悪魔判事 5話・6話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

悪魔判事 5話・6話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


悪魔判事 악마판사 The Devil Judge 2021年放送 tvN 全16話

第5話視聴率5.982%

daisySSさん

第5話あらすじ

カン・ヨハン(チソン)が10年前、兄を殺害した犯人だと疑ったキム・ガオン(ジニョン)は、以降、事件に関する説明を聞かされ、、、ヨハンの部屋を去る。翌日、ヨハンを疑っていたことを彼のオフィスに盗聴器を設置するなど、彼を調査していたと正直に話すガオンは、謝罪の言葉を伝えると裁判官を辞める決意をあらわせます。

ヨハンはガヨンが裁判官を辞めることに同意することなく、ガオンは辞めるべきかヨハンと共に裁判を続けるべきかの選択を迫られます。ヨハンを調べるガオンの刑事ユン・スヒョン(パク・ギュヨン)は、10年前に起きた火災事件を担当した元刑事を訪ね、事件に関して聞き込み。

「財団側からワイロを受けて事件をもみ消しましたか?」とのガオンの質問に、元刑事はその場から逃走。ユン・スヒョンは10年前の事件と関連があるのはヨハンではなく、社会的責任財団だと気づきます。

息子イ・ヨンミンを犠牲にして政治生命を守ったオ・ジンジュ(キム・ジェギョン)はテレビ番組のインタビューに応じると、息子の刑の執行に関して語り、涙を見せます。世論はイ・ヨンミンへの刑が重すぎたとの反応、、、世論を動かすことを考えオ・ジンジュに協力したのはチョン・ソンア(キム・ミンジョン)。

全国民参加型の裁判の新たなケースが選ばれ裁判が進められます。新たな被告人は常習的な性犯罪を犯してきたトップクラスの俳優ナム・ソクフン。裁判が行われる途中、裁判所に現れたチョン・ソンアは、裁判の様子を伺い。

検察側は、ナム・ソクフンに物理的な去勢を求める強い求刑を求めます。しかし、ヨハンにとってはどのような判決を出すか、難しい状況に置かれる。イ・ヨンミンへの求刑が過激すぎたとの世論が起き、物理的な去勢を求める検察側にスポットが寄せられ、世論は行き過ぎた処置だと恐れる雰囲気。

ヨハンは次の裁判で判決を下すと語り、世論はヨハンがどのような判決を下すことになるのか高い関心を寄せる中、迎えた判決日。被告人のナム・ソクフンに20年の判決を下し、、、物理的な去勢に関しては触れない、、、刺激的な判決を望んでいた世論はどよめきます。



その後、映し出された映像は米国にある性犯罪を犯して服役する刑務所の様子が映され、「米国との協力のもと、被告人米国の刑務所に送り服役させることにします」と語り、奇抜な判決を下し、裁判の様子を視聴していた人々を納得させることに成功します。

その判決を見つめるチョン・ソンア、、、裁判の動きに初めから関与していたことが示唆される。屋敷に戻ったヨハンは、招待状を受け取ると、記載された住所に向かいます。しかし、到着と同時に男たちに拉致され、、、意識を失う。意識を取り戻した彼の前は、見覚えのある風景に気づきます。ヨハンの部屋を再現したような場所に監禁され、手足が動けない状態のヨハンの前に、チョン・ソンアが現れます。

見覚えのあるカップを目にしたヨハンに、「ハロー!お坊ちゃま?」と語ると、ヨハンにキスするチョン・ソンア。

第5話感想

チョン・ソンアの正体は?過去ヨハンの屋敷で働いていた若いメイドさん?前話、ヨハンに片想いしていた若いメイドがいたことが描かれました。二階の部屋から飛び降りてその後、姿を消したメイドがチョン・ソンアだったのでしょうか。

ヨハンに執着するチョン・ソンア、、、彼にキスをする彼女の姿が最後に登場し、ヨハンの反応からチョン・ソンアが屋敷で働いていた若いメイドだったと気づいたようです。次の話で何が起きるのでしょう。

今話紹介された公開裁判のケースの判決は意外でしたが、米国では性犯罪を犯した受刑者は、犯罪の中でも最もひどい犯罪だとの認識があること、、、物理的な去勢よりも米国の刑務所に送られることの方が別の意味で恐怖かもしれないです。

ちょっとホラーの始まり?と思い、笑ってしまったシーンもありました。物理的な去勢を求める検察側、、、世論はヨハンがどのような判決を下すかに注目中。しかし、物理的な去勢に反対する世論もあることから難しい判決となることが予想されました。

ドラマの途中、手術着にメスを持ったヨハンが登場して、被告人ナム・ソクフンに物理的な去勢を行うようなシーンが登場しましたが、これはガオンの夢でした。個人的には「医師ヨハン」のパロディのような感じで抜け間のある演出、嫌いではないです。どんな判決が下されるのか緊張して見ていたので、仕掛けに引っかかった気もしますが、やはり面白い!

政治家として母としてのイメージメイキングに成功したチャ・ギョンヒ(チャン・ヨンナム)。彼女に協力していたのは社会的責任財団の理事チョン・ソンアでした。最も悪はやはりすべてを操るチョン・ソンアなのでしょうか。

10年前の火災事件に、チョン・ソンアが関与している可能性があるのかも気になり、社会的責任財団の実質的な権力者への上り詰めた彼女のこれまでの経緯がどのように描かれるのか楽しみです。

第6話視聴率6.015%

daisySSさん

第6話あらすじ

拉致されたカン・ヨハン(チソン)、、、姪のエリヤはヨハンが帰宅しなかったことを知ると、早朝、キム・ガオン(ジニョン)を起こして心配。叔父を嫌っているエリヤが、彼が外泊をしたことに敏感に反応する姿に疑問を持ちます。

10年前、聖堂の火災で両親を亡くして以来、一度も家を留守にしたことがなかったことから、ヨハンに何かが起きたとエリヤは落ち着かない。一方、拉致されたヨハンは、自分を拉致した人物チョン・ソンア(キム・ミンジョン)が、過去屋敷で働いていた若いメイドだったことに気づきます。

無理やりキスするチョン・ソンアを避けるヨハンは、「変わらず、、、こそ泥かぁ、、、今は財団のメイドが?」と挑発的な発言をすると、過去を振り返ります。屋敷でメイドとして働いていたチョン・ソンアは綺麗で光る物への欲望を抑えられず、小さなものから一つ一つ盗みを働き、、、ヨハンに想いを寄せます。

一方、彼女が屋敷の物に手を付けていることを気づきながらも、沈黙していたヨハンは、ある日、乳母とチョン・ソンアの会話を耳にしてしまう。屋敷から次々に物がなくなることから、ヨハンの乳母に疑いを掛けられたチョン・ソンアは、その疑いをヨハンにかけます。

ヨハンを可愛がる兄の母が残した形見のネックレスにチョン・ソンアが手を付けたことを知ったヨハンは、彼女を許せず、、2階で窓を拭いていた彼女に近づくと、「僕のことが好きなんでしょう?なら証明して見てよ。ここの窓から飛び降りたら、君の気持ちを信じる」と語り、自分なりの方法で彼女を罰する。ヨハンが意図に気づかないチョン・ソンアは彼への気持ちを証明するために、本当に2階の窓から飛び降ります。

真相を知らない屋敷内では、ヨハンに恋をしたメイドが2階から飛び降りたとの話だけが残り、チョン・ソンアが盗みを働いていたことを知られることなく。。。拉致されたヨハンは、チョン・ソンアに屈することのない態度を見せ、チョン・ソンアは彼の命を奪うことなく彼を屋敷にかえします。社会的責任財団を通じて莫大な富を蓄積してきたチョン・ソンアは、公開裁判を通じて恐怖をあおることで更なる寄付が集まると、ヨハンを利用する目的。

失うものがない人は恐れるものがないと、強気に語っていたヨハンの言葉に、チョン・ソンアはヨハンを揺るがすための計画を実行。まずはヨハンと共に裁判を進める裁判官キム・ガオン(ジニョン)とオ・ジンジュ(キム・ジェギョン)のヨハンへの信頼を失わせるため、動き出します。

ガオンにとっては父のような存在であるミン・ジョンホ(アン・ネサン)に監視を付け、幼馴染で刑事のユン・スヒョン(パク・ギュヨン)を尾行させます。ガオンにヨハンへの反感を持たせるため、わざと尾行しているところを目撃させ、ユン・スヒョンを攻撃し怪我まで負わせたことで、ガオンはヨハンを疑い、、、彼に暴力まで振るう結果を生み出します。

一方のオ・ジンジュ裁判官には、彼女が持っている出世したいと思う気持ちを刺激し、オ・ジンジュは野望を叶えるため、、、ヨハンと対立するような状況へと持ち込む。チョン・ソンアに協力する法務部長官のチャ・ギョンヒ(チャン・ヨンナム)は、JUケミカルのチュ・イルド社長の裁判の際、証人(告発者)として法廷で証言をしたチャン部長にワイロを払い証言させたとの疑いをかけます。

ヨハンがチャン部長にお金を振り込んだことは事実だと認め、国民の判断に基づき自分を裁いて欲しいと申し出ると、、、チャ・ギョンヒは息子の復讐を果たせたと内心喜びを隠せない。その時、お金を受け取ったと語るチャン部長が現れ、真実を明かします。

告発者となり生活に困っていることを知ったヨハンが助けの手を差し伸べたのは、裁判が終わった後だと語り、、、投票の結果、90%をこえ圧倒的な支持を受け、危機を乗り越えたヨハン。

大統領を中心となる政財界の関係者が社会的責任財団を通じて、利益を着服していた疑いがあることを発表すると、多くの情報提供を求めます。

第6話感想

これまで権力を悪用し、社会的責任財団を通じて、莫大な利益を出してきた悪の中心となる5人の名前が公開され、、、犯罪を証明するための情報を求めるヨハン!彼は自分の財産を使って情報を提供してくれた人には謝礼金を支払うと宣言しました。

ヨハンを攻撃しようとしていた人物たちは逆に宣戦布告を受けるような状況となり、大統領を巻き込んでまで告発する大事件へと発展していくことになるようです。ドラマの展開から、、、社会的責任財団の本物の権力者はチャン・ソンアではなく、別に存在するような気がします。

大統領、法務部長官、サラムメディアグループの会長とミンボグループの会長に加え、チョン・ソンアが第7話からは、ヨハンの宣戦布告を受けて、防御及び本格的な攻撃を始めることになるようですね。

チョン・ソンアの意図したとおり、ヨハンへの反感を刺激され敏感に反応するガオン、、、果たしてガオンとヨハンの関係にどのような変化が起こることになるか、楽しみです。

サブタイトルは「アキレス腱」となっていますが、怖いものが何もないと語っていたヨハンにとってのアキレス腱は、姪のエリヤの存在。今後、エリヤの身に危険が及ぶことを示唆するような言葉で、ハラハラする展開が続くようです。

このドラマを見るたびに気になるのが、どんな意味が込められているのかが分からないヨハンが見せる微笑です。ドラマを見ながら様々な予想を繰り広げるのが好きな方は、ヨハンが見せる微笑が気になるはず!!チソンが出演するドラマは期待を裏切らない、、、演技力にプラスして展開も面白いです。

悪魔判事 7話・8話 あらすじと感想

悪魔判事 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー