One the Woman 5話・6話 あらすじと感想

One the Woman



One the Woman 원더우먼 2021年放送 SBS金土 全16話

第5話視聴率11.2%

neroさん

第5話あらすじ

事故の真相を突き止める為、車を運転していた男性が入院する病室を訪ねたハン・スンウク(イ・サンユン)。そこでスンウクは、男性の妻から話を聞くことに成功します。てんかんの発作で意識を失い、事故を起こしたという男性。実は男性の発作が悪化したのは、工場の火災事故が原因だったと言います。その火災事故とは、スンウクの父親の死とも深い関係がある事故でした。

一方、法律に詳しい自分自身に驚いたチョ・ヨンジュ(イ・ハニ)は、実は検事のふりをして悪事を働く詐欺師だったのではないかと勘違いします。相手の言葉に間髪入れずに反応するその姿に、驚きを隠せないヨンジュ。そんなヨンジュの父カン・ミョングク(チョン・インギ)は、終身刑で刑務所に収容されていました。娘の失踪については、まだ知らない様子。

自分が密航の手配をすすめたカン・ミナが未だに韓国にいると知り、不信感を抱くイ・ボンシク(キム・ジェヨン)。会長として本社に出社したヨンジュに向かって、ボンシクは鋭い視線を送ります。忙しい午前中の日程を終わらせたヨンジュのもとへ、ハンジュグループの会長で義父のヨンシクが現れます。ヨンシクとの2人きりでの食事に気まずさを感じ、ヨンジュはろくに箸がすすみません。

その頃、父親から昼食の約束をドタキャンされ、腹を立てるソンへ。さらにその理由がヨンジュとの食事を優先したからだと知り、ソンへは憤りを隠せません。ヨンシクがヨンジュとの食事を優先した理由は、上手くいっていないホテル事業に関して合併を促す為でした。しかし、もちろん一筋縄ではいかないヨンジュ。

一方、検察庁では音信不通のはずのヨンジュを庁内で見たとの目撃情報が相次ぎます。しかし、肝心の事務所には顔を出しておらず。一体どういうことかと首を傾げる同僚たち。

会社のロビーで、スンウクと一緒に未だに見つからないカン・ミナについて話すヨンジュ。するとスンウクは、ミナが自ら姿を消した可能性もあると指摘します。そんな2人の会話を聞いていたヨンシクは、どういうことかと言及。ここでも、ヨンジュの得意の話術が登場します。そんなヨンジュを見て、「ミナよりも素敵だ。」とスンウク。スンウクの一言に、ヨンジュの顔には自然と笑顔がこみ上げます。

ヨンシクがミナを訪ねたのには、とある理由が。実は問題となっている国税庁のロビー事件に関して、検察から召喚状が届いたというのです。またしても身に覚えのない事件に巻き込まれ、検察に呼ばれてしまうヨンジュ。するとヨンシクは、むしろ何も記憶がないのだから好都合だと話します。

事故が遭った日、ミナと最後に顔を合わせたギャラリーの館長を訪ねたソンへは、しばらくの間姿を消すようにと命令。同じくギャラリーへやってきたヨンジュに向かって、ソンへはあの日、ミナが2枚の絵画を購入しその行方が未だにわかっていないと話します。そんななか、事故を起こした男性の携帯履歴を手に入れたスンウクは、その中から身元が明らかになっていない番号を見つけ、すぐに電話を掛けてみます。すると、電話を受け取ったのはなんとソンへの秘書…。

もしかすると事故を起こしたのがハンジュグループと関連があるかもしれないと聞き、恐怖を感じるヨンジュ。帰宅したヨンジュに、家政婦のキム女史が食事を用意します。出された料理を食べた後、カン・ミナがナッツアレルギーだと気付いたヨンジュは、慌てて体調が悪いフリをします。実は料理を出すように命じたのは、他でもないソンへ。

翌朝、キム女史はソンへに向かって、昨夜の料理にナッツは入れなかったと話します。しかし、なぜかアレルギーで体調が優れないと訴えていたミナ…。それを聞いたソンへは、思わずハッとする。

第5話感想

ピンチを何とか乗り切ったと思いきや、またしてもピンチ!?

カン・ミナがナッツアレルギーだと知ったヨンジュは、出された料理にナッツが入っていると勘違いし、動揺します。しかし、ミナのアレルギーが深刻だと知るキム女史は、料理からナッツを除外。そうとは知らず、アレルギーのせいで体調が優れないと訴えるヨンジュ。これは一体・・・

次回予告では、ソンへがヨンジュに向かってミナのタブレットを開くようにと命じるシーンが。ミナのタブレットとは、彼女の車のダッシュボードから見つけた物でしたが、もちろん別人であるヨンジュでは指紋認証を解除することが出来ません。ソンへはどうやら、ミナが偽物であることに気付いたようです。

一方、第5話では初めてヨンジュの父親の姿が登場しました。ヨンジュの父親は、なんと例の火災事件の犯人??この火災で、スンウクの父でハンジュグループの前会長が亡くなりました。こんな形ですべての糸が繋がるとは…。驚きの展開となりました。火災事件に関してもまだまだ謎が残り、やはりすべてはヨンシクの計画だったのではないかという疑念も残ります。ヨンシクだけでなく、娘のソンへも共犯かもしれません。

次々と明らかになる真実。ますます面白い展開となってきました!

第6話視聴率10.8%

neroさん

第6話あらすじ

車のダッシュボードから見つけたカン・ミナのタブレットを睨みつけ、暗証番号を入力するヨンジュ。しかし、幾ら数字を試しても、ロックは解除されません。

翌日、スンウクが向かったのは亡くなった父親の納骨堂。実は事故が起こった日、スンウクが周囲から、帳簿に関する良からぬ噂を聞いたといいます。その内容を父親に確認したところ、その日の夜にスンウクの父親は帳簿のある工場へ。そこで火災が起こり、スンウクの父親は命を落とすことに。しかし、父の死後、帳簿を書き換えたのがスンウクの父親だったと明らかになり、そのまま母親とスンウクは逃げるようにアメリカへ渡ったといいます。

一方、ミナが未だに韓国へいると知ったイ・ボンシクは、わざとヨンジュの前に現れ、声を掛けます。その反応から、韓国にいるミナが偽物であると気付くボンシク。

自宅へ戻ったスンウクは、パーティーの準備をして待つヨンジュとハクテを見て驚きます。実はその日はスンウクの誕生日だったのです。ヨンジュの手料理を食べ、まんざらでもない様子のスンウク。

スンウクが自分の誕生日を今まで祝ってこなかったのは、その日が父親の命日だったから。もし自分が父親に帳簿の話をしなければ、少なくとも父があの日死ぬことはなかったのではと、スンウクはずっと悔やんでいたのです。そんなスンウクに向かって、「きっとお父様も、その件で息子が一生辛い想いをすることを望んでなんかいないと思う。」と話すヨンジュ。その後、冷蔵庫に入ったシュガースティックを目にしたヨンジュは、おもむろに口に運ぶと、それを「魔法の粉」と呼びます。実は初めてミナと出会った時、同じくミナも魔法の粉だと言ってシュガースティックをスンウクに渡していたのです。

パーティーを終え、遅い時間に帰宅したヨンジュを見て、タブレットを見せろとソンへ。一瞬緊迫した空気が流れるも、ヨンジュは何食わぬ顔でタブレットのロックを解除します。これには驚きを隠せないソンへ。

実は帰宅する少し前、スンウクの家で再びタブレットのロックを解除しようと奮闘していたヨンジュ。ミナの誕生日を入力するもハズレ、ヨンジュは続けてスンウクの誕生日を入力します。すると、見事ロックが解除。肝心のタブレットの中には、ハンジュグループの一家に関する不正事実が記されていました!さらに会長のヨンシクとソンへの欄には、例の火災事故に関する記述が…。

一方、事故の後すっかり人が変わったようなミナに次第に興味を持つようになったソンウンは、愛人のパク・ソイ(パク・ジョムファ)に別れを告げます。これには納得がいかないソイ。ソイの恨みの矛先は、ヨンジュへ注がれます。

その頃、検察への召還の日程が近づき、ヨンジュのもとへ担当検事のユジュンから電話が掛かってきます。なんとか検察の召還を逃れようと、仮病を使うヨンジュ。急性胃痙攣で病院に入院することになったヨンジュでしたが、すぐにそのニュースは世間に広がります。今やユミングループの代表となった自分の影響力の大きさに、驚くヨンジュ。

朝からろくな食事をとっていなかったヨンジュは、お腹が空いたとハクテに連絡を入れます。しかし、ハンジュグループの仕事に追われ手一杯なハクテは、それを断ります。仕方なく、ヨンジュはスンウクへ連絡。しばらくして、花束を持ったスンウクが病室へやってきます。花束の中には、差し入れのお寿司が。

すると、またお腹が空いたら変装して救急室へ行くと話すヨンジュ。「知ってる?病院の中で救急室が一番暖かいって。救急室には24時間人がやってくるから」そう話すヨンジュの言葉に、ミナの姿を重ねるスンウク。

第6話感想

スンウクの初恋相手は、ミナではなくヨンジュ…?

以前から何度か登場した、スンウクの初恋相手とのエピソード。最初はミナで間違いないと思っていましたが、ここに来て、それがヨンジュだったのでは?という展開が続きます。そういえば、ヨンジュの祖母も例の火災が起こった日に救命に運ばれ、命を落としました。つまりあの日、ヨンジュが病院にいた可能性は十分にある。シュガースティックの件といい、救急室の件といい、父親を亡くして悲しみに暮れるスンウクに声を掛けたのは、恐らくヨンジュだったのでしょう。それではなぜ、スンウクは今の今までそれがカン・ミナだと思っていたのか。この辺に、すべての真相が隠れていそうですね。

そんななか、韓国に残ったミナが別人であることに気付いたイ・ボンシク。さらに第6話では、イ・ボンシクとハンジュグループの長女ソンへが顔を合わせる場面も登場し、何やら不穏な空気が…。ボンシクがミナとの件をソンへに明かせば、ヨンジュの正体がバレるのも時間の問題です。

タブレットの指紋認証を求められた場面では、もう終わりかとヒヤヒヤしました。それにしても、ミナのタブレットの暗証番号がスンウクの誕生日だったとは。スンウクと同じく、ミナもまた、彼に今もなお想いを寄せていたようです。

一方、ミナの夫ソンウンはついに愛人と縁を切ることに。ソンウンのこの決断が今後どのような影響をもたらすのか、、注目です。

One the Woman 7話・8話. あらすじと感想

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP