模範タクシー 5話・6話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

模範タクシー 5話・6話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


模範タクシー 모범택시 2021年放送 SBS 全16話

第5話視聴率12.3% 14.2%

daisySSさん

第5話あらすじ

母が殺害された現場を目撃したキム・ドギ(イ・ジェフン)は、お湯が沸騰したやかんから「ピー」となる音を連想させるホイッスルの音に反応し、道端で倒れる。。。彼を心配して駆け付けたムジゲ運輸の代表チャン・ソンチョル(キム・ウィソン)。

告訴事件のファイルを確認するカン・ハナ(イ・ソム)は、勤めていた会社ユ―データで暴力を受けたと訴えるソ・ヨンミンの事件に関心を持ち始めます。被害を受けたソ・ヨンミンから詳細を聞くカン・ハナと王捜査官(イ・ユジュン)はその内容を録音し、暴力を振るった会社の代表を調査しようとする。その時、部長検事のチョ・ジヌ(ユ・スンモク)から、訴えが取り下げられたことを伝えると告訴事件として調査をすることをやめるよう圧力をかけます。

外部からの圧力から告訴を取り下げたと気づいたカン・ハナは、上司の部長検事に反抗し怒りをぶつけると、そのまま彼の事務所を出ていく。チョ・ジヌを訪ねたチャン・ソンチョル(キム・ウィソン)は、散乱する調査ファイルと録音データを発見すると持ち出し、、、模範タクシーの新たな依頼事件としてその内容をキム・ドギ(イ・ジェフン)に渡します。依頼をするか否かは内容を確認後にキム・ドギの判断に任せると話すチャン・ソンチョル。

最大級のウェブハード会社で勤めていた被害者のソ・ヨンミンが会社に入社して体験したことが録音された内容。表向きはジェントルにみえたユ―データの代表は、自分が持つ権力を駆使、暴力的な人物だったこと。

カスタマーサポートの業務を担当するようになったある日、顧客のクレームに対応する過程で会社の非を認め、顧客に謝罪したことが会長に報告されると、「お前のせいで客に謝罪する会長となった、、、僕の顔をつぶした」と責めると社員がいる事務所で暴力を振るう。しかし、誰も会長の行為をとめようとはせず、黙って見ているだけの社員たち。。。その後、退社したソ・ヨンミンは、不当な代表の言動への不満から、会長に対する不満を表す書き込みをする。すぐに書き込みは削除するも、後日拉致され監禁された状態で、金属バットでひどい暴力を受けていた。



上司の命令に従うことなく独自にソ・ヨンミンの事件を調べていた検事のカン・ハナとキム・ドギは、ソ・ヨンミンが訴えを取り下げた後、意識不明の状態で橋の下で発見されたことを知らされると、それぞれ彼が入院する病院を訪ねます。

キム・ドギは意識のないソ・ヨンミンの代わりに、模範タクシーに復讐代行を依頼、、、代表への復讐を果たすためのプランを立てる。しかし、復讐を果たすためにはユ―データに就職する必要があることから、偽履歴書を準備し面接を受けたキム・ドギは課長として就職を果たします。

初出勤日、ユ―データのエントランスで検事カン・ハナと鉢合わせになったキム・ドギ。お互いに驚きを隠せない。。。

第5話感想

今話から描かれた新たな依頼は、パワハラ、会社内での暴力を中心にしたエピソードとなるのでしょうか。

復讐代行を依頼する被害者が意識不明の情報のため、キム・ドギが代わりに正式な依頼をする形となりました。今話登場する企業はもちろんブラック企業、、、会社に隠された大きな秘密や悪事がありそうで、そこを明かしながら代表に復讐を果たしていくことになりそうです。復讐を代行する度に活躍するキム・ドギがこのエピソードではどんなキャラクターに扮して、プランを成功させていくのか楽しみです。

必ず事件を明かすと固い決意を持っていたソ・ヨンミンが訴えを取り下げた理由、橋の下で発見された理由が気になりました。彼は橋から飛び降りて自殺を図ったのでしょうか。それとも、誰かに突き落とされた?それでもなければ暴力を受けた後、橋の下に捨てられていた??

独自に捜査を続けるカン・ハナは、ソ・ヨンミン以外にも同じく会社の代表を訴えた後、取り下げた別の社員がいたことを知ると、退職して小さな町に移り住んでいる彼を訪ねます。しかし、検事だと知ると警戒する態度を見せ、真相を明かすためにユ―データの代表と直接話し合いをすることを目的に会社に現れ、そこでキム・ドギと鉢合わせ。タクシー運転手だったキム・ドギがユ―データの社員になっていることに驚きを見せるカン・ハナ。

一方、キム・ドギは復讐代行のことを秘密にするため、彼がユ―データにいることを隠さないといけない状況ヘと発展することになるのか、プランを進める前に早くもピンチ!

第1話の初め、キム・ドギに拉致された性犯罪者のチョ・ドチョルが監禁されている様子が描かれました。ムジゲ運輸の代表チャン・ソンチョルは、地下につくられた牢獄に入れられたチョ・ドチョルに、娘の家族写真を見せると、彼を脅す様子も短く登場しました。ムジゲ運輸の代表チャン・ソンチョルの目的は単純に加害者に復讐をすることだけではなさそうで、ドラマの後半部は意外な展開になりそうな予感がして、スリル感のある展開が本格化しそうです。

登場する犯罪ケースの度合いがひどくて、怒りを感じる場面もありましたが、ドラマとしてのストーリー展開は非常に面白いです。

第6話視聴率8.7% 16.0%

daisySSさん

第6話あらすじ

ソ・ヨンミン事件は上司から却下されたカン・ハナ(イ・ソム)は、アポイントメントを取ることなく、ユ―データを訪れると代表との面談を申し出ます。しかし、彼の部下たちに阻止され、代表から話しを聞くことはできず、会社を去ろうとした時、キム・ドギ(イ・ジェフン)とバッタリ鉢合わせ。タクシー会社を辞め転職したと語るキム・ドギを通じて、ユ―データに関する情報を抜き出そうとするカン・ハナの態度に、キム・ドギは警戒心を見せます。

初出勤日、キム・ドギが目撃したのは企業内で、オカルト教祖のような存在感を見せる代表の姿、、、前年比を超える売り上げを挙げたことを喜び、「お金、お金、お金」を叫ぶ代表に賛同する社内の雰囲気にキム・ドギと共に盗聴中のアン・コウン(ヒョ・イェジン)は唖然とします。

部長として就職したものの、会社の情報にアクセスできる権限がなく、情報を抜き出せないキム・ドギは、戦略企画室(部)がコア部署だと知ると、戦略企画室に入るために計画を進めます。ハッカーであるアン・コウンが意図的にユ―データのサーバー攻撃を始めます。「回復まで1週間程かかります」と報告するタイミングで、「アメリカで仕事していた時にサイバー攻撃を受けました。念のためにつくったソフトがあるのですぐに解決できます」とスタンバイしていたキム・ドギが語り、アン・コウンのサポートで問題を解決。

このことでユ―データの会長に存在感をアピールしたキム・ドギ。その場で現金の入ったボーナスを渡されたキム・ドギは、お金を断り戦略企画室への移動を希望すると伝えます。しかし、キム・ドギの希望は聞き入れられず、戦略企画室のメンバーを調べていたアン・コウンは、全員に犯罪歴があることに気づきます。この戦略企画室には何か裏があると読んだ模範タクシーでは、急いでキム・ドギの履歴を修正、、、犯罪歴のある人物として仕立て上げます。

キム・ドギに監視をつけて彼を調べさせるユ―データの会長は、キム・ドギが過去詐欺行為で逮捕された経歴がると知ると、彼を戦略企画室に異動させます。計画通り、戦略企画室への移動を果たしたキム・ドギは、上司の命令で会社の専用アプリケーションを携帯電話にダウンロードさせられ、アン・コウンはそのソフトが監視及び盗聴のソフトだと知らせ、アプリケーションが作動された時には彼に知らせると安心させます。

一人事件を捜査するカン・ハナは、帰宅するキム・ドギを訪れると協力を求めます。監視カメラでキム・ドギの行動をチェックしていたユ―データの会長、、、キム・ドギの携帯電話を通じて二人の会話を監視する。監視されていることに気づいたキム・ドギは、協力することを拒否。その後、戦略企画室のメンバーたちに拉致され、ユ―データに入社した理由を追求されます。

正直に答えないと、手をつぶすと脅され、目の前には大きなハンマーが準備される。最後までお金のために入社したと言い切るキム・ドギ。。。満足そうな返事に笑顔を見せる会長は、すべて戦略企画室に異動になったことを祝う歓迎だったと語り、USBを渡すと解散。戦略企画室の上司一人が、「裏切り者の終わりはこれだ」と語ると、キム・ドギに映像を一つ見せます。

ソ・ヨンミンが金属バットで暴力を受ける映像だった、、、怒りがこみ上がるキム・ドギは、模範タクシーを走らせると、映像を見せた上司が運転する車に正面からぶつかり、交通事故を起こし、復讐を果たします。

翌日、戦略企画室での業務が始まり、渡されたUSBをさしてコアデータと呼ばれるところにアクセス、キム・ドギが戦略企画室で任された任務は違法に撮影された動画をアップロードすること、コアデータにアクセスし、パソコンの画面を確認したキム・ドギは驚く。彼のパソコンをハッキングしてアクセスしていたアン・コウンがその内容を確認すると、目に涙が。。。

第6話感想

ユ―データの会長への復讐代行が本格的に始まりました。

戦略企画室に異動し、会社の重要なデータにアクセスすることができるようになったキム・ドギが任された仕事は、、、衝撃的!戦略企画室には普通の履歴を持った社員が配属になることはなかった理由は、違法なことをしていたからのようです。

今話最後の10分程は最も緊張しました。カン・ハナが発見した別の被害者から、退職する前にユ―データでやっていた仕事の内容を告白するシーンと、キム・ドギが渡されたUSBを通じてコアデータにアクセスするシーンと平行に描かれ、ムジゲ運輸の代表チャン・ソンチョル(キム・ウィソン)が、何か気づいた様子で、アン・コウンに連絡を取るも、彼女はキム・ドギがアクセスしたデータを確認中。

アン・コウンと連絡が取れないことから、何があっても彼女がデータにアクセスするのを辞めさせるようチェ主任(チャン・ヒョクジン)とパク主任(ペ・ユラム)に連絡してきた、ムジゲ運輸の代表チャン・ソンチョル。しかし、彼女がいるバンに到着した時には、彼女の姿はなく、、、彼女の感情を表わすように荒らされたバンの中。。。

亡くなった姉へ宛てに、毎晩手紙を残すアン・コウンの姿がこれまで登場し、彼女も被害者の家族の一人であることを予想することができましたが、違法に撮影された動画に登場する女性がアン・コウンの姉だったようで、彼女の姉に何があったのか、会社で起きたパワハラの事件はアン・コウンの姉が亡くなった事件と関連があるようで、アン・コウンの復讐へとつながるのでしょうか。

お金のためならどんなことでもするデモ/ペク・ソンミ(チャ・ジヨン)が、チャン・ソンチョルに内緒で監禁されているチョ・ドチョルから臓器を奪う計画、、、しかし、その途中彼女の部下がチョ・ドチョルに襲われ、彼を逃してしまう出来事が起きました。チョ・ドチョルが逃げたことをチャン・ソンチョルが知ると、何かが起こる?

サスペンス・スリラーとしては、ハラハラする展開が続きます。

模範タクシー 7話・8話 あらすじと感想

模範タクシー (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー