怪異 3話・4話 あらすじと感想

怪異



怪異 괴이 (かいい) 2020年放送 全6話 TVING

neroさん

第3話あらすじ

突然凶暴化して負傷したウォンソク(キム・ドンヨン)を病院へ運んだハン・ソクヒ(キム・ジヨン)。幸いウォンソクの容態は回復に向かっているものの、医師も凶暴化した原因はわからないと話します。その後、部下からの緊急連絡を受け、慌てて管轄のチニャン郡へ戻るソクヒ。

一方、チニャン郡では次々に凶暴化した人々が暴れ出し、郡庁前は修羅場と化していました。その様子を郡庁の屋上から見ていたクァク・ヨンジュ(クァク・ドンヨン)は、興奮した様子で広場へ。襲いかかってきた男をハンマーで撲殺したヨンジュは、思わず快感を覚えます。車で逃走を図ろうとする郡守のクォン・ジョンス(パク・ホサン)は、豹変した秘書を見て驚愕。行き場を失くした人々は、皆庁内へ避難します。最後に郡庁へ入ったヨンジュは、人々に向かって、すぐに入り口を封鎖するように指示。すっかり怯えた人々はヨンジュの指示にだまって従います。

イ・スジン(シン・ヒョンビン)のおかげで同じく郡庁へ避難した、ソクヒの息子ハン・ドギョン(ナム・ダルム)。助けてくれたお礼を言うドギョンに、スジンは大丈夫かと声をかけます。そんななか、スジンはまたしても郡庁内で娘ハヨンを殺した男の姿を目撃。

男から逃げるようにして走り出すスジン。咄嗟に家の中に逃げ込み、包丁を手に男と対峙するスジン。しかし、ドアを開けて入ってきたのは男ではなく、スジンの娘ハヨン(パク・ソイ)でした。ハヨンとの再会を喜ぶスジンでしたが、またしても玄関の前に怪しい人影が現れ…。

ロビーに集まった人々の携帯に、次々と災難メッセージが届きます。その頃、突然連絡の途絶えたスジンを心配し、チニャン郡へ向かうチョン・ギフン(ク・ギョファン)。しかし、昨日の黒い雨によってすでに封鎖されたチニャン郡には軍隊が配置され、中には入れません。ニュースでは、黒い雨に化学物質が混入されていた可能性があると報道されます。

同じくチニャン郡が封鎖されたとのニュースを目にした僧侶ら。さらに郡庁のロビーに展示された鬼仏(悪鬼が宿る仏像)の目隠しが外された状態だと知り、僧侶らは頭を抱えます。目隠しは他でもない、鬼仏の力を封じる結界だったのです。

郡庁のロビーでは、昨日降った黒い雨のせいで人々が豹変したと推測するヨンジュ。恐らく雨の中に何らかのウイルスが混入されていたのだろうと話すヨンジュは、豹変した人々を1人残らず殺す必要があると主張します。「あんたらも見ただろう?あれが人間か?」ヨンジュの言葉に、周囲の大人たちは何も返すことができず…。その頃、ますます悪化していくスジンの状態。突然その場に気絶したスジンを見て、ヨンジュはスジンを殺そうとします。しかし、そんなヨンジュの前に立ちはだかるドギョン。

足止めを食らったギフンは、ふたたびスジンへ電話をかけます。すると、電話に出たのはスジンではなくドギョンでした。ドギョンからスジンが倒れたと聞き、驚くギフン。一方、同じく足止めを食らっていたソクヒがギフンから携帯を奪うと、息子ドギョンに安否を確認します。電話を替わったジョンスは、ソクヒがチニャン郡の派出所所長だと聞き、安堵。すぐに応援に駆け付けるというソクヒの言葉に、ジョンスはほっと胸をなでおろします。

ドギョンがスジンと一緒にいると知ったソクヒは、ギフンの車で一緒に郡庁を目指すことに。その頃、ヨンジュは人々に向かって、「昨日少しでも黒い雨に当たったという奴?」と尋ねます。数名が手を挙げると、彼らを集めて監禁しろと指示するヨンジュ。

第3話感想

ヨンジュの指示に従い、次々と昨日の雨に当たった人たちを拘束していく大人たち。原因は雨ではなくロビーに置かれた鬼像だというのに、なんともじれったい展開が続きます。。

それにしても、黒い雨の中にウイルスが混入されていたと主張するヨンジュ。急に饒舌になったヨンジュに、ちょっと違和感を感じてしまいました。まぁここ最近はゾンビものや変なウイルスを扱った作品が多くあるので、ヨンジュがそれを主張してもおかしいことではありませんが、なんだか無理矢理感が…。この部分に関しては、ちょっとリアリティに欠ける演出だったのでは?と思います。

一方、スジンが郡庁にいると知ったギフンは、同じく息子ドギョンを探すソクヒと一緒に郡庁を目指します。2人は無事、それぞれの家族と再会を果たすことができるのでしょうか。

第3話では、主人公のギフンの登場が少なくてちょっと残念でした。どちらかというと、ドギョンとヨンジュがメインだったのかな?と思うほど。。次回はギフンとソクヒの救出劇に期待したいです。

そして、結界を解かれた鬼仏は今も郡庁のロビーに。今現在、術(?)にかかっているのはスジンだけのようですが、今後他の人々も鬼仏の呪いにかかってしまうのではと不安がよぎります。あっという間に八方ふさがりになってしまった郡庁。とくに人を殺すことに快感を覚えるヨンジュの存在が、非常に厄介です。さて、次回はどんな展開が待っているのでしょう。

第4話あらすじ

かつては一緒にバイクに乗り、親しい兄と弟のような関係だったヨンジュとドギョン。ヨンジュは幼い頃、突然母親が連れてきた男に殴られ、辛い幼少期を過ごしたと語ります。すると、ポケットから折りたたみ式のナイフを取り出すヨンジュ。「だからこれが必要なんだ。自分の身を自分で守るために…」

ロビーに避難した人々の中から、昨日の黒い雨を浴びた者たちを一部屋に監禁するヨンジュ。その中にはスジンの姿もありました。ゴロツキの1人に監視を任せ、ふたたびロビーに戻ったヨンジュは、ジョンスがつけたテレビのニュースに目をやります。ニュースで黒い雨に含まれた化学物質が悪質なウイルスである可能性が指摘されると、それ見たことかと声を上げるヨンジュ。

その頃、スジンは娘のハヨンが事故に遭った日の出来事を振り返っていました。その日、文様解読家としてカンファレンスに参加したスジン。夫ギフンから連絡が入ると、重要な会議が入ってしまい、ハヨンのお迎えに行けなくなったと言われます。これには憤りを隠せないスジン。慌てて仕事を切り上げてハヨンの迎えに向かったスジンは、幼稚園の担任からすでにハヨンがバスを降りたと聞かされます。そんななか、信号待ちで止まったスジンの目に、1人で歩道を歩くハヨンの姿が。

車を降りたスジンはハヨンの名前を呼びますが、ハヨンが向かったのは横断歩道でした。ちょうどその時、ハヨンは向かいの道路に停まる父のとよく似た車を見つけたのです。横断歩道を渡るハヨンのもとへ、猛スピードで突っ込む1台のトラック…。

一方、ソクヒの案内のもと、道なき道をすすむギフン。車のミラーにかかった小さなぬいぐるみを見たソクヒは、「お子さん?いくつですか?」と尋ねます。そんなソクヒの質問に、曖昧な返事を返すギフン。その後、2人は村の外れにある家の前で車を降ります。道路にたまった真っ黒な雨水を見て、おもむろに指をつけるギフン。するとギフンは、これはウイルスではなく「怪雨」だと話します。

そんな2人に襲いかかる、無数のカラス!慌てて家の中へ逃げ込んだギフンは、机の上に砂糖をまき、そこに何やら模様を描きます。それは一時的にギフンが作り上げた結界でした。半信半疑で机の下に身を隠すソクヒでしたが、どうやら本当に結界が張られたように、まったく近寄ってこないカラスたち。

ふと室内に目をやったソクヒは、そこで血を流して倒れる男女の死体を発見します。慌てて机から出ようとするソクヒを制し、結界から出てはいけないとギフン。さらにギフンは、昨日降った黒い雨は「怪雨」と呼ばれ、何か不吉なことが起きると警告する天のお告げであると説明します。「重要なのはなぜ、怪雨が降ったのか。天は何を警告しようとしたのか。」そう話すと、ギフンはおもむろに携帯を取り出し、自分に仏像の調査を依頼した僧侶へ連絡を入れます。そこで僧侶から先日発掘された鬼仏が現在、チニャン郡の郡庁に展示されていると聞かされたギフン。さらに鬼仏は結界が外された状態であると聞き、ギフンは愕然とします。

今すぐチニャン郡へ向かうという僧侶を制止し、自分が郡庁へ行くと告げるギフン。すると僧侶は、決して鬼仏の目を見てはいけないと忠告します。その頃、次第に容態が悪化していくスジン。ついにはスジンの目も真っ白に濁ってしまい…。

第4話感想

なんとかチニャン郡へ到着したギフンとソクヒ。しかし、そんな2人を悪鬼の手下?と思われるカラスたちが襲います。やはりカラスはどこの国でも、不吉な予感を連想させる生き物のようですね。

今話も終始、ハラハラドキドキな展開がつづきました。なんとかチニャン郡へ入ったものの、2人は無事に郡庁まで向かうことができるのか。さらに郡庁でもすっかり悪鬼の呪いにかかってしまったスジンの姿が登場し、一刻を争う事態に。

僧侶の話によると、悪鬼は仏像の目を通して人々に呪いをかけるようです。その呪いにかかれば、自分の中にある地獄を見るのだと話す僧侶。まさにスジンが見ていたのは、愛娘のハヨンが亡くなる瞬間の映像でした。無惨にもその一生を終えたハヨンの姿を見ることで、憎悪に心をむしばまれていくスジン。こうして人々は、我を見失って近くにいる人を無差別に攻撃していったんですね。

いわゆるゾンビのようですが、ゾンビとはちょっと違う鬼仏の呪い。第3話の冒頭で一番最初に呪いにかかったウォンソクのその後が登場しましたが、つまりは一度呪いにかかっても、ふたたび正常に戻る可能性はあるということでしょうか。だとすると、ヨンジュが主張するように、無差別に人々を殺すのは絶対にあってはならないこと。一体どのようにこの事態が終息を迎えるのか、気の抜けない展開がつづきます。

やはり今話も、どちらかというと郡庁内での話がメインのような感じがして、ちょっと残念でした。もう少し主人公とその家族(スジンとハヨン)にスポットを当ててストーリーが展開してくれるといいのですが、、次回に期待です。




【放送情報】


【オクニョ運命の女】

●BS日テレ 全51話(2023/2/3から)月~金曜日13時から 字幕

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【智異山(チリサン)】

●BSテレ東 全16話(2023/2/6から)月~金曜日15:54から 字幕

智異山(チリサン)(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【人生最高の贈り物~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレQ 全50話 (2023/2/8(水)~) 月~金 8:00~

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋の予感〜モンシュシュ・シェアハウス】

●BSフジ(2022/2/8~)(水)10:00~(全2話・字幕)

恋の予感〜モンシュシュ・シェアハウス キャスト/あらすじと感想


【紳士とお嬢さん】

●テレビ東京 全68話(2023/2/9から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

紳士とお嬢さん(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想  視聴率


【九家の書~千年に一度の恋~】

●サンテレビ(2023/2/9)(木)スタート毎週 月-金曜日 13:00~ 放送

九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 (外部リンク・姉妹サイト)


【優しい男】

●BS松竹東急 全20話(2023/2/9から)月~金曜日16:30から 字幕

優しい男 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【ヒョンジェは美しい】

●WOWOWプライム 全50話(2023/2/13から) 月~金曜日8:30から 字幕

ヒョンジェは美しい 全50話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【一緒に暮らしませんか?】

●テレビ大阪 全72話 (2023/2/13~)月~金曜日 8:30から 字幕

一緒に暮らしませんか? 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【秘密の家】

●BS朝日(2023/2/13から)月~金曜日8:30から 字幕

秘密の家(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率


【師任堂(サイムダン)】

●BSテレ東 全40話(2023/2/15から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

師任堂(サイムダン)色の日記 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP