九尾狐伝1938 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

九尾狐伝1938


放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2023年5月6日~6月11日午後9時20分

九尾狐伝1938

구미호뎐1938

2023年放送 tvN 土日 全12話

視聴率

平均視聴率 6.19% 시청률 最低視聴率第11回4.728% 最高視聴率第12回8.024%

出典:tvn.cjenm.com

あらすじ

1938年、混沌の時代に不時着した九尾狐イ・ヨンが、現代に戻るために繰り広げる“K-ファンタジーアクションドラマ”で、韓国で2020年に放送されたtvNドラマ「九尾狐伝」のシーズン2

相関図

出典:https://tvn.cjenm.com

キャスト

イ・ヨンと周辺人物


出典:tvN

イ・ヨン役   イ・ドンウク
九尾狐

「私が不時着したそこが地獄でも構わなかった。汲み取り式トイレでなければ。」温水シャワーが天国だった時代。行き交う人々は頭にシラミをうようよ乗せて歩き、行く先々で真っ黒なうじ虫が沸き返す。1938年は「意外と潔癖症」な彼に衝撃的な衛生実態が迎えた。しかも。Wi-Fiがない。ミントチョコアイスクリームもない。何より愛するジアがそばにいない。「帰らなければならない。私が住んでいたあの場所へ。」

ところが、どいつもこいつもイ・ヨンの足を引っ張る。彼を死ぬほど片思いした女性や、一時かけがえのない友だった人物。そして失くした弟イ・ラン。再会したイ・ランに、イ・ヨンは自分が未来から来たという事実を話してやれない。彼らが再び兄弟になったという事実も。「ずっと憎み続けろ。心を開けば君が傷つく。二度と···私のために死ぬな。」

実際、イ・ヨンは植民地・京城の風景をまともに見たことがない。あの頃、彼はアヘン中毒だったから。自分の黒歴史の代わりに、イ・ヨンは時代の荒波に憤然と身を投じる。朝鮮の「最後の山神」として。総督府の反撃は侮れなかったが、奴らが見逃したことが一つある。「守らなければならない恋人がいない」時代の彼は、私たちが知っているよりはるかに無慈悲だということ。

さぁ、狩りの時間だ。


出典:tvN

ク・シンジュ役   ファン・ヒ
元々この土地に住み着く在来狐。イ・ヨンの右腕。

イ・ヨンと共に未来から来た。タイムスリップと同時に徴用されただけでは足りず、なぜか馬賊団に全財産を奪われる。あらゆる辛苦の果てに京城に戻ったが、京城は広く、イ・ヨンは行方知れず。冷麺屋の出前バイトでからくも暮らしているのに、気のせいだろうか。配達中にイ・ヨン様を見たような気がする?! 妻とそっくりな人間の女性を守ってあげながら、彼女の独立運動を助ける。


出典:tvN

ソヌ・ウノ役   キム・ヨンジ
ソヌ日報の記者

正体を隠した独立運動家であり、爆発物の専門家。有名な財力家の娘だが、たった一人の姉が総督府官僚に嫁いでから首をつった。その後、光復義勇隊員(解放軍)になった。おかげで、あらゆる事件事故の目撃者であり、当事者となり。ヨン一行と絡むことに。

ところが「彼らは何が理由で、こんなに私を守ろうと大騒ぎするのか?」ウノは知らない。自分がシンジュの妻に驚くほど似ているということを。


出典:tvN

ポク・ヘジャ役   キム・スジン
ウロンガクシ

京城の真ん中に位置する「五福洋品店」店主。主な顧客は京城の御大層な富豪と日本人の夫人たちだ。しかし、この場所の本当の姿は「光復義勇隊京城第4支部」つまり秘密アジト。朝鮮妖怪という肩書を持ちながら、国を奪われて指を咥えているわけにはいかないじゃないか。満州に行く軍資金の大部分がウロンガクシの手で動く。

リュ・ホンジュと周辺人物


出典:tvN

リュ・ホンジュ役   キム・ソヨン
柳紅酒 /ミョヨン閣の主人であり、元・西の山神

京城最高級料理店「ミョヨン閣」。ここには不思議に「老けない」ことで噂の女性がいるという。絶世歌人であり、不世出の芸人である彼女を抱きしめたいと病む男はトラック一台分以上。

ところで…「私とお酒を競って勝てれば、縁と受け入れましょう。」その細い体のどこにそんなにお酒が入るのだろうか。どれだけ飲ませてかかっても挫けないうわばみだ。彼女の名前に酒の字が入るのは偶然ではないはず。しかも、人知れずものすごい怪力の持ち主でもある。

ホンジュの正体は、イ・ヨンと共に韓半島を治めた4大山神の一人。本体は天然記念物であり、絶滅危機第2級のワシミミズク。野生の帝王と呼ばれる大型猛きん類がミョヨン閣に入った理由は単純。「ああ… 退屈だ。何か面白いことはないのか?」山神のタブーというタブーはすべて破り、奪衣婆に捕まって地獄刑に処されたのも一度や二度ではない。周囲に人は多いが、友達はいない。「私より弱いもの」とは友達になれないという信条のためだが、実は少しだけ寂しかったかもしれない。

そんな彼女の目に突然生気が宿る。「イ・ヨン?!!!」遠い昔、初めて会ったその瞬間イ・ヨンに告げた。「私のものになれ」と。そしてフラれた。高慢極まりなかった九尾狐が、人間の女なんかに夢中になったという噂を聞いて激怒していたが…。そのイ・ヨンが自分からミョヨン閣に現れた?!!一度目標にしたものは絶対逃さない彼女。

私のものにならなければ殺すだろう。


出典:tvN

ユ・ジェユ役   ハン・ゴンユ
ホンジュの用心棒

影のようにホンジュの傍らを守る忠直で寡黙な男。本体は「在来種・珍島(チンド)犬」で、天然記念物53号という事実に密かに自負心を持っている。ホンジュの安全以外について、いかなる関心もない。


出典:tvN

メファ役   キム・ジュヨン
ミョヨン閣の妓生(キーセン)

子供の頃、道で物乞いをしていて、ホンジュに拾われた。ホンジュを無条件に信じて従い、ミョヨン閣の切り盛りに責任を持つ。


出典:tvN

ナンチョ役   ナヒョン
ミョヨン閣の妓生(キーセン)

「若くてハンサムで高い文化住宅を持つ」男が理想のタイプだ。カヤグムの弾き語りが逸品。頭はちょっと悪いが、はかなく情が深い。


出典:tvN

クッキ役   カン・ナオン
ミョヨン閣の妓生(キーセン)

息子だけで5人家族の末娘として生まれ、ヒエの粥さえもろくに食べられずに育った。食い意地がはっていて、客のテーブルからよくつまみを盗んで食べる。


出典:tvN

チュッキャン役   チュ・イェリム
ミョヨン閣の妓生(キーセン)

父に捨てられた幼い少女。思いのほか天才的な頭脳で、一つを教えれば十を知る秀才だ。

イ・ランと周辺人物


出典:tvN

イ・ラン役   キム・ボム
人間と九尾狐の間に生まれた混種、半人半狐

兄イ・ヨンと仇同士となり、生ける屍(しかばね)同然に山野をさすらった。そんなイ・ランを誰かが襲撃した。基盤を失ったオオカミたちに化けた、馬賊の群れ。よりによってうつ病にかかった半人半狐をからかった、馬賊たちの頭目の首が一太刀で離れたのは言うまでもない。「一人残らず鷲の餌にしてやる。」頭目を失った彼らがイ・ランにひざまずく?

そうして、イ・ランは30年代を馬賊団長として暮らした。彼らが通り過ぎた場所には死体も残らないという風評が回るほど、冷静な殺人鬼になる。そんなイ・ランの前に死ぬほど憎い兄が現れた。「死ね!」血が飛び散る一戦の末、イ・ヨンにつかまって理髪店と洋品店に連れて行かれ、かなりのモダンボーイに生まれ変わる。しかし、イ・ランの目に「そばにいるイ・ヨン」の正体が疑わしいだけなんだが。後で知ることになるが、なんと!! 未来から来たんだという。未来の私は生きているのか?「どんな状態で生きているのか?」なぜだろう、兄の目に深い悲しみがちらちらする。

そして「イ・ランの初恋」。 もしや狐ではないかと思って命をかけた、彼の最初で最後の愛。 よりによって相手が「人魚」だ。「我が家に海産物は絶対だめだ」と姑の役割をしてからかうイ・ヨンのせいでおかしくなりそうだ。イ・ランは依然として不器用で荒々しいが、不完全な彼女の足に歩幅を合わせて少しゆっくり歩く方法を学び、歌う彼女のためにピアノを演奏し、88個の鍵盤が思ったより多くのハーモニーを作り出すことに気づくだろう。


出典:tvN

チャン・ヨヒ役   ウ・ヒョンジン
人魚

昼は洋品店の店員、夜はクラブパラダイスの名もなき歌手として、掛け持ちする生活力、最高レベルの人魚娘。彼女は京城が好きだった。倶楽部のきらめく光。自分の歌を聞いてくれる人たち。何よりも「物笑いのたねになるのか、歌手になるのか、二つのうち一つだけしろ」と冷たく言いながら、彼女の人生に飛び込んで来たイ・ランに会ったから。


出典:tvN

馬賊団の副頭目   チョ・ダルファン

チョン・ムヨン


出典:tvN

チョン・ムヨン役   リュ・ギョンス
千無影/紅白仮面、元・北の山神


「三道川守護石」を盗んで過去に逃げた謎の紅白仮面。イ・ヨンを1938年に閉じ込めてしまった当事者でもある。イ・ヨンと全面戦争をしても押されない武功に、優れた医術実力、「火」を扱える能力まで、紅白仮面越しの彼の正体は?!

元「北の山神」。 本体は白頭山の虎。過去、4大山神の中で最も穏やかで有名なのが北の山神だった。生きとし生けるものなら、草一本さえも大切にしていた彼。しかし今、ムヨンは変わった。人間を残忍に利用し、必要ならば妖怪にし、イ・ランを残忍に殺することだって。イ・ヨンを捕まえることさえできれば…。

彼を弱める唯一の弱点は「ホンジュ」だけ。ムヨンはいつもホンジュの後ろ姿を見ていた。ホンジュはいつもイ・ヨンを見つめていた。イ・ヨンだけを見つめていた。それでもムヨンは二人を愛し、公平に大切にした。一時3人は「かけがえのない友」であったから。

そんな彼がイ・ヨンを狙う理由は何だろうか。「友達から敵」へ。誰よりもお互いをよく知っている彼らの避けられない勝負が待っている。

来世出入国管理事務所


出典:tvN

奪衣婆(だつえば)役   キム・ジョンナン
来世出入国管理事務所 ナンバー1

奪衣婆はこれまで以上に忙しかった。「古いもの、昔のもの」が容赦なく捨てられていた時代。不浄なものを埋めた土地は「文化住宅」建設ブームで掘り返され、忘れ去られかけている土着神たちは怒りを隠さなかった。沸き立つこの世をコントロールするために目が回るほど忙しい渦中、時折事務所を抜け出てきた。京城に「劇場」ができたからだ。


出典:tvN

懸衣翁(けんえおう)役   アン・ギルガン
来世出入国管理事務所 ナンバー2

この頃、懸衣翁は天の神のような嫁に初めて「逆らった」。 人間史にむやみに介入するなという奪衣婆の警告にもかかわらず、朝鮮独立運動を支援。「グレゴリー・ヒョン」という仮名で暗躍する。三途川門番として計り知れない死を見てきたが、これは違うと思った。 戦争に、拷問に、強制労働…。 そんなふうにむやみに踏みにじられるために、生まれた命たちではないはずなのに。

朝鮮総督府


出典:tvN

カトウリュウヘイ役   ハ・ドグォン
総督府警務局長

一言で言えば、鐘路警察署長の首を飛ばせる総督府最高権力者の一人。 征韓論の旗手を輩出した長州藩出身、エリート官僚としてのみ知られているが…。 彼の正体は、老獪な日本の妖怪である天狗だ。


出典:tvN

サイトウアキラ役   イム・ジホ
総督府警務局保安課要員

がっしりとした体格、人の本心を見抜くような目つき。侍(さむらい)精神に満ちた日本の妖怪。警務局長の手足として、人間に成りすまして朝鮮を弾圧する先頭に立つ。

出典:tvN

スタッフ /演出:カン・シンヒョ、脚本:ハン・ウリ
作成:え/キ.さ

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん

九尾狐伝1938 1話・2話 あらすじと感想
九尾狐伝1938 3話・4話 あらすじと感想
九尾狐伝1938 5話・6話 あらすじと感想
九尾狐伝1938 7話・8話 あらすじと感想
九尾狐伝1938 9話・10話 あらすじと感想
九尾狐伝1938 11話・12話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●過去にタイムスリップした九尾狐、、、死んだ弟との再会、、、幼馴染たちとの再会。。。現在にタイムスリップする前の1938年に成し遂げるべきことに気付き山上として大活躍するシーズン2!

イ・ドンウク主演の人気ドラマのシーズン2がついに放送開始!

9つの尻尾を持つ狐、、、これまで「九尾狐」を題材にした多くのドラマが登場しましたが、女性のイメージではなく、9つの尻尾を持つ「九尾狐」が魅力的な男性だったら?という、、、設定から想像が無限に広がる。。。

シーズン1では一緒のうち一人の女性しか愛せないという「九尾狐」のイ・ヨンのロマンスと、異母兄弟の弟イ・ラン(キム・ボム)とのブロマンスが描かれ、大人気を得たドラマのシーズン2が放送されると知って、シーズン1が大好きだったので、かなりの期待をこめて、今シーズンの1話を視聴しました。

1話、2話、3話を視聴して感じたのは、シーズン1で描いた世界観とシーズン2の世界観が

イマイチマッチングしないという印象。今では韓国ドラマもシーズン化されるため、新シーズンが始まってもブレることなく面白い場合が多かったので、少しガッカリする気持ちが強かったです。

2023年を生きるイ・ヨンは、朝鮮最後の山神という設定、、、そんな彼が1938年にタイムスリップしてしまい、月食の夜にしか現在に戻られないということ。。。

結局、現在に戻れる一度目のチャンスを逃し、、、イ・ヨン(イ・ドンヌク)は自分が1938年にタイムリップした隠されたわけがあることに気づきます。

自分を助けて命を落とした弟イ・ランと1938年に再会したイ・ヨンと、ツンデレな弟イ・ランとのブロマンスが描かれ、朝鮮最後の山神として自分の使命に気づき、1938年を必死に生きるイ・ヨンの姿が描かるシーズン2でした。

幼馴染の二人の山神と過去にタイムスリップして再会したイ・ヨンは、自分を過去に閉じ込めた人物が誰なのかを探る過程を通じて、これまで描かれることのなかった過去のことが描かれるという展開でした。

イ・ヨンの幼馴染の山神の一人リュ・ホンジュ役をキム・ソヨンが演じています。人ではない存在、山神という役を魅力的に見せたキム・ソヨンの演技も非常に良かったです。

時代背景上、日本の妖怪軍団(山神)が韓国の妖怪たち(山神)と戦うという流れは、個人的にはそれほど魅力的なストーリー展開ではなかったですが、ユーモアあり、サスペンスあり、軽いホラーアリの内容なので、妖怪が登場するドラマが好きな方にはおススメできる内容となっています。

シーズン2が始まった時は、長い外伝的な感覚で視聴を始めましたが、個人的にはイ・ヨンが現代に戻ってきた後の、エンディングがよかったので、もしもシーズン3が始まる場合も、絶対に視聴したいと思った作品でした!




【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/17から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP