熱血弁護士 パク・テヨン 13話・14話 あらすじと感想

飛べ小川の竜


熱血弁護士 パク・テヨン 飛べ小川の竜  날아라 개천용 2020年放送 SBS 全20話

【韓国放送期間】 2020年 10月30日 〜2021年1月23日

第13話視聴率5.3% 5.8%

第13話あらすじ

まず寄付金品法違反の汚名をすすがなければならくなったテヨンは、サンマンの助言を聞き、テレビに出てチョ・ギスの名前を出して攻撃し、しかもファンディングで得た資金と再審に勝てば得る予定の報酬まで全額寄付すると言う。何も聞いていなかったサムスは腹を立てるが…。そのころドゥシクはビョンデから再審を引き受けると持ちかけられ、生活費も出してくれるという話に揺れて、テヨンとの委任契約を解除することにした。

出典:KNTV 飛べ小川の竜

daisySSさん

第13話感想

パク・テヨンと大法官(最高裁判所長官)のチョ・キスの正面対決の始まり?

ファンディングで集めた寄付金の使い方に関して誤解を受けることになったパク・テヨン(クォン・サンウ)は、事務所とパク・サムスの恋人の自宅まで家宅捜査が入り、対応に追われます。すべてはチョ・キス(チョ・ソンハ)の命令で行われたことだと判断した、テヨンは宣戦布告することになり、今後更なる圧力を受けることになりそうです。

キム・ドゥシクの無実を訴えた記事ファンディングで集めた寄付金は5億ウォン。。。再審のために、世間の誤解を解く方法としてニュース番組のインタビューコーナーに出演すると、寄付金の一部をキム・ドゥシクに渡し、残りはすべて寄付すると伝え、独断で行った判断にパク・サムスは強いショックを受けます。パク・サムスはこれまでファンディングで集めた寄付金を分けてもらうことを考えていた人物、、、このことで、パク・サムスとパク・テヨンの間に亀裂が入り、仲間割れすることになるのでしょうか。

キム・ヒョンチュン(キム・カプス)の命令で、市長のカン・チョルウ(キム・ウンス)、大法官(最高裁判所長官)のチョ・キス(チョ・ソンハ)と大手弁護士事務所の代表キム・ビョンデ(パク・ジイル)は、パク・テヨンを押しつぶすよう命じます。それぞれ役割分担して、パク・テヨンを攻撃することになる。。。市長のカン・チョルウ(キム・ウンス)は所属する政党の一員としてパク・テヨンを受け入れ、見方に付けようとします。入党を誘う議員がパク・テヨンのオフィスに現れ、その姿を目撃したパク・サムスは、寄付金をすべて手放す決断をした理由が、パク・テヨンが政治の世界に入るための目的だったと誤解することになりました。

大手弁護士事務所の代表キム・ビョンデ(パク・ジイル)が動き、キム・ドゥシクを説得します。ファンディングの60%を要求し、依頼を取り消すと連絡してきたキム・ドゥシク。。。キム・ドゥシクはパク・テヨンを誤解した状況で、大手弁護士事務所の代表、キム・ビョンデに説得され、事件を彼の事務所に依頼することになるのでしょうか。

キム・ドゥシクが依頼を取り消したいと伝えてきたことを知ったパク・サムスは、怒りを抑えきれず、「望んでいたことが、これですか?」とパク・テヨンを責めます。テヨンを応援するのはイ・ユギョン(キム・ジュヒョン)のみ。果たしてこの危機をどのように乗り越えることになるのでしょうか。

第14話視聴率3.5% 4.6%

第14話あらすじ

急に再審が開かれ、裁判官自身も記録の確認ができていないほどだった。再審を引き受けたビョンデも何の弁護もしない。そのためドゥシクは萎縮して何も言えないまま再審の初日が終わってしまった。もどかしい思いをしたテヨンが、法廷を出てビョンデに詰め寄る。そこへサンマンが現れ、オソン地検で真犯人のジェソンを釈放したのはビョンデだと言う。それを聞いていたドゥシクは…。

出典:KNTV 飛べ小川の竜

daisySSさん

第14話感想

キム・ヒョンチュン(キム・カプス)を中心に始まった本格的な圧力、、、果たしてキム・ドゥシクは再審を通じて無実を勝ち取ることができるのでしょうか!!

大手弁護士事務所の代表キム・ビョンデに事件を依頼したキム・ドゥシク。そのことを知ったハン・サンマン(イ・ウォンジョン)が急いで彼を訪ねますが、既にキム・ビョンデに事件を依頼した後で、聞く耳を持たない状況でした。生活に困っていたキム・ビョンデの生活費の支援まですると語るキム・ギョンデの言葉に笑顔を見せるキム・ドゥシク。

しかし、予定よりも早く開かれた再審、、、検察は準備時間が足りず、裁判官は再審の前にチョ・キス(チョ・ソンハ)から判決に関する命令を既に受けている状況。。。このままだと、無実を証明することは不可能な状況に見えました。大丈夫でしょうか。

家宅捜索や寄付金の使い方など、後ろですべてをコントロールしているのが、大法官(最高裁判所長官)のチョ・キスだと思っていたパク・テヨン(クォン・サンウ)は、再審が早まったことや状況から背後にいる人物がチョ・キスではないと気づいたテヨンですが、すべてを命令しているのがキム・ヒョンチュンだとはまだ気づいていないようです。

前話、それぞれの道を進むことにしたパク・テヨンとパク・サムスですが、後輩記者だったイ・ユギョン(キム・ジュヒョン)が、サムスを説得します。すべてはサムスの誤解だったと伝えると、再びチームとして働いて欲しいと・・・説得。

賃貸料も滞納する程、経営難に苦しんでいたパク・テヨンが寄付金や代理人弁護士として受ける手数料まであきらめて、キム・ドゥシクの事件を担当する決心をしたことが、パク・サムスに伝わったのかは分かりませんが、再び一緒にキム・ドゥシクの事件を解決するために、力を合わせることになりそうです。

開かれた再審で弁論を全くしないキム・ビョンデの姿に、再審が心配になるキム・ドゥシク。パク・テヨンを誤解していたと分かり、再び彼に事件を依頼することになりますが、果たして再審を勝ち取ることはできるのでしょうか。これまでにない圧力がかかることになります。

キム・ヒョンチュン(キム・カプス)のもと、カン・チョルウ(キム・ウンス)はパク・テヨンを政界に入門させる計画。これはパク・テヨンを阻止すると同時に、彼を仲間?部下として受け入れようとするためなのでしょうか。義理の父がパク・テヨンに興味を持ったことに不満を持つチャン・ユンソク(チョン・ウンイン)と、チョ・キスも単独で何かを準備しているような様子なので、内部分裂が起きると予想します。

もう少しスピード感ある展開を描いて欲しいですね。

熱血弁護士 パク・テヨン 15話・16話 あらすじと感想

熱血弁護士 パク・テヨン キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

 




【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/17から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP