黄金色の私の人生  41話・42話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

黄金色の私の人生 황금빛내인생 全52話

第41話 視聴率38.8%

quetalsurinoさんより

第41話あらすじ

ドギョン(パク・シフ)とジアン(シン・ヘソン)が住むシェアハウスを訪れた祖父のノ会長。ジアンはノ会長の侮辱的な態度に耐え、ドギョンはジアンを諦めたことをノ会長に伝えます。ノ会長は強引に、二人の住むシェアハウスを購入するため、オーナーのイ・ヨングクに交渉を持ち掛けますが、ヨングクは、財閥企業のテリュンの御曹司であることを明らかにし、シェアハウスの売買を断ります。祖父の酷い言動に傷ついたジアンをドギョンは気にしますが、ジアンは明るくドギョンを励まします。

ノ会長が動いたことで融資先が決まらないドギョンに、マンション購入のために融資したすべてのお金を渡したユ秘書。ドギョンはヘソン家に戻ることを否定し、ユ秘書と共に事業をスタートさせるために準備を着々と進めます。

ヒョク(イ・テファン)との関係がバレたジス(ソ・ウンス)は、母ミョンヒからヒョクを守るためにフランス留学を決心し、二日後にはフランスへ旅立つことになります。 留学から戻ってきた後は、チェ・ウンソクとして生きていくことを決めたジアンは、出発の前夜、ソ家を訪れます。ソ家の両親に、留学することになったと伝え、ミジョンとテスと共にソ・ウンスとしての最後の夜を過ごします。

偶然、家具工房の前でジスを見かけたジアンは、ジスの様子がおかしいことに気づき、弟ジホからジスがフランスに留学することを知らされます。一方、ヒョクはジスとの過去を思い浮かべ、彼女への気持ちに気づきます。ジスの留学の理由が、母ミョンヒからの圧力からだと知ったジアンは、ドギョンに協力を求め、ヒョクと共に空港に向かうジアンを追います。

ジアンとドギョンの計画通り、ジスが乗った車を止めることに成功し、ヒョクはジスの乗っている車のドアを開け、ジスの手を取ります。ジスは止める母ミョンヒの手を振り切り、差し出したヒョクの手を掴み走り出します。

第41話感想

「イ・テファンはやっぱりカッコよかった!」、が今話を観た感想でした。前作の「江南ロマン・ストリート」でもドキドキするエピソードが多く、長編ドラマでマクチャンドラマでしたが、イ・テファンが演じるハン・ソンジュンが素敵で最後まで観たドラマの一つでした。

第41話では、ジスとの過去のエピソードが紹介されました。ヒョクに長年片想いしていたジスが、これまで変わらずジスであったこと、彼女の優しい気持ちに気づくヒョク。後悔するヒョクの姿に、このまま二人は終わってしまうのかと思った矢先、動き出したのはジアンとドギョンでした。ドギョンはジスとヒョクが付き合っていたことを聞かされ驚くところ、笑えました。

留学することをきっかけに、テスとミジョンと向かい合うことができたジスは、ソ家で幸せだったことに気づき、母ミジョンとの誤解も解きましたね。必ずしも血がつながっていなくても、家族として生きてきた25年間、ジスが幸せだったことがよく分かる一話だったと思いました。

ジアンとドギョンの話だけではなく、登場するすべての家族の話も同時に進行させていく様子が面白く、刺激的でドロドロした内容がなくても、毎話ガッカリすることなく面白く観られるって、ストーリーの構成やキャラクターを演じる俳優・女優の演技力などのバランスが大事ですね。

強いキャラクターのジアンを中心に話を追っているうちに、初めてヘソン家に来た時の反抗的で自由なジスのキャラクターを一時忘れていたような気がしました。大好きなヒョクを前にすると、恥ずかしさのあまりちゃんと話すこともできなかったジスの愛らしさを思い浮かべると、最後のシーンで迷わずミョンヒではなくヒョクを選択したジスの成長を感じ、心が熱くなりました。

ワクワクするジスとヒョクのロマンスは、進行中です。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第42話 視聴率44.2%

quetalsurinoさんより

第42話あらすじ

ドギョン(パク・シフ)とジアン(シン・ヘソン)の協力のもと、空港に向かうジス(ソ・ウンス)を連れ逃げることに成功したヒョク(イ・テファン)。イ・ヨングクの助けで、ジスはシェアハウスで過ごすことになります。ドギョンとジアンが協力し、ジスのフラン留学を邪魔したことに腹を立たせた母ミョンヒは、ヒョクやナムグに圧力をかけるための準備を、執事のミン部長にさせます。

ジスに付き合っていた人がいたこと、ミョンヒが圧力をかけてジスを留学させようとしたこと、ドギョンとジアンが空港に向かう途中のジスを逃がしたことなど、父ジェソンはこれまでの出来事をすべて知ることになります。ジスの気持ちを大切にするジェソンは、ジスがチェ・ウンソクではなく、ソ・ジスとして生きていきたいとの望みを聞き、妻ミョンヒと正面対決するようになります。

ヘソン家を出たドギョンが戻らないことを心配した祖父のノ会長が動きだします。ジアンとドギョンの関係をソ家のテスとミジョンに知らせ屈辱感を与えます。ジアンの性格を知る父テスは、最後まで娘ジアンを信じ、屈しない態度を見せ。 シェアハウスを出て実家に戻ったジアンは、ノ会長が訪れたことを知り、ドギョンへの気持ちをテスに打ち明けます。

ジスは再び働いていたナムグのパン屋さんに戻ることになります。しかし、自由に生きたいと願うジスの気持ちを受け入れることができないミョンヒは、ミン部長にナムグがテナントでいるビルを購入させます。

母ミョンヒと父ジェソンの正面対決。父ジェソンはミョンヒにこれまで話すことなく秘めていた彼女の秘密を明かします。

第42話感想

気になっていたヒョクとジスのその後が描かれました。母ミョンヒを恐れながらもヒョクとのロマンスに幸せそうなジスが可愛かったです。自由にジスとして生きたいと願う彼女のために、ついに父ジェソンが動きだしました。ジェソンが明かしたミョンヒの秘密に驚き!25年前ジスを失くした時、ミョンヒが浮気相手に会いに行く途中だったとは。。。

ミョンヒが浮気していたとは、想像もしていなかった展開で、これまでジェソンが苦しんでいた理由がミョンヒの過去だったのでしょうか。ジスの失踪に関しては、まだ明らかになっていない真実があるのでしょう。

シェアハウスを出て実家に戻る際、ドギョンはジアンを実家まで送りますが、これで最後だと思った二人はなかなか別れることができず、お互いを意識します。ドギョンがジアンを諦めた理由を聞いた時は、切なくなりました。祖父ノ会長の行き過ぎた言動を考えると、ドギョンへの気持ちを諦めたほうがよいかも、と思ってしまって。。。

ドギョンもジアンもお互いの気持ちを抑えようとするところに、個人的には共感できました。強引な御曹司や、流されるように気持ちを優先させるヒロインとは違い、魅力のあるキャラクターです。

過去、ミョンヒが浮気をしていたとは、ドロドロした展開にならないことを願って。次の話への期待を高めるインパクトのある終わり方でした。今話は視聴率が44%をこえたことを考えると、やっぱり幅広い世代で楽しめる作品です。

黄金色の私の人生  43話・44話 あらすじと感想

黄金色の私の人生 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー