One the Woman 7話・8話. あらすじと感想

One the Woman



One the Woman 원더우먼 2021年放送 SBS金土 全16話

第7話視聴率15.0%

neroさん

第7話あらすじ

何としても検察の聴取を逃れたかったチョ・ヨンジュ(イ・ハニ)は、急性胃痙攣のふりをして病院に入院します。しかし、よりによって窓際に立ってハン・スンウク(イ・サンユン)が買ってきてくれたお弁当をむさぼるヨンジュ。案の定、パパラッチにその姿を撮られたヨンジュは、検察への出頭を余儀なくされてしまいます。

一方、ハンジュグループの長女ハン・ソンへ(チン・ソヨン)に捕まったイ・ボンシク(キム・ジェヨン)は、カン・ミナが実は偽物だと明かしますが、既にミナに対して疑惑を抱いていたソンへにとっては、これといったメリットはなく。すると、ボンシクに向かって、カン・ミナが別人である証拠を持ってこいとソンへ。

病室でお寿司を食べている場面をパパラッチされたヨンジュは、泣く泣く帰宅。そこには、ヨンジュの行動を批難する義家族の姿が。翌朝、マスコミの目を避けて長男の嫁ホ・ジェヒ(チョ・ヨンヒ)の車に乗って検察庁へ赴くことになったヨンジュ。ヨンジュを心配したスンウクは、助手席に乗り込みます。勢いよくアクセルを踏んだヨンジュでしたが、途中で車の異変に気付きます。なんと、ブレーキが利かないというのです!ひとまず車を避けて、慎重に運転を続けるヨンジュ。

その頃、買い物から戻った家政婦のキム・ギョンシン(イェ・スジョン)は、駐車場に残されたガソリンの痕を見て不審に思います。何とか検察庁へ到着したヨンジュとスンウクは、わざと工事現場に突っ込んで車を停めます。車から降りてきたヨンジュを見て、マスコミは大騒ぎ。そんななか、ヨンジュを一目見たアン・ユジュン(イ・ウォングン)は、すぐにそれがハンジュグループの嫁カン・ミナではなく、先輩検事のチョ・ヨンジュだと気付きます。

取調室へ向かったヨンジュは、自分を知っている素振りを見せるユジュンに驚きを隠せません。自分が現役の検事で、名前がチョ・ヨンジュだと聞くヨンジュ。しかし、ユジュンの言葉をどこまで信じていいものやら。悩んだ挙句、ヨンジュは外で待つスンウクとハクテに事情を説明します。ヨンジュが自分たちの探していた中央地検のチョ・ヨンジュ検事だと知り、驚くスンウクとハクテ。結局、ヨンジュはユジュンに誓約書を書かせ、秘密を共有することに。

ヨンジュの正体がわかって、ひとまずはホッとするスンウクでしたが、ヨンジュのことを知り尽くすユジュンに気が気ではありません。ユジュンと一緒に自宅へ戻ったヨンジュは、それがスンウクの向かいの部屋だと知り驚きます。壁越しに2人の会話をぬすみ聞きしようとするスンウクでしたが、防音設備が整っており、全く聞こえません。不安を募らせるスンウクのもとへ、ヨンジュが。

先ほどの事故で腕を怪我したスンウクの為に、手当てをしてあげるヨンジュ。さらに片手が不自由なスンウクにご飯を食べさせてあげるヨンジュでしたが、突然のスンウクの初恋話に、居心地が悪くなって部屋を出て行ってしまいます。

再びハンジュグループの屋敷へ戻ったヨンジュに、駐車場でヨンジュが乗って行った車の異変に気付いたと話すギョンシン。自分が偽物だと知りながらも、何かと助けてくれるギョンシンに、誰の味方なのかと尋ねるヨンジュ。するとギョンシンは、自分は誰の味方でもないと話します。

翌日、ユジュンから携帯電話を貰ったヨンジュは、連絡帳に登録された「おじさん」のもとを尋ねます。そしておじさんから、父親が現在つかまっていると聞かされるヨンジュ。

職場へ出勤したヨンジュは、上司のスンドクに無断欠勤のことを謝り、しばらくの間休暇を取りたいと伝えます。その後、検察庁の前でヨンジュがぶつかったのはなんとイ・ボンシク。手を差し伸べるヨンジュを見て、ボンシクはヨンジュとカン・ミナがうり二つなことに気付きます!

第7話感想

ついにヨンジュの正体がバレてしまった…!

ソンへに捕まり、後がなくなったボンシク。なんとか偽のカン・ミナについての情報を手に入れようとスンドクのもとへ向かったボンシクは、そこで検事として働くヨンジュと再会します。ヘルメットを被っていたのでヨンジュはそれがボンシクだとは気づきませんでしたが、ボンシクの方はヨンジュの正体に気付いてしまった。これはマズイ展開となってしまいました。

一方、事故の影響で記憶を失くしたヨンジュでしたが、ユジュンのおかげで自分が中央地検の検事であることを知ります。ユジュンがここまで頼れる存在だったとは、、もっと早くにヨンジュはユジュンと会うべきでしたね。ユジュンが合流したことで、ヨンジュとしてはだいぶ助かるのではないでしょうか。そんななか、ただの先輩・後輩の仲にしては、異常なまでに親しい2人の関係に嫉妬するスンウク。2人の会話を聞こうと試行錯誤するスンウクの姿が、なんともキュートでした。一方、ヨンジュもまた、スンウクの初恋話を聞いて嫉妬。スンウクの初恋相手は本当はヨンジュなのですが、2人はまだその事実を知りません。

第7話の最後には、ヨンジュの父ミョングクの面会に訪れるスンウクの姿が。今後、ヨンジュの記憶が戻った時、父親の犯した罪が2人の間で問題となりそうな予感。。

第8話視聴率13.5%

neroさん

第8話あらすじ

無断欠勤を続けていたヨンジュが、復帰した直後にまたしても長期休暇を申請したことに対して、納得がいかない同僚たち。結局、ヨンジュは自分が休んでいた間にたまっていた仕事を終わらせるまで、休暇は延期すると言います。その件をスンウクに報告するなか、検察庁の前でヘルメットを被った男とぶつかるヨンジュ。男の正体には気付かず、ヨンジュは再び仕事に戻ります。

 一方、仕事終わりにユジュンと会うと聞いたスンウクは、居ても立っても居られずヨンジュを迎えに職場へ。すると、ヨンジュの後をつける不審な男に気付くスンウク。同じく尾行に気付いたヨンジュが男に何の用かと尋ねると、カッとなったボンシクは近くにあったレンガでヨンジュの頭を強打!思わず地面に倒れこむヨンジュ。これを見て慌ててスンウクが助けに入りますが、腕を怪我している為、十分に応戦することができません。絶体絶命のピンチと思われた瞬間、先ほどの怪我をもろともせず、ヨンジュが立ち上がる。

実は昨夜、ギョンシンから駐車場に設置された防犯カメラの存在を聞いていたヨンジュ。そこに映っていたのは、ヨンジュの車に細工を施すボンシクの姿。さらにボンシクが自分の後をつけていると知ったヨンジュは、最初からボンシクをつかまえる作戦だったのです。

あっという間にボンシクを拘束するヨンジュでしたが、ホッとしたのも束の間、先ほどの怪我のせいでその場に気を失って倒れてしまいます。病室のベッドで目を覚ましたヨンジュは、心配そうに見つめるスンウクにボンシクはどこかと質問。実はボンシクに殴られたことで、すべての記憶が蘇ったヨンジュ。しかし、いつも危険な目に遭ってばかりのヨンジュを心配するスンウクは、「頼むからもう怪我をしないでくれ!」と言います。ボンシクの身柄は中央地検にあるといい、急いで病院を後にするヨンジュ。

実はヨンジュが検事になった理由は、ひき逃げでなくなった祖母の無念を晴らす為。祖母の死後、警察になんどもひき逃げ犯の捜査を頼んだヨンジュでしたが、誰も彼女の話に耳を傾ける者はいませんでした。後になってわかった話ですが、当時警察に圧力をかけ、捜査を終了させた検事がいたといいます。それは他でもない、ヨンジュの上司リュ・スンドク(キム・ウォネ)。ヨンジュが不正に手を染めたのは、スンドクに近づく為だったのです。

ヨンジュが取調室へ向かうと、そこにはスンドクの姿が。ヨンジュの登場に慌てるスンドク。その後、2人きりになったヨンジュは、ボンシクに記憶が戻ったと明かします。そして、スンドクではなく、自分と手を組もうと話すヨンジュ。

「本当のカン・ミナはどこにいる?」ヨンジュの質問に、ボンシクはミナと初めて会った時の話を始めます。初対面でボンシクが詐欺師だと悟ったミナは、絵画を買い取る代わりに、自分の逃亡を手伝って欲しいと持ち掛けたと言います。中国行きの船に乗せたことまでは確かなものの、その後の行き先は知らないと話すボンシク。

聴取を終え、一度はハンジュ家へ戻ったヨンジュでしたが、その居心地の悪さに家を飛び出します。その足でヨンジュが向かった先は、スンウクの家。ギョンシンから預かったおかずをスンウクに届けたヨンジュ。仕事が残っていると言い、ヨンジュは再び検察庁へと向かいます。

記憶が戻ったことで、自分の父親がした罪についても思い出したヨンジュ。それはまさに、スンウクの父親が命を落とした放火事件…。翌日、ヨンジュは父の面会へと赴きます。久々に再会したヨンジュを見て、複雑な表情を浮かべる父。

第8話感想

ついにヨンジュの記憶が戻りました!!

記憶が戻ってほっとした反面、スンウクへの申し訳なさで胸を痛めるヨンジュ。実はヨンジュの父親は、ハンジュグループの工場に火をつけた容疑で終身刑となっていたのです。この事件で、スンウクの父親はこの世を去ることに…。

それまで、スンウクに対して好意を抱いていたヨンジュでしたが、なんという運命のいたずら。父親が犯人だからと言って、ヨンジュまでも罪の意識を感じる必要はないと思いますが。。なんとも複雑です。

それにしても、ヨンジュの父親の件もどこか疑問が残ります。本当にヨンジュの父親が事件の犯人なのでしょうか。ハンジュ側に何か弱みを握られ、自分が犯人のフリをしているような気がしてなりません。結局すべての黒幕は、恐らくハンジュ。会長といいその娘のソンへといい、自分の利益の為なら何でもする人間ですからね、恐ろしいです。

さらに第8話では、ヨンジュが悪徳検事と呼ばれていた本当の理由が明らかになりました!実は祖母が亡くなったひき逃げ事件の背景に、事件をもみ消そうとしたとある検事の存在があると知ったヨンジュ。その検事の正体を突き止める為、わざと自ら危険な道を選び、相手から声がかかるのを待っていたのです。ヨンジュの狙い通り、まんまと連絡をしてきたスンドク。こうして、ヨンジュは例の検事がスンドクだったことを知り、復讐を決意したのです。

ヨンジュの記憶が戻り、またしても面白い展開になってきました。ヨンジュとスンウクの恋の行方も気になります。続きが楽しみ!

One the Woman 9話・10話 あらすじと感想

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP