青春の記録 7話・8話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

青春の記録 청춘기록

【韓国放送期間】9月7日から10月27日 2020年放送 tvN 

第7話視聴率9.368%

えぱたさん

第7話あらすじ

ヘジュンのマネージャーがジョンハのサロンに行き、ばったり会った2人はSUBWAYに行く。ヘジュンの“元カノ”がどうの、という話をする。

ジョンハの父は画家を目指していて、ジョンハは父に「才能がある」と言われるが、喧嘩して離婚する母に手を引かれて、家を後にする。

タイトルが気に入った本を買って、ヘジュンへのプレゼントにして、しおりを作り、“私もあなたへのプレゼントになったら…”云々を考えて、首を振る。プレゼントを渡したいとヘジュンに電話するが、彼は泣いていた。どう慰めたらいいか分からないが、どんどん好きになる。この男性には名前がある、サ・ヘジュン。そして、例の公園デート。

ヘジュンの祖父は退院し、居間の床にモデルのポートフォリオが落ちていて、父がヘジュンを叩いたと皆が分かる。

ギョンジュンは荷物をパッキングし、ヘジュンに車を運転してもらい、アパートに行くが、パスコードは合わず、既に住人がいた。「もう5人目」と言われる。警察に被害届を出し、2人呑みに行く。荷物を持って帰って来た2人に、皆が騒然。ギョンジュンはショックで話したくないので、ヘジュンが状況説明。

ヘヒョのドラマのメイク担当で、ジョンハは撮影に同行するが、撮影が終わると、ヘヒョの車には乗らず、歩いて帰る。ヘヒョは走ってジョンハの後を追う。

ヘジュンのマネージャーのミンジュに、トップ女優イ・ヒョンス主演の医療ドラマ『ゲートウェイ』のオーディションを受けないかと打診が来る。役は1年目のレジデント。撮影は来週。ロマンスがメインなので、演技練習が必要だと言うミンジュは、ヘジュンの胸のボタンを外そうと迫る。

ヘナが学ぶ法律学校の講堂。チョン・ジアが優秀な発言をして注目を浴びる。ジヌがヘナに未練がましく会いに行くと、“ストーカー行為”と言われる。ジヌはヘヒョとヘジュンと公園で会い、「彼女に会った」と言う。(ヘジュンの元カノ?)

ドラマキャスティングディレクターのソン・ジェスから連絡があり、ヘジュンがキャスティングされた。ヘジュンはジョンハに報告し、デートする。ヘジュンのドラマの撮影が始まる。

 

第7話感想

『ブラックドック』のソ・ヒョンジン、私的には『ゴハン行こうよ〜シーズン1』のソ・ヒョンジン、特別出演の予告のニュースが出ていましたが、何の役かは秘密でした。今回のエンディングで登場しました!

パク・ボゴム扮のヘジュンがオーディションでゲットしたドラマ『ゲートウェイ』で、ソ・ヒョンジンと共演。外科手術系ドラマで、ソ・ヒョンジンは職場の先輩。ヘジュンが医療用語の発音がうまく言えず、NGを出していて、笑いも取ってくれました。

撮影オフ時にヘジュンが通路で発音練習をしているのでソ・ヒョンジンが声をかけ、「次回までにヌナ (親しい歳上の女性への呼びかけ) と呼んで、タメ口にしてね」と言うと、ドラマ撮影時に、ヘジュンの演技に身が入り、皆がヘジュンの成長ぶりにびっくりしてテレビを見ている。私も「オ〜!」と歓声を上げて喜びました。

確実に、俳優を目指す苦学生サ・ヘジュンの成長物語にはなってきていると思います。スタジオ豪華セットで展開する、ヘジュンの家族のホームドラマも、毎回楽しい。しかし、どこかモヤモヤしたものを感じつつ、見ています。何がモヤモヤするのか? ヘジュンとジョンハの関係の進み方でしょうか。SNSでセレブとの関係はかなり近いと考えられる韓国で、セレブとの恋愛に持っているイメージはずいぶん発達したものになっているのかもしれません。

パク・ボゴムは演技がうまいはずだし、パク・ソダムも、もっとずっと魅力的なはずなのに、どうも、“させられている”感があるというか。それでも、最初のほうの頃より、パク・ソダムの可愛さがチラチラ見え隠れする! これは以降にどう発展するか、楽しみです。今回では、ヘジュンがドラマの役を取って、嬉しくてコンビニ前でジョンハに会う時に、可愛いかったです。

パク・ソダムがメイクアップアーティストとして、キャリアを持つ女性で、職場での印象と、オフでの演じ分けが雰囲気からして違うので、すごいなと思います。ジョンハの部屋でのシーンは、楽しみなシーンのうちの1つです。

ギョンジュンの不動産詐欺に遭う場面は、あと1〜2回後にしたほうが、前話で出た話を視聴者もちょっと忘れた頃だったのにと思いました。

ヘジュンのライバル、モデルのヘヒョがこの頃、特に魅力的に見えてきて、甘い雰囲気が素敵!

ジョンハが行ったカフェ、DAL.COMM、『秘密の森2』でシモクがよく弁護士事務所の女性と会うカフェに、エントランスが似ているような気がします。

 



第8話視聴率

えぱたさん

第8話あらすじ

ヘナとヘヒョがしていたヘジュンの元カノの噂話を母が聞き、ヘジュンの母に言う。「ヘジュンはドラマにキャスティングされたんですって?」初耳のヘジュンの母は、息子は何でも自分でやっていたんだなと改めて気づく。

カフェに行くヘジュンとジョンハは、まだ少し距離があるが、お互いの主張を交換し合う。

ジョンハの父がジョンハに電話する。成功してリッチにやっている様子。職場で上司の嫌がらせが続くジョンハ。平手打ちを食らいそうになり、上司の腕をつかむ。物陰でその様子をスマホで撮影する人がいる。

銀行で自分の仕事でない客に対応することになったギョンジュンは、線を引き、同僚にも上司にもネチネチと言われる。トイレで噂話にもなるが、我関せず。兄に会いに来たヘジュンを見て、ギョンジュンの上司は近づき挨拶し、あれこれ聞くが、ギョンジュンはサッサと退散する。

ヘジュンと食事すると、ギョンジュンは呑み出し、大声でグチり始める。兄を担いで家に帰るヘジュンは、父にまたお小言を言われる。その父はギョンジュンの呑んでのグチを聞いてやる。母はヘジュンに、「ギョンジュンを連れて帰ってくれてありがとう」と言う。ドラマキャスティングのことをどうして言わなかったかとの質問には、前の失敗があるから、放映されてからにしたかったと。さらに、「彼女は?」と色々聞きたがる母。

ヘジュンのドラマが放映されて、祖父は幸せで涙を流す。モデル学校でも張り切って、つまずきそうになる。

ヘジュンは急に有名になり、サインを求められる。コマーシャルの仕事も入ってくる。次のドラマの脚本の検討をするが、マネージャーと意見が合わず。

ジョンハの職場のサロンに、指名の女性客が来て、メイクが気に入らないとクレームをつける。実はジョンハにいつも自分の客を取られている上司の友人だった。カフェで2人を見て、頭に来たジョンハは、上司に水をかける。

ヘヒョ、ヘナ、ジヌ、ジョンハ、ヘジュンで呑んでいると、ヘナにヘジュンの元カノから連絡があり、一緒に呑むとのこと。ヘヒョが元カノを他の店に連れて行くが、気に入らないので、ヘジュンらの店に行く。ジョンハはもう帰ったあとだった。

 

第8話感想

ジョンハは仕事を辞めちゃったようですが、本当に辞めちゃったのかな。ジョンハの人気で自分の客を全部取られた腹いせに、友達を送り込んでモンスタークレイマーさせるとは、上司の意地悪もここまで来ると、犯罪ものです…。まだまだ女性がキャリアを築くのは、難しいものがあるようです。

韓国ドラマあるあるで、グラスの水をかけてましたが、どうも好きになれません。相手がグラスを取って緊張の走る瞬間になると、思わず見ているほうも、身構えたり。笑 

ジョンハはいったいどうなるのでしょう。今回のエピソードで、やっと分かりました。アン・ジョンハの名前。韓国語は初心者で、好きな言葉は、「ゲンチャナヨ」(大丈夫)、詳しい説明はできませんが、セリフの中で“アン・ジョンハ”は、“安泰な人生”(?) とかいう意味らしい…。皮肉か?!

ジョンハの母は、ジョンハに金銭的期待をしているようで、家にも職場にも押しかけてきて、「無能!」と言い続けて離婚した旦那は、成功してリッチになっているとか…。ジョンハは、ネットでもメイク術を配信していたし、他の職場がすぐに見つかるといいです。あのネットで連絡を取ってきた男性、どうなんでしょうか。あの人も、詐欺? そうでもない、マトモそうな雰囲気でした。

ジョンハの周辺が見えてきたので、最初の頃より、かなり共感できるようになってきました。ヘジュンは、ドラマが成功して、ウキウキ感は共感しましたが、突然高級車を買ったり、まぁ普通そうなるわな的に、距離を持って見てしまいます。ジョンハとの関係も、どうなるかな〜と。

ヘジュンが成功して、ヘヒョの母が嫉妬、笑えました。それでもヘヒョ自身は余裕で、さらに魅力的に見えてきます。ヘヒョのシーンがもっと出ないかなと期待します。

ヘジュンの元カノ、もう少し静かで可愛いタイプの女性にキャストして、ヘジュンが後ろ髪引かれるような感じだと、もっと面白かったと思います。

 

青春の記録 9話・10話 あらすじと感想

青春の記録 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想





11月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー