One the Woman 11話・12話 あらすじと感想

One the Woman



One the Woman 원더우먼 2021年放送 SBS金土 全16話

第11話視聴率14.0%

neroさん

第11話あらすじ

お互いの気持ちを確かめ合ったチョ・ヨンジュ(イ・ハニ)とハン・スンウク(イ・サンユン)。2人がキスを交わしたのは、なんとホテルの駐車場でした。弁護士のノ・ハクテ(キム・チャンワン)と合流し、ひとまずヨンジュの家へ向かう3人。そこへ、何の違和感もなく暗証番号を入力して入ってきたアン・ユジュン(イ・ウォングン)を見て、ハクテは驚きを隠せません。そんなハクテに、ユジュンを実の弟のような存在だと紹介するヨンジュ。

その頃、カン・ミナが偽物だと確信するハン・ソンへ(チン・ソヨン)は、ミナの叔母ウンファを呼び出します。ミナが偽物だと告げると、ソンへは株主総会で遺伝子検査の結果を公表してはどうかと提案。

2人きりになったユジュンに、ヨンジュはスンウクを好きだと明かします。そんなヨンジュの告白を、素直に受け入れるユジュン。その後、イ・ボンシクを自殺に見せかけて殺害したのが暴力団組織の関係者だと知ったヨンジュは、引き続きイ・ボンシクの周辺を調査することに。

カン・ミナとしてハンジュグループの屋敷へ戻ったヨンジュは、自分の部屋で何やら怪しい動きを見せるソンへの姿を目撃。そこへ夫のソンウンが現れると、すかさずヨンジュの味方をします。結局、そのまま部屋を後にするソンへ。ソンへが出て行った後、ソンウンは皆が偽物だと知っていると伝えます。実は先日、ミナのクローゼットからヨンジュの名前が書かれた処方箋を見つけていたソンウン。ソンウンが自分の正体を知っていたことに驚くヨンジュでしたが、引き続き知らないフリをして欲しいと頼みます。

そんななか、カン・ミナと間違えてヨンジュを車で轢き重傷を負わせた男性が奇跡的に目を覚ますと、ソンへは部下にさっさと処理するようにと命令。連絡を受け取ったスンウクとヨンジュが駆け付けるも、男性はてんかんの発作で事故を起こしてしまったと話します。男性の証言が嘘だと知りながらも、どうすることもできない2人。

一方、ヨンジュの行動を不審に思っていた検事長のリュ・スンドク(キム・ウォネ)は、ユミングループの会長カン・ミナとヨンジュがまったく同じ顔をしていることに気付きます。しかし、誰が一人二役を演じているのかまではまだ知らない様子。そんななか、ヨンジュはイ・ボンシクが通っていたハウスに潜入したユジュンから、イ・ボンシクが金庫に重大な何かを隠していると話していたと聞きます。

翌日、改めて事故を起こした男性の病室を訪ねたスンウク。するとそこには、男性に注射を打とうとする怪しい男の姿が。慌てて男の後を追うスンウクでしたが、あと一歩のところで逃げられてしまいます。その後、男性を安全な場所へ移動させたスンウクに、男性は事件の真相を語ります。

男性とハンジュグループの繋がりは、14年前の火災事故から始まったといいます。事故が起こった工場で働いていた男性は、ハンジュの人間を名乗る男から、嘘の証言をして欲しいと頼まれたといいます。それは、工場に火をつける不審な男を見たという証言。さらにホテルの駐車場でカン・ミナを車で轢くよう命じられた男性は、誤ってまったく同じ顔をしたヨンジュを巻き込んでしまったのです。

男性の話から、実は父ミョングクが無実かもしれないと考え始めたヨンジュ。これまでなぜということにだけ執着し、本当に父親が犯人なのか疑うことをしなかった自分をヨンジュは責めます。そんなヨンジュを抱きしめ、励ますスンウク。

翌日、スンウクと一緒にミョングクの面会に訪れたヨンジュは、事件の真相を話して欲しいと伝えます。するとミョングクは、金をもらって嘘の自白をしたと明かし…。

第11話感想

ついに自ら無実を認めたミョングク!

やはりヨンジュの父ミョングクは、放火犯ではなかった…。あの日、人々を救おうと最後まで現場に残り、避難を誘導したというミョングク。しかし、ハンジュグループの差し金によってミョングクの犯行を裏付ける証言が次々と浮上し、ミョングクもまた、嘘の自白をしてしまったといいます。ミョングクはお金の為と言っていましたが、恐らくそれはヨンジュを養う為ではないでしょうか。

この事実を知ったヨンジュは、これまで父を一度でも信じようとしなかった自分自身を責めます。なんとも切ない展開となりました。。

一方、カン・ミナが偽物だと確信するソンへは、ミナの叔母と協力して、DNA鑑定を行う計画。ヨンジュの髪の毛を手に入れようと黙って部屋に入るソンへでしたが、ヨンジュの登場で何とか阻止できました。しかし、同じ家に住んでいる以上髪の毛を手に入れるのはそう難しくないと思うので、不安な状況が続きます。

さらに前回、酔っ払った勢いでスンドクに電話を掛けたヨンジュ。この時の様子から、ついにスンドクがヨンジュとミナの関係について知ってしまいました。果たして、ヨンジュの運命とは?

前々回のエピローグで登場した以降、これといった動きが見られないカン・ミナ。韓国へ戻ってきたのは確かだと思うのですが、一体どこで何をしているのでしょうか・・・

第12話視聴率12.5%

neroさん

第12話あらすじ

父ミョングクの面会を終えたヨンジュは、祖母の死もミョングクが放火事件の罪を被ったのも、すべて自分のせいだと自責します。そんなヨンジュを隣でそっとなぐさめるスンウク。翌日、ヨンジュは改めてミョングクとの面会を申請。「あの日、一体何があったんですか?」ヨンジュの問いに、ミョングクは火災があった日の出来事を振り返ります。

出所からまもなく、ハンジュグループのファッション工場で働くこととなったミョングク。そんななか、工場内で窃盗事件が発生し、前科のあるミョングクに疑いがかけられてしまいます。翌月分の給料を渡され、解雇されてしまうミョングク。酒を飲んだミョングクは、ヨンジュの祖母に憤りをぶつけます。すっかり酔っぱらい、渡された給料を燃やしてやると豪語し、工場へ。しかし、いざとなると勇気が出ず、心配して駆け付けるといった母親を迎えに工場の外へ出たミョングク。その時、工場から火の手が上がったといいます。

必死に工場内にいる人々を避難させたミョングクでしたが、その後当時会長秘書を務めていたチョン・ドウ(キム・ボンマン)に声を掛けられ、偽の供述を行うことに。当時はそれが最善だと考えたというミョングク。

その後、ヨンジュとスンウクは、事件現場を担当した消防士の1人から話を聞くことに成功します。消防士の話によると、スンウクの父親の遺体は工場内で発見され、恐らく防火シャッターによって閉じ込められて避難が遅れてしまったのだといいます。しかしおかしなことに、通常は現場に残されているはずのシャッターを開けようとした痕跡が一切なかったと話す消防士。

一方、今度の株主総会でカン・ミナのDNA鑑定の結果を公表するとソンへは話します。実はあの日、ソンへはヨンジュの肩に付いていた髪の毛を手にしていました。さらに部屋に仕掛けた盗聴器によって、ヨンジュとソンウンの話を聞いていたソンへ。

その頃、火災事故が起きた時、唯一現場近くにいた自分が何かを見ていたかもしれないと話すヨンジュは、催眠療法で過去の記憶を呼び起こすことに。そこで走り去る1台の乗用車の姿を思い出したヨンジュは、ナンバーからそれがハンジュグループの会長ヨンシクの公用車だと知ることになります。ヨンシクが祖母をひき逃げした犯人だと考えたヨンジュは、ひとまず彼を揺さぶろうと考えます。

ハンジュグループの長男ハン・ソンチャンの追悼式当日、式に参列したスンウクは、火災事故があった日、ヨンシクにどこにいたのかと質問。これに動揺するヨンシクでしたが、すぐに会社にいたと答えます。すると、ヨンシクが会社にいたのは間違いないと話すキム女史。彼女がヨンシクと父の二重スパイだと知るスンウクは、その証言を信じるべきか悩みます。

一方、相変わらずヨンジュとカン・ミナの背景を探るスンドクは、ヨンジュの父が放火犯のカン・ミョングクであると知ることに。これに動揺を隠せないスンドクは、ヨンジュと共に放火事件について調べるユジュンを呼び出します。

そんななか、予定通り株主総会が行われると、壇上に向かったのはユミングループのキム・ウンファ。ウンファはソンへから受け取ったDNA鑑定の結果をその場で開封し、皆の前で結果を公表します。「実の子供である可能性が99.9%だと推定される」この言葉を聞き、思わず立ち上がるヨンジュ。

第12話感想

ヨンジュがユミングループの前会長と実子関係にあった!?

これは一体どういうことでしょうか。以前調べたところ、ユミングループの前会長には他に婚外子はいないと言っていました。ということは、提出されたDNAがヨンジュではなく、カン・ミナ本人の物だったということ。これは一体。。

韓国へ入国して以来、その行方がわからなくなっていたカン・ミナ。彼女のDNAが提出されたということは、イ・ボンシクの他にも助力者がいたということでしょうか。これは驚きの展開となりました。てっきり不一致と発表されると思ってドキドキしていたので、テレビの前で思わず「えー!」と叫んでしまいました。笑

そして、誰よりもこの結果に驚いたのはヨンジュ本人。思わずその場に立ち上がるヨンジュに、会場内も驚きの様子でした。

そんななか、相変わらずヨンジュとカン・ミナの関係を探るスンドク。ヨンジュと協力関係にあるユジュンに脅しをかけるシーンが登場しましたが、肝心のユジュンはポーカーフェイスを貫きます。スンドクがヨンジュとカン・ミナの関係を知った今、いつヨンジュが偽のカン・ミナだったと明かされてもおかしくない状況。ハラハラドキドキの展開が続きます。

中盤で一気にスピードダウンした感がありましたが、今話はなかなか面白いエピソードが登場しました。次々に明らかになる放火事件の謎。本当に犯人は、ヨンシクなのでしょうか。次回の展開からも目が離せません!

One the Woman 13話・14話 あらすじと感想

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP