One the Woman 1話・2話 あらすじと感想

One the Woman



One the Woman 원더우먼 2021年放送 SBS金土 全16話

第1話視聴率8.2%

neroさん

第1話あらすじ

お金の為なら多少の危険も顧みない中央地検刑事3部のエース検事、チョ・ヨンジュ(イ・ハニ)。暴力団組織から裏金を受け取り満足そうなヨンジュのもとへ、強面の男たちが現れます。しかし、喧嘩上等のヨンジュはたった1人で男たちを制圧。

翌日、いつものように検察庁へ出勤したヨンジュは、上司のリュ・スンドク(キム・ウォネ)を見かけるや否や、先ほどまで徹夜で働いていたとアピールします。なんとか次長検事のスンドクに気に入られ、出世コースに乗りたいと願うヨンジュ。そんななか、かつてスンドクが取り逃がした大物詐欺師に関する情報を掴んだヨンジュは、男を捕まえてスンドクに献上しようと考えます。

一方、国内屈指の大財閥ハンジュグループに嫁いだカン・ミナ(イ・ハニ)は、息の詰まるような生活を送っていました。自らも財閥令嬢のミナでしたが、会長の婚外子であることから、幼い頃から激しい虐待を受けて育ったミナ。さらに嫁ぎ先のハン家にもその事実が知られてしまい、以来次男の嫁としてではなく、使用人同様の扱いを受けていたのです。そんななか、またしても夫ハン・ソンウン(ソン・ウォンソク)の不倫スキャンダルが浮上します。これにより被害を被った家族の怒りもまた、次男のソンウンではなく、ミナへ向けられる始末。

ハン家の長女でハンジュホテルの専務を務めるハン・ソンへ(チン・ソヨン)だけは、一緒になってミナを責め立てることはないものの、かといって彼女の味方になることもありませんでした。ただ他の女性らのように、寄ってたかって暴言を吐くのが気に入らないだけ。結局、ミナの居場所はどこにもなく…。

大物詐欺師イ・ボンシクを捕まえる為、潜入捜査に踏み切るヨンジュ。休暇をとって検察庁を後にしたヨンジュは、財布の中にしまってあった1枚の写真を取り出します。そこに映っていたのは、幼い頃のヨンジュと祖母の姿。14年前、自転車をこいでいたヨンジュは、目の前で事故に巻き込まれる祖母を目撃。慌てて祖母に駆け寄ったヨンジュは助けを呼ぶも、現場近くで起こった火災事故が優先され、病院へ運ばれるのが遅れたヨンジュの祖母はその場で気を引き取ります。写真の中で微笑む祖母に向かって「もうすぐだからね、ばあちゃん」と語り掛けるヨンジュ。

家族の集まりにも呼ばれず、ますます行き場を失くしたミナは、ソンへの頼みでオークション会場へ。同じくイ・ボンシクを追って会場へ向かったヨンジュは、そこで自分とそっくりな容姿をしたミナを目にします。あまりの衝撃に、思わず二度見するヨンジュ。そんななか、ミナは最高価格で目当ての美術品を購入。会場を後にしたミナは、どこかへ連絡を入れると、「用意は出来た、私も絵画も。じき来るんでしょう?」と意味深な言葉を残します。

一方、会場に現れたイ・ボンシクを追うヨンジュ。ボンシクを追いかけて地下の駐車場へやってきたヨンジュは、そこで猛スピードで走ってくる乗用車に轢かれてしまいます!同じ頃、ミナの家族を乗せたヘリコプターが墜落し、全員の死亡が確認されたとのニュースが…。

兄一家の訃報を聞き、このままいけばユミングループの遺産は自分のものになるとほくそ笑むミナの叔母カン・ウンファ(ファン・ヨンヒ)。しかし、葬儀場で倒れるフリをして病院へ運ばれたウンファの前に、ミナにそっくりなヨンジュが現れます。ヨンジュをミナと勘違いして、愕然とするウンファ。しばらくして、ミナの失踪を知ったハンジュグループが動き出し、すぐさまヨンジュは別室へ移動させられます。

ゆっくりと目を開けたヨンジュの周りには、医師とハン家の人々が。見慣れない顔ぶれを前に、「私は誰…?」と首を傾げるヨンジュ。

第1話感想

ミスコリア出身の女優イ・ハニが1人2役に挑戦!

放送直後から、大きな反響を呼んでいる本作。第1話では、女優イ・ハニが悪徳検事と財閥家の嫁という全く相反する2つのキャラクターを演じる様子が登場しました。偶然にも同じ時刻、同じワンピースを着て、現場に現れた2人。大物詐欺師を追って駐車場へやってきたヨンジュは、そこで不慮の事故に巻き込まれてしまいます。ヨンジュに向かって猛スピードで突っ込んでくる1台の車。恐らくそれは、ヨンジュではなくミナを狙った車だと考えられます。

結局、大怪我を負って病院へ運ばれたヨンジュでしたが、目を覚ますと記憶がなくなっていました。このままヨンジュは、ミナとして生活を強いられることになるのでしょうか。一方、行方不明となる前、ミナが残した意味深な言葉…。さらにミナの家族が皆ヘリコプターの墜落事故でこの世を去るという衝撃な展開となり、事故が偶然なのか、それとも何者かによる策略なのか、、その真相が気になるところです。

まったく正反対なキャラを演じるイ・ハニ。初回から笑えるシーンが盛りだくさんで、次回の展開も期待できそう。また第1話のエピローグには、ドラマ「熱血司祭」で共演したキム・ナムギルと映画「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュがゲスト出演しています。

第2話視聴率7.1%

neroさん

第2話あらすじ

事故による記憶喪失と診断されたヨンジュ。周囲の話から自分がカン・ミナという名前で、財閥家の嫁だという事実を聞くも、なかなか信じることができません。一方、ミナが記憶を失ったことをいいことに、一夜にしてユミングループの後継者となったミナを利用しようと考えるハンジュグループの人々…。

ひとまず細かいことは置いておいて、自分が金持ちの家に嫁いだことを前向きに考えることにしたヨンジュ。そんなヨンジュの前にミナの夫ソンウンが現れます。目の前に立つイケメンが、自分の夫という事実に満足げなヨンジュ。どこか様子のおかしいミナを見て、ソンウンは不気味がります。その頃、海外から帰国したばかりのハン・スンウク(イ・サンユン)は、ミナの家族が亡くなったと聞き、葬儀場へ。

葬儀場に駆け付けたスンウクは、同じく葬儀場に連れてこられたヨンジュと対面。しかし、ベンチに座ってピーナッツを頬張るヨンジュを見て、スンウクは慌てて袋を取り上げます。実はミナは、重度のピーナッツアレルギーを持っていたのです。しかし、もちろんアレルギーなどないヨンジュは、そんなスンウクの行動に憤怒。ピーナッツを奪われたヨンジュは、力づくで袋を奪い返します。以前とは似ても似つかないヨンジュの行動を不審に思うスンウク。そんななか、弔問を終えたスンウクはヨンジュに向かって「大丈夫ですか?」と尋ねます。これまで多くの関係者と挨拶を交わしたものの、家族を亡くした自分に大丈夫かと聞いたのはスンウクが初めてでした。

葬儀を終え、それぞれの車で自宅へ戻るハンジュグループの面々。豪邸に足を踏み入れたヨンジュは思わず感嘆の声を上げますが、そこで彼女を待っていたのは奴隷のような家事の数々でした。1週間のスケジュールを見たヨンジュは、驚愕。

当たり前のようにソンウンと同じ部屋で寝ようとするヨンジュでしたが、ヨンジュの部屋は別だといいます。翌朝、朝早くに起こされたヨンジュは、家族の朝食を準備。すると、ヨンジュを前に英語で会話を始める女性たち。そんななか、流ちょうな英語で対応したヨンジュは、外国語に長ける自分自身に驚きます。同じく、国内派と思っていた次男の嫁が急に数か国語を操るのを見て、愕然とする一同。

ハンジュグループの創立者であるハン・ヒョンモの追悼礼拝が行われ、屋敷の外へ出ることになったヨンジュ。そこでヨンジュは、自分がいない席で家族が自分の悪態をつくのを目撃。さらに会長のハン・ヨンシク(チョン・グクファン)は、遺産相続が終われば用済みだと話します。これに怒りをあらわにするヨンジュ。しかし、物音に気付いてソンウンがドアの方へやってくると、ハッとします。そんなヨンジュを柱の陰に連れて行くスンウク。前に自分が死にそうになった時、ミナが助けてくれたと話すスンウクでしたが、もちろんヨンジュには何のことやらサッパリわかりません。

礼拝の最中、兄夫婦の息子からお菓子を投げつけられたヨンジュは、カッとなって大声で叫びます。「私を誰だと思ってるんだ!?」突然大声を上げるヨンジュを見て、礼拝堂内は騒然。さらに腕まくりをして椅子を蹴散らすヨンジュ。

そんなヨンジュの姿を見たスンウクは、ふと彼女が昔「人前では絶対に腕を見せないの」と話していたことを思い出します。ミナの腕には、幼い頃に受けた虐待の傷痕が。さらに顧問弁護士のノ・ハクテ(キム・チャンワン)からミナの診療記録を受け取ったスンウクは、そこに傷痕に関する表記がないことにハッとします。

その日、礼拝を終えたヨンジュに近寄ったスンウクは、彼女をじっと見据え「君は一体何者だ?本当のミナはどこにいる?」と尋ね…。

第2話感想

目の前のミナが本物ではないと気付いたスンウク・・・

これは驚きの展開となりました。誰もがミナに対して無関心を決め込むなか、スンウクだけは違いました。父親の死に絶望するスンウクに、そっと寄り添ったミナ。実はスンウクの父親はハンジュグループの前会長で、謎の死を遂げるまではスンウクがグループの後継者だったのです。しかし、父の死によって形勢は逆転。父の弟ヨンシクが会長に就任すると、後継者争いからすっかり外されてしまったスンウク。

もともと、スンウクが後継者の場合、ミナの結婚相手はスンウクだったといいます。かつての恋人、そして婚約者であったミナ。結局、次男のソンウンと結婚したミナは、お世辞にも良い暮らしを送っているとは言えず…。使用人のような扱いを受けるミナ。スンウクがその事実を知ったら、どれだけショックを受けるでしょうか。

そんななか、記憶を失くしたヨンジュは、自分が財閥家の嫁であると思い込みます。ヨンジュをミナだと思い込む一家の連中は、これまで同様に振舞うも、もちろんヨンジュは黙っていません。果敢にもハン家に立ち向かうヨンジュの姿に、思わず応援したくなってしまいます。それにしても、外国語を流ちょうに操るヨンジュ。突然ベトナム語を話し始めたシーンは、思わず吹き出してしまいました(笑)

毎回面白くって、あっという間に1時間が過ぎてしまいます。次回はどんな展開が待っているのか、楽しみです。

One the Woman 3話・4話 あらすじと感想

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP