秘密の森2 11話・12話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

秘密の森2  비밀의 숲 시즌2

【韓国放送期間】2020年 8月15日から10月4日 2020年放送 tvN 

第11話視聴率

えぱたさん

第11話あらすじ

ペクチーム長をつけるスンチャンは、バールを手にして、コンビニで灯油を買うのを見て、モーテルの一室に入ったのを突き止める。チーム長が部屋を出た後、ノブを破壊して部屋に入ると、布団の下に老婆が寝ていた。

セゴク警察署の収賄事件の関係者らが、警察庁の一室に集められる。捜査部長とチェ情報部長、ヨジンとシモク、ヨンサン署捜査員も同席する。ペクチーム長は、収賄については容疑を認める。キム・スハンは自殺した刑事の遺書を提出し、鑑識に回される。

ドンジェの誘拐犯を見たとネット投稿した男性が警察署に来て、事件夜に見たのは、ペクチーム長だった。収監されるペクに面会し、ドンジェの妻は、「夫の居場所を教えてほしい」と懇願するが、「知らない。オレじゃない」の一点張り。

最高検察庁刑事部長ウ・テハは、シモクに電話を入れ、「ドンジェはどうなった?」と心配する様子だが、「警察の人間が検事を誘拐したとなれば、警察の捜査権どころの話じゃない」と、警察検察協議会のメンバーであるシモクとサヒョンに、「辞表を用意しておけ」と言う。テハはメディアから電話インタビューを受け、検察の関係者から「おめでとう」の言葉に、笑いを隠せない。

シモクヨジンは、ドンジェの誘拐現場に目撃者を連れて行き、誘拐犯を見たとする場所に立たせる。シモクの車をドンジェの車が事件当夜にあった場所に停車し、ナンバープレートが見えるかと質問する。「白地に黒い文字としか見えない」とするが、そのプレートは偽物で、本物のプレートは緑色だった。「本当は見ていなかったんじゃない?」と追いつめるヨジン。

ヨジンは実は、男のスマホ通信記録を要請していて、その日その時刻に、男はその場所にはいなかったと突き止めていた。

 

第11話感想

ドンジェの誘拐犯行現場で、ペクチーム長を見たという証人がいましたが、ヨジンとシモクの見事な連携プレーによって、偽証だったことが発覚しました。最初からうさん臭いと思いました。賞金が目当てだったらしいし、しかもネットの投稿だし。

元から信憑性はない証言だったにしても、ペクチーム長を指差し、誘拐犯に仕立てるところは、何かの意図がなければできないこと。なぜか? ペクチーム長が本当に誘拐犯でないなら、すぐに嘘はバレるはず。裏であやつっている人間にとって、それでも何かの利益があるのか? ペクチーム長が逮捕され、別件での捜査を進めさせるためか? 別件とは、セゴク警察署での刑事の自殺の件か? それとも、他に?

裏でヨジンが証人のスマホ通信記録を調べていたヨジンが、ドンジェ誘拐の推定時刻に、男は犯行現場にはいなかったと突き止め、偽証罪で証人がスマホ取り上げられ、逮捕される寸前でエンディングでした。裏に誰かいるのか、の捜査が次のエピソードでなされるでしょう。

ドンジェはまだ見つかりません。もう何日経過しているでしょうか。

メディアがそういう警察の捜査の過程の詳細を、情報として流すのは、どうなのかと思いました。実際、証人の証言はデッチ上げだったわけで、チーム長や警察の世間体はどうなる?

第1話で、ドンジェが疑問を投げかけて再捜査が始まった、セゴク警察署での刑事の自殺の件は、同僚刑事が事件後にデスクにあったという遺書を提出して、自殺説が固まるかのような様相を見せています。それなら、あの、第一発見者ペクチーム長の手の甲にあった引っ掻き傷と、遺体から収集された皮膚片は、何なのか? 単なるトリックで、後で自分でケガして引っ掻いたとかの映像が出るのかもしれません。

収賄罪については、ペクチーム長の隠された事実、病気の母親を養っていて、薬代が必要だったため、ということで認めたようです。ドンジェの誘拐犯の目的の1つがそれなら、一部目的達成したことになるのでしょうか。

 



第12話視聴率

えぱたさん

第12話あらすじ

ウ・テハはチェ・ビッを公園に呼び出す。パク・グァンスの妻に「ハンジョグループやアルコール、夫の死について追っている後輩検事のことを質問したら、何も答えないように」と口止めしていた。ビッの心配事は別にあった。逮捕されたキム元情報局部長の弁護士だった、オ・ジュソン。「ナンヤンジュの高速道路で死んでいた事件を思い出す」と言っていた。テハはシモクをチームから外すべきだったと後悔する。また、シモクとヨジンが情報を交換し合っているのも、気に食わない。警察検察協議会の2度目の会合を持ち、彼らを忙しくさせようと相談する。

ヨジンはシモクを呑みに誘う。シモクはあの写真は、本当に誘拐犯から送られてきたのか、疑問を投げかける。また、パク・グァンスの事件について、妻と弁護士事務所の秘書が、アルコールについて違うことを言っていると話す。去年、ナンヤンジュで起こった事件と聞き、ヨジンの上司であるチェ・ビッ部長がその時にナンヤンジュ警察署長であったことを連想する。

ビッは、ヨジンにドンジェの誘拐事件について、捜査を終了して、明け渡すように言う。収監されていたペクチーム長は、釈放される。

ビッからオ弁護士に「会いたい」との連絡があったと聞いたヨンジェは、弁護士に大金を渡して会わせまいとするが、ナム東部地方検察庁長にもパク・グァンスについて探りを入れたと聞き、ビッとナムを買収する作戦に変更する。

第2回警察検察協議会の時、また話し合いが泥沼化し始め、「休憩」という提案が出ている会話の間に、シモクにキーンと耳鳴りがし始め、激しい頭痛に苦しむ。フラフラしながら退室するシモクをヨジンが世話し、コーラを飲ませて落ち着く。

ビッはテハに相談し、テハは同行すると言う。指定のハンジョホテルに行くと待っていたのはヨンジェだった。その頃、オ弁護士はナム東部地方検察庁長と会っていた。

 

第12話感想

ドンジェが生きているような映像が映りましたが、警察側の捜索は打ち切られ、何か事件の秘密を知っていそうな、元判事でハンジョグループの隠れ弁護士のオ・ジュソンという男に、チェ・ビッとウ・テハが会いに行ったところ、ヨンジェがいたという展開になりました。

警察庁の高官チェ・ビッと検察庁の高官ウ・テハが、独立して仕事をしているはずが、裏で何かの交渉を頻繁にしていて、とうとうハンジョグループのトップに上りつめたらしいヨンジェと話しをするらしいです。この2人の肩書きを書いたほうがいいのだと思いますが、複雑になってきたため、この際、チェ・ビッとウ・テハと、敬称略とします。

またドンジェの映像が出てきたということは、作家さんもここまでして、ドンジェの自作自演という可能性は薄くなった気がします。

忘れていた、このオ・ジュソンという存在。早々と第1話で逮捕されていた、警察庁のキム元情報局長の弁護士をボランティアで申し出ていて、チェ・ビッについても、何か知っていそうです。何か知っているのか探るにしても、警察庁の高官が、大々的に豪華ホテルに行って会うか? という気はしますが。

ドンジェの誘拐犯が誰の仕業か? がメインの謎解き要素になってきているようですが、ハンジョグループも今回ずいぶん怪しくなってきたので、他の候補がいるかなと探しています。

それにしても、ペクチーム長をドンジェの誘拐現場で見たと言う男性。どういう動機で、目撃情報を流したのでしょうか?ドンジェの妻が哀れだったから? 理解に苦しみます…。

それから、ペクチーム長は第11話で、「賄賂を受け取った」と告白したように見えたのですが、釈放されたということは、違ったのか? 分からない点が多いです。

シモクが退室した時に、ヨジンが協議会のメンバーらにシモクは「お腹がピーヒャララのため、トイレに駆け込んだと言った」と言ったら、笑わないシモクがチラッと笑顔を見せました。

 

秘密の森2 13話・14話 あらすじと感想

秘密の森2 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • えぱた
    • 2020年 9月 22日

    ドンジェが過去の事件を掘り返すのを快く思っていなかった人々は数々あれど、すぐに殺さずに拘束するだけで利益になる人間…。いったい誰なんでしょう。食事は?トイレは?拘束しているだけで、ずいぶん大変でしょうに。謎解きはテーマをそれだけに絞りました。刑事物だけど、残酷なシーンが全然ないので、かなり楽しんでいます。シーズン1のファンは、ドンジェが全く登場せずに解決を引き延ばされて、ストレスがたまるでしょうね。

    • Secret
    • 2020年 9月 21日

    早々のあらすじアップ有難うございます。

    12話まで引っ張って、何の進展も無し。霧に覆われたままですね。
    唯一のファン的ハイライトが、「シモクが微笑んだ!」シーンだけ。

    後、ドンジェが息をしている事が判明、ですか。

    スローペース過ぎて途中眠気が、、、

    金土の「アリス」が面白く、時間が少しかぶるのですが
    そちらを優先してしまいました。

    余談ですが、cine21のイジュニョクのインタビューで
    記者が話題のドンジェの居所を尋ねたら、
    「ステイホーム」しているというウィットのある答え、
    妻とは「ソーシャルディスタンス」で。



カテゴリー