IDOL:The Coup(アイドル ザ ク―)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2021年



放送予定 

【日本放送】 

●FOD (2022/12/1~) 先行独占配信

【韓国放送期間】 2021年11月8日~12月14日 月火23時~

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

IDOL:The Coup(アイドル ザ ク―)

IDOL:THE COUP D’ETAT(Idol: The Coup) アイドル:ザ・クーデター

아이돌:더쿠데타

2021年放送 JTBC月火    全12話

視聴率

平均視聴率 0.6% 시청률 最低視聴率第7回0.354% 最高視聴率第1回0.751%

出典:https://tv.jtbc.joins.com/idol

あらすじ

失敗した夢と別れられない人のための非常に特別な案内書で、堂々と自身の夢に辞表を投げる若者たちの物語。

相関図

出典:https://tv.jtbc.joins.com/cast/pr10011383

キャスト

主要人物たち


出典:JTBC

EXID ハニ / アン·ヒヨン ジェナ (キム·ジェナ) 役 CCのリーダー、 サブボーカル

失敗したガールズグループ『コットンキャンディー (以下CC)』のリーダー。外柔内剛の堅牢で深い心を持つ。一人孤軍奮闘し、困っているチームを率いている。しかし、最初から底ではなかった。

あるオーディション番組でキーボードを弾きながらオリジナル曲を歌っていた十代の少女は、一気にオーディション会場と審査委員を掌握してしまった。そのようなジェナのため、オーディション番組の視聴率も上がった。右肩上がりに、ぐっと上がった。しかし、それで終わり。 結局、生放送の舞台まで上がることはできなかった。

ある日、持っているものといえば夢と熱情しかない、小さな芸能事務所『スターピース』のマ代表が近づいてきた。ジェナは、自分を一人のアーティストとして尊重してくれるマ代表から、真剣さを見た。このような人が代表なら信じてついていけると思った。幼稚な『コットンキャンディー』という チーム名をもらって、スターピース 1号ガールズグループとしてデビューした。デビュー序盤、一瞬関心を集めただけで、その後「妄突」の手順を踏んだ。

大丈夫だと、次のアルバムで頑張ろうと励ましたが、次のアルバムはなかった。後続のボーイズグループ『マース』が爆発し、忙しくなった会社とマ代表はCCを忘れた。このように放置されたまま歳月を送り、共に未来を夢見たメンバーたちの心も、粉々に散った。

敗北感に圧倒された日常。自他共に認める、すでに終わってしまった状況であることを皆が知っていた。しかし、わずかなチャンスでもつかもうと奮闘する。人々は余計な意地を張ると指を差す。「すでに終わったのに、終わったということを自分だけが分かっていない」とひそひそ話す。

「一体なぜ、そんなにできないことにしがみつくんだ?」ジェナに向けて最も多く投げられる質問。そして、ジェナも自分に向かって毎日する質問。「一体どうして終わらないの?」


出典:JTBC

クァク・シヤン チャ·ジェヒョク役  スターピースエンターの代表

根っからの事業家。失敗したことがない。 価値のないことに時間を浪費することを嫌う。アーティストを商品と考える冷血漢。音楽より数字がずっと楽な男。人間計算機、ファクト殺人鬼、共感能力ゼロのソシオパスまで…、彼を経ていった人間は一様に「温もりのない」男とニックネームをつけてくれる。

アメリカで生まれ育ったジェヒョクは、シカゴ大学を早期卒業。アメリカの有名レコード会社スパイラルミュージックでA&Rとして活躍した。MBA課程を修了し、米国の大手投資企業「ワン·WINNER」に転職した。平社員として入社したが、優れた能力を買われて、アジア財政企画担当のVP(Vice President.役員級)まで高速昇進した。

その後、韓流とKポップ産業の可能性に投資し、投資界の「マイダスソン」と呼ばれていたが独立し、「チャインベスト」を設立。韓国の大手エンターテイメント会社であるスターピースに投資し、これを契機にスターピースの共同代表に迎え入れられる。

スターピースエンターを引き受けた後、彼は賞状作業を陣頭指揮し、商品性のないアーティストと契約を解約する構造調整を始める。その最初の対象はCC。一抹の慈悲もなく、放出の刃を振り回してやるところだった。いつものように難しくない仕事だった。ところが、彼の知らないことがあった。彼女たちはジェヒョクが今まで一度も相手にしたことのない類の人間だということを。「ファクト殺人鬼」というアイデンティティまで揺さぶる、大混沌の時間が彼を待っていた。


出典:JTBC

キム·ミンギュ チハン (ソ·ジハン) 役 アイドルボーイズグループ『マース』のリーダー

デビュー5年目に入ったトップアイドルグループ『マース』のリーダー。単に歌って踊ることを超えた、真のアーティストとしての渇きが大きい。チハンはまるでアイドルになるために生まれたような生命体だ。しかし、実はとてつもない努力派だ。輝く才能を持つ、最初から夢だった練習生たちの間で、チハンにできる唯一の方法はそれだけだった。才能も夢も、すべて努力で満たさなけれなければならなかったチハンは、ちょうど死ぬ直前まで練習し、血のにじむような努力の末、トップに立った。

そのようなチハンにも限界が来た。シーズンが終わり、休憩期間にも望まないユニット活動を強行しようとするマ代表。頂上にいるが、それだけ自分を消耗したチハンは、枯れた井戸で無理やり水を絞り出している、この状況がおかしくなりそうなのに、時間を与えずに押し通すマ代表のために、さらに窮地に追い込まれた感じだ。

そんな中、チハンはスターピースの練習室の前で偶然、ジェナのオリジナル曲を聞いて、強く惹かれる。チハンはジェナと音楽で交感し、同志の関係を作りながら、CCがコーナーに追い込まれるたびに助けを求める。CCが経験している切実さと恐怖は、かつて自分が渡ってきた川でもあったからだ。

それなのに、思いがけず、この連帯とジェナの信頼を裏切らなければならない状況に直面する。ジェナを選択しようとしたら失うことが多くなり、自分とグループを守ろうとすれば、ジェナを踏みつけなければならない。果たして彼の最後の選択は何だろうか。

コットンキャンディー(Cotton Candy)のメンバー


出典:JTBC

宇宙少女 EXY エル(カン·ユリ)役 メインボーカル

チーム内のメインボーカルらしく、歌の実力はすでに脱アイドル級で、ソロ歌手としても十分な実力だ。CCが起死回生するはずがないと思う今、それで、未だに無策で走り回るジェナと対立し続けている人物。冷たくて現実的な性格が時には利己的に見えたりもする。

CCとしてデビューする前、すでにガールズグループのデビュー経歴を持っている。3年間の練習生生活の末、ようやくデビューしたグループ『キラ (Killa)』は、期待したほどの成績を出せなかった。キラがもう見こみがなさそうに見えると、エルはチームを脱退してCCに合流した。

肉を渡して骨を取る覚悟でCCを選択したが、幸運の女神は最後まで彼女の味方ではなかった。CCは『キラ』の道を歩んだ。いや、それよりも残酷で惨めだった。その代わり、意地悪をした運命の女神は、彼女が捨てた以前のグループに幸運の笑みを浮かべた。うそのように、潰れると思っていた全グループが、イベントの密着カメラ一つでチャートを逆走行し、大ヒットしたのだ。続いて出た2枚目のアルバムは大成功を収めた。

あれからまた5年が過ぎた。契約満了が近づいている。 回生の色は見えない。CCの誰よりも絶望と挫折感が大きいエルは、結局、行ってはならない道を選ぶ。


出典:JTBC

LABOUM ソルビン ヒョンジ (オ・ヒョンジ) 役 メインダンサー、ラップ

歯に衣着せず直線的で、他人の顔色は全くうかがわず、自分勝手に人間のように解釈される。トラブルメーカーとしての存在感を際限なく発揮することもある。困難になったチームの状況を最も受け入れがたい人物であり、毎回脱線の交差点に立ち、人をはらはらさせる。チームの末っ子。ポジションはダンスとラップだ。

ダンスはただただ良かった。 何よりよかった。 ユーチューブにアップロードされた現地のダンス映像を見て、マ代表が連絡して来てから、練習生生活を始めた。ジェナ、エル、ステラ、チェアと 生活するのも、毎日毎日練習するのも好きだった。考えてみると自分の夢は「練習生」だったようだ。夢は一応叶えたが、姉貴たちが「それは夢じゃない」と言う。孫娘がテレビにいつ出るか、毎日聞いているおばあさんを見ても、「そう、これは夢であってはならない。私の夢は、より広い舞台、より有名になること、より多くの人々の歓呼、お婆さんの自慢」それでなければならない。

ところで‥‥全部間違えたようだ。 私たち、失敗したよ。

ジェナの孤軍奮闘を見ると腹が立った。私が一番好きなジェナ、その姉貴が肝臓も腎臓も全てを捧げて物乞いするように歩き回るのを見ると、ほとんど殺人衝動まで起きる。その姉貴がうちのグループのためだと言って、周りを見回しているのもみっともない。性格までこのようだから、怒りと不満を自分に濾過なく注ぐしかない。


出典:JTBC

ハン・ソウン ステラ役 サブボーカル

CCの長姉。ポジションはサブボーカルだが、ビジュアルではセンターだ。か弱く繊細な感受性と、優しい心性を持っている。CCが下降線をたどるようになった後から、再演ドラマの演技で芸能人生活を細々と生きながら、「必ずCCを立てる」というジェナを信じて、粘り強く耐えてきたのが、いつの間にか6年目。

限りない親の不和で、誰にも面倒を見てもらえない、不幸な10代の時代を送った。脱したかったが、ステラの現実に出口はなかった。夢というものを持つことさえも、 贅沢な時間を過ごしながら、誰にも打ち明けることのできない過去を持つようになった。

幼い少女が耐えるにはとても大変な現実に、人生を諦めたい時、マ代表と共にジェナが現れた。ステラはジェナの澄んだ目に秘められた深い心を読み取った。こんな目を持った人が語る夢というのは、どんな未来なんだろう··· 。気になった。この子なら一緒に夢見てもいいなと思った。そうやって傷から立ち直って、 新しい夢を見させたCCは···。 糞になってしまった。

それにもかかわらず、やさしいステラは依然としてジェナを信じていた。再演ドラマの撮影現場でキムチを包み込まれるシーンを撮りながらも、ここに留まるかどうか、ないだろうという希望が消えなかった。いいえ、躍起になって希望を送らなかった。それさえ送ってしまったら、本当に彼女は帰るところがなくなるから。


出典:JTBC

キム・ジウォン/グリーン チェア役 リードダンサー、サブボーカル

何の特徴もないのが特徴だ。かわいい顔をしているが、ステラほど目立つ美貌でもない。才能が全くないわけではないが、現地のように特別に持っているわけでもない。エルのように欲望が強いわけでも、ジェナのようにリーダーシップがあるわけでもない。ただ角のない小石のようだというのが、キャラクターならキャラクター。優柔不断で臆病も多い。

両親らが有名俳優で、二卵性双生児の妹、チェリョンも人気俳優としての地位を確立している。その間で戦々恐々として、毎日挫折感ばかり積もっている。

しかも、歌手としての力量も、やはりあまり優れていなかった。自分がどうしてCCのメンバーに選ばれたのかも分からないくらい、メンバーたちに埋めていくという感じが消せなかった。スプーンにのせた感じ。そのため、チェアはCCグループ内でも徐々に縮こまってしまった。

生まれて初めて、両親に反旗を翻して、意地を張って アイドルの道に入った。CCを通じてまともに滅び、両親に嫌われ者の透明人間に転落してしまった身の上。これ以上我慢できないのは、これからは、母親がこれ見よがしに「傀儡」になったチェアの手を握って、再び俳優の道に導くのだった。チェリョンから感じる劣等感と、両親から受ける蔑視を一気に吹き飛ばし、私も十分に才能があるし、 出来るということを見せたいんだけど···。

 

OO トロイ役 有名プロデューサー

名実共にヒット曲作曲家のピヨンの後を追っているホットな作曲家。2020年、ミュージックアワードプロデューサー賞まで受賞し、いたるところから「ラブコール」を受けている。不振なキラーから脱退することを悩んでいたエルにデビュー準備中だったCCを教えた張本人。

最初はアイドル練習生だった。そうするうちに自然に作曲家、エンジニアの兄さんたちに曲の作り方を教わるようになった。

そのため、曲を作るのが適性に合っていた。 合うほどではなかった。 楽しくて幸せだった。いつのまにかアイドルデビューなんて眼中向こうの事になった。代わりに新しい夢ができた。 じきに切なる夢となった。

スターピースでチャンスを与える」と話した。インターンシップという形でスターピースに入社した。気まずい思いをする暇もなく、練習生だったCCたちとかけがえのない友達になった。互いの夢を応援し合いながら一生を共にすることを約束した。しかし、その約束は守られなくなった。

OO エリン役 ヒョンジの友達。地元唯一の同業界の友人。

デビューするためにかなり努力したが 依然として入城できず、この辺をぐるぐる回っている立場だ。聡明だ。そうした状況でも感情は大きく揺れない。特有の理性的な表情と、理性的な話し方が安定感を与える。わざと冷たかったり、シックに見せようとするのでもない。現地が事故を起こすたびに、1回目の後始末をするのも「ご愛隣」だ。あまりにも頻繁に起こることだから、驚きもしない。生活数年で、あちこちで顔が広いこともあり、情報通でもある。居ても立っても居られない、存在感の大きい人物。


出典:JTBC

カン·ジェジュン チン・ドゥホ役 CC元マネージャー

20代前半のドゥホは、踊るのが好きな山奥の青年だった。

一時、Kポップスターのオーディション番組に出たこともある。地域予選で落ちたが、山奥で踊った’山参ボーイズ’で有名になったこともある。マ代表に会って、そのようにCCのマネージャーになった。そんなドゥホに夢ができた。成功したCCの「成功したマネージャー」になること。

カバンの紐が長くもない。 器用に頭が回るものでもない。収支の勘定もできない。いくら大変でも、お尻の後ろに下がってコツをつかうことがない。いったん任せてくれれば、駆けつける。 横も後ろも見ず、イノシシのように前だけを見て走っていく。その太った体を動かして最後まで行って、たらたらと流れる汗を腕で拭けばいい。愚かで誠実、誠実すぎて愚かな人だ。

今時、絶対にありえない本物の男。CCはいつの間にか「本物の男」ドゥホの夢になった。CCがつぶれてからは、スターピースの新人グループ Hi-TEENのマネージャーを引き受けることになったが、相変わらずドゥホはCCの隣に立っている人だ。必ずチャンスが来ると信じている唯一の人であると同時に家族の支えであるドゥホはCCの再起に最大の動機であり、影響力を与える人物だ。

MARSのメンバー

Cotton Candyと同じ所属事務所のボーイズグループでトップアイドル。


出典:JTBC

チョ·ジュンヨン レイ(ハン·ソンウ) 役 ボーカル、ラップ

マースでデビューする前に、 海千山千を経験した残りのメンバーとは違って、レイは一気にスターピースのオーディションをパスし、難なくマースのデビュー組に合流した。そのようにデビューするようになったマースがすぐに大きな成功を成すようになったから、レイは一度の失敗も経験せず、アイドル界のエリートコースだけを着実に踏んで上がってきたわけだ。

スケジュールがない時も、宿舎-練習室-作業室の3ヶ所のうち、一箇所には必ずいるほど、徹底した自己管理が基本ベースになっている。ファンの間でもOOパッチがいくら付いて行っても、写真どころか、ほこり一つすら出ないことで有名だ。

自分に与えられたことは必ず消化するので、みんながウォラベルを叫ぶこの時代に、それに完全に逆行するワーカホリックの面貌を見せてくれる。それで、いつもメンバーたちを練習室に呼び出すのも、レイの仕事だ。

このレイを武装解除させる唯一の人は、チハン1人だけだ。いつも輝く位置にいながらも後では骨身を削る努力で死ぬほど努力しているという事実を知っているからレイはそんな知韓に憧れながらも、まるで兄のように知韓を心配して気を配る。

しかし、最近になって変数ができた。チハンがCCとからみ始めてから、これまでにない行動をし始めた。マーズユニットの活動まで揺さぶられると、レイは心配になり始める。


出典:JTBC

ペク·ソフ テヨン(パク·テヨン)役 サブボーカル、ラップ。

マースのサブボーカル。別名「カンカン総務」。放送と個人レーバンでメンバーたちの支出と消費習慣について指摘するため、ファンらの間で「ねちねち総務」という異名をとるようになった。

もともとすんなりした性格でもあるが、上に姉が3人の家庭環境で育ったので、衣食住のすべての方面で特別な入念さと繊細さを持つようになった。宿舎生活をする時も、一番小言が多いメンバーに選ばれたりした。しかし、メンバー間のトラブルがある時、仲裁者の役割を最も多くする、兄のようなメンバーでもある。

角のない性格と特有の親和力で、芸能界で有名な顔立ちであり、すべての会合で欠かさず総務を受け持っている。秀麗な外見と倹約なイメージで、アイドルファンが選ぶ両家顔合わせのフリーパスドール1位を獲得したりもした。


出典:JTBC

ホン·ウンギ ユル (キムユル) 役 メインダンサー、メインサブボーカル

多情多感な話し方と半月のような微笑みが魅力の、いわゆるスイートガイ。ファンクラブ、カラ内ではマースのチハンを見てファンになった。ファンサイン会一度に ユルに乗り換えるという話が出回るくらい「ファンサービスに一番心がこもっている」メンバーだ。随時SNSやLaBANG、オープンチャットルームを通じて、ファンとのコミュニケーションを楽しむ。いつも笑顔でいたずらっ子のようだが、ユルはマース内で最も長く練習生期間を送ったメンバーだ。

16歳からBエンターに練習生として入り、3年間の練習生生活を経て、19歳でスターピースの練習生として入社した。練習では、レイに劣らないFM。ユルは主にマースのメンバーたちの振り付けを見るが、メンバーの間では「カルガク虎先生」と呼ばれている。


出典:JTBC

イ·ウンサン ダン (パク·ウンダン) 役 サブボーカル、ラップ、メインダンサー

マースの末っ子。サブボーカルとラップを担当している。15歳でスターピースの練習生としてデビューした。ニックネームは「若年寄」。 礼儀正しい性格で、21歳の初々しい年にはギャップがあり、世の中のN回目のような得度メンタル、成熟したマインドの持ち主だ。大喜びも然りとして、大して悲しいもない いつも中道を維持しているというか。

メンバーの間では、一番面白いメンバーに選ばれているが、ダンを初めて見た人は、その言葉を理解できない。口数が多いわけでもないし、だからといってリアクションがいいわけでもない。ただ例の笑顔で聞くだけだ。熟慮の末に飛び出す突拍子もない回答は、大きな笑いを与える。そのように全世界のファンを量産している。


出典:JTBC

チョン·ウンイン マ·ジヌ役 スターピースエンターの設立者元代表

1990年代アイドル歌手マネージャーとして エンターテインメント業界に入り、夢と希望を持って『スターピース·エンター』を制作した。

マ代表と少女たちの夢と情熱だけで完成した「スターピース第1号アイドル」。名前は「CC」だった。2年を耐えてきたCCがデビューした日、彼は「世の中を全部自分のものにした」ようだった。感謝したし、感心した。 それぞれ事情を持っている少女たちは、「その日、星になる」と話した。

そしてグループは失敗した。少女たちは滅びたが、マ代表は運がよかった。遅れて売り出したボーイズ·グループ『マース』にかなり大きなプロジェクト投資が入ってきた。投資金全部をマースにつぎ込んだ。小規模芸能事務所に似合わない大型新人という修飾語がついた。ガールズグループより反応もよかった。2枚目のアルバムは爆発的で、お金がたまり、会社を広げた。お金がもっとたまって、会社を育てた。お金がもっとたまり、人気歌手たちを迎え入れた。新人グループを売り出し、社屋を買い、組織も大きくなった。創立8年のことだ。不可能なことを可能にする間、マ代表は1日3-4時間しか寝ずに仕事をした。

最初はCCに、「1年だけ待ってほしい」と頼んだ。会社のためにマースを先に育てなければならなかったから。その翌年に「もう1年待ってほしい」と話した。 会社を広げなければならなかったから。その翌年に「もう1年待ってほしい」と言った。マースの海外進出が成功的に行われていたから。その翌年からは忘れてしまった。韓国のエンター界で影響力のある企業に成長してしまった会社のトップになったからだ。

そうして5年の歳月が過ぎ、CC契約満了が6ヵ月後に迫った。今こそCCを取り払うチャンスだと思った会社構成員らの要求は激しい。リーダーのジェナは、初めて会った時のその気持ちそのまま、マ代表を信じている。必ず再契約をして機会を与えるという確信を持って、作曲した新しい歌を送った。ジェナの慎重な催促にもかかわらず、マ代表はメールボックスを開かなかった。何のサインも与えなかった。

しかし、これからは決定しなければならない。 何がみんなのための道なのか。いや、みんなのための道は誰にもない。マ·ジヌ代表は、「スターピースという会社の経営者が当然行うべき選択をしなければならない。でもCCは? 長考の末、彼は終始後回しにしていた決定を下すことになる。


出典:JTBC

アン·セハ ユン·セヨル役 総括室長

マネジメントチーム総括室長で会社の実力者。ニックネームは「ユン·ジラル」。 見るたびに顔をしかめている。恐らく笑い方を忘れたのだろう。慢性疲労、慢性苛立ち、慢性化病の三種セットをつけて暮らす、今の時代の会社員だ。スターピースエンターの初期メンバー。 本来性格はジェントルマンだったが、エンターテインメント界でなんだかんだとひどい目にあって、いつの間にか「ジラル」の代名詞になった。

アイドルならこりごりだ。トップアイドルであれ、槌であれ、何もかも見たくない。その中で一番はやっぱりファンだ。

自分のお兄さんがスーパースターになったのが、 みんな公認だと思っている傲慢なやつら!うまくいけばファンのおかげで、 うまくいかなければ、すべて会社のせいだそうだ。

ストレス爆発寸前。この仕事をすればするほど、この仕事は自分の適性に合っていないことが分かる。爆弾を抱えているというか…。


出典:JTBC

イ·ユジン ピヨン役 スターピース 代表プロデューサー理事

数多くのアイドルのヒット曲を作った有名作曲家であり、プロデューサーでもある。現在はスターピースエンターテインメントで取締役。スターピースを早いスピードで成長させた一助した功績が認められ、マ代表の次に、会社で影響力を行使する人物だ。

強力な自己プライドと確信で団結した彼は、音楽において誰からも忠告は聞かない。自分が信じていることが正しく、それが即ち成功だと確信している。一時は手をつければヒット曲を書き上げるせいで、ヒット曲メーカーと呼ばれる時もあった。その才能を消費しすぎたせいか、ある瞬間からはその速度が次第に遅くなり、別名「ピヨンスタイル」と呼ばれる、自己複製作曲スタイルを固守し始めた。

そのように徹底的に大衆志向的でトレンディな流れだけを追いかけていたピヨンは、成功街道を走り続けたものの、似たようなメロディーと曲の進行のため、盗作疑惑にも何度か巻き込まれたりもした。幸いにもその度に、マ代表の助けで危機を乗り越え、彼は依然として名実共に、トップ作曲家の地位を守っている。

 

OO  パク代理役 スターピース広報マーケティング代理

OO    イ代理役 スターピース管理総務チーム代理

その他の人々

OO  チャ博士役 ジェヒョクの叔母。車漢医院院長。不法滞在者の両親のためにアメリカで苦労しながら育ったが、結局、適応できずに韓国に来てしまった。遅ればせながら漢方医学を勉強し、韓国で定着して平和な日々を送る。未婚でヨーロー生活信奉者だ。甥のジェヒョク君にしばらく会っていない。

OO  モ・ガジン役 イシュー&24芸能部記者。別名モガジ。特ダネを一度聞けば一度は見逃さないことから「首切り」というニックネームが付けられた。芸能界では舌を巻く、悪名高い人物だ。あまり特色のない平凡な言葉遣いと甘く見える外見で相手を武装解除させるが、油断した瞬間、鋭い目つきで質問を投げかけて撹乱させる。日常的な対話の中に混じっている本質的な質問に、相手はやられることも知らずにやられる。角だけの秘法なら、秘法というか。

スターの中でもトップスターだけが追いかけることで有名な彼に、最近、最大の関心事ができた。名前も知らなかったいや、存在自体を知らない下降線グループのCCがしきりに邪魔になる。

OO   ソヨン役 過去にエルが所属していた4人組ガールズグループKillAのリーダー

OO   ソン作家役 ラジオ『チャン·ソンギュのファニートーク』作家

OO   ソクチュン役 ドゥホの故郷の後輩。

 

出典:JTBC

スタッフ /脚本:チョン・ユンジョン、演出:ノ・ジョンチャン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん

アイドル ザ ク― 1話・2話 あらすじと感想
アイドル ザ ク― 3話・4話 あらすじと感想
アイドル ザ ク― 5話・6話 あらすじと感想
アイドル ザ ク― 7話・8話 あらすじと感想
アイドル ザ ク― 9話・10話 あらすじと感想
アイドル ザ ク― 11話・12話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●アイドルグループを解散するために1位を目標にする売れないアイドル(マンドル)の奮闘記!アイドルが主人公のヒューマン・成長ドラマ!

世界的なレベルで注目を浴びるK-Pop中、現役アイドルグループのメンバーがドラマの中でアイドル役を演じるということで、リアル感のあるアイドルドラマが次々に放送されています。SF9のチャニやフィヨンが出演した「イミテーション」も2021年に放送された作品。

このドラマはアイドルデビューを目指す練習生や売れっ子アイドルが主人公を務めるドラマではなく、デビュー6年目を迎えた全く売れない「マンドル(売れない、失敗したアイドルグループの意味)」と呼ばれるガールズグループのストーリーが中心に描かれます。

所属する事務所から再契約の意思がないと伝えられた主人公のジェナ(ハニ)は、予想通りだと所属するアイドルグループの存続を掛けて奮闘するはずが、その真逆の展開を繰り広げ、度々訪れる困難を乗り越えるアイドルグループのメンバーたちの姿が描かれます。

アイドルグループ「コットンキャンディ」はカムバックを果たして音楽番組で1位を獲得した後、解散を発表する計画。しかし、不運続きで売れないアイドルグループである彼女たち、、、解散のためにバラバラだったチームが団結して進も、これでもかと困難が続きます。風当たりの強さに、第1話から大丈夫??頑張って!!!と応援する気持ちでドラマを視聴しました。

主人公ジェナを演じているハニもアイドルグループEXID出身として売れない時期を経験したとのことから、リアル感のある演技を見せています。同じ事務所に所属する売れっ子アイドルグループのリーダージハン役を演じているキム・ミンギュはProduce101出身。現役アイドル又はProduce101出身者が多く出演しているので、リアルなアイドルの世界を覗くことができる作品でした。

所属する事務所の代表チャ・ジェヒョク役をクァク・シヤンが演じています。冷たく会社の利益だけを計算する人物で、ジェナと対立する存在として登場しますが、徐々にジェナを応援する重要な人物となります。ジェナ(ハニ)とチャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)の関係がどのように発展するのかドキドキしながら観る楽しみもありました。

最終話「負けたけどまけたわけではない、叶わなかったが成し遂げた・・・」と語る主人公ハニのナレーションが登場しますが、個人的には一番記憶に残るシーンでした。アイドルとして成功するというストーリーではないですが、必死に目標にするグループの最高の最後を迎えるために奮闘する姿が青春・ヒューマンドラマ的な要素が強い。

とにかく頑張る、くじけない、前向きに進むアイドルたちの姿が見られました。アイドルが登場するドラマが好きな方に、お薦めしたい作品です。全12話編成となっているため見やすい作品でした。




【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP