アイドル ザ ク― 3話・4話 あらすじと感想

IDOL:THE COUP D'ETAT



IDOL:THE COUP D’ETAT (Idol: The Coup) アイドル ザ ク― アイドル:ザ・クーデター 아이돌:더쿠데타 2021年放送 JTBC月火 全12話

第3話視聴率0.656%

daisySSさん

第3話あらすじ

ジェナのみ再契約を提案されたことをメンバーたちに明かすエル(チュ・ソジョン)の言葉に、ヒョンジ(ソルビン)とチェア(キム・ジウォン)は信じられず、、、しかし、ジェナ(ハニ)の反応を確認した二人は、エルの言葉が本当さと知るとヒョンジは不満を見せます。

ステラ(ハン・ソウン)はジェナが皆を騙したわけではなく、既に自分に相談していたこと、予定されているイベントでの舞台の後に伝えるよう自分がジェナを説得したと話し、代表からの再契約の件は既にジェは断っていると明かす。

エルも練習には参加できないと出ると、所属事務所の代表マ・ジンウを訪ね、ジェナの代わりに事務所に残りたいとアピール。しかし、彼女との単独の契約は予定していないと断られ、すれ違ったジェナに彼女の代わりに再契約ができるよう代表に話して欲しいと図々しくジェナに要求します。

エルは元マネージャーのジン・ドゥホ(カン・ジェジュン)に怒りをぶつけ、ジン・ドゥホが心配になったジェナは彼を訪ねます。マ・ジンウの弱点を探し、彼を脅してでもコットンキャンディの再契約を結べるようにすると意気込んだジン・ドゥホ。彼をとめるジェナの言葉には耳を向けず、誰もいないマ・ジンウのオフィスに侵入。

その姿を共同代表のチャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)とユン・セヨル室長に見つかり、緊張するジン・ドゥホとジェナ、、、その時、ジハン(キム・ミンギュ)が現れ、二人に必要な書類を代表室で探してもらっていたと嘘をついたことで、助けられます。

元マネージャーのジン・ドゥホを疑うチャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)に、ジン・ドゥホを誤解して欲しいと伝えるジェナ。その際、チャ・ジェヒョクが置き忘れたスケジュール帳と万年筆を発見したジェナ。ジェナのバックの中に万年筆が偶然転落、、、チャ・ジェヒョクとジェナも気づかず。。。

生活していたマンションから追い出されたジェナは行くあてがなく、所属事務所に到着します。彼女を発見したジハン(キム・ミンギュ)は、自分が作曲している曲を聴いてアドバイスをして欲しいとお願いし、ジハンが作曲した曲をアレンジしてアドバイスするジェナ。そんな彼女の姿にジハンは、微笑む。

酔っぱらったヒョンジが暴れているとの連絡を受けたジェナは、急いでマンションに向かいます。一方、万年筆を紛失したチャ・ジェヒョクを自分が持っていることに気づいたジェナ。ジェナがマンションに戻ることを知ると、出張に向かう前に万年筆を取りによると伝え、向かいます。

到着したジェナは、暴れているヒョンジをなだめると、メンバーたちの前に土下座してこれまで語ることのできなかった気持ちを語り始めます。ジェナの言葉を聞いたメンバーたちの気持ちが動き、予定されている舞台を成功させようと練習を始めます。所属事務所のダンススタジオを使うことを許可した所属事務所の代表マ・ジンウ。彼女たちが練習している姿をそっと見つめるマ・ジンウ。

元マネージャーのジン・ドゥホは、コットンキャンディが再起できるようチャンスを与えて欲しいと説得。一方、高速バスに乗ってイベント会場に向かったメンバーたち。別のスケジュールと重なり遅れてコットンキャンディが出演するイベントに向かいます。イベントを無事に終えた後、皆で食事をしようとのマ・ジンウの電話に笑顔を見せるジェナ。

しかし、突然の心臓発作で倒れてマ・ジンウ。その頃、悪天候の中スピードを出して車を運転していたジン・ドゥホは交通事故に巻き込まれます。

ジェナ、ヒョンジ、ステラとチェアは突然の雨に雨宿り中、、、マ・ジンウが倒れたこともジン・ドゥホが事故に巻き込まれたことも知らないまま。。。

第3話感想

コットンキャンディとして活動することを諦めていたメンバーたちは、ジェナの本心を知ると心が動き始め、アイドルとして再挑戦したいと思う気持ちが高まる中、コットンキャンディに新たなチャンスを与えることにした所属事務所の代表マ・ジンウが突然の発作。コットンキャンディをサポートしてきた元マネージャーにも交通事故が発生し、次に何が起こるのがハラハラするエンディングを迎えました。

コットンキャンディに可能性がないことに気づき、グループから離れようとするエル(チュ・ソジョン)は、コットンキャンディが初のデビューグループではないことが分かりました。全く売れることなくグループに見極めを付けて、コットンキャンディで再デビューを果たしたエル。彼女がグループから出てすぐに、元グループが大ブレイク。今話では元メンバーたちとエルが再会するシーンが登場しました。

「マース」のリーダージハンは、コットンキャンディが練習できるスペースを確保できるよう所属事務所の代表と交渉するほど、ますますジェナに興味を持ち始めました。

エンディングでは、雨宿りするメンバーの無邪気な姿が登場、今後彼女たちに何が起こるのでしょう。

第4話視聴率0.562%

daisySSさん

第4話あらすじ

過去、

コットンキャンディのデビューが決まり喜ぶマネージャーのジン・ドゥホ(カン・ジェジュン)、、、所属事務所の代表マ・ジンウも彼女を励まし。。。

心臓発作のため病院に運ばれるも、息を引き取った所属事務所の代表マ・ジンウ。降り注ぐ雨の中、ガードレールに衝突する事故を起こし、ジン・ドゥホも息を引き取ります。二人の葬儀が開かれ、記者をはじめ多くの関係者が訪れるマ・ジンウの葬儀とは違い、コットンキャンディのメンバーだけがジン・ドゥホのもとを守り、メンバー全員ひどく悲しんでいる状況。ジハン(キム・ミンギュ)はジン・ドゥホの葬儀場を訪れると、涙をこらえていたジェナ(ハニ)が一人号泣する姿を発見すると、声をかけることできない。

ジン・ドゥホが亡くなって以来、無気力状態に陥ったジェナは、コットンキャンディを存続させる意欲まで失います。

マ・ジンウが亡くなった後、スターピースエンターテインメントの代表に就任したのはチャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)。1%の可能性があるならチャンスを与える主義だと語るチェ・ジェヒョクは、ジェナにコットンキャンディを解散させるか否かを決めるため、彼女たちにチャンス与えると提案します。

最後のチャンスとなるパフォーマンスを披露することができるにも拘わらず、ジェナはチェ・ジェヒョクの提案を断ります。そのことを知ったステラ(ハン・ソウン)は、グループの存続を掛けて頑張るべきだと意見を出しますが、アイドルを続けることに意味があるのか、分からなくなってしまったジェナ。メンバーたちにコットンキャンディを解散してそれぞれの道を歩むべきだと、考えを伝えます。

彼女の言葉にヒョンジ(ソルビン)は、「ジェナ、、、私たちを見捨てないで・・・」と涙を見せ、これまでわがままで反抗的だったヒョンジの変わった姿にジェナは号泣。ジェナを囲むようにヒョンジ、ステラとチェアも涙を見せると団結します。

チャ・ジェヒョク(クァク・シヤン)の提案通り、最後のチャンスとなるパフォーマンスを準備するコットンキャンディ。持ち歌ではなく、ジェナが作曲した曲に合わせてこれまでとは違うコットンキャンディのパフォーマンスを見せます。彼女たちのパフォーマンスを見たスターピースエンターテインメントの職員たちは、固定的な反応を見せ。。。

代表のチャ・ジェヒョクはコットンキャンディをカムバックさせた場合、1年で利益が出せると見込める人がいたら手を挙げてみてと質問すると、誰も手を挙げない。唯一手を挙げたのは「マース」のリーダージハン(キム・ミンギュ)でした。しかし、彼の意見は職員ではないという理由から無視され、、、チャ・ジェヒョクの言葉に納得のいかないジェナ。

パフォーマンスは素晴らしかったけど、ガールズグループとしての魅力がないと冷たく語るチャ・ジェヒョクにジェナは「3ヶ月ください。音楽番組で1位を取った時、私たちが直接解散を発表します」と引き下がらない。

ジェナの挑戦的な態度に、チャ・ジェヒョクは芸能記者のモ・ガジンの名前をあげると、「3日やる。モ・ガジン記者の目に入り、注目を引いたら・・・」と条件を変更します。

方法を模索中のジェナはジハンに連絡を取り、彼女から連絡を受けて現れたジハンは、「僕たちスキャンダルを出しましょう!」とジェナに提案。

第4話感想

まさかの展開・・・!元マネージャーと事務所の代表が亡くなり、、、スランプに陥ったジェナ。しかし、コットンキャンディを常に心配し、成功することを願った元マネージャーの死がメンバーたちを団結させるきっかけとなりました。

コットンキャンディのカムバックアルバムをマ・ジンウが計画していたことを知った新代表のチャ・ジェヒョクは、コットンキャンディとの再契約は予定しておらず、解散を考える中、自分の考えに反発するジェナの姿に、いつもとは違う反応をしたことが分かりました。

ジハンがチャ・ジェヒョクに敵対心を見せる理由は、彼も過去チャ・ジェヒョクから同じ仕打ちを受けたからでした。所属するアイドルグループを、利益を出す数字としてしか見ていないチャ・ジェヒョクの考えに反対する姿勢のジハン。現時点ではコットンキャンディを応援するのはジハンのみという状況です。

有名アイドルだけターゲットにする芸能記者の目に入る必要があるジェナ、、、ジハンに何かお願いを使用としたところ、彼女の発言を聞くことなくスキャンダルを作ろうと提案するジハンの言葉に驚きを隠せないジェナ。

予想外のエンディングでしたが、何としてもチャンスと手に入れる必要があるジェナは、ジハンの提案を受け入れることになりそうですね!

【豆知識】チョン・ウンインとカン・ジェジュンが特別出演しています。

アイドル ザ ク― 5話・6話 あらすじと感想

アイドル ザ ク― 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP