熱血司祭 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2019/8から)7/22に第1話先行放送 KNTV 字幕
●韓国放送 2019年2月15日~

熱血司祭  열혈사제 全40回(20話)
2019年放送 SBS
平均視聴率 12.12% 시청률
熱血司祭  열혈사제
あらすじ

多血質なカトリック師弟のキム・ヘイル(キム・ナムギル)とバカ刑事のク・デヨン(キム・ソンギュン)が殺人事件で出会い、ハプニング満載の協力捜査を始めるエクストリームコミカル捜査劇。

キャスト

キム・ナムギル キム・ヘイル役(39歳) カトリック司祭 洗礼名ミカエル

キム・ソンギュン ク・デヨン役(40歳) 警察署強力チームの刑事

イ・ハニ パク・ギョンソン役(36歳)ソウル中央地検特捜チームの検査、洗礼名アンジェラ

コ・ジュン ファン・チョルボム役(39歳)寛大貿易代表、元ギャングのボス

クム・セロク ソ・スンア役(28歳) 警察署強力チーム新入刑事。 女性セパタクロー代表選手出身。

チョン・ドンファン イ・ヨンジュン役(70代) グダム大聖堂週神父、洗礼名ガブリエル

スタッフ /脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ミョンウ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下 話数ごとのあらすじと感想

熱血司祭 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 キム・ナムギル キム・ヘイル役
熱血司祭 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 キム・ソンギュン ク・デヨン役
熱血司祭 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 イ・ハニ パク・ギョンソン役
熱血司祭 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 コ・ジュン ファン・チョルボム役
熱血司祭 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 クム・セロク ソ・スンア役
熱血司祭 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
熱血司祭 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想
熱血司祭 33話・34話と35話・36話 あらすじと感想
熱血司祭 37話・38話と39話・40話(最終回) あらすじと感想

 

●以下 作品感想

カトリック司祭と刑事の捜査が始まる!愉快なアクション捜査ドラマに爆笑・・・と共感があるドラマ!

 

ワイルドなキム・ナムギルがカトリック司祭(神父)に!

これまで持っていたキム・ナムギルのイメージは、すべて忘れさせるほどの熱演に圧倒されました。話しは老司祭が殺害された事件をきっかけに、さえない刑事ク・デヨン(キム・ソンギュ)ンと司祭のキム・ヘイル(キム・ナムギル)が共助することになり起きるハプニング、事件の背景にある権力組織のクダムカルテルの悪事を暴いていくコミカル捜査ドラマです。

これまで放送されたコミカル捜査ドラマはたくさんありますが、正直「熱血司祭」と比較できるドラマがないほど、このドラマは新鮮で、毎話ワクワクした気分でドラマを見てしまう。。。ドキドキ、ハラハラしながらも、笑えるポイントをしっかりとおさえていて、登場するキャラクターたちが半端なく、面白いです!

ドラマはスタートからすごい速さで展開させられ、途中少しスローダウンしますが、その間は、主人公をはじめとする主要なキャラクターたちの葛藤や過去のエピソードが描かれ、予想外の逆転の多さに笑える。最終話までを振り返ると、たくさん笑った記憶の方が多かったような気がします。

登場するアクションシーンは、映画を思わせるほどキレのいいものでした。アクションシーンに登場する主人公のヘイル神父がとにかく、カッコイイ。その理由は、ヘイル神父には意外な過去があるため・・・、元国家情報院のエージェントでした。なるほど!

怒りをコントロールできない情動調節障害をもつ司祭が主人公のドラマだと知って、ドラマを観る前は、これまでの神父のイメージを覆すことにならないのか心配になりましたが、主人公キム・ヘイル神父の怒りは弱者を守るための怒りでした。

どん底にいたヘイルを救った老司祭のガブリエル神父の死を暴くために始まった捜査は、刑事として正義を忘れていた刑事ク・デヨン(キム・ソンギュン)と、出世するために悪事に加担する検事パク・ギョンソン(イ・ハニ)を変え、新人刑事ソ・スンア(グム・セロク)をたくましくし、これからも正義のためにたたかい続ける・・・。

捜査ドラマですが、まるでヒーロものを観た時のような、気持ちになります。神を信じる力や、悪投を許す選択をするキム・ヘイル神父の姿に最後感動しました。軽いタッチでコミカルに描かれていましたが、ドラマが伝えようとするメッセージはしっかりと伝わる。伝わって欲しいですね!

リアルなエピソードと、アクション、韓国ドラマでよく登場する善が悪を懲らしめる「勧善懲悪」の内容を愉快に描いていくところが魅力なので、コミカル捜査ドラマが好きな方は是非おすすめしたい作品です。

最近では「客(ソン)The Guest(原題)」と「プリースト」等、エクソシズムを題材に神父が活躍するドラマが登場していますが、現実離れし過ぎている気がして。。。「熱血司祭」に登場する神父キム・ヘイルは、これまでドラマを通じて接することができた神父とは全く違う姿が逆によかったです。

第1話を観始めると、次が気になって観ずにはいられなくなります。他の作品のパロディーも多く登場するので、韓国ドラマが好きでたくさん作品をご覧になった方は、特に楽しめるのではないでしょうか。

ロマンスドラマやメロドラマしか興味がない方にも、是非観ていただきたいドラマです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー