怪しい義母 視聴率 キャスト 相関図 感想 あらすじ


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

●【日本初放送】KNTV(2020/3/11から) 水曜日20:50から4話連続放送 字幕

【韓国放送期間】2019年 5月20日から 11月8日まで

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

 

怪しい義母

수상한 장모

2019年放送 SBS 全123話

視聴率

平均視聴率 6.0% 시청률 最低視聴率第83回3.6% 最高視聴率第120・122回7.8%

SBS 수상한 장모

あらすじ

ウンソク(パク・ジヌ)は日本留学中にデザイナーのジェニー(シン・ダウン)と出会い一目惚れする。韓国に帰国後、祖父が会長を務めるJグループで働くことになったウンソクは帰国したジェニーと仕事で再会する。誠実なウンソクにジェニーも好感を抱き、惹かれ合う2人は結婚を決める。だが、ジェニーの母であるスジン(キム・ヘソン)はウンソクとの結婚に猛反対する。義母の常軌を逸した言動を不審に思うウンソクだったが、実はスジンは25年前にジェニーを誘拐し、実の母と偽ってジェニーの稼いだ金を浪費しながら暮らしてきたのだった。ジェニーの本当の正体を隠すため、スジンは婿となったウンソクに憎悪を募らせる。そんな中、ジェニーの生き別れた姉のソンア(アン・ヨンホン)もデザイナーとしてJグループに入社することになり…。

出典:https://knda.tv/kntv/program/kn200307/

相関図

準備中

キャスト

キム・ヘソン ワン・スジン役 (55歳) ジェニー(シン・ダウン)を誘拐して育てた女性、ジェニーブランドの総責任者、過去スリなど犯罪歴あり黒薔薇事件真犯人

シン・ダウン ジェニー役 (29歳)ベールに包まれたファッションデザイナー陽気陽気で、複雑な問題を単純化させるシンプルな性格。ママ、スジンとは、かけがえのない母娘間である。スジンの養女

パク・ジヌ  :オ・ウンソク役(33歳)留学出身コンサルティングの専門家、株式会社ジェイグループ(祖父が会長を務める)で働く。ジェニーの恋人。静かながらも柔らかい性格 祖父の特別な愛を受ける。祖父は自分のビジネスを ウンソクに譲ってあげたい後継者教育をさせようとが 一緒に住む叔母エリはいつもウンソクを牽制する。

ソン・ウヒョク  :アン・マンス(34歳)-ホテルビジネスマン、韓国系アメリカ人、現在、日本に居住しているジェニーに好意。スジンの実の息子。祖父からものすごい財産を受け継いだ不動産財閥。

アン・ヨンホン  :チェ・ソンア(36歳)-ジェニーの実姉、デザイナー、離婚の女。たくましい性格。 ウンソクの要請でウンソク会社のデザイナーとして働くことになる。

キム・ジョンヒョン  :イ・ドンジュ(37歳)-クイック配送員→ジェイグループオ会長の実行アシスタント、ソンアの恋人→夫 警察学校を首席で卒業した後、警察の現場で働いた経験者。濡れ衣で責任をかぶった後、警察から辞職した過去がある。

 

オ・ウンソクの家族

コ・インボム :オ会長役(80歳)-ジェイグループ代表会長、ウンソクの父方の祖父。持病を患っており、仕事を整理して休まなければならないという医師の話を聞いて密かに企業をまとめている。ウンソクを後継者と考えている。

ヤン・ジョンア  :オ・エリ役(58歳)-オ会長の娘であり、ウンソクの叔母、ジェイグループのマネージング専務。この世界の人々をセレブとセレブない人に区分する 選民意識を持つ女性。

ファン・ミョンファン  :キム・ヨンマン(33歳)-エリの息子、ソンアの元夫、ジェイグループ常務。ウンソクのいとこ。ウンソクと年齢は同じ

ハン・ソヒョン:キム・ウンジ(27歳) – アリの娘。ヨンマンの弟、ウンソクのいとこで秘書室長

 

ソンアの家族

ユン・ボギン :○○役(57歳)-ソンアの母親であり、ジェニー(チェ・ギョンア)の実の母、過去クッパ家の運営、現在はカルビ家運営中

 

イ・ドンジュの家族

○○ :○○役(30歳)-ドンジュの妹、フリーランスのジャーナリスト記者、ジェニーとスジンの正体を明らかにしたい人物

○○  :○○役(11歳)-ドンジュの娘

 

その他の人物

ソン・ヨンジェ  :ハン・チョルホ(45歳)-出版社部長、ドンジュの妹の上司

ヤン・ヨンジョ  :○○(50歳)-オ会長の長年の腹心であり、秘書

○○:パク・ギョンス役(38歳) – 警察出身、用事センター運営、ドンジュの補助者(88回死亡)

チョ・スビン  :ジン・エヨウン(29歳)-ヨンマンの内縁の妻であり、アシスタント、トロット歌手(芸名:タミー州)

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /脚本:キム・インガン 演出:イ・ジョンフン


●以下感想ネタバレ有。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


話数ごとのあらすじと感想

なんだかなぁさん

●長編ドラマを観ない自分も観いってしまった作品
韓国ドラマ「怪しい義母」を観ようと思ったのは「ゴージャスな俳優陣が出演している」からです。「パク・ジヌ」や「キム・ヘソン」「シン・タウン」といった韓国を代表する俳優陣が出演していたので、「これは観ないと」と思い、期待して観ていました。

「怪しい義母」は、韓国でも初回から人気が高く、初回放送で「5.6%」という視聴率を叩き出しました。最終話まで評判も良かったようで、日本でも「KNTV」で初放送。それほど面白い内容になっています。怪しい義母を観た感想としては「長編ドラマだけど観ていても飽きない面白さ」です。

自分は怪しい義母を観るまでは、あまり長編ドラマが好きではありませんでした。理由は「同じような内容を繰り返している」ような感じがするのと、「最初の頃に起きたことや登場人物がわからなくなる」からです。観ていて「あれ、こいつどこかで登場していたな」と、どこの場面で登場してきたのか、記憶を引き寄せなければならなくなり、その時の内容が頭に入らなくなってしまいます。

しかし、怪しい義母は「飽きることなく観ること」ができました。確かに、最初の方に登場してきた人物を思い出すという作業はありましたが、内容がとても興味深く、真剣に観いってしまい、時間を経つのも忘れるほどでした。ここまで長編ドラマにのめり込めるのも「ストーリー展開が面白い」からだろうなと思いました。

自分の中では、怪しい義母で出演している俳優陣で、ジェニー役を演じている「シン・タウン」が好きです。今回は、ベールに包まれたファッションデザイナー役で、陽気な性格が複雑な問題を単純化させてしまうシンプルな感じが、とても好きです。役柄もシン・タウンに合っているなと思いますし、ジェニーを育てたワン・スジン役を演じている「キム・ヘソン」もとても合っていると感じたので、素晴らしいキャスティングだなと思いました。

韓国ドラマ「怪しい義母」は、韓国の長編ドラマの中でもグンを抜いて面白い作品になっていると自分は思っているので、ぜひ韓国ドラマ好きの人には観てほしい作品のひとつです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー