IDOL:THE COUP D’ETAT 11話・12話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

IDOL:THE COUP D’ETAT 11話・12話(最終回) あらすじと感想

「広告」


IDOL:THE COUP D’ETAT (Idol: The Coup) アイドル:ザ・クーデター 아이돌:더쿠데타 2021年放送 JTBC月火 全12話

第11話視聴率0.548%

daisySSさん

第11話あらすじ

記者とのインタビュー中、1位を取ったあとチームの解散するのかを聞かれると、メンバーたちと目を合わせると、「はい、解散します」と答えるリーダーのジェナ(ハニ)。インタビュー終了後、ふさぎ込む様子のステラ(ハン・ソウン)は、携帯電話が鳴ると緊張する姿を見せ、ジェナはステラの様子がおかしいことに気づくと、心配そうに声を掛けます。しかし、ステラは沈黙するだけ。

コットンキャンディのファンサイン会が開かれ、ステラの前に現れ握手をお願いする男の顔を確認したステラは驚きます。手が震え何もできない程、動揺するステラ、、、そのわけは、ステラがアイドルデビューを果たす前、キム監督(ソン・ビョンホ)に薬を飲まされ成人向けの映画を撮られてしまったからでした。過去のことがあり、コットンキャンディとしてデビューすることをためらっていた彼女が、これまで頑張ってこられたのはジェナの応援があったからでした。

キム監督との話し合うため、伝えたいことを準備して一人監督を訪ねたステラは、緊張のあまり伝えたい言葉を話すことができず、図々しい態度で再び映画の撮影を提案する監督の言葉に、急いでその場を出たステラはショックでそのまま倒れてしまう。

ジェナと共に再びキム監督を訪れたステラ、、、キム監督は過去のメイキング映像が残っていることを伝えると、ジェナの隠した過去を明かすことができると脅迫します。戻ってきたジェナは、ステラを助けるためにメンバーたちと共にキム監督関するサーチを始め、離婚した妻との間に娘が一人いることを知る。



未成年だったステラを騙し映画を撮影したキム監督にも未成年の娘がいることを知ったコットンキャンディのメンバーたちは、彼が求めているのがお金だと気づき、ジェナにお金を要求するキム監督。監督の娘がアイドルを目指していること、スターピースが開催するアイドル育成キャンプへの参加に不合格したことを知ると、キム監督の娘を所属事務に招待。メンバーの中でステラが一番好きと嬉しそうに語る娘の姿に、キム監督は、メイキング映像は存在しないと語ると、二度と連絡することはないと約束します。落ち着きを取り戻したステラ。

マースの新しい曲のレコーディングが始まり、コットンキャンディも新曲のレコーディングが始まる中、モ・ガジン記者が動き始めます。ジハン(キム・ミンギュ)、ジェナと代表のチャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)の写真を撮影していたモ・ガジン記者は、ジェナとチャ・ジェヒョクがキスする写真を利用して、チャ・ジェヒョクをゆする計画。。。

第11話感想

ステラが隠していた過去の秘密を守るため団結するコットンキャンディのメンバーたち。。。未成年だったステラを騙し成人向けの映画を撮影しただけではなく、アイドルとして注目を浴びることになると再び彼女の前に現れた監督の目的はお金だったようです。

過去に撮影した映像のビハインドカットが存在すると脅し、ステラを不安にさせる。消極的になるステラとは別に彼女を守ろうと立ち向かうジェナの姿が、グループのリーダーとしてカッコよかったです。キム監督の娘がステラのファンだったこと、、、過去のことがあったにも拘わらずキム監督の娘の夢を応援するコットンキャンディのメンバーたちですが、一位を取るとチームを解散する気持ちは変わらないようですね、

今話、自分の歌に自信のないチェア(キム・ジウォン)が中心となったエピソードも描かれました。マースのメンバーのダンからフィーチャリングをお願いされたチェアは、自分よりも実力のあるエル(チュ・ソジョン)にお願いするべきだと、彼の提案を断る。自分の歌や声自信が持てなかった彼女を説得したのはプロデューサーのトロイ(チャ・ソヌ)でした。

ジェナのいう通りに、メンバーたちの長所や短所をよく知るだけに的確なアドバイスや励ましの言葉を送ることができる。ダンのフィーチャリングを担当することになったチェアの明るい姿が登場した後、待ちに待ったコットンキャンディのレコーディングの姿が描かれました。同時に、マースも新曲のレコーディングを行うなど、二つのチームの活躍が始まるようです。

次の話が最終話となりますが、話してコットンキャンディは一位を獲得し、チームを解散する結末をむかえることになるのか、、、迎えるエンディングが楽しみです。望んでいたフィナーレを迎える最終話の前、今話のエンディングで悪名高い記者のモ・ガジンが登場し、ジェナと所属事務所社長がキスしている写真を手に何かを企んでいる様子。

ジェナが新たな危機を迎える展開へとつながるのでしょうか。

第12話視聴率0.583%

daisySSさん

第12話あらすじ

ピヨン(イ・ユジン)はジェナの曲をコピーしたことが知れ渡り、プロデューサーとしても作曲家としても仕事ができない程落ち込み、お酒におぼれる毎日を送ります。そんな彼の姿にマースのジハン(キム・ミンギュ)は、これまでピヨンの協力があって活動を続けることができたことから、ピヨンを心配します。

再起が難しいピヨンはスターピースに姿を現すと、暴言を吐き荒れる、、、そんな彼を見つけて落ち着かせたのは代表のチャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)。

一方、モ・ガジン記者はチャ・ジェヒョクとジェナが写る写真を持って現れると二人の関係を公表するとチャ・ジェヒョクをゆすり始めます。ジェナは所属するアーティストで特別な関係ではないことを伝えチャ・ジェヒョクの言葉に、「記事にします」と語るモ・ガジン。全く動じことなく記事を是非書いて欲しいと返事するチャ・ジェヒョクの言葉、予想とは違う反応に動揺するモ・ガジン。

チャ・ジェヒョクはジェナ(ハニ)とジハン(キム・ミンギュ)を集めると、モ・ガジンが写真を自分とジェナのスキャンダルを記事にすると脅したことを伝えます。ジェナとの交際を認めた場合、コットンキャンディがチャ・ジェヒョクのサポートで再ブレークしたと誤解を受ける可能性があり、モ・ガジンはマースまで巻き込む可能性があることを二人に伝える。

ピヨンはお酒におぼれ、、、そんな彼を心配するジハンとトロイ(チャ・ソヌ)は彼から目が離せず、酔った彼を発見すると自宅まで運び、立ち直うるよう声を掛けますが、、、ピヨンは絶望から抜け出せない。

一方、コットンキャンディの新曲が発表されると注目を集め、初めてのCMのオファーまで受け順調なスタートを切ります。音楽番組への出演が決まる中、祖母と連絡が取れないと実家に向かったヒョンジ(ソルビン)は倒れている祖母を見つけると、彼女を一人にすることができず、予定されていた音楽番組にヒョンジが出演を拒否する出来事が起きます。ヒョンジを省いた4人が音楽番組に出演することになります。

ヒョンジを心配し彼女の祖母の入院する病院を訪れたチャ・ジェヒョクは、意識が戻った祖母はヒョンジが音楽番組に出演する姿を見たいと望み、彼女を連れて急いで放送局に向かうチャ・ジェヒョク。無事舞台を終えたヒョンジ、、、その姿を祖母が見守っていた。完全体としてカムバックを果たし、コットンキャンディは約束通りに解散。

ジェナのナレーションが流れ、音楽番組の1位候補にあがったものの、結局1位を獲得することはなかったけど、後悔することなく解散したコットンキャンディ。ジェナは音楽プロデューサー、エルはボーカルトレーナー、ステラは女優、大学生になったチェアと振付師及びスターにヒョンジ。

第12話感想

解散後のコットンキャンディの姿が描かれたエンディング!

各メンバーはそれぞれの得意分野で頭角を現し、幸せを見つける幸せなエンディングでした。結局1位を獲得することはなかったけど、未練を持つことなくコットンキャンディは解散。しかし、彼女たちは永遠のコットンキャンディとして記憶されることになる、、、納得できる終わり方だったと思います。

コットンキャンディTVを通じてコットンキャンディを応援し愛してくれたファンへの気持ちを伝える挨拶を最後に、「私たちはコットンキャンディです」と語る彼女たちの言葉が明るく響くところがよかったです。今話明かされた意外な真実は、コットンキャンディTVの唯一の登録メンバーだった「これは違うでしょう、本当に違う」という意味のIDを使い彼女たちを応援していた人物がチャ・ジェヒョクでした。

冷たく利益だけを求める所属事務所の代表だったチャ・ジェヒョクは、初めからコットンキャンディを応援する人だったこと。ジェナと出会ったことでドラマの後半部でチャ・ジェヒョクが変わっていく姿が上手に

描かれたと思います。冷たく笑うことのなかったチャ・ジェヒョクが笑顔を見せたり、ヒョンジを心配して祖母の入院する病院を自ら訪れるなど、コットンキャンディを心配し応援する彼の気持ちの現れでした。

それぞれの立場や視点から描かれたところもありましたが、第1話から売れないアイドルグループのメンバーとして、グループを守ろうとする気持ちが伝わり、いつの間にか推しのアイドルグループが頑張る姿に応援する気持ちでドラマを視聴することができました。

期待していたチャ・ジェヒョク、ジェナとジハンの三角関係、、、ラブラインは明確に描かれませんでした。しかし、自分の目標や夢に向かって奮闘する女性5人が希望!というメッセージを伝える展開だったので、これまで放送されたアイドルを題材にしたドラマと比較すると、アイドルが登場する青春ヒューマンドラマだと言えるのではないでしょうか。

IDOL:THE COUP D’ETAT (アイドル:ザ・クーデター) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー