18アゲイン 1話・2話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

18アゲイン 18어게인 Eighteen Again 2020年放送 JTBC月火 全16話 【韓国放送期間】 2020年9月21日~2020年 11月10日

第1話視聴率1.753%

neroさん

第1話あらすじ

妻から離婚を切り出され、崖っぷちに立たされるホン・デヨン(ユン・サンヒョン)。デヨンと妻ダジョン(キム・ハヌル)は高校時代の同級生で、18歳のときにダジョンが妊娠。子供とダジョンの将来は自分が担うと誓ったデヨンでしたが、現実はそう甘くはなく…。

デヨンは双子を呼び出すと、一緒に食事をすることに。携帯に夢中になりながら、「鼻をイジろうかな」と呟く娘シア(ノ・ジョンウィ)。そんな娘に喝を入れ、デヨンは二人に向かって、ママとの離婚の件は心配するなと話します。弟のシウ(リョウン)にダジョンの様子について探りを入れようとするデヨンでしたが、「父さんこそちゃんとしなよ」と言われる始末。

その頃ダジョンはというと、体を張ってレポーターの仕事に取り組んでいました。美人で人当たりもいいダジョンですが、子持ちということで職場での対応は冷たく…。そんなダジョンは、長年の夢であるアナウンサー試験に挑むことに。

洗濯機修理のエンジニアとして働くデヨン。10年以上平社員として勤めるデヨンは、今回こそはと意気込むも、またしても昇進を逃してしまいます。それどころか、上司から地方への転勤を告げられてしまい…。飲み会の席で上司を呼び出したデヨンは、なんとか転勤だけは勘弁してほしいと頭を下げます。そんなデヨンに、早くに子供を作ったことを非難する上司。上司のこの発言にカッとなったデヨンは、その場で辞職を宣言します!

店を出たデヨンは、その足でダジョンのもとへ。自分の非を認めるといい、「離婚はしたくない」と訴えるデヨンでしたが、ダジョンは聞く耳を持たず。しばらくして、家の外へ飛び出すダジョン。しかし既にデヨンの姿はありませんでした。。

やり切れない想いを胸に、母校の体育館を訪れたデヨン。かつてここで、ダジョンに告白した時のことを思い出します。あの日のように、ゴールに向かってシュートを決めるデヨン。すると次の瞬間、体育館の電気がパッと消えてしまいます。その後、警備員に注意されたデヨンは、近くのコンビニへ。

コンビニで酒を買おうとするも、店員から身分証の提示を求められ、デヨンは不思議に思います。レジに立つのは、なんと娘のシア。しかし何より驚くべきは、デヨンの容姿が18歳の頃に戻っていたのです…!窓ガラスに写る自分の姿を見て、デヨン(イ・ドヒョン)は驚きを隠せません。

慌てたデヨンは、ひとまず親友のドクジン(キム・ガンヒョン)の家に向かいます。最初は不審者だと警戒するドクジンでしたが、事情を知ったドクジンは一緒に先程の体育館へ。再びバスケットコートに立ったデヨンは、ふと何かを決心したかのように表情を引きしめます。すると、隣に立つドクジンに向かって「俺の父親になってくれ」とデヨン。

離婚裁判の日、法廷に姿を現さないデヨンに失望するダジョン。一方、高校の制服に着替えたデヨンを見て、ドクジンはどこからどう見ても高校生だと驚きます。

翌日、双子が通う高校へと向かったデヨンは、転校生の“コ・ウヨン”だと自己紹介…!

第1話感想

キム・ハヌルとユン・サンヒョン主演の最新作!

前情報はとくにないまま、キャストを見て絶対に見たいと思っていた作品です。キム・ハヌルとユン・サンヒョンというベテランコンビの共演も楽しみでしたが、何よりそこに名を連ねるイ・ドヒョンに注目!

イ・ドヒョンは2017年に「刑務所のルールブック」でデビュー、「ホテルデルーナ」などに出演する若手俳優です。本作では、ユン・サンヒョンの若かりし頃を演じています。

同一人物を演じるということで、ユン・サンヒョンとの絡みはありませんが、キム・ハヌルとのケミに注目ですね。キム・ハヌルの出演作では、チャン・グンソクと共演した「君はペット」が好きです。今回もお相手が高校生なので、おもしろいケミを見せてくれるのではと期待大です。

第1話では、18歳の姿に戻ってしまった夫デヨンの姿が描かれました。デヨンがどのようにして変身したのかは明らかになっていませんが、仕事で訪問した老人がなんだか怪しかったです。老人の家にあったカセットテープ?に、何か秘密があると思われます。

そして、高校生になってしまったデヨンは、再び人生をやり直すため、友人のドクジンに父親になって欲しいと頼みます。ドクジンの息子“コ・ウヨン”になったデヨンは、なんと双子が通う高校へ転入!転校初日に息子をいじめる不良に絡むなど、早くも学校中の注目を集めることになったウヨン。。ウヨンがこれからどんな活躍を見せるか、楽しみです。

原作はハリウッド映画の「セブンティーン・アゲイン」。原作となった映画は見ていませんが、よくある“転生”というテーマを、どのように描いていくかに注目です。



第2話視聴率2.417%

neroさん

第2話あらすじ

アナウンサー試験に挑むダジョン(キム・ハヌル)。突然のアクシデントにも冷静に対応するダジョンに、審査員は皆、満足げな表情を浮かべます。

一方、コ・ウヨンとして双子が通う高校に転入することになったデヨン(イ・ドヒョン)は、息子をいじめる不良達に向かって宣戦布告!煙草を吸おうと学校裏へ向かうと、そこには煙草を吸う娘シア(ノ・ジョンウィ)の姿が。シアを叱るウヨンの前に、今度はかつての同級生チェ・イルグォン(イ・ギウ)が現れます。昔はドクジンをいじめ、デヨンに注意されていたイルグォンでしたが、現在は母校の体育教師になっていました。

シアの担任から、学校に呼び出されたダジョン。電子タバコをどうやって手に入れたのかと聞かれ、すかさずシアは「ママのです」と答えます。その瞬間、思わず立ち上がるウヨン!ウヨンの顔を見るなり、ダジョンは「似てる…」と呟き、彼の顔を触りはじめます。そこへ現れたドクジン(キム・ガンヒョン)から、息子のウヨンだと紹介され、驚くダジョン。

ママのだと言ったシアの電子タバコは、実はデヨンへのプレゼントとして購入した物でした。しかし、それを娘のシアが吸っていたと知り、ダジョンはショックを受けます。

ドクジンと酒を飲むデヨン。そこでウヨンになって初めて、子供たちの本音を聞くことができたと明かします。「あの子らに必要なのは、ホン・デヨンじゃなくてコ・ウヨンなのかもしれない」とデヨン。

一方、ダジョンもまた、友人のエリン(イ・ミド)と飲みへ。そこでダジョンは、先程学校で顔を合わせたイルグォンと再会します。聞くと、その店はイルグォンの知り合いの店で、たまにこうやって店を手伝っているのだとか。エリンとの会話から、ダジョンが離婚すると知ったイルグォン。帰ろうと席を立つダジョンに、イルグォンはすかさず「送って行く」と声を掛けます。

家族のことで悩み落ち込むダジョンに、「目をつぶって10数えるの、そして目を開けた時に目の前にいる男性と付き合いなさい」とエリン。彼女の言う通り、10数えて目を開けたダジョンの前には、ウヨンが…!

危うく車にひかれそうになるダジョンを、慌てて抱きとめるウヨン。そこへ、車に乗ったイルグォンが現れます。

翌朝、ダジョンに言われた通り禁酒禁煙を宣言し、トレーニングに励むウヨン。同じくダジョンもまた、ランニングをしながら汗を流していました。そんななか、ふと友人らも口をそろえてそっくりだと話す、デヨンとウヨンの関係が気になったダジョン。自宅へ引き返すと、そこで昔のデヨンの写真を目にしたダジョンは、ハッと目を丸くします。

ダジョンはその足でドクジンの家へ向かうと、丁度制服に着替えて降りてきたウヨンに向かって、「あなた、デヨン…」と声を掛け…!

第2話感想

なんと、早くもダジョンがウヨンの正体に気付いた!?

ただ、この流れからすると、ダジョンはデヨンの隠し子だと疑っているのではないでしょうか。まさかデヨンが本当に18歳に戻ってしまうとは、夢にも思わないはず…。

それにしても、あまりにもそっくりなデヨンとウヨン。(何せ同じ俳優が演じてますからね!笑)これはウヨンの正体がバレるのも、時間の問題?本当のデヨンを演じるユン・サンヒョンが、すっかりブサイクキャラとしていじられているのが笑えます。

一方、昔のデヨンを知る人物が次々に登場。弁護士のエリンは、ウヨンの姿をしたデヨンにメロメロでしたね。そして、ダジョンを「初恋相手」だと語るイルグォン。かつては不良だったイルグォンも、今では高校の先生に。イルグォンはダジョンが離婚すると聞き、ここぞとばかりにアプローチを開始します。

ウヨンの父を演じるドクジンは、担任のヘインに一目ぼれするも、もちろんヘインには全く相手にされず。。ヘインを演じるは、「主君の太陽」や「キルミーヒールミー」などに出演する女優キム・ユリです。もともとスリムでしたが、本作ではより細く見えて、ちょっと心配です。でも、相変わらずキレイな女優さんですね。

うだつが上がらない父親だったデヨンが、ウヨンに変身したことによって、少しずつ家族に歩み寄る姿が、感動的かつちょっぴりコミカルに描かれています。ユン・サンヒョンのファンにはちょっと物足りないかもしれませんが、個人的には非常に好きな展開です。

18アゲイン 3話・4話 あらすじと感想

18アゲイン 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー