気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率

2022年



放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2022年2月12日~4月6日 午後10時30分

気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!

기상청 사람들 – 사내연애 잔혹사 편

2022年放送 JTBC土日 全16話

視聴率

平均視聴率 6.71% 시청률 最低視聴率第1回4.514% 最高視聴率第4回7.849%

気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!

出典:https://tv.jtbc.joins.com/

相関図

出典:https://tv.jtbc.joins.com/

キャスト

主要人物


出典:JTBC

 

パク·ミニョン チン·ハギョン役 (女、34歳)総括2課 総括予報官
何事もてきぱきとこなす。仕事なら仕事、自己管理なら自己管理。公私とも確実で、対人関係までも結び、断ち切られる車道女。その難しさといったら、5級気象職公務員試験を一気にパスした「脳セクシー女」。しかし、このすべての人気者のイメージとは異なり、窮屈なほど原則主義。すべての人間関係からきれいに線を引く性格のせいで、気象庁内では、「自発的アッサ」と呼ばれている。気難しい性格だ。


出典:JTBC

 

ソン・ガン イ・シウ役 (男27歳) 総括2課 特報担当
時を同じくして降る雨のように、「どこへ行っても嬉しい存在になれ」という意味の名前を持っている。これまで農業を営んでいた祖父に早く預けられて育ったせいか、純朴で感情表現に率直な方だ。好き嫌いがはっきりしていて、サムのような曖昧な感情にうんざりする。ごちゃごちゃそそくさと どこかが足りないみたいだが、IQがなんと150!決心して飛びつけばできないことはないが、彼の関心はひたすら天気! だけだ。普段は純粋純朴なかわい子ちゃん、 お粗末に見えても天気に関することなら、目つきが変わり、驚くべき集中力を発揮する。誰がそう言ったのか。 愛すれば知るようになって知れば見えると…。複雑な天気図と気まぐれな天気が、シウにはぴったりの存在だ。


出典:JTBC

 

ユン· バク ハン·ギジュン役(男、34歳)気象庁報道官室の通報官
整った外見に劣らぬほど、頭脳も理路整然としており、説得力も優れている。自分の立場を説明する時はもっと!新入生時代、予報局総括チームに発令され、苦戦を強いられたが、自分の理由を語る流暢さを認められ、報道官室にスカウトされた。瞬発力が良く、メディア対応能力が優れていると評価されているが、その後ろにハギョンのサポートがあるという事実は知る人ぞ知る。


出典:JTBC

 

ユラ チェ·ユジン役(女、25歳)文民日報 気象専門記者
好き嫌いがはっきりしていて、中途半端ではない。ある日は自信過剰だったのに、 嫌なことを一言言われたら、地下200メートル下にトンネルを掘り下げる不安のアイコン。特ダネが爆発する事件現場を走り回り、カフェテラスに座って、ノートパソコンで記事を送稿する素晴らしい姿を想像しながら、マスコミに入ってきたが、深みがないという理由で「天気と生活チーム」に配置された。先輩たちは気象庁ほど特ダネが多い所もないと言うが、現実は天気に関する記事の一行も、新聞社の社主の機嫌を取らなければならない自分の境遇にうんざりしている。

気象庁の人々


出典:JTBC

 

イ·ソンウク オム·ドンハン役(男、43歳)総括2課。 先任予報官
ざらざらした印象、つっけんどんな口ぶり、気分のいい時に言う冗談すら、寒すぎて人々を凍らせてしまうアイスマンだ。9級の公開採用で気象庁に入って、初めて発令を受けた所が白島観測所。以後、全国の気象台と地方庁を回りながら、韓国の地形と天気を学んだ予報通。社会性も足りないし融通性もないが、天気予報一つだけは、現業でプレーする予報官の中で最高だと自信を示した。助けて、スーパーマン!! 彼を必要とする所ならいつでもどこでも駆け付けたのに…。そのため、いざ家族は気づかずに離れて過ごしてから、14年の歳月をもう家に帰って家族と一緒にしたい。しかし、いつの間にか大きく成長した娘と、他人よりもっとぎこちなく思っていた妻と向き合いながら、ヒーローとして生きてきた時間を後悔し、心を痛める。


出典:JTBC

 

ムン·テユ シン·ソクホ役 総括2課。 町の天気予報係
博学多識、徹頭徹尾、按分支族…。知っていることは多く、何事にも几帳面で、彼のレーダーにかかる情報は相当なものだが、余計に面倒くさくなるのが嫌いで、見ても見ぬふり聞いても聞かなかったふり。何食わぬ顔をする徹底した個人主義者で、一人だけのライフを愛する。そして単なる趣味活動を楽しんでいたある日、彼の常識ではとうてい理解できないテギョンに胸きゅんすることになる。


出典:JTBC

 

ユン·サボン オ·ミョンジュ役(女、40代半ば)総括2課。 通報およびレーザー分析主務官
春と秋の暖かさのように何でも受け入れてくれる、一番上の姉のような存在。大雑把に見える外見とは違って、一時は予報局最年少課長の座を狙うほど、予報に対する情熱が人並み外れた野心家。しかし結婚して予定になかった子供を妊娠して、出産と育児休職を繰り返してみると、今彼女の望みがあるなら、子供たちが小学校を卒業するまでの間は無事に職場生活をすることだ。12時間フルで帰ってくる交代勤務に子供を養育するだけでも、過労死するところなのに、社内恋愛で結婚した夫が急に休職し、人生の新たな転換点を迎える。


出典:JTBC

 

チェ·ソウン キム·スジン役(女、20代後半)総括2課。 超短期予報
勉強がよくできたし、それ以外は取り柄がなくて公務員になった。20歳を過ぎてもまだ決めてないと思う。大学も気象庁も、両親の立てた人生設計に合わせてやってきた。おかげで気象庁に入社してもう2年が過ぎたのに、この職場が私に合っているのか。毎日、葛藤中だ。


出典:JTBC

 

クォン·ヘヒョ コ·ボンチャン役(男、50代後半)ソウル本庁の予報局長
気象将校として3年服務して気象庁に入社し、予報だけに余生をつぎ込んだ予報通であり、気象庁の最古参だ。定年退職を目前に控えている。一筋だけを歩んできたが、その終わりが見えるという事実がとても幸せだ。でも、少し静かに退職しようと思ったが、夏の防災期間を前に、総括チームが改編されて、一日も気楽な日のない日々を送っている。

気象庁のその他の人々


出典:JTBC

 

キム·ミギョン ぺ・スジャ役(女、60代後半)チン·ハギョンの母
強い性格、ブルドーザーのような推進力、的を射た言葉遣い…。一度心に決めたことは、どんなことがあっても貫徹する不屈の女性だ。「お母さん、ちょっと···。そうしないと駄目なの?」身震いする娘に、「私のキャラクターがこれくらいだったから、 お前たちは孤児にならずに、これくらいまでに育てたんだよ」堂々と話すシングルマザーになる。


出典:JTBC

 

チョン·ウンソン チン·テギョン役(女、40代前半)チン·ハギョンの姉/童話作家
ハギョンがIQが高いなら、テギョンはEQが高いタイプ。計算は弱いが、感受性が豊かで親和力一つがすばらしい。哲学を専攻したが、一歩遅れて才能に気づき、童話作家に転業した。データを見て天気を予測する夏景色とは異なり、昨日は天気が晴れて… 今日は天気が悪くて…。働くのが本当に嫌で、気分に生きて、気分に死ぬアーティスト。


出典:JTBC

 

チャン·ソヨン イ·ヒャンレ役(女、50代前半)オム·ドンハンの妻
夫とはお披露目して3か月で結婚にゴールインした。知らない人は夫のオム·ドンハンがヒャンレに一目ぼれして結婚を押し通したと思うが、彼女の意志はもっと強かった。予報官としての使命感がひとしおだった夫。若い時は彼のそのような姿に尊敬して、一生世話をするつもりだったが、彼女も疲れたのか、一時は元気そうに見えた夫の愚直な性格のせいで、心の中で1, 000ドルが上がる。


出典:JTBC

 

イ·スンジュ オム·ボミ役 オム·ドンハンの娘
普段はにこにこよく笑っていても、父を見るとむっとする。14年ぶりに一緒に住むことになった父が嫌いだというよりは、不便でぎこちないからだが、しきりに寂しがる父親のために少し悩んでいる。

 

 

出典:JTBC

スタッフ /演出:チャ・ヨンフン、脚本:カン・ウンギョン、ソニョン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

 

daisySSさん

気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 1話・2話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 3話・4話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 5話・6話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 7話・8話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 9話・10話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 11話・12話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 13話・14話 あらすじと感想
気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●秘密の社内恋愛進行中、、、気象庁の予報官の恋愛はまさに予測不能。落ち着いた大人のオフィスラブを描いたドラマ!

甘いだけではない大人のためのオフィス・・・ラブを描くドラマが好きな方は、是非ご覧になってください!

次世代ライジングスタートして注目を集める若手俳優のソン・ガン主演で、ヒロインを務めるのは、「トキメキ☆成均館スキャンダル」で男装女子を演じて以来、高い人気を誇るパク・ミヨン。「キム秘書はいったい、なぜ?」では大人の女性の魅力をアピールすることに成功し、今後の活躍が期待される女優。

2022年、次世代ライジングとして最も注目を浴びている20代の俳優として、ナム・ジュヒョクとアン・ヒョソプに並んで知名度を上げているソン・ガン。20223月、韓国ではナム・ジュヒョク、アン・ヒョソプとソン・ガンが出演するドラマが放送され、話題になりました。

このドラマは明るいラブコメというよりは、気象庁で働く主人公たちの物語と、二人の同僚、上司たちの会社生活とプライベートを描いた作品で、重みのある展開が繰り広げられ、天気予報を当てることの難しさのように、人生では何が起きるか予想できないというと点をオーバーラップさせた描くところが印象的でした。

これまであまり知られることのなかった気象庁内でのお仕事ぶりが描かれ、あまり知られない仕事環境などに興味を示す視聴者が多かったようです。毎話、難関にぶつかりながらも天気予報を出し続ける予報官たちの仕事のエピソードに加え、主人公のロマンスの進行する模様を描く点もユニークで面白かったです。

10年間、付き合っていた恋人と結婚式を目前に別れたンジン・ハギョン(パク・ミニョン)の前に現れたのは、新たに配属となった部下の予報官イ・シウ(ソン・ガン)。10年間交際を続けた元恋人も同じく気象庁で働き、職場では二人の関係を知らない人はいない中、新たな恋が芽生えた相手が、部下のイ・シウだとは明かせず、秘密恋愛をすることを条件にシウの告白を受け入れたジン・ハギョンは、、、会社とプライベートを区別して二人の愛を育むことはできるのか、第1話からドキドキするオフィスラブを期待させます。

秘密恋愛を続けるだけで幸せのはずが、結婚に対するジン・ハギョン(パク・ミニョン)とイ・シウ(ソン・ガン)の考えが違うことから、何事にも慎重で原理主義者であるハギョがシウとの関係に悩む姿を描き、ドラマの後半部では結婚観や家族の問題、同じ職場で働く上司と部下である観点から、二人の気持ちが揺れ始め、、、ハギョンが選ぶ選択。最終話のエンディングを迎えてホットする気持ちになりました。

甘すぎないけど、恋に本気の主人公たちを最後まで応援したくなる、素敵なドラマでした。






【放送情報】


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP