霊魂修繕工 11話・12話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

霊魂修繕工 11話・12話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


霊魂修繕工(れいこんしゅうぜんこう)영혼수선공 Soul Mechanic (Fix You) 2020年放送 KBS 全16話 (32回) 【韓国放送期間】2020年 5月6日から2020年 6月25日まで

第11話視聴率1.9%2.1%

daisySSさん

第11話あらすじ

ウンガン病院の集中治療室で働く看護師が自殺を図った。亡くなった看護師はうつに悩んでいてヨンウォンの病院に通っており、遺書にはヨンウォンについての言及があった。自殺の原因は病院内のいじめで病院側は加害者を見つけ、責任を負わせようとする。そこで目をつけられたのが、同じ集中治療室で働く先輩看護師だ。シジュンは今回の件の根本的な原因を病院のシステムの問題だと捉え、病院を相手に戦うことに。

出典:KNTV 霊魂修繕工

第11話感想

今話はウンガン病院で働く看護師ホン・ミンヨンの自殺を中心に描かれました。自殺したホン・ミンヨンのカンセリングをしていたのがチ・ヨンウォン(パク・イェジン)で、患者が自殺したことで厳しい立場に置かれ、イ・シジュン(シン・ハギュン)が彼女を助けます。

ホン・ミンヨンが自殺した理由を探る過程で浮上したのは、看護師たちのいじめ、「テウム」が原因だと気づきます。テウムは新米看護師のトレーニング段階から起きる特有のいじめを指す韓国語のようです。テウムが原因で自殺したとなると、他の看護師への自殺につながる可能性があることから、緊張するイ・シジュン。先輩看護師がトレーニングという名目で新米看護師をいじめるシステム。



イ・シジュンは何とか新たな自殺を避けるため、看護師たちのカウンセリングを心掛けます。何とか新たな自殺を食い止めたい!!と願うイ・シジュン。そんな中チャ・ドンイルと再会します。警察官になって現れたチャ・ドンイル?本当に警官になったのでしょうか。今後何が起きるのでしょうか。チャ・ドンイルが再び登場することを予想はできましたが、まさか警官になったとは意外でした。

ハン・ウジュ(チョン・ソミン)とイ・シジュンのロマンスは、シジュンの突然の恋の告白にドキッとさせられました。ハン・ウジュも驚きながらも彼の告白に笑顔を見せ、彼女の気持ちがすごく伝わるようで、ロマンスドラマのような雰囲気を見せ、ハン・ウジュが感情をコトロールできず警察署で騒ぎを起こすハラハラする場面もありました。騒ぎを起こしたハン・ウジュを抱きしめるイ・シジュンが彼女をなだめるシーンも登場し、今後はウジュの良き理解者となりそうですね。

ハン・ウジュもイ・シジュンへの気持ちを表現する場面もあり、感情のアップダウンが激しいウジュですが、今話では遅くまで働くシジュンを待つなど、二人のロマンスは順調に進んでいるように見えました。ウジュのラブリーな一面もみられ、このまま何事も起きず、心の病気を治療し二人には幸せなエンディングを迎えて欲しいですね。

イ・シジュンが心配しているようにウンガン病院の別の看護師が自殺を図る事件が再び起きるのでしょうか。「テウム」が原因で実際に自殺した事件が発生したこともあり、医師イ・シジュンがどのようなアプローチで看護師たちの心をいたわっていくのか楽しみです。病気を治すためならどんなことでもできるイ・シジュンの活躍に期待が高まります。

第12話視聴率1.4%1.7%

daisySSさん

第12話あらすじ

看護師の死が先輩であるナ・ソンギョンのせいだといううわさが病院内に広まる。病院側も遺族に訴訟を起こされては困るためソンギョンに、遺族に会い慰労金を渡すと共に謝罪してくるよう伝える。1人の犠牲で病院を守ろうとするためだ。一方、シジュンの声掛けで看護師の業務システム改善の署名はどんどん集まる。シジュンはウジュと共に父親に会いに行き、その帰りにソンギョンから“死ぬ”という連絡を受け…

出典:KNTV 霊魂修繕工

第12話感想

看護師の自殺事件が起きて以降ウンガン病院の看護師たちの間には緊張が走ります。病院のシステムに問題がると指摘するイ・シジュン(シン・ハギュン)とは違い、病院側は一人の看護師によるいじめが原因で起きたとし、イ・シジュンの指摘を無視します。自殺した看護師をいじめたチョン看護師に責任転換され、、、非難を受けたチョン看護師が姿を消し。彼女の安否を心配したイ・シジュン(シン・ハギュン)がチョン看護師を捜すために走り回る。。。

今話は「テウム」が原因で起きた自殺事件が引き継ぎ登場しました。一人のいじめというよりは、これまでの看護師の悪い習慣のようなシステムを指摘していましたが、人間関係や上下関係はどこの世界でも難しい問題のように感じました。イ・シジュンの予想していた通りの展開がおきましたが、果たして問題は解決するのでしょうか。

イ・シジュンの上司パク・テハ医師はハン・ウジュ(チョン・ソミン)に病気を治療したいと申し出ます。彼がハン・ウジュの治療を申し出た理由は、やはりイ・シジュンを守るためなのでしょうか。自殺事件が起きて以降、システムを変えるための声を上げる署名を集めるために奮闘するイ・シジュン。しかし、副院長はシジュンの動きをチェックすると、イン・ドンヒョク(テ・インホ)には関与しないよう伝えます。

看護師の自殺事件を利用して副院長は、イ・シジュンを病院から追い出す計画を本格的に実行することになるのでしょうか。看護師の立場に立って考えるイ・シジュンに何か、危機が訪れる気がしてハラハラします。

一方、認知症の父のもとにハン・ウジュと共に訪れたイ・シジュン。シジュンの父がウジュを発見すると、待っていたかのように歓迎。果たして次の話で看護師の自殺問題をどのように解決するのか気になるエンディングでした。

シジュンとウジュのロマンスは、、、進行中。顔を見るだけで幸せになると語るシジュンの言葉に、癒されます。欠点まで含めて愛される気持ち、、、心の病を治すために頑張ってくれる医師の姿に、、、ドキドキさせられるけど、同時にホッとする気持ちにさせられるので、メディカルドラマですがこんな風に進むのも悪くないと思いました。シン・ハギュンが演じるからこそ、イ・シジュンというキャラクターが魅力を発揮するような気がしました。

ヒロインを演じるチョン・ソミンは切れると最悪の状況になりますが、シジュンの恋の言葉に照れる姿がキュートで、病気を上手に乗り越えることができそうな兆しが!

霊魂修繕工 13話・14話 あらすじと感想

霊魂修繕工 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー