鶏龍仙女伝 1話・2話 あらすじと感想 ムン・チェウォン(ソン・オクナム役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

鶏龍仙女伝  계룡선녀전 全16話

第1話視聴率 5.628%

quetalsurinoさんより

第1話 あらすじ

チュソク(秋夕)を迎え、大学で生物学の准教授、ジョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)は、大学院生のキム・グム(ソ・ジフン)の実家に向かうことになります。途中、鶏龍山(ケリョンサン)にある、ソンニョ(仙女)茶房に立ち寄ることになった二人は、ノスタルジックで、不思議な雰囲気のカフェに戸惑いながらも、おばあちゃんバリスタ、ソン・オクナム(コ・ドゥシム)が落としたコーヒーを味わい。その後、グムの実家に向かって出発しますが、道に迷った二人は車を降りて歩くことに。

山の中でカフェ(茶房)を営むソン・オクナムは、仙女(羽が付いた)服を失くし天にのぼることができず、699年間、仙女衣の在りかを知る木こりだった夫の生まれ変わりを待つ仙女でした。

山の中を迷っていると、水の流れる音に向かった先、渓谷を発見した二人は、カフェ(茶房)のバリスタオクナムを発見すると、声をかけようとしますが、入浴を始めてしまったオクナム(ムン・チェウォン)に驚き!二人が驚いた理由は、白髪のオクナムが若い女性に変わった姿を目撃したこと。

二人に気づいたオクナムに一撃を食らってしまったグム(ソ・ジフン)が倒れる時、隣にいたイヒョン(ユン・ヒョンミン)まで頭をぶつけ、気を失ってしまうことに・・・後に二人が目を覚ましたのは車の中。夢のようで夢のようじゃない不思議な感覚と首の痛みが残る中、近くで泊まることになった二人は、お寺のお祭りで若い姿のオクナムに出会いますが、渓谷でのことを確認することができないイヒョン。

翌朝、睡眠薬なしでは眠ることができない酷い不眠症のイヒョンは、薬なしでぐっすり眠れたことに驚き、クムはソンニョ(仙女)茶房でモーニングコーヒーを飲むことを提案し、店を訪れた二人。祝日のためお店をお休みしていたおばあちゃんオクナム(コ・ドゥシム)は、二人のためにコーヒーを準備します。イヒョンはトイレを借り、トイレから聞こえてくる音に、オクナムはドキドキします。

699年も過ぎて、夫の顔がかすかにしか覚えていないけど、本能的に一緒に生活していた間、毎朝聞いた音と、一人ときめくオクナム(コ・ドゥシム)。

オクナムがコーヒーの木を直接育てていることを知ったキム・グム(ソ・ジフン)は、庭でおばあちゃんではなく、若いオクナムを目撃し驚きます。一方、猫の名前を教えたはずないのに、イヒョンが猫をジョムスニと呼んだ時、夫の生まれ変わりと確信ができないけど、本来の姿、若い仙女の姿をイヒョンに見せ・・・その姿に驚いたイヒョンはグムを連れ、逃げるようにソウルに帰り。

ジョムスニはオクナムと夫木こりの間に生まれた娘で、生まれ変わることを繰り返し、虎として生まれ変わり、修行の結果人間になれたけど、普段は猫の姿。オクナムは娘を連れ、夫の生まれ変わりかもしれないイヒョンを見つけるため、ソウルにやってきます!友人のク先生(実は年老いた鳩)の紹介で、トジュ神(宅地神)のチョ・ボンテ(アン・ヨンミ)が経営するコーヒートラックでアルバイトすることになったオクナム。アルバイト先はイヒョンが務める大学のすぐ近くでした。

しかし、泊まる場所がないオクナムは、野宿することになり、偶然通りかかったグム(ソ・ジフン)に発見され、優しいグムはオクナムをマンションに泊まらせることに。ぐったりしおれた植物を生き返らせたオクナムの姿に、驚いたグムは「失礼ですが、九尾の狐ですか?」と尋ね、オクナムは「仙女」と正体を明かします。

第1話 感想

人気ウェブ漫画(ウェブトゥ―ン)が原作のドラマで、韓国の昔話の一つ「仙女と木こり」をモチーフにし、漫画ではいくつかの昔話がミックスされ描かれる内容です。

「仙女と木こり」の話しは、ある日、心の優しい木こりが猟師に追われる鹿を助けます。命拾いした鹿は恩返しにと、仙女たちが集まって入浴をする仙女渓谷の場所を教え、脱いでおいた仙女衣を隠すよう伝えます。何があっても子供を3人産むまでには、仙女衣の在りかを教えないように注意し。仙女衣を失った仙女は天には戻れず・・・木こりの妻となり、子供を二人産む。心の優しい木こりは、仙女衣を隠したことと在りかを仙女に教えてしまい、仙女衣を取り戻した仙女は二人の子供を抱きかかえ、天に帰ってしまった!

しかし、

ドラマでは木こりの夫と幸せな結婚生活を送っていた仙女、ソン・オクナムは夫が亡くなったことで、仙女衣(羽の付いた服)の在りかが分からず、699年間、夫の生まれ変わりを待ち続けることになる設定です。二人の間に生まれた娘ジョムスニは何度も生まれ変わりを繰り返したのに比べ、一度も生まれ変わることがなかった息子ジョムドルは、大きな卵の姿に。でも第1話で、第1話の最後、ヒビが入りました。

オクナムは、普通の人にはコ・ドゥシムが演じるおばあちゃんの姿で、夫の生まれ変わり候補として出会ったジョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)とキム・グム(ソ・ジフン)の目には本来の若いオクナムの姿が見え、二人の女優がヒロインを演じています。第1話の中で描かれる木こりの姿は、ユン・ヒョンミンですが、夫の生まれ変わりが果たしてジョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)なのでしょうか。

原作漫画の方は、驚きの逆転があります(最終話まで読んだので・・)。前世の出来事に加え、それぞれの視点からの物語が集められ、一つのメインストーリーとして描かれる原作には、感動もあり、面白かった点がたくさんありました。でも、原作の持つ面白さを、ドラマで充分反映できているか、ちょっと疑問に感じる第1話でした。前世の話しを、ドラマではどのように紐解いていくのかが、気になり楽しみの作品です。

大人気だったド・ギョンス主演の「100日の郎君様」の終了後、新たに始まるドラマとして注目を浴びた「鶏龍仙女伝」は、期待が高すぎたのがガッカリさせられた面がありました。特に、不愛想で文句が多いジョン・イヒョンを演じるユン・ヒョンミンがいまいちで、果たして今後、この主人公にときめくことあるのでしょうか。

逆にキム・グムを演じるソ・ジフンが不思議にも気になる。ソ・ジフンは、新人の登竜門的ドラマ「学校シリーズ」の「恋するレモネード(原題:学校2017)に出演しています。卵のジョムドルにヒビが入ったのはグムが卵に触れた後でした。山奥からソウルに移ることになったオクナムが、今後夫の生まれ変わりを捜していく過程を興味深く描いていくことになります。

オクナムの秘密を知ったグム、果たして彼が取る行動は?ファンタジーラブコメで、笑えるコミカルな展開が今後も続きそう!登場するCG効果が幼稚なレベルでしたが、ファンタジーラブコメとしては面白いと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話視聴率 4.992%

quetalsurinoさんより

第2話 あらすじ

野宿中のオクナム(コ・ドゥシム)を家に泊めたキム・グム(ソ・ジフン)は、その夜、同じマンションに住むジョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)の部屋に泊まり、ジョン・イヒョンは悪夢にうなされます。オクナムが仙女だと知っても、気にならないキム・グム。

翌日、コーヒートラックで働くオクナムを発見したイヒョンとグムは驚きを隠せず、イヒョンが夫の生まれ変わりだと信じるオクナムは、心を込めたコーヒーを準備します。オクナムは、戌時(スルシ:19時~21時)にイヒョンを待つとの言葉を伝えます。一方的に、約束時間を突きつけられたイヒョンの目に、オクナムは再び若い女性(ムン・チェウォン)の姿で映り、イヒョンは自分の目を疑います。

一方、動物や植物と会話ができる不思議な力を持ったキム・グムは、猫の姿をしたジョムスニと偶然バッタリ!ジョムスニが無料Wifiスポットとパスワードを探していることを知ったグムは、パスワードを教える代わり、オクナムが好きな食べ物を教えてもらうことに。

オクナムが気になるグムは、アルバイト中のオクナムを訪れ、美容院によって綺麗になったオクナムを誉めると、恥ずかしがりながらも嬉しそうなオクナム。約束時間よりも遅く到着したイヒョンは、二人を見て嫉妬します。グムがいなくなった後、二人きりになったオクナムは、イヒョンに木こりと仙女の話をします。しかし、オクナムの話を聞いたイヒョンが反応したのは、木こりが動物の鹿と会話したことでした。

全く前世の記憶がないイヒョンに焦りを見せたオクナムは、699年前木こりから贈られた香袋(ヒャンナン)を見せ、見覚えがないかを訪ねます。オクナムの期待とは違い、全く何も記憶することのないイヒョンは、逆に、オクナムが若く見える理由を尋ねます。オクナムの本当の姿がイヒョンには見えていることを知ったオクナムは、イヒョンが夫の生まれ変わりであるとの確信し、イヒョンの手を取ります。

第2話 感想

ヒロイン役のムン・チェウォンが可愛い!

第2話はコミックさが増して面白かったです。明るいファンタジーラブコメで、笑えるポイントが満載でした!

本来の仙女の姿を見ることができるのはイヒョンだけではなく、キム・グムも同じで、心が優しく動植物と会話ができる不思議な能力の持ち主で、オクナムに好意を持っているのに、相変わらずイヒョンが夫の生まれ変わりだと強く信じている理由が不思議です。

二人のオクナムが登場しますが、ムン・チェウォンが演じる若いオクナムも可愛いけど、おばあちゃんのオクナムを演じるコ・ドゥシムもキュートで、一人二役を演じるドラマとは違う魅力があります。話し方や表現が古風で、物語を語るような静かな話し方が癖になりそうです。現代社会に慣れないオクナムの姿がコミカルに描かれ、軽く観られるファンタジードラマです。

夫の生まれ変わりは、イヒョンではなく、キム・グムの可能性が高いですよね。巨大卵として生まれ変わったジョムドルに変化が起きたのは、グムが卵に触れた後・・・それって、グムの前世が木こりだったからでは!ふ化した卵から生まれるジョムドルはどんな姿なのでしょう。今後、様々なキャラクターが登場するようで、ストーリーとは別に楽しめるポイントが他にもありそうで、徐々に期待が高まりました。

第1話だけ観て、ドラマ全体を判断するのは間違いでした。オクナムが夫の生まれ変わりを捜していく過程が面白く描かれそう!

 

【豆知識】大学の撮影地はソウル市立大学。

ムン・チェウォン  문채원 (ソン・オクナム役)
出典:http://program.tving.com/
生年月日 1986年11月13日 身長168cm、体重49kg。B型
主な出演
走れサバ 달려라 고등어(2007年、SBS)
風の絵師 바람의 화원(2008年、SBS) チョンヒャン役
華麗なる遺産 찬란한 유산(2009年、SBS) ユ・スンミ役
お嬢さまをお願い! 아가씨를 부탁해(2009年、KBS) ヨ・ウィジュ役
ロードナンバーワン 로드 넘버원(2010年、MBC) カメオ 出演
大丈夫、パパの娘だから (2010年、SBS) ウン・チェリョン役
王女の男 (2011年、KBS) イ・セリョン役
優しい男(2012年、KBS)ソ・ウンギ役
グッド・ドクター(2013年、KBS)チャ・ユンソ役
グッバイ ミスターブラック(2016年、MBC) キム・スワン役
クリミナル・マインド(2017年、tvN)ハ・ソヌ役 NCI行動分析官
主な受賞歴
2008年 第16回大韓民国芸能大賞 ドラマ放送部門 新人タレント賞(風の絵師)
2008年 SBS演技大賞 ベストカップル賞(ムン・グニョン)・ニュースター賞(風の絵師)
2011年 第32回 青龍映画賞 新人女優賞(神弓 -KAMIYUMI-)
2011年 KBS演技大賞 最優秀演技賞・人気賞・ベスト・カップル賞(「王女の男」)
2011年 第19回 大韓民国文化芸能大賞 ドラマ部門 最優秀演技賞
2012年 KBS演技大賞 最優秀演技賞・ベスト・カップル賞(「優しい男」)
2013年 KBS演技大賞 中編ドラマ部門女子優秀演技賞・女子人気賞・ベストカップル賞

 

鶏龍仙女伝 3話・4話 あらすじと感想 コ・ドゥシム(ソン・オクナム役)

 

ビューティーインサイド 韓国ドラマ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー