One the Woman 13話・14話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

One the Woman 13話・14話 あらすじと感想

「広告」


One the Woman 원더우먼 2021年放送 SBS金土 全16話

第13話視聴率16.0%

neroさん

第13話あらすじ

DNA鑑定の結果、ユミングループの前会長の実子であることが証明されたチョ・ヨンジュ(イ・ハニ)。するとヨンジュは、勝手に自分のDNA鑑定を行ったユミンとハンジュへ憤りをあらわにし、その場でユミングループの会長職を辞任すると宣言します。代わりの代表に、ハン・スンウク(イ・サンユン)を任命するヨンジュ。こうして、ヨンジュは無事ハンジュグループから身を引くことに成功します。

一方、今回の件を通じて、ますます父ヨンシクの信頼を失ったハン・ソンへ(チン・ソヨン)。どうしても自分に会社を譲ろうとしないヨンシクに、ソンへは苛立ちを募らせます。

捜査本部をスンウクの自宅へ移し、引き続き14年前の火災事件の真相に迫るヨンジュとスンウク。消防署を後にした2人は、2台の車が自分たちの後をつけていることに気付きます。1台は恐らくハンジュが指示した暴力団関係者、そしてもう1台は、検事長のリュ・スンドク(キム・ウォネ)に言われてヨンジュの行動を監視する捜査官でした。スンドクがカン・ミナと自分の関係を探っていると知ったアン・ユジュン(イ・ウォングン)は、こっそりスンドクのスマホに盗聴アプリを設置。これによって、スンドクの一挙手一投足を把握することとなったヨンジュ。

皆が帰った後、ヨンジュのもとへ食事を持ったスンウクがやってきます。2人きりの時間を楽しもうとする2人でしたが、そこへ思い掛けない来客が。それはなんと、カン・ミナの夫ソンウンでした!ミナが偽物であることを知っていたと明かすと、自分も協力させて欲しいと話すソンウン。ひとまずソンウンを帰らせた後、再び2人になったヨンジュはスンウクに、なぜここまでソンウンが姉のソンへに怯えているのかと尋ねます。すると、昔ソンへが可愛がっていた愛犬を、アレルギーのせいで自ら安楽死させた話を聞かせるスンウク。

その後、スンドクがハンジュに関する何かを握っていると考えたヨンジュは、スンドクが席を外した隙に検事長室へ忍び込みます。そこで怪しげな時計を発見したヨンジュでしたが、それを調べる前に部屋にやってきたのは、スンドクとソンへ。物陰に隠れて2人の会話を聞いていたヨンジュは、その内容にハッとします。スンドクが握っていた証拠とは、まさに火災事件があった日、ひき逃げ事故を起こしたソンへに関する証拠だというのです!それはつまり、ヨンジュの祖母を殺したの犯人がソンへだったということ…。



一方、ハンジュ家で家政婦として働くキム女史に会いに行ったスンウクは、本当に火災事件があった日、会長のヨンシクは工場にいなかったのかと尋ねます。すると、ヨンシクが工場にいなかったのは事実だと答えるキム女史。そしてキム女史は、代わりにソンへが工場にいたと明かすのでした。

2人が部屋を出たのを確認し、時計の中からUSBを取り出すヨンジュ。そっと自分の部屋へ戻ろうとするヨンジュでしたが、そこでソンへと対面。祖母を殺害したのがソンへだと知ったヨンジュは、絶対に許さないと誓います。しかし、そんなヨンジュの宣戦布告にも動じる気配のないソンへ。

ヨンジュの祖母がひき逃げ事故に遭った日、動揺した様子で車を走らせるソンへの姿が登場。狭い田舎道を猛スピードで駆け抜けたソンへは、途中で女性をひいてしまいます。人をひいてしまったと気付いたソンへは、慌てて父ヨンシクへ連絡。後の処理を頼むと言って、ふたたび車に乗り込むソンへ。こうして発見の遅れたヨンジュの祖母は、帰らぬ人となってしまったのです。

第13話感想

ヨンジュの祖母を車でひいて逃走したのは、ヨンシクではなくソンへでした。

火災事件とソンへの間に何か関係があるとは思っていましたが、まさか車を運転していたのがソンへだとは驚きです。さらに人を轢き殺してもなお、反省の色が全く見えないソンへ。もはやサイコパス?ソシオパス?善と悪の区別がつかなくなっているように見えます。彼女をここまで追い込んでしまったのは、一体…。

株主総会でユミングループの実子であることが証明されたヨンジュ。その背景はまだ明らかになっていませんが、誰かがヨンジュを助けようとしているのは明らかです。そんななか、ハンジュグループを去ろうとするヨンジュに向かって、実の娘として接したいと話すヨンシク。このやり取りを遠くで聞いていたソンへは、ますます怒りを募らせます。それもそのはず、実の娘である自分が後継者争いから外され、嫁のヨンジュにはこの態度ですからね。ソンへがひねくれてしまったのも、少しは理解できるかもしれません。

そして、相変わらず本物のカン・ミナの姿は登場せず、もどかしい状況が続きます。ヨンジュとスンウクがお互いの気持ちを告白し合ったことで、ちょっとロマンス要素が強くなったかな、という印象。まだまだ明らかにしないといけない問題は山積みなので、終盤の巻き返しに期待です。

第14話視聴率16.9%

neroさん

第14話あらすじ

廊下で会ったソンへに向かって拳を振りかざすヨンジュ。しかし、それを素手で受け止めたソンへは、反対の手でヨンジュを平手打ちします。一方、ヨンジュとスンウクがハンジュグループに対する不正を暴こうと準備していたにもかかわらず、一足先に動き出したソンへ。ソンへと手を組むことにしたスンドクは、内部告発があったと言い、ハンジュグループの会長ヨンシクを緊急逮捕します。

父親を検察に引き渡したソンへは、満足げに微笑みます。その頃、スンドクの部屋から持ち出したUSBの中身を目にしたヨンジュは、それが火災事件があった日の工場内のCCTV映像だと気付きます。そこに映っていたのは部屋を出て行くソンへの姿と、しばらくしてスンウクの父親の遺体を引きずって廊下に置く秘書の姿でした。

本格的に捜査に乗り出そうとした矢先、カン・ミナのフリをしていたことがバレ、ユミングループ側に訴えられてしまったヨンジュ。これを受けて、スンドクはヨンジュを停職処分にしてしまいます。

同じ頃、スンドクが隠し持っていたUSBが持ち出されたと知ったソンへ。そこにスンウクの父親の遺体を運ぶ秘書の姿が映っていると知るソンへは、秘書のチョン・ドウ(キム・ボンマン)に圧力をかけます。実はあの日、帳簿を取りに突然工場に姿を現わしたスンウクの父に焦ったソンへは、その手から帳簿を奪い返そうとした拍子にスンウクの父を突き飛ばしてしまいます。机に頭部を打ち付けたスンウクの父は、そのまま倒れこみ…。そこへ駆け付けたドウ。ドウにその場を任せ、ソンへは先に部屋を後にしたのです。

ソンへの計画通り、次々と明らかになるハンジュグループとカン・ミナに関するスキャンダル。これによって、ヨンジュとスンウクはマスコミに追われる身となってしまいます。そんななか、ホテルの駐車場で誤ってヨンジュをひいてしまった男性とその妻が遺体で発見され、さらに彼らを匿っていたのがスンウクだったことが公になると、事態はますます悪化する一方。

そんななか、今度は14年前の火災事件の罪を被って、ドウが検察に自首。ヨンジュの祖母が亡くなったひき逃げ事件に関しても、容疑を認めたドウ。もちろん、真犯人が別にいると知るユジュンは、ドウの供述を信じようとはしません。

マスコミに追われ、オフィステルに引きこもり状態になってしまったヨンジュとスンウク。そんな2人のもとへ、差出人不明の封筒が届きます。中に入っていたのはUSBで、そこにはソンへとドウの関係をしめす証拠の数々が残されていました!封筒を送ったのが誰かと気になったヨンジュは、出前の配達員のフリをしてオフィステルを抜け出します。封筒が投函されたと思われるポストへ向かうヨンジュでしたが、そこにはCCTVもなく。ふとヨンジュは、本物のカン・ミナの仕業ではないかと考えます。

その頃、ドウと一緒に自分の身の回りの世話をする女性秘書を呼び出したソンへ。最近になって新しく派遣された女性秘書に、ソンへはDNA鑑定の結果についてどう思うか尋ねます。実はDNA鑑定の結果をすり替えたのは、他でもなくその女性秘書だったのです。

女性秘書の正体は、カン・ミナ。自分の人生に嫌気がさしたカン・ミナは、整形手術でその容姿を全く別人に変えていたのです。ソンへに差し出されたナッツを食べ、アレルギー反応に苦しむミナ。なんとか地下の駐車場へ向かったミナでしたが、そこへ向かってくる1台の車。ミナの前で停まった車の運転席には、何とヨンジュが…!

第14話感想

ついに姿を現わした本物のカン・ミナ!

カン・ミナの正体は、新しく派遣されたソンへの秘書でした。そう言えば以前、トイレでヨンジュと顔を合わせていたこの秘書。その時の妙な雰囲気から、この秘書がヨンジュの助力者なのかと思っていましたが、まさかカン・ミナだとは…。

さらにカン・ミナの正体にいち早く気付いたソンへは、ナッツアレルギーのミナにわざとナッツを差し出します。段々とエスカレートするソンへの行動の数々に、ただただ鳥肌。実の父親であるヨンシクすら裏切るとは、もう手の施しようがありません。

そんななか、面会にやってきたキム女史に何かを頼むヨンシク。どうやら彼の机の上にあるペンを、誰にも内緒でこっそり持って来て欲しいというのです。そのペンには、どんな秘密が隠されているのでしょうか。きっとソンへに関するものだと予想されます。スンウクの父親の死にも深く関わっていたソンへ。もみ合いになった末スンウクの父が気を失い、後ろめたいソンへはスンウクの父もろとも火の海に葬り去ることにしました。あの時すぐに救急車を呼んでいれば、スンウクの父は死なずに済んだだろうに。さらにその罪を秘書のドウにすべて着せ、一人だけ助かろうと考えるソンへ。きっと最後は罰が下ると思いますが、本当に引き返せないところまできてしまいましたね。

残るは2話のみ。果たしてどんなエンディングが待っているのか。ぜひともハッピーエンドを期待したいところです。

One the Woman 15話・16話(最終回) あらすじと感想

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー