見た通りに話せ 9話・10話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

見た通りに話せ 본대로 말하라 2020年放送 tvN 全16話 

【韓国放送期間】2020年2月1日から3月22日まで

第9話視聴率2.224%

hg@さらんさん

第9話あらすじ

「錯視:視覚的錯覚の一種」
殺人現場を見たという若者チュ・サガンを保護したスヨンたち。留学から一時帰国中の学生で明後日出国予定だ。

犯人は黒いヘルメットの男で、上げたシールドから顔が見えた。自ら似顔絵を描くサガンの様子は何か変だ。始終顔をひくつかせ、左手が勝手に動くのを抑えるようなしぐさ。

似顔絵と合致したチェ・ドンマン。が、すでにドンマンは殺されていた。自分の秘密をみつけたら、チュンゴン交差点の秘密を教えてやる。そこで、タイムアップ。デシクは解放された。

サガンの家にある絵。それを見たスヨンは同じサインのある絵がドンマンやデシクの事務所にあったと気づく。そしてメッセージも。二人に面識があるのに隠していたのか。

ヒョンジェは犯人はサガンと推定し、デシクを探す。サガンはなんとデシクの息子だった。サガンの母親を死なせたことを恨んでいる。デシクは捜査を攪乱させて、息子を逃がす時間を稼いでいた。

倉庫の中で吊るされたデシクを前に、サガンとヘルメットの男が争っている。いや、サガンの中の二つの人格が争っていた。結局、デシクは毒注射を打たれてしまう。

死ぬ前にデシクが言い残した「チュンゴン交差点4789」

スヨンは母の死亡当時のレンタカーの会社をすべて調べる。最後の一か所を訪ねると掃除中のお爺さんから反応が!しかし、何もわからんと言うお爺さんに、刑事になった理由を打ち明けるとメモを受け取ってくれる。

チェ課長は昇進し、第2部長に。組織改革を行うという大義名分の元に1チームに未解決事件を押し付ける。ジミンを呼んで「4789」の謎を調べろと…チェ部長もこっそり聞いていたのだ。

5年前、チェ部長は“奴”の事件を早期解決させる必要に迫られた。そして、チュンゴン交差点の事故時、デシクに死体を準備させていた…。

第9話感想

サガンが怯えていた黒ヘルメットの男は、何ともう一人の自分でした。本来の性格は大人しくて優しい性格でしたが、つらい記憶のせいで父デシクを恨みたいが、父親だからと葛藤して生まれた人格だったのでしょう。

サガンが描いた絵にはイースターエッグという手法でメッセージが隠されていて、サインのあとの文字を入れ替えて読むことで「FATHER」が現れました。そして、絵には殺された被害者たちの姿が描かれていたのです。つまり、見たものにしか描けない絵、ということになります。

やはり、“奴”は死んでいなかったようですね。チェ部長が必要に迫られて、死んだことに偽装されたのです。しかし、生きているのに“奴”は最近までなんの反抗も起こさなかったのに理由があるのでしょうか。



第10話視聴率3.364%

hg@さらんさん

第10話あらすじ

「デカルコマニー:絵を転写させる技法」
「4789」の謎を調べ回って3日間欠勤しているヒョンジェ。それを快く思わないチェ部長。

若い男性の他殺体が見つかる。コンビニ店員シン・ジュヨン27才身寄りなし。一年間無欠勤だったため、コンビニ主人が通報。住居周辺に怪しい偽造ナンバーの車が映っており、珍しいエンブレムを付けている。

遺体に残された首の二つの創傷。過去に似た事件が発生しており、連続殺人と考えられる。この事件には生存者がいた。思い出したくもないだろうに訪ねなければいけないと一同沈鬱な表情。

カフェ店員イ・ユミ。当時27歳。どこが犯行場所か犯人の顔さえわからない。思い出したくものないが、スヨンとヒョンジェの真摯さに心を開いてくれる。犯人が立てる小さな音だけを覚えている。

被害者の共通項が就活生で、ウォンソグループ常務ウォン・セユンと面接していることが判明。会社に乗り込んだヒョンジェとスヨン。秘書ミン・ヒョンジュは慌て、ウォンは平然としていた。退席後、激しく叱責を喰らうミン。

午後の面接のためウォンソを訪れたユミ。ウォンとミンの前であの音を聞き、スヨンに電話をかける途中で襲われる。ユミは過去の被害者と知られ犯人におびき出された。犯人はウォンと思われ、1チームは車を追跡する。しかし、警察に疑われているタイミングでの犯行は不審だ。

犯行現場に再現されていたウォンの執務室。しかし、ネームプレートにはミン・ヒョンジェの名。ミンはウォンに虐げられ、ストレスで殺人を犯していた。そして、最終仕上げとしてウォンを殺し、犯行がばれて自殺したように偽装するつもりだった。

ミンがウォンと争っている間にユミは逃げ出し、ヒョンジェの渡したGPSのおかげで危ういところを助け出された…。

第10話感想

この回では被害者のユミにヒョンジェが寄り添って、事件解決に導きました。なぜそうしたかと言うと、スヨンの「被害者も誰かの家族だ」という言葉。ちょっとだけ人間らしい思いやりを見せてくれました。それにしてもユミが助かってよかったです。

この事件の途中でファンチーム長に変化が現れます。何かをフラッシュバックしたように見えました。その後、チェ部長に「4789」を教える代わりにジミンに消させた証拠を要求します。どうしてかちょっとわかりませんが、ヒョンジェを裏切るつもりなのでしょうか。

ヒョンジェはその後、デシクが定期的にある病院を訪れていることがわかりました。そして、「4789」がある病院の部屋番号であることを突き止めました。その部屋の患者が何かのカギを握っているのかもしれません。

見た通りに話せ 11話・12話 あらすじと感想

見た通りに話せ キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】AbemaTVは無料で見れるけどなかなかその時間に視聴の都合がつかない。
そんな方にはABEMAプレミアムがおすすめ!①すべての作品画見放題!②広告なしでビデオがすぐ再生!③放送中でも最初から見れる!④そして放送後の番組でもコメントが見れる楽しみがあります。
AbemaTV 無料体験


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー