One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 | 韓ドラの鬼

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

韓国ドラマ時代劇「恋慕」10/11からKBS2 (韓国)で放送。Netflixでも配信中

恋慕 (韓国ドラマ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)

NEW! 投票開始!


【第1回継続中】ロウン(SF9) ドラマランキング


【第2回継続中】チャ・ウヌ ドラマランキング


「広告」


放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2021年9月17日~ 毎週金曜日と土曜日22:00~

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

One the Woman

원더우먼

2021年放送 SBS金土 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回8.1% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

出典:https://programs.sbs.co.kr/

あらすじ

記憶喪失のせいで、ひょんなことから自分にそっくりな財閥家の嫁と人生がすり替えられてしまった不良スポンサーの不正を起こした女性検事のドタバタ記憶探しのストーリーを描くコミカルドラマ

相関図

出典:https://programs.sbs.co.kr/

キャスト

主要人物


出典:SBS

イ・ハニ チョ・ヨンジュ役 中央地検刑事3部の検事。

組織暴力団「西平南門派」行動隊長の一人娘で、ソウル法学部や司法試験まで、優秀な成績でパスした「人生逆転」の主人公だ。 趣味はスポンサー、特技は実勢ラインに乗ること。 一言で、現中央地検スポンサーで、不正検事界のエースと言える。最近、最も主力に乗っている次長検事ラインをさらに堅固にするために、次長検事に水を飲ませた事件の犯人を密かに追いかけた。情報提供を受けて認知検査に出たが、自分とあまりにもそっくりな女性を目撃するようになる。 混乱したのもつかの間、容疑者を追撃していたが、突然現れた疑問の車両にはねられ、空中を一周半周して床に落ちるのだが…。 病院で目が覚めるが、何も思い出せない。周りの皆が口をそろえて言う。「お前は国内屈指のハンジュグループの嫁だ」。そしてハンジュグループに劣らない、実家のユミングループの経営権がそのまま継承される…。ユミングループ唯一の相続者だと。そして慎ましやかな財閥の女として生きることになる。しかし、本来の性質と能力と気概が、自分も知らないうちにどんどん飛び出すようになる…。


出典:SBS

イ・ハニ カン・ミナ役 財閥家ユミングループの末娘。そしてやはり財閥家であるハンジュグループの嫁。

骨の髄まで財閥そのものの人生に見えるが、実際はシンデレラだ。シンデレラも貴族ではあったから。ユミングループ会長の婚外子として、あらゆるいじめを受けながら育ったミナは、両親が政略結婚の相手として決めたスンウクに会って、しばらく幸せへの希望を持っていたが…。 まもなく1週間の後、後継者が変わり、スンウクではなくソンウンと結婚しなければならなくなった。しばらくして婚外子であることが知られ、ミナはハンジュグループの人々から実家で受けたいじめと同様、いやもっと悪辣にいじめを受けるようになった。このままだといつの間にか後ろ向きになるんじゃないかと、自ら怖くなっていたミナはある日突然消えてしまう。ミナはどこにいるのか? 何のために消えたのか?


出典:SBS

イ·サンユン ハン·スンウク役

温かみのある外見、Tシャツをかけても太が住むフィジカルに物悲しい性格。 それになんと財閥だ。財閥2世、3世でもない財閥1世。

もちろん、スンウクも財閥3世の時があった。ハンジュグループの次期後継者の息子だったからだ。しかし、突然起きた父の死によりグループの後継構図は、叔父であるヨンシクに変わり、スンウクは自然に追い出された。彼は後継者の座だけでなく、愛する婚約者のミナも奪われた。スンウクはすべてを忘れようと、母親と米国に向かった。そして、また韓国に戻った。父親の死に関する隠された真実を突き止めるためだった。そのためには初恋の彼女が必要だった。決して未練ではなく、聞かなければならない話があるからだ。ところで、再会った彼女がちょっとおかしい。記憶をすべて失ったというのに、本性も失ったのか、もっとがさつで、もっとためらいもなく、もっと.. 生気がみなぎっている。 いったいこの女は何者?


出典:SBS

チン·ソヨン ハン·ソンヘ役 ハンジュグループ2男2女のうちの長女。

同じ船で生まれても、ただ女性という理由で、常に後継者の構図から外されていた。しかし、時代が変わっているので、自分が後継者になるかもしれないという希望を捨てなかった。弟たちに勝つために、何倍も努力しなければならなかった人生。 自分の道を邪魔になるなら、誰でも手段と方法を選ばずに、現在の位置まで来た。 もう少し行けばよさそうだが、思いもよらない変数が登場すると、静かでいつもいじめられていた、家のほこりのような存在、カン·ミナ。事故に遭って気が狂ったのか、行く先々で石ころを投げる。石ころがだんだん気になる頃、その石ころは大きな波を起こし、結局、彼女の秘密まで水面上に浮び上がらせる。


出典:SBS

イ·ウォングン アン·ユジュン役 ヨンジュと司法研修院の同期であり、現在、書評支庁の検事。

研修院の教授たちの間で、婿候補1位に選ばれるほど、秀麗な外貌と卓越した頭脳、謙遜な心性の持ち主。ぱっと見ても、美しく愛されて育った感じのする人だ。そそっかしいヨンジュのそばに居て、細心に気をつかう。 男に近づくと切り裂くヨンジュであることが分かるから。言うことをよく聞く弟として、数年間一緒に過ごした。ヨンジュが消えた後も、「お姉さんのことだから、何か計画がある」と思って慎重に待っているが、ヨンジュの行方不明が長くなって、改めて… ヨンジュに対する気持ちを確認する。

ハンジュ家の人々

 
出典:SBS

ソン·ウォンソク ハン・ソンウン役 ハンジュグループの次男。



現存する大韓民国財閥3世の中でも独歩的なキャラクター。 様々な華麗なチラシの主人公。 大韓民国の20代女性たちが最も気にする男性。美貌と財力と野望を兼ね備えた韓主グループの皇太子だ。政略結婚したミナと愛のない結婚生活をしている最中。ところが、植物のように家で静かに枯れていくのかと思っていた妻が、 死の峠を越えてから少し変わったようだ。にらむ表情ができてうつぶせも上手で、何よりもケゲンとしていた両親の前で怒鳴っているが…。 怖い。しかし変わった妻を見ながら… ソンウンも自分に以前とは違う、ある生気が漂うのを感じる。


出典:SBS

チョン・グクファン ハン·ヨンシク役 ハンジュグループ会長

ハンジュグループ創業者の次男として生まれた。 兄と十数年間後継者争いをした末、兄の死亡でグループを率いることになった。仲睦まじい性格で、会社の社員や、人々には義理派会長としてよく知られているが、実状は違う。自分への貪欲が過度に強い性情のために、受ける運のいい誤解であるだけだ。これがもしかしたら、ヨンシクを今の位置に導いた原動力とも言える。自分のものを守り、自分の安危と欲望のためなら何でもする性格。いるかどうかも知らなかった嫁、ミナが事故後から大胆に行動し始め、周辺に事件·事故が絶えず、気が気でない。


出典:SBS

ナ·ヨンヒ ソ・ミョンウォン役 ハンジュグループの女主人

いいものは全部食べて、60代なのに、まだ肌が綺麗だ。肌だけじゃなく、気運にも当てはまるのか気まぐれで、怒りゲージが一日に数十回も行ったり来たり。気に入らないものがあれば、きゃっと叫ぶのは日常のことだ。「お金がある」「夫にみんなふざける」「誰の顔色も気にせず、常に直進、直言に明け暮れる」 座右の銘はなんと「言葉を選んでは何も言えない」だからまさにそのような人だ。付き合うのは嫌だけど、敵にすると自分の人生が疲れそうなので、みながそのまま過ごしてくれる人。


出典:SBS

ソン·スンハ ハン·ソンミ役 ハンジュグループの末娘。

財閥の末娘という自分のポジションを正確に認識しており、徹底的に利用している。いつも何かを持とうと努力する先輩の人生がとても辛いと感じる。自分の位置に満足する。よく見えるようにすべき人もなく、顔色を伺うべき人もいないし、そうするうちに言葉を何の気なしに吐き出す。 毎月お小遣いや10億ぐらいもらえたらいいな。


出典:SBS

チョ·ヨニ ホ·ジェヒ役 ハンジュグループの長男の嫁。

しかし、夫でありハンジュの長男、長男(ハン·ソンチャン)はこの世にいない。 それに実家は、いつハンジュグループとライバルになるか分からない、似たような規模の系列会社を持つ同じ財閥家だ。だからハンジュの人々とも、否とも言えない曖昧なスタンス。しかし、彼女はともすると出家外人扱いされる実家の財産より、ハンジュが欲しい。このような彼女の希望は、ただ幼い息子ソンウだけがかなえることができる。だから自分が追い出されるのは関係なくても、「この家の子孫」である息子の序列が一段でも落ちるのは許せない。


出典:SBS

シン・ソウ ハン·ソヌ役 ジェヒの大事な息子

大人たちがミナを無視するのを見て学んで、叔父さんを透明人間扱いした。変わったヨンジュの活躍を見た後、叔母を偶像のように思って従うようになる。

ハンジョグループ

 
出典:SBS

キム·チャンワン ノ·ハクテ役 ハンジュグループの法務チーム長。

スンウクの父親の最側近でもあった。スンウクの父親の支援で勉強をし、司法試験のパスまでした。早くも検事生活を終えて、弁護士としてハンジュグループ入りを果たした。スンウクとの仲も格別だ。 スンウクの傷を思うと気になる。それで、何度も秘書のように働かせるスンウクに、不平不満をぶつぶつ言いながらも、最善を尽くしてスンウクを助ける。言いたいことはすべて言う、気難しい手足であり、もしかするとスンウクの小言が多い父親のような存在だ。そしてスンウクの前にカン·ミナだがカン·ミナではなく女性が現れ、 その女のせいでスンウクが笑う日が多くなるのを見て、少しは安心してもよさそうだ。


出典:SBS

イェ・スジョン キム·ギョンシン役 ハンジュグループ会長の家の家事手伝い。 貫禄とミステリーの女

先代会長の頃からこの家で働き、思いのほか多くの権限を持っている。先代会長の奥さんが認知症で面倒を見、その後、先代会長にハンジュグループ名誉理事という肩書きをもらい…。 家での呼び名は「キムイサ(理事)」だ。 一生を家で暮らすばかりだったが、哲学者カントも、生涯故郷から一歩も出ずに暮らしていたとしても、世界と宇宙を論じるではないか。財閥家の家事手伝いをしているので、家事を通じて持つようになった洞察力がある。一週間のすべてのことを見て、それだけに知っていることが多い。しかし、口をつぐむことが家事ヘルパーの必須徳目だと思う。いつかは口を開かなければならない日が来るかも知れないが。


出典:SBS

キム·ボンマン チョン・ドウ役 ソンヘのボディーガードおよび随行秘書

愚直な感じが強い。案の定、テコンドー国大常備軍出身で、柔道、剣道の有段者だ。 全部合わせると10段を超える。あまり良くない頭のため、試合に出ると、どうしても作戦というものが使えず、ただ力で突っぱねるだけで、国大選抜戦でいつも脱落してきた。ソンヘのボディーガードになってしばらくして、幼い弟が死ぬところだったが、ソンヘの助けで手術をして助かった。その事件が一世一代の転機となり、その後、ソンヘの忠実な腹心となった。忠誠心、憐憫、愛情などのソンヘに対して複合的な感情を持っている。


出典:SBS

フオン トラン役 ベトナムの家事手伝い

韓国語ができないふりをしながら、ハン会長の自宅で働く韓国語能力者。ヨンジュに家の人の情報を与える。

ヨンジュの周辺人物

 
出典:SBS

キム·ウォネ リュウ·スンドク役 ソウル中央地検3次長検事。

現権力の中核。正義の具現など関心もなく、どうすればもっと高く上がれるかだけに関心がある。 機会があれば逃さないおかげで財閥企業1株とのつながりもできた。しかし、ある席に比べて度胸はあまりない。思ったより臆病だ。だから、そんなに出しゃばる悪人ではない。その中でどこかでうろたえているのだが、結局スンドクは選択しなければならない瞬間に出会う。もっと大きな悪に向かうのか、今からでも懺悔して善の道に進むのか。


出典:SBS

チョン·インギ カン·ミョングク役 元暴力団西平南門派行動隊長。ヨンジュの父

出所後、まじめに工場の警備員として働いていたところ、放火殺人犯と目され、再び服役中だ。ヨンジュが自分との縁を切ったことを知ってからは、もうヨンジュの前に出てこない。 過去の経歴と合わない、服役中の犯罪者らしくないように、すべてにおいて解脱した態度を見せる。なんの言い訳も恨みもしない。組織暴力団の後輩たちが面会に来るたびに… 、殴らないで逃げろと説教をする。


出典:SBS

イ·ギュボク ワン·ピルギュ役 ヨンジュの父親であるミョングクが、組織暴力団時代に特別に可愛がっていた後輩

それとなく心弱く、本当は純情に近いマインドを持っている人だ。今は後輩のデチとともに「西平南門刺身屋」を営んでいる。ヨンジュがスポンサー検事になってやってきて、自分が裏金を受け取って釈放した加害者たちに、被害者の私的報復をしてほしいと頼むと、誰よりも喜び、まるでホン·ギルドンにでもなったかのように飛びかかる。


出典:SBS

チュ・ダルファン チェ・デチ役 ワン·ピルギュの右腕。一緒に刺身屋を経営

与太者はモーションが半だそうだが、少々ひどいくらい口先だけだった。ほらばかり言い、いざ乗り出さなければならない時になると、なんとか逃げ出す。少年院の先輩であるピルギュとは、目を見ただけで分かる仲だ。 共に死線を越えたので。

その他の人々


出典:SBS

パク·ジョンファ  パク·ソイ役 ソンウンの内縁の女であり、古い恋人。現在9時のニュースアンカー

端正な容貌に実直なイメージだが、彼女はアナウンサーらしく悪口も正確な発音ではっきりしている人だ。「土のスプーン(庶民階級)」出身のアナウンサー志望者から、テレビ局社屋に彼女の顔の大型写真がかけられるまで、彼女が歩んできた道は数多くの土の道だった。その中で最も悲惨なことは、かつて恋人だったソンウンが自分を捨てて、財閥家の娘と結婚したことだ。しかし、そこから崩れるソイではなかった。 その時から生じた目標のために、また歩かなければならなかった。


出典:SBS

キム·ジェヨン イ·ボンシク役 徹底的に利益を追う詐欺師

ボンシクにとって人間は2種類だ。すでに詐欺を働いた人間と、今後詐欺を働く人間。


出典:SBS

ファン·ヨンヒ カン·ウンファ役 ミナの叔母。ユーミングループ財団理事長


出典:SBS

Weki Meki キム・ドヨン カン·ミナの少女期


出典:SBS

THE BOYZ ヨンフン ハン·スンウクの少年期

 

出典:SBS

スタッフ /演出:チェ・ヨンフン、脚本:キム・ユン、制作:GILL PICTURES
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

neroさん

One the Woman 1話・2話 あらすじと感想
One the Woman 3話・4話 あらすじと感想
One the Woman 5話・6話 あらすじと感想
One the Woman 7話・8話 あらすじと感想
One the Woman 9話・10話 あらすじと感想
One the Woman 11話・12話 あらすじと感想
One the Woman 13話・14話 あらすじと感想
One the Woman 15話・16話 (最終回) あらすじと感想

作品感想


「広告」


【放送情報】


【僕たちの復讐ノート】

●BS日テレ (2021/10/21~)(木)スタート!毎週木曜 23:00~23:30放送

僕たちの復讐ノート あらすじ キャスト


【ユ・ビョルナ!ムンシェフ】

●BS-TBS 全22話(2021/10/22から)月~金曜日7時から 字幕

ユ・ビョルナ!ムンシェフ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【刑務所のルールブック】

●BS朝日(2021/10/22から)月~金曜日8:30から

刑務所のルールブック(賢い監房生活) 全話あらすじと感想 キャストと視聴率


【平日午後3時の恋人】

●BSフジ 全20話(2021/10/25から)月~金曜日8時から 字幕

平日午後3時の恋人(韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【王になった男】

●BSテレ東 全24話(2021/10/26から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)


【ノクドゥ伝 花に降る月明かり】

●テレビ東京 全20話(2021/10/27から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

ノクドゥ伝 花に降る月明かり 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)


【潜入弁護人】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/30から)土曜日14時から2話連続放送 字幕

潜入弁護人~Class of Lies~ (ミスター期間制)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【王女ピョンガン 月が浮かぶ川】

●【日本初放送】NHK BSプレミアム 全20話(2021/10/31から)日曜日21時から 吹替[二]

王女ピョンガン 月が浮かぶ川 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率(外部リンク・時代劇サイト)


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー