悪霊狩猟団: カウンターズ (驚異的な噂) 13話・14話 あらすじと感想

驚異的な噂



悪霊狩猟団: カウンターズ (驚異的な噂) 경이로운 소문 2020年放送 OCN 全16話

第13話視聴率9.372

neroさん

第13話あらすじ

チョンシンはヒャンヒともう1人の悪鬼を連れ、とある孤児院を訪ねる。それはチョンシン自身が幼い頃に暮らしていた施設だった。

院長室へ行くと、そこには昔と何ら変わらない院長の姿が。院長の顔を見るなり、「会いたかった」と呟くチョンシン。チョンシンの頭に残る大きな傷跡は、他でもない院長が付けたものだった。この傷を覚えているかと聞くと、チョンシンは院長を殺す。院長の生霊を吸ったチョンシンは、完全体の悪鬼となる。

悪鬼が完全体になってから1か月が経てば、なかに眠る霊魂は自然消滅してしまうという。何か方法はないのかと聞くソムンに、ウィゲンは「結界だ」と告げる。

ウィゲンら4人のパートナーたちは、それぞれに白い杖を握る。4人が同時に杖を地面につけると、その中心に“結界”が現れる。結界のなかでは、妖術は使えなくなるという。結界を張った場所に悪鬼を呼び込み、そこへソムンが領域を出現させれば、悪鬼を退治できるかもしれないとウィゲン。

早速、領域を呼び出す訓練を行うソムンだったが、出現した領域はすぐに消えてしまう。

ソムンが悪鬼を召還するとなれば、結界を張るのにはもう1人のカウンターが必要となる。あと1人は誰が?と聞くハナの前に、自信満々な様子でジャンムルが現れる。今は現場を退いたジャンムルだったが、かつては彼もまた悪鬼退治に飛び回るカウンターだった。

一方、モタクは1人でジョンヨンを殺した犯人を追っていた。毎日のように駐車場へ足を運び、現場に停まっていた車のドライブレコーダーを回収するモタク。

ハヌルを呼び出したモタクは、「君を信じてもいいのか?」と聞く。その後、署へ戻ったハヌルは署長室へ行き、ジョンヨンを殺した犯人が映るドライブレコーダーを確保したと話す。

ハヌルが署長室を後にすると、同じく部屋にいた刑事に慌てた様子で、CCTVとドライブレコーダーを処理したはずではないのかと確認する署長。そんな2人の会話を、ハヌルを含め署の刑事らが聞いていた。そこへ、モタクが現れる。ジョンヨンを殺したのは、他でもなく署長だった。ハヌルは再び署長室へ戻り、ジョンヨン殺害の容疑で署長を逮捕する。

領域の訓練がなかなか上手くいかず、ソムンは憤りを隠せない。そんななか、道路でトラックにひかれそうになる子供を助ける。その瞬間、周囲には無数の光が。これまで領域を出現させるには、怒りや恨みが必要だと思っていたソムンだったが、それは違った。「憤怒や殺意じゃなかった。誰かを救おうとする気持だったんだ」とソムン。

そんななか、ハナは孤児院に出現した領域に足を踏み入れる悪鬼の姿を感知する。ソムンを探しに行こうとすると、外には無数に広がる領域の光。ソムンは領域を出現させる術を取得していた。

拘束されるミョンフィの面会へやってきたチョ・テシン(イ・ドヨプ)は、見せたい物があると言い、スマホを取り出す。そこには、キム・ヨンニムの部屋で犯行を行うミョンフィの姿が!

ソムンを連れ、孤児院へと向かうカウンター達。悪鬼らに気付かれないよう、モタクらは孤児院の周りに結界を張る。そこへ、何も知らないチョンシンとヒャンヒが姿を現す。結界に足を踏み入れた2人は、苦痛に顔を歪めるのだった。ソムンは領域のおかげで結界のなかでも自由に動くことができた。チョンシンを召還しようとするソムンだったが、そこへ昼間チョンシンが救った子供が現れる!

子供に足を掴まれ、身動きが取れなくなるソムン。するとチョンシンは、「よく見ておけ」と言い、自ら銃で頭を撃ち抜く…。

第13話感想

ソムンの両親の霊魂を抱えたまま、自害するチョンシン。

以前、悪鬼に憑りつかれた肉体が死ねば、なかに眠る霊も消滅してしまうと言っていました。ソムンの両親がこのまま消滅してしまうことになれば、残されたソムンはどうすれと?

チョンシンがこんなに簡単に自らの身体を捨てるとは予想外でしたが、予告を見る限り、宿主を移動したと考えた方が良さそうですね。

しかし、完全体になった悪鬼は死なないと言っていたのに、なぜチョンシンは銃で倒れたのでしょう。モタクらが張った結界が、逆効果となったのでしょうか。

それにしても、結界を張る時にカウンターの目が白目になるので、ちょっと怖かったです。映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」のゾンビ化する場面をふと、思い出してしまいました。一方、完全化したチョンシンの目は、白目が亡くなりこれまた恐怖、、

前回、悲しい最期を迎えたジョンヨンでしたが、犯人は署長だと明らかになりました。まさかモタクが慕っていた署長が犯人とは、あまりにも酷すぎます。

ドライブレコーダーの映像を集めようと必死になるモタクを見て、妻の不倫現場を追っているのだと勘違いするトラック運転手が笑えました。

また、キム・ヨンニムの部屋に置かれたペットカメラの映像から、ヨンニムを殺したのがミョンフィだったことが判明。この映像を提供したのは、ミョンフィの秘書でした。ミョンフィの秘書は、亡くなったヨンニムの友人だったんです。恐らく、7年前モタクに連絡を入れたのは、この秘書だったのではないでしょうか。

ソムンの両親の行方が気になる結果となった第13話。次回はどんな展開が待っているのか、こちらも期待です。

第14話視聴率9.926

neroさん

第14話あらすじ

頭を撃って自害したチョンシンを前に、茫然と立ち尽くすソムン。慌ててメオクらが駆け付けるも、既にチョンシンの息はなく。

結界が解かれ動けるようになったヒャンヒは、子供を盾にしてその場を逃げ出す。

一方、チョ・テシンが犯行現場の映像を持っていると知ったシン・ミョンフィは、ジャケットのボタンを割り、破片で手首を切りつける。意識不明の重体で病院へと運ばれるミョンフィ。そんなミョンフィのもとへ、チョンシンの身体を抜け出した黒い煙が。

しばらく家を空けると話すソムンに、「無理して笑わなくてもいいんだ」と声を掛ける祖父。店に顔を出したソムンは、祖父母の為にも最後まであきらめないと話す。1人で両親の行方を探すと言うソムンだったが、チョンシンの悪鬼は同じ周波数を持つ人間に移動した可能性もあるとハナ。こうして、カウンターらの悪鬼探しは続くのだった。

ミョンフィが自殺を図ったとのニュースを見たテシンは、笑みがこみ上げる。そんなテシンのもとへ、ミョンフィから電話が。しばらくして、ミョンフィと共に警察に連行されたノ・ハンギュが、キム・ヨンニム殺害を認める。

すべての罪をハンギュに被らせ、無罪放免となったミョンフィ。自宅に戻ったミョンフィのもとへ、チャンギュと部下がやってくる。帰宅したヒョクウは、玄関に並ぶ靴を見て首を傾げる。2階に上がると、何やらミョンフィの部屋で物音が。

朝から晩まで領域を出現させ行方を追うソムンだったが、そのどこにも悪鬼の気配は見つからなかった。そんななか、偶然すれ違ったヒョクウの記憶から、以前とは様子の変わったミョンフィの姿が目にするソムン。チョンシンに憑いていた悪鬼がミョンフィに移動したと知ったソムンは、ミョンフィの居場所を尋ねる。

悪鬼がまだ死んでいないと知ったソムンは、嬉し涙を流す。一方、ハナは新たな身体に乗り移ったにも関わらず、全く動きを見せない悪鬼を不審に思う。

ククス店には、すっかり体調の良くなったソウンを連れた、ジンホが顔を出す。汚染水によって病気にかかってしまったソウンだったが、ジンホは検査結果が出たらすぐ記者会見を開くつもりだと話す。

新しい身体を手に入れた悪鬼だが、まだ結界で受けたダメージが回復していなかった。そんなミョンフィへ、汚染水の問題に関する記者会見が開かれる予定だと報告するテシン。それを聞いたミョンフィは、ヒャンヒを使ってソウンを誘拐させる。ソウンを消せば、証拠を隠滅できると考えたのだ。

ヒャンヒがソウンを乗せ、国道を走っている姿をキャッチしたハナは、急いで現場へ向かう。ソウンが乗る車にガソリンを振りまくテシンだったが、そこへカウンターが!

無事にソウンを保護するも、またしてもヒャンヒには逃げられてしまう。現場でテシンを捕まえたモタクは、ソウンの記憶を消してソウンが自ら通報したことにさせる。そんななか、遅れて店に戻ったハナが、ミョンフィの居場所を掴んだという。ヒャンヒが以前よりも強くなっていると話すと、シン・ミョンフィが1人になった時を狙おうとハナ。

計画通り、ヒャンヒが屋敷を出た隙を狙って、結界を張るカウンター達。ソムンは領域を出現させながら、ミョンフィがいる奥の部屋へと向かう。

しかし次の瞬間、ハナの背後にヒャンヒが。実はヒャンヒが尾行されていることに気付いたミョンフィが、結界を張るタイミングを狙ってカウンターの1人を襲うことを考えたのだ。

まんまと策にハマったソムンは、ミョンフィの妖術で瀕死の状態となる。「お前はここまでだ」とミョンフィ。するとソムンが立ち上がり、「誰がここまでだって!?」と叫ぶ。

第14話感想

絶体絶命のピンチに追い込まれたソムン、そしてハナ!

結界が破られ、完全体の悪鬼にボコボコにされてしまうソムン。もうだめかと思った瞬間、ソムンの体中に力がみなぎります。これは領域のおかげ?立ち上がったソムンが、なんだかとても頼もしく見えました。

一方、結界を張っている最中に、背後に立たれてしまうハナ。結界を張っている間はそれに集中する為、力を使うことが出来ないのです。ただでさえ強力なヒャンヒに狙われ、こちらもピンチに。

ヒャンヒはハナの過去を読み取ったようですね。「最初からこうなると知ってたんじゃないの?」とヒャンヒ。ハナの家族が死んだ背景には、まだ隠された秘密があるようです。

ソウンがさらわれた時はヒヤヒヤしましたが、無事救出されてよかったです。次々と人が死んでいくなか、こういう明るいニュースがあるとほっとしますよね。カウンターの4人(+ジャンムル)が誰も欠けることなく、エンディングを迎えて欲しいです。

スホの命日のエピソードも、これまた感動的でした。スホには婚約者?お嫁さん?がいたみたいですね。スホが死んで7年が経った今も、命日にはメオクに挨拶にくる女性。そして女性は、メオクに結婚式の招待状を渡します。女性には新しい相手が出来たようですね。幸せになった女性を見て、スホも安心したと言っていました。

次回予告では、謎の男としてソン・ホジュンが登場!ソムンに向かって、「君はカウンターか?」と聞いていました。果たしてソン・ホジュンの正体とは?

悪霊狩猟団: カウンターズ (驚異的な噂) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

悪霊狩猟団: カウンターズ (驚異的な噂) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP