ボイス4 5話・6話 あらすじと感想

ボイス4



ボイス4 (ボイス4:審判の時間) 보이스4 Voice 4 2021年放送 tvN OCN Studio 土日 全14話

第5話視聴率3.815%

neroさん

第5話あらすじ

コン・スジからサーカスマンと思われる男が映る動画を受け取ったグォンジュは、スジとの待ち合わせ場所へ急ぎます。その頃、病院の駐車場で、グォンジュに変装したサーカスマンにさらわれてしまうスジ!麻薬組織の一員と思われる外国籍の男を拘束したデリックでしたが、失踪した海女の孫娘コ・ガウンについては、どこにいるか知らないと言います。

約束の場所へ到着したグォンジュはスジに電話を掛けますが、繋がりません。そんななか、スジの身分証などが入ったカバンが灯台近くで見つかります。さらにカバンの中からは、遺書と思われる紙が。地元警察は所持品の中に薬物があったことから、単純な自殺として処理しようとしますが、もちろんグォンジュは納得がいかず。ソウルでの連続殺人事件と関連があるはずだと話すグォンジュでしたが、女だと思われた犯人が今度は男かもしれないというグォンジュの話に、地元警察は聞く耳を持ちません。

一方、麻薬組織に捕まったガウンは漁船の水槽の中に身を隠そうとしますが、ロックが懸かってしまい外に出られなくなってしまいます。パニックになるも、ふとソユンから貰った腕時計の存在を思い出すガウン。それはGPS機能が付いた時計で、水のなかで遭難してしまった時にSOS信号を送ることが出来るといいます。ガウンがボタンを押すと、すぐにデシクのもとへ通知が。

GPSの座標をもとに、捜索を開始するゴールデンタイムチーム。しかし、正確な位置情報が掴めず、捜索に時間が掛かってしまいます。デリックはグォンジュに電話を掛け、何か聞こえないかと尋ねます。ところが、激しく吹き付ける風の音と混ざって、なかなか音を聞き分けることができないグォンジュ。再び耳を澄ませたグォンジュの耳に、鉄の板のような物を叩く音が聞こえてきます。水槽の中にガウンがいると知ったデリックは、無線で皆を集め、力を合わせて重い鉄の扉を開けることに成功。ガウンが無事だと知った祖母は、安堵の涙を流します。

ガウンを無事に救出したデリックらでしたが、肝心の麻薬が入ったカバンは見つからず。するとデリックは、茶色いカバンを抱えるソユンとガウンの姿を見たと言うダイバーショップのオーナーが怪しいと考えます。デリックの予想通り、ガウンからカバンを奪ったのはオーナーの男でした。さらに拷問を受けて気絶したソユンを海に投げ捨てたもの、この男だったのです。洞窟の奥に隠れるオーナーの男を見つけたデリックは、その場で逮捕に成功。

遺書らしきものを残して消えたスジの行方は未だに掴めず、グォンジュはデリックに、犯人は本当に女だったかと確認します。間違いなく女だったと話すデリックでしたが、スジの動画に映っていたのは男…。ますます困惑するグォンジュに、「よく聞けセンター長、君はボイスプロファイラーだ。君の耳を信じろ。相手がどんな化物だろうが、俺が必ず捕まえてやる」とデリックは言います。この言葉に、「(もしも犯人が私を騙す為に、何らかの薬品や機械を使って声を変えていたとしたら…。)」と考えるグォンジュ。

再びサーカスマンから送られてきた音声ファイルと動画を確認したグォンジュは、2つの音声が同一人物の物だと気付きます!

その頃、サーカスマンと思われる女が、大きなキャリーケースを引いて屋敷のなかへ。ドレッサーの前に座った女は、おもむろにウィッグと特殊メイクの施されたマスクを外します。「サーカスマンは1人の人間の中に男と女がいる」と話すグォンジュの言葉に、デリックは犯人が多重人格者である可能性を指摘。

第5話感想

サーカスマンは多重人格だった!?ということは、これまで3人組で登場したサーカスマンは、すべて1人の人間だったということでしょうか。新たな展開に、ますます続きが気になります。

デリックの妹リサを殺し逃走した犯人は、確かに女の格好をしていました。さらに空港のCCTVに映っていたのは、グォンジュとそっくりな顔をした女の姿。しかし、女にしては足が速く、不思議な点が多かったのも確か。これですべての辻褄が合いましたね!誰もが“犯人は女”と思い込んでいたことから、捜査が停滞していたのです。

そんななか、前回グォンジュらが容疑者として聴取を行ったコン・スジが行方不明に。灯台付近で見つかった所持品の中には、遺書と思われる紙が入っていました。さらにカバンの中から薬物が見つかったことで、捜査は自殺として処理されることに。5話の最後にサーカスマンが引いていたキャリーケースのジッパーからは、髪の毛が。恐らく中に入っているのは、スジだと思われます。スジは殺されてしまったのでしょうか、それとも…?

失踪した若い海女の事件に関しては、ゴールデンタイムチームの活躍によって無事終焉を迎えることに。それにしてもダイビングショップのオーナーが犯人だったとは…。人は見かけによりませんね。今回の活躍によって、デシクのゴールデンタイムチーム合流が決定。ますます面白くなりそうです!

第6話視聴率3.964%

neroさん

第6話あらすじ

サーカスマンの正体が多重人格者の可能性を指摘したデリックは、重度の場合、人格が変わると性別やホルモンすら変化するケースがあると話します。多重人格障害の主な原因は、幼い頃に受けたトラウマによるものだとデリック。署に戻ったデリックとグォンジュは、改めて乗客の中から容疑者と思われる人物をピックアップすることに。犯行時刻のアリバイがなく、かつグォンジュと似た体格を持つ男性搭乗客は2人。

正式にシム・デシクをメンバーに迎えたゴールデンタイムチームは、二手に分かれて容疑者に話を聞きに行きます。1人目の容疑者はファン・ミラ。ゲイバーで働くファン・ミラは、事件があった日、ソウルの店に面接に行ったがドタキャンされ、そのまま島に戻ってきたといいます。最有力とされたファン・ミラでしたが、彼のふくらはぎに手術痕を見つけたデリックは、あの足では到底全速力では走れないだろうと話します。

一方、もう1人の容疑者であるチャン・スチョルのもとへ向かったデシクとク刑事。腕に火傷のような後を発見したク刑事は、「犯人もLPガスの作業で硫酸を使ったようだと聞いた」と警戒心を強めます。アリバイを確認しようとした瞬間、突然逃げ出そうとする容疑者!ク刑事はその場でスチョルを現行犯逮捕します。取調室で犯行時刻にどこで何をしていたかと尋ねるデリックでしたが、何も答えようとしないスチョル。そこへ現れたのは、ピモ地方警察庁のヤン課長でした。

実は、スチョルはヤン課長の娘婿だったのです。すぐにスチョルを釈放するように怒鳴るヤン課長を見て、デリックは「…相変わらずクズだな」と吐き捨てます。すると、いたたまれなくなったスチョルが、犯行時刻に知り合いの男性と一緒にマッサージ店へ行っていたと供述。裏付けも取れたことから、スチョルは無罪放免となります。

事件当日、同じ飛行機に搭乗していたもう1人の男性を参考人として呼び出したデリック。男性の名前は、トンバン・ミン(イ・キュヒョン)。かつてはソウルとNYを行ったり来たりする特殊メイクスタジオの代表でしたが、現在は業界を退き、島で博物館の代表理事を務めていると言います。

機内で特殊メイクを施した乗客を見かけなかったかと聞かれたトンバン・ミンは、爆睡していたため何も覚えてないと答えます。すると去り際に、「特殊メイクというのは、骨の構造や解剖学についても精通している必要がある。犯人は医学を学んでいる可能性が高いかもしれない」と話すトンバン・ミン。

翌日、センターには新たな事件を知らせる通報が舞い込みます。通報者が包丁を持った男に追いかけられていると聞き、コードゼロを発動させるグォンジュ。出動班が到着すると、そこには男に腹を刺されて倒れる通報者の姿が。通報者は犯人がトラックに乗って逃走したと話し、デリックとク刑事は近くを捜索することに。すると、近くの崖下の転落し、絶命した状態で見つかる犯人…。トラックの周辺に血のついた石が落ちていたことから、デリックは他殺の可能性を指摘します。そんななか、現場周辺を徘徊する老人を発見。

認知症と思われる老人は、うつろな表情で「俺がうちのチビを殺した」と何度も繰り返します。念の為、病院に運ばれた被害者の男に電話を掛けるグォンジュでしたが、どこか様子のおかしい被害者の男。トラックの助手席に若い男が乗っていたと話す男の言葉に、グォンジュは不信感を抱きます。そんななか、加害者の父親と思われた認知症の老人が、実は死んだはずの被害者の父親ということが判明!

その頃、病院を抜け出した被害者の男は、老人を助手席に乗せ、どこかへと向かっていました。男が車を停めたのは人気のない山奥。

第6話感想

サーカスマンに関する謎が少しずつ明かされていくなか、センターでは新たな事件が発生。包丁で刺され病院へ運ばれた男でしたが、どうも様子がおかしい。さらに崖の下には、頭を殴られ死亡した加害者の男が。現場付近で保護された認知症を患う老人は、なんと被害者の死んだはずの父親たったのです。数年前に死亡届が出された被害者の父親。しかし、実際には生きており…。

恐らく保険金詐欺の類かと思われますが、それにしても生きている父親を死んだことにするとは。常識では考えられませんよね。男の背景に何があったのか、真相が知りたいです。

一方、遺書を残して消えたコン・スジに関しては、今話ではとくに進展はありませんでした。スジの父親は娘の自殺を受け入れることが出来ず、村の巫女を訪ね、彼女の居場所を探ります。すると、何かに憑りつかれたように「お父さん…寒い…」と震える巫女。韓国のドラマではこういった巫女?シャーマン?が良く登場します。

そして、第6話ではサーカスマンと思われる男の正体が明らかに!サーカスマンは恐らく、参考人としてデリックに呼び出されたトンバン・ミン。元特殊メイクアップアーティストという肩書きからも、グォンジュに扮するのはさほど難しいことではないと予測できますね。

そんななか、デリックの過去に関しても謎が深まります。デリックの母親の死に隠された秘密…。デリックの過去にはヤン課長も関係しているようで、2人の間に何があったのか、、こちらも気になります。

ボイス4 7話・8話 あらすじと感想

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 




【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP