オー・マイ・ベイビー 3話・4話 あらすじと感想


オー・マイ・ベイビー 오 마이 베이비 Oh! My Baby 2020年放送 tvN 全16話 【韓国放送期間】2020年5月13日から7月2日

第3話視聴率1.690%

daisySSさん

第3話あらすじ

母と買い物に出かけたチャン・ハリ(チャン・ナラ)は母にプレゼントを贈ります。母にプレゼント準備した訳を話すことができず、ある計画を実行することに。。。

親友のキム・ウニョン(イ・ミド)とユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)を集めては重大発表があることを伝えます。一生結婚しないことを宣言するチャン・ハリ。キム・ウニョンとユン・ジェヨンは恋愛ベターな彼女が結婚できるとは思わないとハリをからかい。ハリは考えている計画を進めることを友人たちに伝えないまま、実行。

従姉妹の結婚式の後、ユン・ジェヨンが紹介した相手と会っているところを目撃されて以来、ハン・イサン(コジュン)が気まずいチャン・ハリ。子供が欲しい強い願望をハン・イサンに知られてしまったことから、恥ずかしさを感じ。。。そんな中、鉢合わせになった二人。イサンはハリの顔をうかがうと声をかけ、明るく返事するハリ。全く彼に会うことに恥ずかしさや気まずさがないふりをしますが、内心は従兄弟の結婚式に夜のことが気になる。

チャン・ハリが内緒で進めていた計画は結婚せず妊娠すること。そのため、インターネットサイトで精子を提供するとの書き込みを見ると、コンタクトを取ります。しかし、張り込み中の刑事に逮捕されてしまったハリ。警察からの連絡を受けて身元受取人として現れたのは友人のユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)。

彼女が妊娠するために必要な精子を売買しようとしたことを知ると、普通に結婚して子供を産むべきだと忠告。39歳の年齢で病気のため妊娠できる確率が更に下がる現実、、、ゆっくりと結婚相手を捜して、結婚式を挙げ出産する余裕がないことの焦りを見せるハリ。しかし、後日精子を売買しようとしたこと女性がいたことがニュースで流れ、、、隠していた母まで

彼女が未婚の母になろうとしたことを知ります。その夜、母の怒りを買ったハリが家から追い出され、行く当てのない彼女を偶然発見したハン・イサン(コジュン)。靴も履かず家から出された彼女を心配して現れたジェヨンは、ハリとハン・イサンが一緒に居るところを目撃すると、軽く緊張します。

大学病院に努めながら子育てすることの大変さを伝えるジェヨンは、大学を辞めたことを伝えます。彼が居候になった理由は、住んでいたマンションを処分して開業する予定だから、、、と語りハリを励ます。

相手の同意があれば妊娠して出産できるにも拘わらず、、、周りに男がいない!と嘆いていたハリの目に入った三人の男性。。。

第3話感想

面白い展開になりました!

出産するために、、、精子を売買??する発想までするヒロインの考え方が極端すぎて驚きましたが、まさかの展開!!すぐに結婚できる相手がいないことを嘆いていたハリ、、彼女の目に健康的な男性三人が映ります。その三人とはハン・イサン(コジュン)、ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)とチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)。

チェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)は会社の部下で20代。ハン・イサンとは初対面の時からハプニング続きで、人に見せたくない姿まで見られてしまった相手。今話でも母から追い出された後、行く当てのない状況で鉢合わせしたのがハン・イサンでした。最悪な出会いが続いただけに、今後は逆にお互いの印象が変わる良いチャンスが訪れそうです。

ハン・イサンが結婚に興味がない特別な理由があるのでしょうか。いまだ明確になっていないので過去に何があったのかすごく気になります。第2話でも感じましたが、思った以上にハン・イサンを演じるコジュンがカッコいいです。

これまで毎回ジャージ姿で登場したユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)がスーツ姿で登場!警察に逮捕された調査を受けるハリ、、、彼女の助け人として現れました。職業医師であることを伝え、法律に触れることはまだ何もしていないことを明確にすると彼女を警察署から連れ出す姿、、、ハン・イサンと恋のライバルを演じるに相応しいかも!

10歳以上の年下のチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)との関係が、どのように発展するのかも楽しみです。年齢は数字に過ぎないので正直二人のロマンスが成功しない前提でドラマを見るものもったいない気がします。職場での相性も悪くないところ、考える前に発言してしまいハリを動揺させるところも魅力!

ニュースに登場したハリ、、、顔にモザイクはかかっていましたが、どう見てもチャン・ハリ。そのことに真っ先に気づいたのもチェガン・ウトゥムでした。今後の展開が本当に楽しみになるエンディングでした。




第4話視聴率2.827%

daisySSさん

第4話あらすじ

撮影中の三人の男性、ハン・イサン(コジュン)、ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)とチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)をじっと見つめるチャン・ハリ(チャン・ナラ)。幼い頃からの友人であるジェヨンは彼女の表情を見ると、何か良からぬ雰囲気を察知。。。何も気づかず笑っている隣のハン・イサン(コジュン)とチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)に注意を呼びかけます。「ハリと目を合わせないで。。。不吉な予感がする」との言葉に目をそらす二人。その後、ハリは一人一人を見直します。子供が欲しくても結婚する相手がいない、、、時間もない彼女。法律的な問題もあり精子の提供も受けられず悩んでいた彼女の前にいる三人。

ジェヨンは、口は悪いが真面目で医師、、、遺伝子的に頭の良い子が生まれる、、、ハン・イサンは性格が悪そうに見えて実は優しい、、、しかし、これまで見にくい姿を見せすぎた相手。チェガン・ウトゥムを彼はどんな魅力が?と考えるハリ。三人のことをもっとするチャンスが必要と思うハリとは別に、三人は急いでその場を去ろうとします。しかし、彼女とランチを一緒に食べることになります。

食事中、ハリとジェヨンが同じ家に住んでいることを知ったハン・イサンは、成人した男女が同居する理由が納得できず、ハン・イサンを意識したジェヨンはハリとの仲が友達以上だとアピールするような言動。

チェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)に関しては後日、ゆっくりと監察するハリ。ナム・スチョル(チョ・ヒボン)が腕を怪我したことで、出版社の仕事を受け持つことになったハン・イサン(コジュン)は出版社が主催するイベントを手伝うことになります。しかし、子育てする母を応援するイベントに人が集まらず、ハリが精子を売買しようとしたことをニュースで知った人々のボイコットをしたことを知ったハリは、ひどく落ち込み。。。

その夜、偶然を装ってハリを慰めるハン・イサンは、その後も1か月の謹慎処分を受けたハリが進めていた仕事を終わらせられるようサポートし、プライベートな時間も過ごすことになります。一方、ハリは母が胃がんを患っていることを知ると、母のことをそっちのけにした自分を反省。

感情に揺れる恋愛はしたくないと語っていたイサンは、なぜかジェヨンがハリの実家で居候することになったのか疑問を持ち、ハリを気にするようになります。ただ、気になっていただけのはずの相手ハリが。。。

第4話感想

結婚相手を捜すことを諦め、出産することを決めたハリの目に飛び込んできた三人の男性。三人をそれぞれ監察するハリの様子が真剣なところが可笑しくて、面白かったです。一番若い候補のチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)に関してはハリの心の声が漏れ、呟き。。。彼女の内密な計画がバレてしまわないかハラハラ。何とか状況を乗り越えたハリですが、肝心なチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)は全く気付かず、ドキドキする展開が描かれることになりそうです。

個人的には今話、それぞれのキャラクターの性格などが理解でき、今後の展開を予想するのに参考になりました。ハリは恋愛感情なしに、出産のことだけを考えて三人とそれぞれの関係を発達させていくことになるようなので、今後本格的なストーリーが始まります。

ハリが結婚をスキップしてでも母になることを選択した理由は、小学校の卒業式に父が家を出て以降、母が一人で彼女を育ててきたからでした。大好きな母のようになりたい!彼女の将来の夢がずっと母になることだったのは、大切な母への感謝の気持ちも含まれているようです。胃がんを患っているハリの母は、彼女が未婚の母になることを許すような展開。ハリの母はジェヨンとハリが結ばれることを今後も望むのでしょうか。

恋愛に全く興味を示すことのなかったハン・イサン(コジュン)の心に変化が起きたようです。謹慎中のハリを元気づけようと出かけたゲームセンターで楽しく過ごす姿が描かれました。ジェヨンがハリの実家住むことになった理由が気になり、ハリの後輩からジェヨンが一緒に住むことになった訳を聞いて、、、その後も二人の関係を気にする姿。自分の気持ちに気づかなかったハン・イサンが、今話のエンディングでハリへの自分の気持ちに気づく??

気づいたように見えましたがまだ、第4話までしかストーリーが進んでいないので、この先どんな展開になるのか、ドキドキハラハラします。

 

オー・マイ・ベイビー 5話・6話 あらすじと感想

オー・マイ・ベイビー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー