18アゲイン 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


放送予定

【日本放送】

●【日本初放送】衛星劇場 (2021/2から)1/25に第1話先行放送  字幕

【韓国放送期間】 2020年9月21日~2020年 11月10日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

18アゲイン

18어게인 Eighteen Again

2020年放送 JTBC月火 全16話

視聴率

平均視聴率2.725% 시청률  最低視聴率第1回1.753% 最高視聴率第5回3.209%

出典:http://tv.jtbc.joins.com/eighteenagain

あらすじ

離婚直前に18年前の全盛期時代に戻った夫の話。

キム・ハヌルは、18歳の双子の兄妹の母親であり、遅咲きのアナウンサーを目指すワーキングママたちの“ワナビー”であるチョン・ダジョン役を、ユン・サンヒョンは18歳の時に高校生で家長になって以来、自身の夢を諦め、現実に追われながら生きてきたホン・デヨン役を演じる。

相関図

 

画像出典:JTBC を元に日本語翻訳を追加

キャスト

チョン・ダジョンの周辺人物

出典:JTBC

キム・ハヌル チョン・ダジョン役 フリーランスのレポーター —> 晩学の新入アナウンサー。18歳の双子兄妹の母親。今から18年前、ダジョンは男子学生たちの初恋であり、女子学生たちの憧れであった。仕事と家事の両方をサクサクやってのける。離婚を決定したが、双子の兄妹には誇りを持つ母親になりたかった。10年以上あきらめずに、アナウンサーの就職のドアを叩き、最後に年齢、学歴、経歴を見ない、JBCアナウンサー局の目隠し試験に合格。実力だけで堂々と採用される。それからもまだ、正規アナウンサーへの玄関口がまだあった。試用期間を迎えるが、彼女が母親という理由だけで、試用期間内に追い出そうとする局長。嫉妬する多くの新入アナウンサーたちの間で、ダジョンは3か月の試用期間を耐えるのに苦労する。そんなダジョンに、顔も、話し方も、18歳の時のホン・デヨンそっくりの男が現れる。

出典:JTBC

キム・ミギョン ヨ・インジャ役 ダジョンの母。娘のダジョンが最高にきれいで、最高に頭が良いと考える。過去、ダジョンが19歳の時、妊娠して、娘を殴った。ダジョンは離婚をし、インジャはただダジョンを慰めた。娘が歳を食うように、母も歳を食う。インジャは、母親になった娘がただ可哀想だ。

出典:JTBC

ハン・ソウン ダジョンの少女時代

ホン・デヨン /    コ・ウヨンの周辺人物

出典:JTBC

ユン・サンヒョン ホン・デヨン役 37歳。一般的なおじさん→高校バスケットボール界のスーパールーキー。ソンジョン電子サービスセンター洗濯機修理のエンジニア。今から18年前、女子学生たちの初恋であり、男子学生たちの憧れであった。高校バスケットボール大会で優勝を総なめにし、最優秀選手賞をさらって、バスケットボールの天才と呼ばれた彼は、現在、妻に離婚届を受けて、子供たちには無視され、仕事で解雇された。誇りだけで生きてきた18年…。すべてが崩壊したその日! 現在は平凡なおじさんだ。人生を後悔していた瞬間、37歳の魂を持ったまま、18歳の全盛期時代の体に戻る。新しい人生を生きるために、コ・ウヨンと名前も変えて、バスケットボール選手の夢を実現しようと、双子の子供が通うセリム高校に入る。

出典:JTBC

イ・ドヒョン ホン・デヨン役 18歳の青年時代

出典:JTBC

イ・ビョンジュン ホン・ジュマン役 マウルバス運転手。無愛想で家父長的な、デヨンの父。過去、19歳のデヨンが妊娠したガールフレンドと生きる顛末になり、親子の縁を切った。現在、デヨンとは連絡を絶ったが、ダジョンと孫とは連絡をして過ごす。ところが最近、孫シウの友達ウヨンという人が、息子デヨンと重なって見える。いつも家族を愛する気持ちを抱いているが、表現する方法を知らずいつも遠くから見守る。また、家族が難しい状況に置かれるたび、大きな木のように抱いてくれる頼もしい父。

その他の主要人物

出典:JTBC

キム・ユリ オク・ヘイン役 セリム高校の教師。ウヨンとシアの担任の先生。清純で淑やかなイメージ。学生を大切に悩み、相談もよくしてくれる良い先生だが、実は彼女には他の人に言うことができない秘密がある!

出典:JTBC

ウィ・ハジュン イェ・ジフン役 セリムウルブズ所属の実力のあるプロ野球選手で、投手。細身だが下半身はダブルなり。リラックスした表情といたずらっぽい目つきが魅力的だ。洗練された外観とマナー、雄弁とショーマンシップで多数の女性ファンを獲得した。成績も良く、男性ファンも多いが、今、大韓民国で最もホット野球選手のジフン!ダジョンの初放送でインタビューを通して強烈に出会った後、お互いの悩みと傷を慰める関係になる人物。離婚の危機に置かれたダジョンとデヨン、そして18歳になったデヨンとの間で緊張感を引き起こす。

出典:JTBC

キム・ガンヒョン コ・ドクジン役 ゲーム開発会社のゴーゴープレイ代表。デヨンの高校の親友で、ウヨンの偽パパ!大邸宅をフィギュア博物館として飾って置くほどの無茶をして、自分だけの世界に閉じ込められて育ったかわいそうな男に見えるが、純粋さが生きているからこそ、ウヨンを助け、ウヨンの偽パパになってくれたのかもしれない。高校時代にいじめられた悪夢のために、母校の近くには行くことも嫌いだった彼は、ウヨンの転校手続きのために訪れた母校で、ウヨンの担任である“オクヘイン”に恋してしまう! 彼氏いるの⁉︎

出典:JTBC

イ・ミド チュ・エリン役 離婚専門の弁護士。ダジョンの親友。堂々とした魅力を持った弁護士。数多くの男性と恋愛をしたし、離婚して失意に陥った親しいダジョンにも、竹を割ったような直球コメントで、自分のような生き方を勧める。そんな彼女にも初恋はあった。まさに高校時代のホン・デヨン。たとえデヨンが歳月を経て、彼女の思い出に侮辱感を与えても、今のエリンにとって、ダジョンとデヨンは大切な友人だ。そんな彼女の前に、再び初恋を呼び覚ますウヨンが登場し、エリンは頬をひっぱたいて、高校生のウヨンに向けた心を整理する。何?ウヨンか? デヨンか?

出典:JTBC

ノ・ジョンウィ ホン・シア役 セリム高校のガールクラッシュ。父似で、堅く、ワイルドな子。母似の奥深く、知ってみると、愛多き子供。平和な学校生活だった。ウヨンが転校するまでは!彼のしつこさとおせっかいで、学校生活が苦しくなったシア。しかし、なんだかんだウヨンを見ると、変に父の姿が思い浮んで、友人になろうと努力をするウヨンに、徐々に心を開くようになる。一方、シアは自分の父のようなウヨンが自分を好きだという噂を聞く。同時にジャソンとジホに混乱させられる。

出典:JTBC

リョウン ホン・シウ役 学校内ひとりぼっち。父似にこだわりがあり、無愛想な子供。母似でなくて、関係の壁がある。学校内暴力に苦しんだシウは、ウヨンとお節介焼きの友人に会い、バスケットボールを介して汗を流し、人と体のぶつかりや会話をしながら、徐々に変化する。

セリム高校

出典:JTBC

Golden Childのボミン ソ・ジホ役 セリム高校の模範生。善良な印象で、勉強ができ、礼儀正しい“天上模範生”。子供の頃からシアと幼なじみで過ごしてきて、良い思い出を持っている。ところが最近では、幼少の頃から守ってきた彼の友情に、大きな危機が直面する。シアを見ると、胸がドキドキ、普通ではない行動もするようになり、…ジホに初恋が始まったようだ。

出典:JTBC

ファン・インヨプ ク・ジャソン役 セリム高校バスケットボール部主将。背が高く、厳しい性格を連想させる、男らしいルックス。他の人を苦しめることで強いふりをする、十代特有の暴力的な虚勢がある。特に同級生シウを苦しめるのは、異常なまで。そんなある日、大人っぽい友達ウヨンが現れ、学校生活に変化が起きるようになる。そこにホン・シウの双子の兄妹、シアが好きになってしまい、かつてない成長の痛みを経験する。

出典:JTBC

オ・ソヒョン チョン・ボベ役 2年7組の友達。ファッション好きで、かわいい性格。コ・ウヨンが自分を好きと勘違いする。

出典:JTBC

イ・ウンジェ オム・ソミ役 2年7組の友達。周辺の友人はコ・オヨンが好きだが、ソミの目には、他の人がかっこよく見える。

出典:JTBC

リュ・ダビン ファン・ヨンソン役 2年7組の友達。背が高く、陽気な性格。シアに向けたウヨンの笑顔は、どう見てもお父さんの笑顔なのに…?

出典:JTBC

イ・ギウ チェ・イルグォン役 セリム高校の体育教師。バスケットボール部のコーチ。善良な印象と友好的な行動が身についた好感型人物。高校時代はコ・ドクジンのような弱い学生を苦しめていた、いじめをする生徒であったが、現在は模範的な教育者の道を歩んでいる。再会した初恋のダジョンが離婚したというニュースに、ダジョンに近づくために…。その行動からなんとなく怪しい雰囲気が漂う。

JBCアナウンサー局

出典:JTBC

アン・ネサン ムン・サンフィ役 JBCアナウンサー局長。アナウンサーは実力が最優先とし、ブラインドテストでダジョンを選んだ後で、ダジョンが双子の母で離婚したという個人史を知り、アナウンサーのイメージに墨塗りするという理由で、ダジョンを追い出す計画を持つ。

出典:JTBC

チャン・ヒョクジン ホ・ウンギ役 JBCアナウンサー局チーム長。ムン局長の顔色をうかがう、したくない悪役を引き受けたアナウンサー局チーム長。アナウンサーのイメージのため、個人史を隠している。

出典:JTBC

キム・ユネ クォン・ユミ役 JBCアナウンサー局の新入アナウンサー。美しくあどけないルックスを武器に、JBCに首席入社した新入アナウンサー。新人アナウンサー4人のうち3人だけが正社員として採用されたという秘密情報を聞いて、競争社会で生き残るために、話題性1位のダジョンを危機に陥れた。

出典:JTBC

コ・ウンミン イム・チャヨン役 JBCアナウンサー局の新入アナウンサー。面接時には、ダジョンが配置したチョン・シムファンのおかげで入社できたダジョンと同じ新入り同期。

出典:JTBC

ヤン・デヒョン ナム・ギテ役 JBCアナウンサー局の新入アナウンサー。序盤では話題性でダジョンの興味を引こうと、あらゆる無理をして誤解を招くが、この事件をきっかけにダジョンの尊敬を受けるようになる。

その他の人物

ピン・チャヌク ギヨン役 ウヨンの高校時代の友達。バスケットボール部のメンバーとして友達の間で人気が高い人物で、“怪物新人”と呼ばれている。 

 

出典:JTBC

スタッフ /演出:ハ・ビョンフン、脚本:キム・ドヨン、アン・ウンビン、チェ・イリュン
OST:
作成:え

.

話数ごとのあらすじと感想




●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

 

neroさん

.

18アゲイン 1話・2話 あらすじと感想
18アゲイン 3話・4話 あらすじと感想
18アゲイン 5話・6話 あらすじと感想
18アゲイン 7話・8話 あらすじと感想
18アゲイン 9話・10話 あらすじと感想
18アゲイン 11話・12話 あらすじと感想
18アゲイン 13話・14話 あらすじと感想
18アゲイン 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●キム・ハヌル主演最新作、笑いあり涙ありの痛快ロマンチックコメディー!

もしも18歳の頃に戻ったら…。誰もが一度は考えた事があるだろう、「もしあの頃に戻れたら」をテーマに、突然18歳の姿に戻った主人公の周りで巻き起こる、ヒロインやその家族の奮闘を描いた作品です。

主演を務めたのは、韓国の人気女優キム・ハヌル。キム・ハヌルが演じるのは、18歳の時に双子を妊娠し、以降苦労ばかりを強いられてきたアナウンサー志望のヒロインです。幾つになっても夢を追い続ける、前向きで明るいヒロインの姿に、共感の嵐。本作では、高校生の子供を持つ母親役なので、ちょっと年齢を重ねた感じがありました。調べたらキム・ハヌルは現在42歳なんですね~!幾つになってもおキレイです。

私が初めて見たキム・ハヌル作品は、映画『きみはペット』でした。主演を務めたチャン・グンソクとの主従関係(?)がなんともコミカルで、面白かったのを覚えています。本作でも、18歳の姿に戻った夫との絡みが、今流行りの「年上女性×年下男子」の構図で、見ていてドキドキさせられました。

そして、キム・ハヌル演じるダジョンの夫役には、俳優ユン・サンヒョンが登場。クラスのマドンナで初恋相手のダジョンと結婚し、順調に見えたデヨン(ユン・サンヒョン)でしたが、実際は喧嘩続きで仕事も上手くいかず。結局、デヨンはダジョンから離婚を言い渡されてしまいます。そんなある日、デヨンの身体に異変が…。

突然18歳の頃の姿に戻ったデヨンは、友人ドクジン(キム・ガンヒョン)の息子として、双子が通う高校に転入することに。そんな若いデヨンを演じたのが、若手俳優のイ・ドヒョンです。高校生になったデヨンは名前をコ・ウヨンに変え、自分が一番輝いていた時代をやり直すこととなります。

中身はオジサンなのに、見た目は高校生(しかもイケメン!)という役柄で、難しい面も多かったと思いますが、非常に見ごたえがありました!イ・ドヒョンの今後の出演作にも、ぜひ注目したいです。

また、デヨンとダジョンの友人として、キム・ガンヒョンやイ・ミドなど、コメディー作品には欠かせないキャストが勢ぞろい!シリアスなドラマの息抜きに、ぜひ見て欲しい作品の1つです。

ドラマの原作は、アメリカの映画『セブンティーン・アゲイン』。私は原作を見ていないのですが、ドラマの方は韓国らしさが出ていて、とても面白かったです。

最初から最後まで、コメディタッチで描かれた本作。笑いのなかに、毎回ホロリとさせられるシーンも盛り込まれていて、最後の方は思わず号泣してしまいました。夫婦愛だけでなく、家族愛が上手く描かれていて、共感や感動の嵐でした。主人公らの母親や父親とのエピソードも泣けます。夫婦とは何か、家族とは何か、を深く考えさせられる作品です。






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー