アゲインマイライフ~巨悪に挑む検事~ 全話あらすじと感想 キャストと相関図 視聴率

2022年



放送予定 

【日本放送】 

●Hulu (2022/12/6~)配信開始

日テレドラマ

【韓国放送期間】 2022年4月8日~5月28日 午後10時より

アゲイン・マイ・ライフ~巨悪に挑む検事~

어게인 마이 라이프

2022年放送 SBS金土 全16話

視聴率

平均視聴率 9.19% 시청률  最低視聴率第1回5.8% 最高視聴率第15回12%

アゲインマイライフ

出典:https://programs.sbs.co.kr/

あらすじ

2回目の人生で抜群の能力を持つ熱血検事が絶対悪に報復する物語

相関図

出典:https://programs.sbs.co.kr/

キャスト

主要人物


出典:SBS

イ·ジュンギ キム·ヒウ役 無念の死を遂げた覇気満タンの熱血検事
喧嘩、勉強、知略···。 そしてものすごい財力まで、能力値レベルマックスの不死鳥の男になって帰ってきた!!!

守るもの、失うものがない…。そのため、権力にへつらうことなく済む検事。 キム·ヒウ!人生の逆境を乗り越えた希望のアイコンであり、法と正義の前に妥協のない検事と呼ばれる。そのため、法の上に君臨しようとする誰かにとっては非常に厳しい存在だ。···それで死んだ。

尊敬される政治家の仮面をかぶった巨大悪チョ·テソプによって…。しかし天も彼の無念さを知ったのか。死神の前に死神が現れた。もちろん「無料」はなかった。「悪の元凶チョ·テソプに罪の代価を問うこと!」これが彼が2度目の人生を送る条件だった。ヒウもやはり望んでいたところだった。

「一度のチャンスだ! 必ず私の手で君の地獄の扉を開けてやる」


出典:SBS

イ·ギョンヨン チョ·テソプ役

大韓民国の政治がおかしい、大韓民国のマスコミがおかしい。政界の大物! 大韓民国を動かす手… チョ·テソプ。彼は知っている。どのように政治をし、どのようにマスコミと国民を扱うべきか…。つまらないマスコミと小さな政治家たちが飛び掛ってみても、岩に卵を投げつける戦いで終わるだけだ。なぜ? チョ·テソプさんへの国民の信頼があるから。

しかし、彼はものすごい二重性を持っている。表向きには、テソプは国民のために献身する政治家だ。弱者の声に耳を傾けることができ、民心をつかむカリスマ性も持っている。彼の大義は正しい。偉大な大韓民国を作るためには、国民の力を一つに結集しなければならないと、それでこそ世界を導いていく、強力な力を持つことができると…。大義名分はよい。けれども手段が目的を圧倒してしまった。自分の歩みの妨げになる要素は容赦なく除去してしまう。


出典:SBS

キム·ジウン キム·ヒア役

天下グループのキム・ゴンヨンの一人娘。該博な知識、強さを持ち、抜けめない性格まで、何一つ足りないことがない。財閥の子とは見えずクッパを好んで食べる気さくな性格で、自分の主観がはっきりしている。

幼い頃から彼女は財閥家として名高い天才だった。他の財閥家の子供たちが数億をかけて課外授業をする時、彼女は学校で自主学習をした。お父さんの顔色を伺いながら科を選んだお兄さんたちと違い、ヒアは将来の青写真を持っていた。科学高校を経て理科ブレーンが集まるという、韓国大学のコンピューター工学科に入学した彼女。「これから世界は先端技術を持った者が勝つ」これがヒアの考えだ。

父親のキム会長は、このようなヒアに期待をかける。将来天下グループを成長させる、核心動力になる人物だと思うからだが…。しかしヒアは経営問題に限っては父親と違う意見を持つ。自分は後継構図から外れて、研究活動に専念するということだ。彼女の現在の望みは専攻を深めて、人のようにささやかな幸せを感じる人生だ。


出典:SBS

チョン·サンフン イ·ミンス役 ヒウの法学部の先輩でもあり友人
お粗末に見えるが、決してお粗末ではない人だ。知っているようで知らない本音、敵でも味方でもない、爪をあらわにしない猛獣のような男。彼の履歴を見ていると、開いた口が塞がらない。

一度も入って来られないという韓国大学を、専攻を変えながら、医大、法学部に入学したのだ。その間音楽学部、美術学部にも合格したが、やはり自主退学で終えた天才的な人物だ。体大を除く門、理系、芸体能を席巻した天才イ·ミンスは、世の中が面白くない。あまりにも独歩的なせいで、何をしても簡単だったから。

世の中は別に関心がなくて、好奇心だけでいっぱいだった。キム·ヒウがミンスを変える。対敵できる相手に今やっと出会ったように、ミンスはヒウに妙な競争意識を持っている。善意の競争だが、いずれにせよ、ヒウを通じて人生の楽しさとやりがいを見つけたのは確かだ。

検察庁の人々


出典:SBS

チェ·グァンイル キム·ソクフン役

チョ·テソプに劣らない野望はあるが、簡単に感情を表に出さない忍耐力も持っている。豪放で正しい彼の裏面には、とぐろを巻いた一匹の毒蛇が隠れている。検察「私の政治には卓越しているが… 」検事として彼は有能な方ではない。能力の割によく並ぶケース。自分の地位にふさわしい大事件を待ちわびている。それでヒウが尋ねてくる事件を受けて食べながら、検察首脳部としての地位を固める。自分の縄になってくれるチョ·テソプに検察内部の情報を報告し、テソプの指示に従って検察を動かすが、二人の間には何となく張り詰めた緊張感が漂っている。「跪かないチョ·テソプの犬」ソクフン。


出典:SBS

ホン・ビラ キム·ギュリ役 ヒウの高校同窓で韓国大学法学部の同期
ヒウより先に司法試験をパスして先輩検事を在職する。学生時代ヒウに色々と助けてもらって、ヒウのことなら先頭に立って助ける方だ。かつてヒウに心があったように見えるが、検事になった後、楽な友達として過ごしている。


出典:SBS

キム·ヒョンムク チャン·イルヒョン役
韓国大学を経て、司法研修院を首席で卒業した、エリート検事であり、金ソクフンの右腕だ。チョ·テソプの人々で組織された、韓国エリート集団秘密クラブのメンバーとして、ヒウを秘密クラブに紹介した張本人だ。


出典:SBS

キム·ジヌ チェ·ガンジン役
チャン·イルヒョンとともにキム·ソクフンのラインに分類され、出世の足がかりを作ったと考えた。チョ·テソプのように政治家を希望する検事にヒウが来るまで、秘密クラブの末っ子の役割をしていた。政治家を夢見るだけに、自己管理に長け、対人関係がいい。先輩チャン·イルヒョンとはお金でも絡んだ仲なので、彼らだけのコネクションが存在する。

ヒウの周辺人物


出典:SBS

キム·ジェギョン キム·ハンミ役 キム·ソクフンの婚外子
すれ違ってもまた振り返ってみるようになる、優れた美貌と父親に似た明晰な頭脳、韓米の足を引っ張ったのはいつも父親のソクフンだ。自分の野望のために隠さなければならない息子だから、ソクフンは常にハンミにブレーキをかけ、幼い頃から 堂々とできない血筋という誇りに、韓米は逸脱を日常的に行った。そのため、父親のソクフンに対する憎悪心は格別だ。

学生時代の日進で歪んだ青少年期を送った、韓米の人生は、ヒウを知ってから徐々に変わる。力のある子どもたちに曲げない気概、誰の顔色も伺わない自信、そして敬慕の対象である自分に無情に接するヒウは、新鮮な衝撃そのものだった。

そしてヒウに近づく。 勉強を教えてほしいといって···。ヒウに課外授業を受けながらどんどん勉強に自信を持つようになったハンミは、諦めていた大学に進学して新しい夢を見始める。


出典:SBS

ジチャン パク·サンマン役

韓国大学入学を控えた高校3年生の時、大きな試練に見舞われた。父親が楊平殺人事件の加害者として追い込まれたのだ。その時、ヒウが訪ねてきた。事件の真実を明らかにし、父の無念を晴らすと。

ヒウを見て決心する。 あの人と一緒にすると。その時からサンマンは、廉恥なく顔面没収し、ヒウに従う。無愛想で冷静なヒウのピンザンにも、彼だけがほほえむ理由だ。仲間を超えて家族になってしまったような絆の中で
サンマンだけはヒウの手足となって、彼の最も頼もしい助力者として生まれ変わる。そして自分の得意なハッキングの実力を生かして、ヒウの情報力にまで力を貸す。


出典:SBS

イ·スンジェ ウ·ヨンス役

不動産競売の生きた伝説。ヒウの財テク師。見かけはみすぼらしい老人だが、鋭く熟練した不動産感覚を持つ数百億台の資産家だ。競売に初めて飛び込んだヒウが、競売場で彼を見て師匠と考えた。彼の後をついて回りながら、不動産実戦感覚を身につけたヒウ。チョ·テソプに復讐を準備するにあたって、備えなければならない資金力の礎石を築いてくれる人物だ。

 

出典:SBS

スタッフ /脚本:ジェイ、キム・ユル、演出:ハン・チョルス、キム・ヨンミン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

neroさん

アゲイン・マイ・ライフ 1話・2話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 3話・4話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 5話・6話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 7話・8話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 9話・10話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 11話・12話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 13話・14話 あらすじと感想
アゲイン・マイ・ライフ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

作品感想

●ひょんなことから2度目の人生を送ることとなった主人公が、1度目の人生では失敗に終わった大物政治家の不正を暴く!?

同名小説を原作とした、イ・ジュンギ主演の復讐ドラマです。

第1話で主人公が死を迎えるという、衝撃のスタートを切った本作。正義を掲げて検事の職を全うする熱血検事キム・ヒウ(イ・ジュンギ)は、かねてから追っていた大物政治家チョ・テソプ(イ・ギョンヨン)の召喚に成功。しかし、肝心のチョ・テソプからは何も得ることができず…。

そんななか、ヒウの存在を不快に思ったチョ・テソプは、ドクターKに命じてヒウの殺害を強行。無念の死を遂げることとなったヒウでしたが、そんな彼の前に死神が現れ。。死神の力によって第2の人生を送ることとなったヒウ。果たしてヒウは、今度こそ宿敵チョ・テソプを捕まえることができるのか。手に汗握る展開がつづく、復讐劇。

イ・ジュンギとイ・ギョンヨンという演技派俳優らをはじめ、そうそうたるメンバーがドラマを彩ります。なんといっても、登場人物が本当に多い!最初は誰が誰だかこんがらがってちょっと大変でしたが、見ている内にだんだん慣れてきます(笑)ストーリーが二転三転とテンポよく展開していくので、飽きずに見られる作品。

さらに最終話では、シーズン2を予感させる衝撃の演出が登場!ここ最近、韓国ドラマではお決まりとも言われるシリーズ化の匂わせ。本作も例外ではなく、シーズン2へ期待が高まるエンディングとなっています。

主演を務めたのは、「悪の花」や「無法弁護士~最高のパートナー」などで知られるイ・ジュンギ。個人的にイ・ジュンギの作品はハズレがないと思っていますが、本作も非常に面白かったです。とくに本作では、イ・ジュンギのアクションシーンがさく裂。見応え抜群です。

また、ヒロインには前作「黒い太陽(原題)」で見事新人賞を受賞した、期待の新人女優キム・ジウンが抜擢。残念ながらイ・ジュンギとのロマンスはほとんど見られませんでしたが、中途半端なロマンスが苦手な私にとっては、むしろ復讐劇に集中できて良かったです。

そして、同じく「黒い太陽(原題)」に出演していたイ・ギョンヨンが、主人公の宿敵役として登場します。圧倒的な力を持つ大物政治家を相手に、主人公がどのように立ち向かっていくのか。イ・ジュンギとイ・ギョンヨンが繰り広げる神経戦から目が離せません。

検事モノや復讐をテーマにしたドラマが好きな方にオススメ。イ・ジュンギのキレのよいアクションにも注目です。




【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP