熱血弁護士 パク・テヨン 3話・4話 あらすじと感想

飛べ小川の竜


熱血弁護士 パク・テヨン 飛べ小川の竜  날아라 개천용 2020年放送 SBS 全20話

【韓国放送期間】 2020年 10月30日 〜2021年1月23日

第3話視聴率4.3% 5.4%

第3話あらすじ

法律事務所デソクの顧問ビョンデとカン市長の怪しい関係を知ったテヨンとサムス。テヨンはビョンデからいい条件の仕事をオファーされたばかりだったが、断るしかない。そこでサムスの協力を得るためサムスに頼まれた父親を殺した女子中学生の弁護を引き受ける。そしてえん罪となった3人組事件を再審で無罪を勝ち取れば補償金の1割が手に入る。その額は2億8000万ウォン。これをテヨンが独り占めすると誤解したサムスは…。

出典:KNTV 飛べ小川の竜

daisySSさん

第3話感想

前話登場した事件の裁判の様子が描かれました。

家庭内暴力を振るっていた父が祖父に暴力を振るう姿に、とめようとして父の首をひもで縛り殺害してしまった中学生の少女。事件を担当することになったパク・テヨン(クォン・サンウ)の弁論を聞いて、彼が熱血弁護士であることがうかがえるエピソードでした。

14年間、父の暴力に怯えた少女が犯した罪ですが、無実を訴え。。。記者パク・サムス(チョン・ウソン)が彼の弁論を聞いて、弁護士としてのパク・テヨンに関するイメージが変わったことが明らかに分かりました。第2話で意気投合するパク・サムスとパク・テヨンが描かれましたが、まだお互いへの信頼関係が形成されていない状況・・・、2013年に起きた強盗致殺3人組の事件のことで、自分を裏切ったとパク・テヨン(クォン・サンウ)に怒りを感じるパク・サムス(チョン・ウソン)の姿が、今話のエンディングに登場!今後二人の間に何が起こるのでしょうか。

2013年に起きた強盗致殺3人組の事件の真相は、発達障害だった3人を犯人に仕立てたのが担当刑事と検事だったことが分かりました。事件を起こした真犯人が逮捕され、事件を担当することになった女性検事。当時事件を担当したチャン・ユンソク(チョン・ウンイン)副部長検事が冤罪を隠すため、部下の女性検事に圧力をかけ、真犯人が釈放されてしまった。。。悪徳な警察官や検事が登場するドラマとなるようですが、強盗致殺を隠そうとする理由が、単純に冤罪だったことを隠すためでしょうか。

大手弁護士事務所の代表は、強盗致殺が冤罪だった事を明かす再審を準備するパク・テヨン(クォン・サンウ)に、示談金として多額を提示します。条件は、再審を諦めること。。。パク・テヨンは担当弁護士として3人に、提示された条件を伝え、、、示談金を受け取り、再審を諦めるような雰囲気で今話が終わりました。受け取ったと解釈しましたが、何か逆転があるのでしょうか。

チャン・ユンソク(チョン・ウンイン)副部長検事から、示談金のことを知らされたパク・サムス(チョン・ウソン)は、テヨンが弁護士手数料として2億8千万ウォンを受取ったとことに激怒!協力し合うはずの二人の関係に、早くもひびが入ることになるようです。

市長のカン・チョルウ(キム・ウンス)の義理の息子がチャン・ユンソク(チョン・ウンイン)。。。最も悪の中心にある人物がカン・チョルウだとすると、今後、パク・テヨンとパク・サムスが立ち向かうことになる相手になる。巨大権力に立ち向かうことになるさえない弁護士と記者のコンビの活躍に注目したいですね。

第4話視聴率4.1% 5.6%

第4話あらすじ

つながっていたのはビョンデとカン市長とチャン検事、そしてチョ・ギス判事と元検察総長のキム・ヒョンチュンだった。3人組えん罪事件はチャン検事が担当検事、チョ・ギスが判事として関わっていた。そのため彼らは事件の時効前に再審を始め、真犯人には口を割らせないことにする。そうとも知らないテヨンとサムスは、再審が行われることで大喜びし、その準備のために真犯人を捕まえた釜山のファン検事、現在は弁護士を訪ねるが…

出典:KNTV 飛べ小川の竜

daisySSさん

第4話感想

予想以上に面白い!

無実の人たちのために立ち上がった弁護士パク・テヨンは、巨大権力組織と戦うことになると自覚!今後、何が起きるのかハラハラする展開が始まるようです。

2013年に起きた強盗致殺の犯人となり、服役した3人に提案された示談金は、28億ウォン。。。無職となったパク・サムス(チョン・ウソン)は、パク・テヨン(クォン・サンウ)が3人を説得し、再審を諦める条件で示談金を受取ることになったと知ると、テヨンに取り分を要求すると、予定通りに協力することになります。

予定通りだとお金をもらって再審を諦めるはずだった3人、、、事件の担当検事だったチャン・ユンソク(チョン・ウンイン)の言葉に、サインをすることなく。。。カン・チョルウ(キム・ウンス)は示談に失敗したことを知ると、何があってもパク・テヨンの再審をとめるよう命令します。しかし、冤罪であったことを訴え再審を進めるパク・テヨン。第2話では再審を発表する記者会見に現れた記者が、唯一カン・チョルウ(キム・ウンス)だけでしたが、記者も集まり世間の注目を集める事件となります。

記者イ・ユギョン(キム・ジュヒョン)はパク・テヨンが妻子持ちだと誤解していた様子で、実の子供たちではなく甥たちだと知り、ユギョンとテヨンの関係がどのように発展していくのかも、注目したいと思いました。今話でも正義感のあまり、示談を成立させ手に入れられる手数料のことを後回しにするテヨンの姿が描かれました。

過去、警察、検察、3人を弁護した国選弁護士まで、3人の話しを聞くことなく初めから犯人だと決めつけ事件を早急に解決しようとしていたことが分かり、事件を起こした真犯人を逮捕した検事ファン・ミンギョン(アン・シハ)を訪ねるパク・テヨン(クォン・サンウ)とパク・サムス(チョン・ウソン)。検察を辞め弁護士として働くファン・ミギョンは、事件の裏にいる勢力が誰なのかヒントを与え、、、今後、二人に協力する弁護士として登場することになりそうです。

冤罪はなかったとするため、事件の真相を隠そうとする前法務部長官のキム・ヒョンチュン(キム・カプス)、市長のカン・チョルウ(キム・ウンス)、副部長検事のチャン・ユンソク(チョン・ウンイン)と大法官(最高裁判所長官)のチョ・キス(チョ・ソンハ)・・・、新たな計画を進めパク・テヨンを阻止しそうとすることになるようです。

大法官(最高裁判所長官)のチョ・キス(チョ・ソンハ)が権力を悪用することになる展開を繰り広げることになるようですが、果たしてパク・テヨンとパク・サムスがどのように対応していくのか、逆転ありの展開を期待します!

熱血弁護士 パク・テヨン 5話・6話 あらすじと感想

熱血弁護士 パク・テヨン キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

 




【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/16から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【ホジュン~伝説の心医~】

●BS12 トゥエルビ 全68話(2024/5/1から)水・木曜日16時から2話連続放送 吹替[二]

ホジュン~伝説の心医~ 感想  視聴率 キャスト・相関図

【ホテリアー】

●BS11 全20話(2024/5/3から)月~金曜日14:29から 字幕

ホテリアー 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【恋人】

●WOWOWプライム 全21話(2024/5/3から) 金曜日19時から2話連続放送 5/23深夜から第4話までのキャッチアップ放送。 字幕 

恋人(韓国ドラマ) 2023 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP