプでしたが、ユジンの指示通り、それを許さないジェファン。そんななか、ユジンのもとへ1本の電話が。

ジェファンの取調べが何者かによって指示されたものだと気付いたジュンヨプは、一気にペースを掴みます。「相手の要求を聞くな、主導権を掴め。そろそろ温度を下げてもいいでしょう。」ジュンヨプの言葉にカッとなったジェファンは、ユジンの制止も聞かず、目の前のジュンヨプに掴みかかります!結局、仲間らが止めに入り聴取は中断。

実は特殊部隊出身だというジュンヨプ。極限の状態での訓練に優れ、一筋縄ではいかないとユジンは話します。今度は自分が取調べに挑むと話すユジンでしたが、グァンスはもうここまでだとそれを断ります。落ち込むユジンを連れ、食事に出かけるジェファン。

その頃、大手企業ソリュングループの本社の前では、エバーグリーンと呼ばれる製品によって被害を受けたと訴えるデモ隊の姿が。対策に追われる会長のソ・ヒョンテ(イ・ギヨン)のもとへ、妻のイ・ファジョン(キム・ホジョン)がやってきます。すると、自らが理事長を務める病院の医師が、警察に緊急逮捕されたと話すファジョン。逮捕について報告を受けていなかった署長のペ・スングァン(ウ・ヒョン)は、勝手な行動をとったグァンスに怒りをあらわにします。今すぐジュンヨプを釈放すれと怒鳴るスングァン。ユジンと食事を終えて戻ったジェファンは、可愛がっていたジュソクが殺されてもなお、そんな言葉が出るのかと憤怒。

しばらくして、直接取調室へ向かったスングァンは、そこでジュンヨプと対面します。部下が悪い事をしたと謝ると、ソリュングループの会長とは親しい仲だと明かすスングァン。今度一度食事でもと告げ、スングァンは部屋を後にしようとします。ドアの前に立つ刑事を見て「6時5分前!お前は鳥か?真っすぐ立て!」と怒鳴るスングァン。その瞬間、ジュンヨプの脳裏に幼い頃の記憶が蘇ります。

薄暗い警察署で、「6時5分前!」と怒鳴り声を上げる1人の刑事。その傍らには、記者と思われる男、そしてどこか気の弱そうな若い刑事の姿がありました。過去の記憶を思い出したジュンヨプは、突然吐き気をもよおし、トイレへ。

しばらくして、ジュンヨプに頼まれたと言ってコーヒーを買って戻ってきたジェファンのパートナー。コーヒーが1杯ではなく2杯だったと聞いたユジンは、ジュンヨプが誰かを待っていると察します。ユジンの言葉通り、ジュンヨプが待っていたのは他でもないジェファンに指示を出していたプロファイラー。取調室に現れたユジンを見て、ジュンヨプは少し驚いたような表情を浮かべます。

ジェファンとは違い、ジュンヨプの誘導にも冷静に対応するユジン。するとユジンは、ジュンヨプがかつて韓国人の両親のもとで育てられ、その後養子に出された件を言及。一歩も引かない神経戦が繰り広げられ、ついにユジンが席を立った瞬間、ジュンヨプが呼び止めます。「犯人が誰か、じゃない。重要なのは何故。それが先だろう。」

第4話感想

第4話で明らかになったイ・ジュンヨプの過去…。

やはりイ・ジュンヨプは、拷問の末に自殺したキマイラ事件の容疑者イ・サンウの息子のようです。幼い頃に警察署で見た光景と、目の前で不気味な笑みを浮かべる署長の姿を重ねるジュンヨプ。となると、やはり今回の連続殺人事件の犯人はジュンヨプということでしょうか。

犯人が誰かではなく、なぜ犯行に及んだのか。それが重要だと話すジュンヨプ。その背景に、濡れ衣を着せられ拷問の末に命を絶った、彼の父親の存在を主張しているようにも見えました。

キマイラ事件の容疑者として捕まったイ・サンウ。彼を事件の容疑者として一番最初に言及したのは、警察ではなく1人の記者でした。その記者こそ、1番目の被害者であるソン・ワンギ記者。さらに2番目の被害者となったハン・ジュソクは、犯人逮捕によって巡査から刑事に昇格した当時の担当刑事。こうなると、次のターゲットは、同じく拷問に参加した署長のスングァンでしょうか。スングァンと大手企業のソリュングループ、そしてジュンヨプが勤める大病院、さらには国会議員まで…。様々な闇が罪のない人間を犯人に仕立て上げ、その結果、今回の悲劇に繋がったのでしょうか。犯人が誰かではなく、なぜこんな事件が起こったのか。。ジュンヨプの言う通り、過去の事件にさかのぼって捜査を行う必要がありそうです。

今後の展開からもますます目が離せません!

キマイラ 5話・6話 あらすじと感想

キマイラ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP