霊魂修繕工 13話・14話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

霊魂修繕工 13話・14話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


霊魂修繕工(れいこんしゅうぜんこう)영혼수선공 Soul Mechanic (Fix You) 2020年放送 KBS 全16話 (32回) 【韓国放送期間】2020年 5月6日から2020年 6月25日まで

第13話視聴率1.9%2.1%

daisySSさん

第13話あらすじ

シジュンがソンギョンを助けるため警察の協力を得てラジオを放送する。おかげで彼女は無事に保護されるのだが、病院の承諾も得ずに放送したことが問題視され、懲戒委員会が開かれることになる。一方、ドンヒョクの元にカン・ジヌの父親が現れ、事態は思わぬ方向へ進みそうな空気に。ウジュはパク課長のカウンセリングを受けることにするが、病名を教えてくれなかったためジヒから自分の病名を聞き出し、いろいろと調べ始める。

出典:KNTV 霊魂修繕工

第13話感想

イ・シジュン(シン・ハギュン)が病院を解雇される危機に?

ウンガン病院の看護師が自殺を図ったことで、病院のシステムを指摘したイ・シジュンは、改善を求め看護師たちから署名運動を進める中、先輩看護師のいじめで自殺したとの噂が広まり、先輩看護師も自殺を図ろうとする中、彼女を説得するイ・シジュン。



イ・シジュンを病院から追い出すチャンスを逃すはずのない副院長は、イ・シジュンの過去を調べさせます。一方、病院のプロセスに従うことなく勝手な行動を起こしたシジュンの責任を問う委員会が開かれることになり、患者を治療することを最優先するべきだと語るイ・シジュン。頑固なイ・シジュンは、このまま解雇されてしまうのでしょうか。組織として考えるとイ・シジュンの行動は少し間違っている可能性もあるとは思いますが、どんなことよりも患者を治療すること、第2の自殺をとめることがシジュンには最も大切なことだと知ると、彼の行動が少しは理解できる部分もありました。

ハン・ウジュ(チョン・ソミン)が感情をコントロールできず荒れる様子が今話でも登場しました。激しく取り乱すウジュは、果たしてどのような治療方法で病気を克服することができるのでしょうか。これまで自分が短期な性格だと理解していたウジュが、自身の病名を知ることになり取り乱す姿、、、残念過ぎました。

彼女自身もいけないと分かりながらも、どうしようもできないところが、カウンセリングを必要とする病気なのでしょうね。涙まで見せるウジュの姿が少し可哀そうにも思え、彼女の心が病んでしまった原因を早く探し出し、治して欲しい。実の両親を見つけることができるのでしょうか。それとも彼女を引き取った養母との間にあるわだかまりを失くすことになるのでしょうか。ストーリーの展開上、ウジュの病気を最後治して、ドラマが最終話を向かることになりそうですね。

シジュンを病院から追い出そうとする副院長の圧力がこれまで以上に激しくなりそうです。シジュンの過去を調べさせましたが、もしかして過去、恋人が自殺したことを副院長が知ることになるのでしょうか。

ストレスを感じた時に使う黄色い袋が今話で登場しました。イ・シジュンが袋を使っている場面が登場し、たまったストレスと発散する。。。委員会でどのような結果を出すか気になりますね。今話でみせたシジュンの姿勢だと、委員会が出した結論をそのまま受け入れるように見えたので、第14話で何が起こるのかドキドキする展開を迎えました。

第14話視聴率1.4%1.7%

daisySSさん

第14話あらすじ

ウジュは自分が病気になった理由を知ろうと幼い頃に育った施設へ向かう。昔、面倒を見てくれていた修道女はすでに亡くなっていたが、ウジュの生みの親が残した手紙があった。シジュンと共に手紙を読んだウジュは施設に預けられた真相を知る。そんな中、シジュンは懲戒委員会で1か月の停職処分が下される。その間に鬱火病を患うヨンウォンの患者の手助けをすることになり、患者の息子が世話になっていた人に会いに行く。

出典:KNTV 霊魂修繕工

第14話感想

実の母に関する新たな事実を知り、涙を見せるハン・ウジュ(チョン・ソミン)。母が自分を捨てたわけではない?と気づいたウジュ。実の母が残した手紙まで登場しました。幼い頃捨てられた記憶から、ハン・ウジュの心が病んでしまったのでしょうか。親友を通じて病名を知ったウジュは、自分の力で病気を克服するための努力をします。人との関係を大事に考え始めるウジュ。

一人ぼっちになることに対する恐怖を持っているように見えたウジュ、、、しかし、イ・シジュン(シン・ハギュン)は彼女の気持ちを察しているのか、必要な時適切なタイミングで彼女の前に現れ、ウジュを安心させます。突然のシジュンの訪問に驚きながらも嬉しさを隠せないウジュ。その後、一人で病気を克服するための努力がキュートで、イ・シジュンを微笑ませます。ドラマを視聴する側も見ていて微笑んでしまう程、爽やかなウジュ!荒れた時とは全く違う彼女の姿に、、、ドキドキ。

ウジュとシジュンの関係は順調に進み、シジュンのために努力するウジュの姿が描かれました。ドラマは予想していた以上にロマンチックな展開がされていますが、他の患者の治療に専念するイ・シジュンの様子も描かれました。

チ・ヨンウォン(パク・イェジン)から相談を受け、軍人の家族の治療を受け持つことになったイ・シジュン。しばらくはチ・ヨンウォンと共に仕事をすることになりそうです。二人が一緒に患者の治療方法を考えていくとなると、もしかするとこれまで片想いを隠していたチ・ヨンウォンが告白するきっかけとなるのでしょうか。次の話ではちょっとした三角関係が描かれそうで、ウジュがそのことを知って荒れないことを願いたいです。

これまで養母に執着心を持っていたウジュ、、、実の母が残した手紙を発見したことで、養母との関係を整理することができ、過去から一歩抜け出し明るい未来へと進むきっかけになりそうです。今話を通じてウジュがこれまで持っていた恐怖心や感情などを理解することができました。これでシジュンがウジュを治療するにあたり、何か重要なソースとなったような印象を受けました。

シジュンとウジュのドキドキするデートのエピソードまで登場し、次は医師として患者ウジュを治療する過程の詳細を描いて欲しいですね。恋することで病気が治る設定ではないことを願いたいです。少しメディカルドラマの要素が薄れたようにも感じたのが残念でした。患者を治療するイ・シジュンの姿が見たいです。

霊魂修繕工 15話・16話(最終回) あらすじと感想

霊魂修繕工 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー