昼に昇る月 5話・6話 あらすじと感想

昼に昇る月


2023年放送 全14話  낮에 뜨는 달 ENA水木ドラマ

neroさん

第5話視聴率1.510

第5話あらすじ

一度に大量の鎮痛剤を服用し、意識がもうろうとするハン・ジュノ(キム・ヨンデ)を看病するカン・ヨンファ(ピョ・イェジン)。そんなジュノの様子を心配したハン・ミノ(オン・ジュワン)はヨンファを呼び出す。

ジュノの容態について聞かれたヨンファは、今は残された時間を最大限の愛情で埋め尽くしてあげることが一番大事だと伝えた。

その頃、自分を「旦那様」と呼んだヨンファのことが気にかかってしょうがないジュノは、ヨンファが一体誰なのか頭を悩ませていた。かつて自分を殺した女性、ハンリタ。ヨンファはハンリタの19番目の生まれ変わりだった。これまでその転生のなかで、自分のことを覚えていた者は一人もいなかったとジュノはいう。

過去、雨宿りのために訪れた洞窟で、久々にぐっすりと深い眠りについたドハ(キム・ヨンデ)。目が覚めたとき、目の前に凶器となる小刀が落ちていたのに自分の命を奪おうとしなかったハンリタ(ピョ・イェジン)に、ドハは特別な感情を抱いた。

その後、戦場から帰ったドハは、寝ずに自分の帰りを待っていたハンリタにその理由を尋ねる。「他の者に殺されては困りますから」とハンリタが答えると、つづいてドハは、自分を殺した後はどうなるのかと聞く。

新羅の大将軍であるドハを殺せば、自分も無事ではいられないだろうとハンリタ。するとドハは、ハンリタのためにも長生きしなければならないと語った。

そして、ハンリタに1000年もの間生きると言われている蓮の花の種を渡すドハ。この世に枯れぬものなどないとドハの話を一蹴するハンリタだったが、ドハは「1000年生きて確かめてみればいい。俺は花が咲く方に懸ける」と一言。

先日の拉致事件について疑問を抱いた弁護士のコ・ギョンセ(イ・ジュニョク)は、血の付いたシャツをヨンファに見せて、ジュノと言い合いになった背景について説明を求めた。しかし、あと一か月しか残されていないジュノの人生を警察の聴取で終わらせる訳にはいかないと考えたヨンファは、その場を後に。つづいて誘拐犯の男たちから話を聞こうとするギョンセだったが、病院に入院していたはずの男らがこつ然と姿を消してしまう。

ギョンセから病院でソク代表を見かけたと聞き、顔をしかめるミノ。ジュノの身を案じたミノは、ボディーガードのヨンファに24時間ジュノを警護して欲しいと頼む。

さっそく荷物をまとめてジュノの家へ向かったヨンファは、1200年前に埋められた蓮の花の種が発掘されたというニュースを目にする。ふと夢の中で見たドハとの約束を思い出したヨンファは、「…私の負けね」と呟く。同じくハンリタとの思い出を振り返っていたジュノは、そんなヨンファの一言に耳を疑った。

翌日、ドラマの撮影現場に付き添ったヨンファは、慣れた手つきで弓を操るジュノを見て、またもや夢で見たドハの姿を重ねる。思わずその場から立ち去るヨンファだったが、ジュノはそんなヨンファを引きとめて「夢で俺を見たのか?」と聞く。すると、ただ似ているだけだとヨンファ。

その夜、代表のミノに呼ばれて事務所に入ったヨンファは、エレベーターでジュノと一緒になる。つづいてエレベーターに乗ってきたのは、かつてヨンファに護身符を渡した僧侶。僧侶はジュノに向かって、「ここに来た目的は?」と尋ねる。そして、「もと居た場所へ戻れ!」と叫び、ジュノの身体にお札を貼り付けた。

エレベーターを降りたジュノは急にめまいがし、その場に倒れこむ。首筋に指を当てたヨンファは、脈がないことに気づいて慌てて心肺蘇生をしようとする。ふと何かが横切る気配がして顔を上げたヨンファは、うっすらと浮かび上がるドハの姿を目にし…。

第5話感想

余命ひと月のジュノにドハの姿を重ねるヨンファ。護身符が切れてしまったせいか、前にも増して、ドハの夢を頻繁に見るようになってしまいましたね。さらには夢と現実の区別がつかなくなり…。

そんななか、ヨンファの目に鮮明に映るドハの姿。お札の影響か、はたまたジュノの身体が弱っているのでしょうか。ジュノの身体から離脱したドハを見て、ヨンファはふたたび「旦那様」と呟きます。

一方のドハもまた、ヨンファが自分のことを覚えているのではないかと疑い…。これまでハンリタの記憶を持って生まれ変わった者はいないということでしたが、なぜヨンファだけにはハンリタだったころの記憶が残っているのでしょう。正確には、記憶というよりは夢ですが。。

ヨンファとジュノ、この2人にも何かもともとの縁があるのかもしれませんね。

それにしても、過去のハンリタとドハの関係がなんとも切ないです。自ら死を望んでいるドハ。そんなドハに復讐を誓いながらも、どこか放っておけない様子のハンリタ。まだ2人がどのような経緯で恋人同士になったのかはわかりませんが、やがて訪れる悲しい運命を想像するだけで、胸がしめ付けられます。

第6話視聴率1.356

第6話あらすじ

突然倒れたジュノを見て慌てるヨンファだが、つづいて目の前に現れたのは、夢で何度も目にしたドハの姿だった。床に倒れるジュノに気づき、慌てて駆け寄るミノ。ミノにどういうことかと聞かれるも、ヨンファは何も答えることができない。そんななか、ふたたび目を覚ましたジュノは、なんでもないといって起き上がった。

先ほど見たドハの姿に動揺を隠せないヨンファは、しばらく休暇が欲しいと話す。その日、自宅に戻ったヨンファは幼い頃にも鏡ごしにジュノによく似た幽霊を見たことを思い出す。そして、恐怖に震えるヨンファ。

過去、ドハの父ソリブ(イ・ギョンヨン)に食事の用意をするよう告げられたハンリタは、いつものようにすべての食事をドハの前に並べた。毒見が終わると、ドハの前からソリブの方へ皿を運ぶハンリタ。その瞬間、ハンリタの腕をつかみ、肩の傷はどうしたのかとソリブは尋ねる。

実はソリブは、ハンリタが敵国である大伽耶の大将軍の娘であることに気づいていた。さらにはハンリタに家の高価なものを盗んだと濡れ衣を着せ、牢屋に入れるソリブ。

ドハは父の言いつけに背き、傷ついたハンリタを牢屋から出す。途中で仲間に剣を向けられると、ドハは迷わずその者を切り倒した。「殺す必要まではなかった」と非難するハンリタに向かって、「さもなければお前が死んでいた」とドハ。そして、ハンリタに出会って生きる理由が見つかったとドハは話す。

病院でしきりに見る夢とドハについて相談するヨンファ。すると医師は、ヨンファが見たのは幻想で、事実ではないという。医師の言葉にも不安を拭えないヨンファを心配した友人は、ヨンファを酒に誘った。

すっかり酔っぱらったヨンファは、目の前に現れたジュノを見て「旦那様」と呼ぶ。つまずきそうになったヨンファを支え、そっと抱きしめるジュノ。

翌朝、しばらく休暇をとったヨンファの代わりに、ミノが家にやってくる。心配ないと返すジュノだったが、ミノも簡単には引き下がらない。その切実な思いを知ったジュノは、自分を殺せと命じた男の写真を差し出した。

写真の男が他でもないソク・チョルファン(チョン・ウンイン)だと知るミノは、ギョンセにチョルファンの行方を調べるようにと告げる。そんななか、ギョンセのもとへチョルファンから連絡が。

女優のチョン・イスル(チョン・シネ)がジュノとの交際をほのめかす投稿をSNSにアップしたことを受け、会見場には大勢のマスコミが駆けつけた。カメラの前で交際を認めるイスル。同じく会見場にいたヨンファは、ジュノが交際を否定しないのを見てショックを隠せない。その日、ヨンファはジュノの家へ行き、昨夜の件を謝罪。

荷物をまとめて家を出るヨンファを見て、ジュノと何かあったのかと聞くミノ。そこでミノから、ジュノがヨンファに本当の姿を見られたと話していたと聞き、ヨンファはますます混乱した。

ジュノが倒れる前にエレベーターですれ違った僧侶を不審に思ったヨンファは、事務所の訪問名簿から僧侶の連絡先を調べる。それが父の眠る山にある寺だと知ったヨンファは、一人で僧侶のいる寺へと向かった。

同じ頃、チョルファンから呼び出されたギョンセは、暗い山道を走るなか、対向車のヘッドライトに視界を奪われる。つづいて飛び出してきたのは、人間…?慌てて車を降りたギョンセは、そこに血だらけで倒れるク・テジュ(チョン・ホン)を見てハッと息を飲む。

一方、寺に足を運んだヨンファは、僧侶の師である高僧から話を聞くことに。高僧の話によると、蓮の花の種で作られた例のブレスレットが護身符として自分を守ってくれていたのだという。その瞬間、ヨンファは昨夜のジュノとの会話を思い出す。

改めてヨンファと顔を合わせたジュノは、ヨンファならば自分が長い間知りたかった答えを教えてくれるのではないかと考えていた。そして、「俺がなぜ死んだのか知りたい。お前は俺の妻だったから」とジュノ。

第6話感想

毎回、ラストに衝撃の展開が待っている本作。第6話では、ドハとハンリタが実は恋人関係ではなく、婚姻関係にあったことが明らかとなりました。

敵国の大将軍の娘であるハンリタが、なぜドハの妻になり得たのか。おそらくその背景には、ドハの父ソリブの策略が隠れているようです。

さらにヨンファが肌身離さず身につけていたブレスレットは、どうやらドハがハンリタに贈ったもの。1000年もの間生き続けるという蓮の花の種を贈り、生涯自分の妻はハンリタただ一人だと誓ったドハ。こうして愛したハンリタが、なぜ自分を殺すにいたったのか。ドハはずっと知りたがっていたのです。

てっきり死を望むドハのためにハンリタが自らの手でその人生を終わらせてあげたのかと思っていましたが、まったく違った展開。。ますます興味深いですね。

若干ルーズな感じはありつつも、ドハとハンリタの微妙な関係性がなんとも切なく、興味をそそります。さて、次回はいよいよジュノがドハであることを知ったヨンファが、一体どんな行動に出るのか。そして、チョルファンの企みにまんまとハマってしまったギョンセがどうなってしまうのか。楽しみです。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP