One the Woman 9話・10話 あらすじと感想

One the Woman



One the Woman 원더우먼 2021年放送 SBS金土 全16話

第9話視聴率14.0%

neroさん

第9話あらすじ

面会を拒否する父ミョングクと会う為、検事として刑務所を訪れたチョ・ヨンジュ(イ・ハニ)。久々に再会したヨンジュを見て、どこか嬉しそうなミョングク。そんなミョングクに、ヨンジュはなぜ工場に火を放ち、人々を困らせたのかと尋ねます。しかし、ヨンジュの質問にミョングクが答えることはなく…。

その日、ハン・スンウク(イ・サンユン)を誘ったヨンジュは、連れて行きたい場所があると言います。行きの車の中で、スンウクへの申し訳なさから次第と口数が減るヨンジュ。そんなヨンジュに、スンウクは記憶が戻ってからの方が別人のようだともらします。2人がやってきたのは、ヨンジュの祖母が眠る納骨堂。そこに刻まれた日付を見て、スンウクの誕生日と一緒でしょう?とヨンジュ。どういうことかと聞くスンウクに、ヨンジュはスンウクの父親が亡くなった日、自分の祖母も交通事故で命を落としたと話します。

さらに放火事件を起こしたミョングクが、自分の実の父であると明かすヨンジュ。そしてヨンジュは、心から父が犯した罪について謝罪します。自分が加害者の娘である以上、これ以上は関われないと線を引くヨンジュ。一方的に突き放すヨンジュに憤りを隠せないスンウク。

検察庁へ戻ったヨンジュは、相変わらずリストの在りかを吐こうとしないイ・ボンシク(キム・ジェヨン)に苛立ちを募らせます。そんななか、ノ・ハクテ(キム・チャンワン)の運転する車に乗り込むヨンジュ。カン・ミナとして屋敷に戻ったヨンジュを見て、夫ソンウンの元愛人パク・ソイ(パク・ジョムファ)が声を掛けます。どうやらアナウンサーの勘で、ミナが本物ではないと見抜いたと話すソイ。戸惑うヨンジュでしたが、そこへ騒ぎを聞きつけたハン・ソンウン(ソン・ウォンソク)がやってきます。妻のことは自分が一番よく知っていると言い、ソイを追い返すソンウン。

ソンウンのおかげで難を逃れたヨンジュ。中に入ると、相変わらずヨンジュの存在を疑うソンへ(チン・ソヨン)が難癖をつけてきます。2人が言い合いになるのを見て、止めに入るハン・ヨンシク(チョン・グクファン)。自分ではなく嫁のミナを庇う父ヨンシクの態度に、ソンへはますます不満を募らせていきます。

そんななか、刑務所へ移送されたイ・ボンシクが何者かに襲われてしまいます!翌朝、ニュースではボンシクが刑務所内で自殺したと伝えられ、遺体と一緒に不正取引に関わっていたリストが見つかったと言います。ニュースを見たスンウクは、慌ててヨンジュのもとへ。その頃、同じくニュースを目にしたヨンジュは、ボンシクの死に愕然。後輩のアン・ユジュン(イ・ウォングン)を誘って近くの屋台で酒を飲むことに。そんな2人の姿を目にしたスンウクは、そっとその場から立ち去ります。

家に戻って先ほどの2人の姿を思いかえすスンウク。そんなスンウクのもとへ、ヨンジュからSOSが届きます!急いで家を飛び出すと、そこにはすっかり酔っぱらって地面に寝そべるヨンジュの姿が。驚いたスンウクは何とかヨンジュを部屋の中へと運びます。ヨンジュをソファーに座らせ、心配するスンウク。するとスンウクは、昼間ずっと考えていたことを口にします。「僕がしたいと思ったこと、もう我慢しません。もう誰にも奪われるのは御免だ。」それを聞いたヨンジュは、隣に座るスンウクにキス!

その頃、空港に1人の女性が降り立ちます。ボンシクが刑務所で死亡し、リストが公開されたとのニュースに目をやる女性。女性の正体は、姿を消していたカン・ミナ…?

第9話感想

オークションの場から姿を消して以来、行方不明となっていたカン・ミナが帰国。果たしてカン・ミナとヨンジュの再会はあるのでしょうか。

そして、今話ではスンウクとヨンジュのキスシーンが登場し、何ともドキドキの展開となりました。冒頭、記憶が戻ったことで自分が放火犯カン・ミングクの娘であることを思い出したヨンジュ。それはつまり、想いを寄せるスンウクの父親を死なせてしまった事件…。被害者の息子と加害者の娘が一緒にいることがどんなことか、これまでの経験で痛いほどよく知るヨンジュは、スンウクが自分から離れる前に線を引きます。しかし、ヨンジュへの想いを募らせるスンウクは、一方的なヨンジュの態度に戸惑いを隠せません。

そんななか、ヨンジュが必死の想いで捕まえた詐欺師イ・ボンシクが死亡。これにはヨンジュもショックを隠せません。やけ酒を煽るヨンジュのもとへ、後輩のユジュンが。かねてからユジュンとヨンジュの関係を疑っていたスンウクは、一緒に酒を飲む2人を見て、黙ってその場を去って行きます。しかし、実はユジュンの気持ちに前々から気付いていたヨンジュ。ヨンジュはその場で、ユジュンに気持ちがないことを伝えます。

そして、すっかり酔っぱらったヨンジュを見て驚くスンウク。イ・ハニの泥酔演技がなんともリアルで、思わず笑ってしまいました。酔いつぶれるヨンジュに、スンウクはこれまでひた隠しにしてきた想いを告白。するとヨンジュは、そんなスンウクにキス。

思い掛けないロマンスの進展に、驚いた第9話。これはますます次回の展開からも目が離せなくなってきました。2人のラブストーリーに注目です。

第10話視聴率13.3%

neroさん

第10話あらすじ

泥酔した翌朝、オフィステルのソファーで目を覚ましたヨンジュは、昨夜の記憶が断片的にしか思い出せず…。そんなヨンジュのもとへ、カン・ミナの夫ソンウンから連絡が。酔った勢いで義母のミョンウォンにまで電話を掛けていたヨンジュは、自分の行動に恐怖を感じます。

一方、予定通りハンジュホテルとユミンホテルの合併が正式に決定し、大幅な人員削減を命じるソンへ。これによって突然クビを切られたハンジュホテルの従業員らがデモを起こすと、ソンへは彼らの前で跪いて許しを請います。すべては、合併を申し出たユミングループ側の仕業だと言って、すべての責任をユミングループの代表カン・ミナへ押し付けたソンへ。ソンへの言葉を聞き、今度はユミングループの前でデモを行う人々。2日ぶりに出社したヨンジュは、変装してその場を通り過ぎようとしますが、デモを行っていた男性の1人がその姿に気付き声を上げます。

不当解雇を訴える人々によって、罵声を浴びせられるヨンジュ。さらには生卵をぶつけられ、散々な目に。さらにニュースでその様子を見ていた夫ソンウンが、カッとなってヨンジュに生卵をぶつけた男性らを訴えてしまいます。検察庁から連絡を受け、慌てて担当検事として職場へ向かうヨンジュ。ヨンジュがミナだと知らない男性は、すべてカン・ミナのせいだと不満をあらわにします。病気の娘を養う為、どうしても仕事を失うわけにはいかないと話す男性。そんな男性の姿を見て、ヨンジュはかつての自分と亡くなった祖母を思い出します。

今回の件がソンへの仕業だと知ったヨンジュは、合併の条件に応じたスンウクに話を聞くことに。しかし、ホテル事業を取り返す為には、相手の要望に応える必要があると話すスンウク。結局、スンウクもハンジュの人間と何ら変わらないのかと、ヨンジュは失望します。

その後、ハンジュグループの会長ヨンシクを訪ねたスンウクは、自らの持ち株を譲ることを条件に、頼みがあると言います。同じくヨンシクもまた、提案があると言い…。しばらくして、カン・ミナの事情聴取が取り消しになったと聞いたヨンジュはビックリ。さらにニュースを付けると、そこには不当に解雇された従業員たちの対応を再検討することを発表するスンウクの姿が。スンウクは自分が所持していたユミングループの株の一部をヨンシクへ譲り、その代わりに従業員の対応とミナの聴取の取り消しを申し出ていたのです。

自分がすすめていたホテル事業が、ソンウンとの共同経営になると聞いたソンへは愕然。納得のいかないソンへは父ヨンシクへ直談判しますが、「まさかハンジュが自分の物だとでも思っているのか?」と一蹴されてしまいます。記者会見の場で、ホテルの代表として挨拶したのはソンウン。

会見を終えたスンウクのもとへ駆け付けたヨンジュ。先ほどのインタビューを通じて、ヨンジュは泥酔した日に自分がスンウクに告白したことを思い出します。さらにスンウクが会見の場で言った言葉は、14年前に病院で出会った男の子が言っていたのと同じだったのです。スンウクがそれまで初恋だと思っていた病院で会った少女は、ミナではなくヨンジュでした。お互いの存在を知った2人は、キス。

一方、泥酔した際にいたるところへ電話を掛けていたヨンジュ。その中には、ヨンジュの上司リュ・スンドク(キム・ウォネ)も含まれていました。実はスンドクに電話を掛け、自分がカン・ミナだと宣言していたヨンジュ。酔った勢いだと考えつつも、どこかその言葉が気に掛かるスンドク…。

第10話感想

父親を事故で亡くしたスンウクが、病院で出会ったのはヨンジュでした!

しきりに病院であった少女とヨンジュを重ねるスンウク。しかし、それがカン・ミナだと信じてやまないスンウクは、まさか…と思っていました。そんななか、同じくヨンジュもあの日病院で出会った少年がスンウクだったと知ることに。お互いの初対面を知った2人は、想いを確かめ合うようにキスを交わします。なんともロマンチックなエンディング。

一方、デモ隊を前に跪いてパフォーマンスを行ったスンへでしたが、結局は父親によって出鼻をくじかれてしまいます。もともと、女のスンへにグループを継がせる意志のないヨンシク。いくら頑張っても女というだけで認めてもらえない葛藤が、スンへをここまでひねくれさせてしまったのでしょうか。それにしても、人を殺めてまで上にのし上がろうとするのは間違っていますよね。早く自分の過ちに気付いてくれるといいのですが。。

そんななか、エピローグで明かされた衝撃の真実。実は酔った勢いで手あたり次第電話を掛けていたヨンジュは、よりによって上司のスンドクに自分の正体を明かしていたのです。これはまずいことになりました。スンドクが本当にヨンジュがカン・ミナだと知ることになれば、ヨンジュの立場は悪くなる一方。これは何としても阻止したいところですが、果たしてその行方は?

One the Woman 11話・12話 あらすじと感想

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】


【火の女神ジョンイ】

●テレビ東京 全92話(2023/4/1から) 土・日曜日朝6時から 吹替[二] +字幕

火の女神ジョンイ あらすじ キャスト 視聴率 感想(外部リンク・姉妹サイト) 


【トッケビ】

●BSJapanext 全16話(2023/4/2-23)日曜日9時から5話連続。4/4から集中再放送 字幕

トッケビ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


 

【ペントハウスシーズン3】

●BS日テレ 全20話(2023/4/3から)月~金曜日11:30から 字幕

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


【Born Again(ボーンアゲイン)】

●フジテレビ 全16話(2023/4/3から)月曜日深夜26:20頃から 字幕

Born Again(ボーンアゲイン) 全話感想とあらすじ キャスト・視聴率 


【あなたが眠っている間に】

●BSJapanext 全16話(2023/4/4-25) 月~金曜日19時から 字幕

あなたが眠っている間に 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ヒーラー~最高の恋人~】

●BS松竹東急 (2023/4/8から)土曜日早朝4時から 字幕

ヒーラー~最高の恋人~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【太王四神紀】

● BSフジ 全31話(2023/4/10から)月~金曜日10時から 字幕

太王四神紀 あらすじ キャスト 視聴率 感想 相関図  (外部リンク・姉妹サイト) 


【哲仁王后】

●BSテレ東 全30話(2023/4/12から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

哲仁王后 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト) 


【ホームタウン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2023/4/14から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ホームタウン (韓国ドラマ)  全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP