花遊記 (ファユギ) 1話 あらすじと感想 イ・スンギ 孫悟空・ソン・オゴン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

花遊記 (ファユギ) (화유기)tvN 全20話

「西遊記」をモチーフにした新感覚ファンタジーラブコメディドラマ

bluepepperさん

 

花遊記 (ファユギ) 1話あらすじ

小学校、チン・ソンミが「気味の悪い幽霊」「あの世へ帰れ」とはやしたてられています。先生の「挨拶しましょう」の声に立ち会がったのはソンミひとり。先生は悪霊で、ソンミだけに見えていたのでした。

学校帰り、ソンミにつきまとう悪霊を傘で地面を一突きしただけで追い払ったのは、牛魔王でした。牛魔王は「森の奥の家から芭蕉扇を持ってきてくれたら傘を交換してやろう」とソンミに持ちかけ、ソンミはこの頼みを引き受けます。霧が立ち込め、この世のものならぬ雰囲気の山奥の家には、ソン・オゴンが閉じ込められていました。

羽の扇子「芭蕉扇」を見つけたソンミを引き留め、ろうそくの火を消すよう促すオゴン。家はオゴンの牢、ろうそくの火は、オゴンをその場にとどめる束縛の封印だったのです。「自分で消せないんでしょ。じゃ契約してくれる?」とろうそくを消すかわりに自分を悪霊から守ってほしいというソンミ。オゴンは二つ返事で引き受け、ソンミはろうそくを消してしまいます。

その瞬間、家は消え、二人は草原に立っています。「契約は守って!まず安全なところに連れてってね」と言うソンミに対してオゴンは笑って言います。「いいとも。俺の名前を呼べばいつでもお前のもとにかけつけて守ってやる。さあ、名前は?」ところがソンミは名前を呼べません。記憶を抜き取ったオゴンは泣きそうなソンミを置いて、悠々と去っていきました。

25年後、「ハンビッ不動産」の事務所用にイ・ハンジュが広々した部屋を契約しようとしています。そこに入ってくる「ハンビッ不動産」社長は、25年後のソンミでした。ソンミは入ってくるなり、人間ならぬ者の気配を感じます。

その部屋に居ついていたのは、オーディション前のダイエットで死んだ若い女性の霊でした。ソンミは甘いものを分けてやり、話を聞いて慰めてやります。一方、誰もいない空間に話しかける社長をこっそり見ておびえるハンジュは「お金ためて絶対やめてやる!」と心に誓うのでした。

オーディション番組「君は合格だ」の収録現場、牛魔王はウ会長と呼ばれ、エンターテイメント業界を牛耳りながら神仙になるための修行として悪霊を諭しています。一方、オゴンの方も牛魔王の家に居候しながら、悪霊退治でポイントを稼ぎ、天界復帰を狙っています。オゴンはある日退治しようとしたマリオネットの悪霊に「三蔵が帰ってきた」と聞かされます。「三蔵の血肉を食らえば妖怪は無敵になれる」という話に気持ちが揺れながらも、嘘つきめ、とオゴンは悪霊をあっさり退治しました。

意気揚々と上司に悪霊退治報告書を提出するオゴン。しかし「実績はあるが参考人の評価が低すぎて天界復帰はまだだめだ」と言われます。「やってられるか!それより三蔵を食って無敵になってやる」と悪態をついたオゴンに、上司が驚き、その様子からオゴンは、三蔵が実在するのだと確信を得ます。三蔵が襲われることを危惧し、上司は牛魔王に三蔵を守るよう依頼しました。その三蔵とは、誰あろう、チン・ソンミだったのです。

夜、家に戻ったソンミ。そこには、オゴンに退治されたマリオネットの片割れ、新婦マリオネットの悪霊が待っていました。新婦マリオネットは、夫が殺された逆恨みでソンミを襲ったのです。天井のライトが破裂し、写真立てが飛んでガラスが割れ、ソンミの腕から血が流れます。「血はだめなのに」とソンミが止血をする間もなく、悪霊という悪霊がソンミの「ハスの香り」の三蔵の血を求めて集まってきました。

大挙して飛んでくる悪霊を、軽々とやっつけたのは、オゴンでした。「25年たってようやく助けに来てくれたの?」と目をうるませるオンソに、オゴンは「いや、お前を食いに来たのさ」と言い放ちます。そこへ三蔵を守りに飛んできた牛魔王。三者の関係はいったいどうなるのでしょうか?!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

花遊記 (ファユギ) 1話感想

孫悟空オゴン役には、当初パク・ボゴムが上がっていましたが、ボゴム君では天使すぎて孫悟空というより、三蔵って感じですよね。イ・スンギは除隊後初のドラマになりますが、派手な毛皮のコートをはおって、悪童イメージの孫悟空を演じるのが、とてもよく似合っています。

もうひとり毛皮を着ているのが「チャおばさん」ことチャ・スンウォン。ノワール映画からラブコメ、バラエティ(料理最高!)までこなす芸達者な役者さんですが、今回もやってくれます。この方、手足が長くて、スーツ姿は惚れ惚れするほどかっこいいんですが、そのスーツ姿で全力でスリッパの匂いを嗅ぐところとか、笑いすぎて涙が出ました。ホン姉妹の脚本は笑えるセリフ、笑えるシーンが細々と多くて楽しいですよね。牛魔王が怒るたびに秘書(トッケビでは「神」役だった役イ・エルさん)が「殺しましょうか?」「沈めましょうか?」と言うのも笑えます。

妖怪とか悪霊の話なので、目が赤く光ったり、巨大な机を素手でまっぷたつに割ったり、少女がゾンビに変わったりと、特撮・CG目白押しで楽しい~! 今回はほんのちょっとしか出てきませんでしたが、今後、FTISLANDイ・ホンギ君がどんな風に話にからんでくるのかも、とても楽しみです。

【豆情報】オーディション番組で「合格だ」と言われていたのはI.O.I出身、宇宙少女のメインボーカル、ヨンジョンちゃんでした。

 

イ・スンギ 이승기
孫悟空 ソン・オゴン役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1987年1月13日 男性歌手・俳優・番組司会を務めるタレント。 身長は182cm、血液型はB型。朝鮮王朝第三代太宗の長男、譲寧大君の子孫にあたり、譲寧大君の19代孫。
主な出演歴
2004-2005 ノンストップ5 イ・スンギ MBC、1~193回出演
2009 華麗なる遺産 ソヌ・ファン SBS、初主演
2012 キング 〜Two Hearts イ・ジェハ MBC、主演
2014 君たちは包囲された ウン・デグ SBS、主演
主な受賞歴
2009年 SBS演技大賞-ベストカップル賞・10大スター賞・特別企画部門 演技賞(「華麗なる遺産」)
2010年 SBS演技大賞-優秀演技賞(ドラマスペシャル部門)・ベストカップル賞(「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」)

 

花遊記 (ファユギ) 2話 あらすじと感想

 

花遊記 (ファユギ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー