見た通りに話せ キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

●Mnet(2020/10/19-29)月~木曜日早朝5時から2話連続放送 字幕

●Mnet(2020/8/17から)月~木曜日13時から 字幕

●【日本初放送】Mnet(2020/6/19から)6/7に第1話先行放送 金・土曜日21:30から 字幕

【韓国放送期間】2020年2月1日から3月22日まで

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

見た通りに話せ

본대로 말하라 Tell Me What You Saw
2020年放送 tvN 全16話

視聴率

平均視聴率 2.9% 시청률 最低視聴率第3回1.668% 最高視聴率第16回4.388%

出典:tvN 본대로 말하라

あらすじ

全てを失った天才プロファイラーと、見たものをそのまま記憶する能力を持つ刑事がお互いの目と足、頭となり完璧な捜査で殺人犯を追跡する――。

連続殺人犯により婚約者を殺害されてしまった天才プロファイラーのオ・ヒョンジェ(チャン・ヒョク)。犯人は死亡し、オ・ヒョンジェはこの事件をきっかけに世間から姿を消してしまう。


そんなある日、死亡したはずの殺人犯と同じ手口の殺人事件が発生する。
オ・ヒョンジェは、事件の目撃者であり、一度見た場面をそのまま記憶する特別な能力を持つ刑事、チャ・スヨン(チェ・スヨン/少女時代)と出会い、共に殺人犯を追跡していくことに…。

出典:Mnet見た通りに話せ

相関図

出典:http://program.tving.com/

キャスト

主要人物

画像出典:http://program.tving.com/

チャン・ヒョク  :オ・ヒョンジェ役-天才プロファイラー。長期未解決事件をプロファイリング手法で解決した最高の犯罪心理アナリスト

画像出典:http://program.tving.com/

チェ・スヨン  :チャ・スヨン役 -広域捜査隊刑事。瞬間的に見えるすべてを写真のように鮮明に記憶するピクチャリング能力を持った新米刑事。

画像出典:http://program.tving.com/

チン・ソヨン :ファン・ハヨン役-広域捜査隊チーム長。知能犯罪捜査部や、特殊事件専門担当班など、警察内の要職を網羅して、今のポストまで上り詰めた。

オ・ヒョンジェ周辺人物

画像出典:http://program.tving.com/

イ・シウォン :ハン・イス役-オ・ヒョンジェの婚約者 美しい外観、若々しい性格を持っている優れたチェリスト 

チャ・スヨン周辺人物

画像出典:http://program.tving.com/

ハ・ソングァン:チャ・マンソク役 – チャ・スヨンの父。聴覚障害者。チャ・スヨンが唯一心を開いて話をする相手。田舎の人工貯水池から電子帯を管理し、小さなスーパーをしている

画像出典:http://program.tving.com/

シック:カン・ドンシク/キム・ヨハン役(子役:チェ・ヒョンジュ) -チャ・スヨンのパートナー警察官

 

広域捜査隊

画像出典:http://program.tving.com/

チャン・ヒョンソン :チェ・ヒョンピル役-広域捜査隊の捜査課長、階級は総警。組織が存在しなければなら犯人をキャッチすることができているという信念に組織のためには、そのいくつかのも厭わない

画像出典:http://program.tving.com/

リュ・スンス :ヤン・マンス役-犯罪現場であれば、迷わず走って行くベテラン刑事。

 

画像出典:http://program.tving.com/

シン・スホ:チャン・テソン役 – 行動派刑事。言葉より体が先に出て行く多血質刑事。カンで捜査しヤン・マンス刑事によく従う

 

画像出典:http://program.tving.com/

ユ・ヒジェ  :イ・ジミン役-脳波刑事。原理原則を守る正しい刑事の定番!スマートな仕事の処理で、チーム内での脳を担当

連鎖殺人魔

画像出典:http://program.tving.com/

○○-ミント連鎖殺人魔、GNOMEの最も有力な候補。あいつはなく「あいつの影」で、GNOMEのと「あいつの手足」を守る役割。耳鳴りはガブリエル。「あいつ3人組」の中で筋を務めている

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /脚本:コ・ヨンジェ、ハン・ギヒョン、演出:イ・ジュニョン、クリエイター:キム・ホンソン、制作:スタジオドラゴン、エイチハウス

話数ごとのあらすじと感想

●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有



話数ごとのあらすじと感想

hg@さらんさん

 

見た通りに話せ 1話・2話 あらすじと感想
見た通りに話せ 3話・4話 あらすじと感想
見た通りに話せ 5話・6話 あらすじと感想
見た通りに話せ 7話・8話 あらすじと感想
見た通りに話せ 9話・10話 あらすじと感想
見た通りに話せ 11話・12話 あらすじと感想
見た通りに話せ 13話・14話 あらすじと感想 “奴”とは…犯人の正体
見た通りに話せ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

作品感想

hg@さらんさん

天才プロファイラーとピクチャリング能力を持つ女性刑事が“奴”と呼ばれる連続殺人犯を探し、捕まるまでの物語です。チャン・ヒョクという超個性的な演技をする俳優と、少女時代のメンバーであるスヨンという、まるで美女と野獣のような組み合わせが目を引きます。

ストーリーは恋人を殺されて世の中のすべてから姿を隠した天才プロファイラーが、一瞬見ただけでそのすべてを記憶してしまうという能力を持ち、自分の母をひき逃げした犯人を捕まえたいだけで警察官になった女性を利用して復讐をするようでいて、立派な警察官になるまで育て上げる師弟物語でもあったと思います。

プロファイラーであるオ・ヒョンジェは傍若無人で、上司の言うことは聞かないわ、勝手気ままに行動する誰にも指図されない人。スヨンと出会った当時は目が見えなくて、車いすに乗るほど歩けなくて、ただただ我の強い人でした。誰もがそう思っていたのに、ある日突然立って歩いているのを目の当たりにしました。それこそ、敵を欺くならまず味方からということでしょうか。本当に衝撃を受けました。

対するチャ・スヨンは優しくて親切、一生懸命で全てのことに当たります。残酷な事件を目の当たりにしながら、その被害者に心を寄せどうしたらこんな事件を未然に防ぐことができるのかと、真剣に考えるまっすぐな心の持ち主でした。そんなスヨンも一回だけヒョンジェに背を向けたことがあります。ヒョンジェが自分たちを欺いていたのを知った時でした。ヒョンジェに“奴”を捕まえるために、再び協力してくれと頼まれても断りましたが、結局子供を助けるためにヒョンジェに協力することにしたのです。自分のためではありませんでした。

しかし、このドラマではそんな衝撃の山が何度も訪れました。ヒョンジェの同僚であるファン・ハヨンが遭遇し隠していた過去の事件。醜い自分を認めたくなくて、知られたくなくて必死に隠し、一時は警察上部の手先にもなったりしました。

そして、究極の衝撃は“奴”の正体でした。あんなに意外な人物はいません。ずっとスヨンの身近にいて、時には支えて助けていたあの人物が奴だなんて。全く持って想像もできませんでした。わかってからの奴はまた残酷でえぐくて、最後までどちらが勝つのかわからない展開にハラハラしました。

全体的には毎回新鮮な驚きのある面白いドラマだったと思います。しかし、扱う事件はすさまじく血みどろで暴力的だったと感じました。医療ドラマとは違う凄惨な場面も多いので、苦手な方は他のドラマをお勧めします。

 

monamyu40さん

●刑事なりたてのチャ・スヨンを少女時代のスヨンが初々しく演じています。

すごい頭脳の持ち主である元プロファイラーという経歴の性格が扱いにくいオ・ヒョンジェは変わり者でとおっているのがすごい個性です。 サスペンスが大好きで殺人事件がありその事件から物語は始まりまるのが嵐の前の静けさのような感じです。

少女時代のスヨンが刑事になったばかりでとても可愛らしさもありますが、でも人並み外れた能力があることでこの物語のキーマンでもあります。

オ・ヒョンジェ(チャン・ヒョク)はかわいそうですが、彼女を殺されて亡くしています。それにそれは殺人事件で犯人は亡くなってしまうので、頭脳明晰のこのヒョンジェという人物のやる気をなくさせます。でも死んだはずの犯人のやり方と同じで興味を持ってからスヨンのずば抜けた能力と元プロファイルのヒョンジェがタッグを組んで頑張るのが見ものです。

自分の亡くした彼女の敵を討つことでヒョンジェの人生も動きだしていくのでそこが大きな転機だと思いました。

ヒョンジェの役はすごい難しくこの個性の強いすごい人物を見事に演じたチャン・ヒョクの素晴らしさにほれぼれします。

撮影秘話

チャン・ヒョクは現場でお礼を述べたりと本人も素晴らしい人格者です。そして小道具の存在も手を抜いておらず、個性を際立たせるためにサングラスや車椅子にまでこだわっています。

結構見ていて難しい物語だという感じを受けましたが、何度もみてまたこの部分はこういう意味だったのかと改めて思い直したりしたい物語です。

この物語で強烈に演技の幅を広げたチャン・ヒョクの存在感が際立っています。あまりの個性強い人物を演じているチャン・ヒョクだが美しい顏だちは見ていてうっとりします。

スヨンの刑事役の衣装もかっこいいし働きぶりも目をみはります。ピクチャリングの能力が威力を発揮して事件の解決に役立ちます。チャ・スヨンがヒョンジェに対して心を許していくところからとても心を動かされていきます。

二人が協力をしていき難解な事件に挑んでいくのが見ていてとてもミステリーも興味深いです。






10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー