Top Management (トップマネジメント) シーズン1 キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●シーズン1 1~8(パート1) 10月31日 9~16(パート2) 11月16日 YouTube 公開

Top Management (トップマネジメント) シーズン1   全16話
2018年放送 YouTubeオリジナル
平均視聴率 % 시청률
TOP MANAGEMENT シーズン 1
あらすじ

5人組アイドルグループS.O.U.L(ソウル)のデビューステージで、不運なことにメンバーの一人が転倒!さらにその転倒に巻き込まれたバックダンサーが、ステージから転落…

緑 友好 赤 好感 青 敵対
Top Management (トップマネジメント) シーズン1 相関図
キャスト

ウンソン(マネージャー、元練習生) ソ・ウンス

ヨヌ チャ・ウヌ(ASTRO)
テオ(リーダー) チョン・ユアン
イリプ(ラップ担当、末っ子) パン・ジェミン

スヨン アン・ヒョソプ

カン理事 パク・ヒボン
LJ イ・ジュスン

ウンビン クォン・ウンビン(CLC )
ソン・ヘナ チ・ヘラ
ヘイリー ユ・ヘイン

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

3話まで無料で見れます。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんより

●作品感想は一番下にあります。 第1話~8話まで パート1 9話~16話まで パート2

Top Management (トップマネジメント) シーズン1 1話・2話・3話・4話 感想
Top Management (トップマネジメント) シーズン1 5話・6話・7話・8話 感想
Top Management (トップマネジメント) シーズン1 9話・10話・11話・12話 感想
Top Management (トップマネジメント) シーズン1 13話・14話・15話・16話(最終回 ) 感想

 

出典:https://twitter.com/ytoriginals_kr/

 

出典:https://twitter.com/ytoriginals_kr/

 

出典:https://twitter.com/ytoriginals_kr/

 

出典:https://twitter.com/ytoriginals_kr/

 

出典:https://twitter.com/ytoriginals_kr/

●以下作品感想

amijkさんより

●K-POP業界を舞台にしたドラマ、未来が見える女性マネージャーの奮闘記

練習生としてデビューを目指していたウンソン(ソ・ウンス)が、低迷中のアイドルグループS.O.U.Lのマネージャーになって彼らの再起のために奮闘します。ウンソンには近い未来が見えるという設定です。原作はWeb小説で、主人公は男性でした。

現役のアイドルが多数出演していて、出てくる番組なども実際にある番組によく似たものを登場させています。K-POPならではのファン文化や用語なども紹介されているので、K-POP好きの人は「そうそう!」と頷くことが多いと思いますし、韓国ドラマは好きだけどK-POPはあまり知らないという人には知る機会になると思います。

S.O.U.LのメンバーとしてASTROのチャ・ウヌが出演していますが、登場する量が思ったより少なかったのがちょっと残念でした。ドラマでもスケジュールの忙しさが描かれていましたが、実際にウヌが忙しくてあまりドラマに出られなかったのかな?なんて思ってしまいました。

K-POPの話だけに楽曲もいくつか出てきますが、どれも魅力的で耳に残る歌ばかりです。スヨン(アン・ヒョソプ)が作った「니가 보여」はウンソンを思う気持ちがよく出ているし、ヨヌの「Together」は独特な歌詞が面白かったです。

グループのリーダー、テオを演じたチョン・ユアンは本当にアイドルっぽい雰囲気、ラッパーのイリプ役のパン・ジェミンもクールな末っ子役がよく似合っていました。ヨヌ役のウヌはビジュアルが最強ながら中身は天然ぎみのキャラクターが良かったです。「タンタラ」でもシンガーソングライターを演じていたアン・ヒョソプは、モンゴルから来て純朴なスヨン役でドラマ全体を引っ張っていました。

You Tubeで公開されたドラマですが、1話が短めで中身がぎゅっと詰まっているのでテンポ良く見られました。K-POPに少しでも興味のある人にはとても面白く見られると思いますし、これからの活躍が期待できる人がたくさん出演しているので、ドラマ好きの人にもオススメです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー