秘密の森2 キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

秘密の森2 キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想

「広告」


放送予定

【日本放送】

●Netflixを通じて全世界に配信される。韓国を含むアジア地域と英語圏、ラテンアメリカ地域では、放送日の午後10時30分にNetflixで公開される。また、その他の地域では10月11日に全話が同時に公開となる。

【韓国放送期間】2020年8月15日から10月4日

シーズン1は

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

秘密の森2

비밀의 숲 시즌2   Stranger 2
2020年放送 tvN 土日ドラマ 全16話

視聴率

平均視聴率7.26% 시청률 第1回視聴率7.627% 最低視聴率第5回6.0% 最高視聴率第16回9.4%

 

出典:tvN 비밀의 숲 시즌2

あらすじ

検察・警察の捜査権調整の最前線で再び出会った孤独な検事ファン・シモク(チョ・スンウ)と行動派刑事のハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)が、隠蔽された事件の真実に迫る内部秘密追跡ドラマだ。2017年に韓国で放送された「秘密の森」の続編になっている。

相関図

画像出典:http://program.tving.com/

キャスト

ファン・シモク

画像出典:http://program.tving.com/

チョ・スンウ ファン・シモク役(37歳)孤独な検事。現最高検察庁刑事法制団所属。ウ・テハ部長検事が率いる大検察庁の法制団に合流することにしたシモク。10年目の検事で、検察独自の捜査権限獲得の最前線に投入され、正反対のハン・ヨジンと再会する。2年ぶりに訪れたソウルは冷静だが、冷静と暖かさを差別しないシモクは、黙って一人働くだけである。

ペ・ドゥナ

画像出典:http://program.tving.com/

ペ・ドゥナ ハン・ヨジン役(32歳)温かく人間味あふれる行動派刑事。現警察庁の捜査権革新団の主任。所属はヨンサン警察署のままで警察庁出向中。警察の捜査権の独立を目指す、タスクフォースチームの捜査権革新団の一員として、検察と警察の交渉のテーブルに座らせられる。検察と警察の対立が日増しに先鋭化する中、ヨジンは、本人が所属する世界を自らひっくり返さなければならない状況に遭遇。果たしてためらうことなく行動に出るのか。


検察庁の人々

画像出典:http://program.tving.com/

チェ・ムソン ウ・テハ役(40代後半)検察。検察内の最高のエリート。刑事法制団部長検事。エリートコースと呼ばれる、要職だけ選んで獲得してきた。検察に対する認識が最悪の時に法制段責任者になって、検察の独占的地位と権限を置いて改革に臨み、時代の要求に直面している。テハは事実それほど危うくない。貴族検事のせいか、態度と口調に余裕と自信がにじみ出る。利己的ではないが、かなりの個人主義で、権威主義だ。

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ヨンジェ キム・サヒョン役(40代半ば)国会法制司法委員会の派遣委員。いわゆる昇進コースと呼ばれた法制司法委員会専門委員であるが、派遣制廃止が決定され、派遣が終わった後、立場が不透明になった。幸いなことに銃剣法制段に合流することになり、まともな職を得た。海千山千で経部長まで上がったサヒョンは、硬いシモクの態度は、しばしば気に入らないが、シモクを支援しようか、態度が明らかではない。

キム·ジフン キム·ヨンシク役 最高検察庁刑事法制団捜査官

ユン・スル キム·アヒョン役 最高検察庁刑事法制団実務官

ホン·ソジュン シン·ドンウン役 最高検次長検事 (第15話)

画像出典:http://program.tving.com/

イ・ジュニョク ソ・ドンジェ役(40代半ば)議政府地方検察庁刑事1部検事。南楊州警察署の捜査指揮官。ドンジェは自分が法服を脱ぐ日が来たならばどうなるか、見計らってみる。果たして私部長昇進はできるだろうか。さらに、首都圏の連続勤務禁止令で、これから地方に行くことだけが残り、嘆きが出てくるが、ドンジェは崩れる空も湧き上がる穴を作る人物である。

画像出典:http://program.tving.com/

パク・ソングン カン・ウォンチョル役(50歳)西部地検の部長検事から東部地方検察庁地検長になった。西部地検で開始したハンジョグループ一家の不法行為の取り調べを東部地検まで持ってきて、しつこく詮索している。しかし、ハンジョを除いた他の問題もある。地検全体を導く今の位置では、適度に目をつぶる。

画像出典:http://program.tving.com/

パク・チヨン  チョン・ミナ役(28歳)議政府地方検察庁刑事1部検事。ドンジェの部屋で見習い時代を過ごした、初心者検事。まだ仕事に完全に精通していない。シモクの学校の後輩でもあると知って、ドンジェとは果たしてうまく過ごしたのだろうか?



イム·チョルス 議政府地方検察庁係長 (第3、9話)ペク·ジュンギを尋問する姿で初登場する。 

イ·ヒョンギュン 東部地検次長検事 (第13話)ウォンチョルを補佐し、オ·ジュソンとも知り合い。 

警察庁の人々

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ヘジン チェ・ビッ役(40代前半)女性初の警察庁情報部長であり、警察の捜査権革新団の団長。捜査権の調整で有利な局面を迎えた警察は、チェを団長とする調査技術革新のチームを設け、刑事訴訟法改正を進めてきた。無条件に警察を擁護せず、自分が携わった情報警察の危険性を真剣に熟考することも知っている。現実的でもある。出世志向的実用主義的な面を持ち、現在の地位にまで上がることができた。

画像出典:http://program.tving.com/

イ・ヘヨン シン・ジェヨン役(50代前半)警察庁所属の捜査局長。警察の捜査権の独立を望む。警察階級のうち、上から3番目の位だ。職責らしく機敏で、政治的策略が高く、業務にも鋭い面がある。

画像出典:http://program.tving.com/

ハ·ソングァン   キム・ミョンハン役 警察庁の元情報局長 チェ部長の上司。後輩への不正情報流出のかどで取り調べを受けている。

イ・ハユル チェ·ガンイル役 捜査構造革新団主任

チャン·ユル ユ·ジョンオ役 捜査構造革新団主任 


ハンジョグループ

画像出典:http://program.tving.com/

ユン・セア イ・ヨンジェ役(40代前半)イ・チャンジュンの妻で、イ・ユンボム会長の娘。ハンジョグループの新しいオーナーになった。異母兄のイ・ソンジェが服役した間、ハンジョグループの代表理事に上がった。会長の名にふさわしく経営権を守るべきだろうか、天文学的な罰金がかかった訴訟を政府相手にするべきだろうか、頭が痛い。生まれた瞬間から財閥で、今重大な責任まで一手に引き受けたヨンジェは去っていった夫を懐かしんだり、恨んだりの余裕もない。

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ソンイル   パク・サンム役(30代後半)ハンジョ企画調整室に所属。ヨンジェの右腕。混沌に陥ったハンジョグループにヨンジェが登場した時から補佐してきた。今はイ・ソンジェの攻撃とイ・ユンボムの復帰のために一緒に戦う、一種の戦友だ。

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ハクソン オ・ジュソン役(50代前半)弁護士。高裁部長判事出身で、しばらく前に退任した後、現在有名な法律事務所所属弁護士。東部地検に影響力を行使する人物が必要だったヨンジェの注目を受けて、ハンジョグループの件を引き受けることになる。

イ·ギョンヨン イ·ユンボム役 前ハンジョグループ会長。シーズン1の時点で刑務所入りし8カ月となり、シーズン2では経営一線への復帰を狙う。 現在かんしゃくを起こしているらしく、イ·ヨンジェに強い不信を見せている。

ヨンサン警察署

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ペス チェ・ユンス長(51歳)ヨンサン警察署の凶悪犯罪捜査課第3チームに所属する警衛 (경위・警察の階級の一種)。今年で警衛階級は、12年目。勤続した期間によると、昨年の警監 (경감) になるべきだったが、不祥事にかかわったこともあって昇進し損ねた。ヨジンを含むチームメンバーにも、権威を持たないチーム長である。

画像出典:http://program.tving.com/

チェ・ジェウン チャン・ゴン役(30代後半)ヨンサン警察署凶悪犯罪捜査課第3チームの警衛。荒々しい物言いで、フレンドリーな笑顔なんてない奴だが、誠実で動きも速い。検察警察協議会に所属している唯一の捜査警察官。

画像出典:http://program.tving.com/

ユン・ジョンイン   ソ・サンウォン(30代半ば)凶悪犯罪課第3チームの警査 (경사)。図体が大きく、力が好きな、第一線の捜査刑事にぴったりである。長い間一緒に仕事してきたヨンサンの凶悪犯罪課チームのメンバーとは、家族のような和を成している。

画像出典:http://program.tving.com/

ソン・ジホ パク・スンチャン(20代後半)凶悪犯罪課第3チームの警察官。チーム最年少。しかし、判断力も良く、頭もよくて考え方も柔軟である。

議政府地方警察セゴク警察署の人々

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・スンギル ペク・ジュンギ役 パトロールグループのリーダー。地域の商店街から賄賂を受け取って、単独捜査する同僚を自殺に見せかけて殺害したと、ソ検事から疑惑を持たれる。

パク・ソンイル    イ・デソン役 警察署巡査部長 風俗店との賄賂事件で服役中

ペ・ジェギ    ク・ジュンソン役 デソンの指示でソンの手にわざとお湯を注ぐなど、集団で除け者にした地区隊員

キム・ボムス     キム・スハン役 パトロールグループのメンバーで、事件の第一発見者。

クォン・ヒョクボム     オ・ビョンゴン役 地区隊の巡査

ナ・チョル     キム・ギョンソク役 地区隊員

イ・ガソプ ソン・ギヒョン役 地区隊員。不義を我慢できない性格で左遷され、遺書を書いて自殺したとされる人物。

オ·ギョンジュ コ·チャンヨン役 地区隊員。ヨジンの捜査に協力する。自殺したソン警査の隣のチームの所属で、ソン警査がチーム員とトラブルが起きる場面を目撃。

その他の人々


画像出典:http://program.tving.com/

チェ・ヒソ イ・ユアン役   ドンジェの妻(40代前半)
小学生と中学生の息子を育て、ピアノのレッスンもする。実家によく行き、美貌は相当である。ドンジェとは恋愛結婚だったが、今の関係はあまり良くない。


画像出典:http://program.tving.com/

テ・イノ キム・ビョンヒョン役(40代)ソンムン日報社長。ハンジョグループのイ・ヨンジェ会長の昔の婚約者。心は意外に純正なところがある。連載のライバルであるイ・ソンジェ社長と交わりながらも、まだ連載への未練がある。

パク·ジョンオン ソンムンの代理人。チョン·ジウォンの弁護士

キム·グィソン ナム·ジェイク役 元検事出身の国会議員。(第15話)法制司法委員会委員長職を務める。息子の麻薬服用の件でチェ·ビッとシン·ジェヨンに弱点を握られた人物。

ムン·ジョンウォン チョン·スンピョ役 元東豆川警察署長。暴行事件以後、降格懲戒を受ける。現在は議政府警察署警務課長を務める。暴行の前科やシモクとヨジンがソン巡査の自殺事件とドンジェ失踪事件の調査をする時、興奮してテーブルや椅子を投げる人物。

リュ·ソンロク チョン·ギヒョク役 賭博、詐欺の前科者。ドンジェ拉致事件の目撃者と推定される人物。(第10、11、14、16話)

ソ・ジンウォン パク・グァンス役 弁護士 元地検長

パク・ミヒョン パク弁護士の妻

キム・イウン キム秘書

コン・ダイム ヤン・ユビン役 別荘に呼ばれた女性3人のうちの1人

カン·シンヒョ イ·ヨンホ役 溺死事故と関連したSNS男。海岸統制線を切った疑惑で捕まり、父親が有力者か、元官礼遇弁護士を選任して釈放され、以後事故生存者に会って合意を得て、不起訴処分を受ける。 (第1、2話)

チン·ソヨン ノ·ジュウン役 イ·ヨンホの恋人。溺死事故と関連したSNS女。

キム·ドンフィ キム·フジョン役 溺死事故の生存者。

ユ·ソンジュ フジョンの父。現職弁護士であり、シモクより先輩のようで、最高検察庁で勤務した経歴もあるようだ。

特別出演

キム・ウォネ ヨジンの左遷されて行った先の警察の高官。(第16話)

 

画像出典:tvN 비밀의 숲 시즌2

スタッフ /脚本:イ・スヨン、演出:パク・ヒョンソク
作成:え

●以下感想ネタバレ有。


話数ごとのあらすじと感想

話数ごとのあらすじと感想

えぱたさん

.

秘密の森2     1話・2話 あらすじと感想
秘密の森2     3話・4話 あらすじと感想
秘密の森2  5話・6話 あらすじと感想
秘密の森2  7話・8話 あらすじと感想
秘密の森2  9話・10話 あらすじと感想
秘密の森2  11話・12話 あらすじと感想
秘密の森2  13話・14話 あらすじと感想
秘密の森2  15話・16話 (最終回) あらすじと感想

作品感想

大好評のシーズン1に引き続き、チョ・スンウとペ・ドゥナの名推理コンビで、つながりが無いと思われる事件を解決していく中で、明らかにされていく真実!

秘密の森シーズン1のあらすじと感想は、こちら

ペ・ドゥナが長い黒髪にビシっとパンツスーツ、ヒールをコツコツ言わせて歩く女性刑事、チョ・スンウは事故の後遺症で無表情の検事というキャラクターで、私はシーズン1を見ていないので、最初はこの人物たちに慣れるだろうかと不安でしたが、2〜3話あたりでかなり親しみを持てるようになってきました。

ファン・シモク (チョ・スンウ) が左遷されて、車に荷物を積んで地方へ向かうところから物語がスタートするのですが、ドライブインでたこ焼きらしきものを買って、口に入れようとしたら、大検察庁からお呼びがかかり、行き先を変えます。シモクと協力してシーズン1で事件を解決してきたという、ハン・ヨジン (ペ・ドゥナ) と一緒に食事をしたりするシーンも時々登場します。

シモクとヨジンのコンビに親しみを感じるのは、検事と警察と立場は違っても、事件の真相を暴こうとする姿勢は同じで、小さな疑問から現場に足を運び、事件解決を妨害しようとする存在に対して、協力して立ち向かっていけるところです。

韓国ドラマで“検事”と言えば、裁判の時に被告人と弁護士に向かい合って座り、数々の罪状を申し立て、証拠を提出し、いかに有罪かの弁論を展開する、いわゆる弁論士のような仕事と思っていました。それらの上がってきた証拠は、警察の最前線の刑事らの捜査で検事の手に渡されるものだと思っていました。ところが、このドラマを見る中で、シモクが上司から捜査令状を取って、自分で現場に行き、尋問したり、証拠を取ってきたりする姿がたくさん描かれ、検事も刑事がするような仕事をするのだなと分かりました。

検察と警察の立場の違い、捜査令状の取り方の仕組みなどが、具体的な事件の中で登場するので、とても勉強になりました。役職や階級などが複雑なので、想像の世界で、だいたいの理解ですが、韓国でよく起こる事件や問題を聞く時の助けになります。

シーズン2は、1に比べて面白くなかったという評判がありますが、毎回楽しんで最後まで見れました。

事故の後遺症で感情が分からず、ニコリともしないシモクが、たまに見せる笑顔がとてもキュートです。

オープニングのストリングスのテーマ曲が、“秘密の森の謎の中に入っていく”という雰囲気にピッタリで、ドラマ中で謎が深まっていく時に効果的に流れます。

 


「広告」


【放送情報】


【輝け!きらびやかなボクヒの人生】

●BSテレ東 全75話(2022/1/21から)月~金曜日15:54から 字幕

輝け!きらびやかなボクヒの人生 キャスト・相関図 感想 視聴率


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー