今からショータイム! キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率

2022年



放送予定 

【日本放送】 

●【日本初配信】Hulu 2022年10月4日(火)から独占配信。

日テレドラマ

【韓国放送期間】 2022年4月23日~6月12日 午後8時40分~

今からショータイム!

지금부터, 쇼타임 From Now on, Showtime!

2022年放送 MBC   全16話

視聴率

平均視聴率 3.38% 시청률 第1回2.8% 最低視聴率第3回2.3% 最高視聴率第8回4.6%

 

今から、ショータイム!

出典:program.imbc.com

 

あらすじ

売れっ子魔術師のチャ・チャウン(パク・ヘジン)と、正義感溢れる熱血巡査のコ・スルへ(チン・ギジュ)が、幽霊と協力するコミカルな捜査ドラマ

相関図

出典:MBC

キャスト

主要人物


出典:MBC

パク·ヘジン チャ·チャウン役
ひんやりするほど完璧なルックスと、それよりも冷やかな毒舌がトレードマークの、カリスマ魔術師。独歩的な魔術の実力で現実ホグワーツ卒業生ではないかという議論を巻き起こし、放送と舞台を縦横無尽に活躍中だ。でも、彼には秘密が一つあったのだから…。彼のマジックがトリックや手先ではなく「本物の超自然現象」という点!

そうだ。チャウンは幽霊を見て会話できる能力者で、幽霊職員たち(?)の家内手工業式労働を華麗な魔術で演出してきたのだ。「お金さえあれば幽霊も使う」という言葉を自ら実践し、天上天下の幼児独存、物質万能主義フレックスライフをきちんと楽しみながら生きている。


出典:MBC

チン・ギジュ コ·スルヘ 役
正義感に燃えるカングク派出所の熱血巡査。北斗七星の加護を受け、天の意思を人間の世界に実現する運命を持つ女性。

よく笑って、よく泣いて、よく食べて、よく走る。中高生時代、地域柔道大会を席巻した実力者で、2~3日ほど徹夜で体力を発揮した。情が深くて陽気な性格のおかげで周りに人が多く、初対面の人も武装解除させる、ずうずうしく、対策のないビーグル美の持ち主。おかげで捜査方式も頭で考えるよりは、足で走り、対面聞き込みをする方式だ。時々前後の区別なく行動ばかり先走っているため、そばで見るチャウンの服装を悪くする。


出典:MBC

チョン·ジュンホ チェ・ゴム役
車氏家から代々仕えてきた将軍神。チャウンの祖父チャ·サグムの死以降、今度はチャウンの体の主神になるためにやってきた。

ところで将軍は刀ではなく口でできたのか、いやだというチャウンにくっついて、暇さえあればゆらゆらと新降り出し営業に、鉄器時代的な年老いた人まで憎らしい姑が他にいない。それだけでなく、成仏が遠からずこの世でのYOLOライフを楽しむべきだと、マッサージチェアに泡風呂、デリバリーグルメチャレンジに、ガールズグループのオタ活まで!流行という流行はすべて真似して、チャウンの財産を使い果たす。

チャウンの周辺人物


出典:MBC

チョン·ソクヨン ナム·サングン役
「マジックファクトリー」のファザーテレサ。 最古参、ナム部長。宅配便の運転手として働いていたが、交通事故で死んだ。妻と娘を手厚く愛した家庭的な夫であり父親で、チャウンの建物で妻がカフェを運営するようにする条件で、チャウンのきつい仕事にも一言の不平もなく、数年間耐えている。


出典:MBC

コ·ギュピル マ·ドンチョル役
「マジックファクトリー」の狂犬。 力担当、マ課長。鳳凰柄のシャツ金の首飾りをつけたがらくたの元組暴。
かっとする性格に言葉も荒く、無知この上ないが、女性の前に立つと、全身ぶるぶる震えながらしどろもどろする持病(?)を持っている。恋愛一度もしたことがなくて死んだのが恨みで、娘の幽霊との合コン斡旋と魂結婚式の成功を約束されて就職した。


出典:MBC

パク·ソヨン カン·アルム役
「マジックファクトリー」の正常ではない子。 機械、電子装備担当、アルム社員。末端ではあるが名門大学工学部生らしく照明、音響、通信など各種機械が上手で、マジックショーになくてはならないブレーンの役割をしっかり果たしている。仕事以外のすべての時間をゲーム、アニメ、ミードに狂って生きるオタク。ゲームギルド戦に参加するため、新作アニメとミードの来季を見るので!!死んでも去らず、この世にとどまっている。


出典:MBC

キム·ウォネ チャ・サグム役
生涯、将軍神である崔剣を祀ってきた拍手 (中・北部の神懸かり男シャーマン)、巫覡。聖情が非常に清らかな道士で、巫俗界の灯台のような存在であり、その神器もまた誰とも比べものにならないほど強かった。家の代々悪鬼が閉じこめられた封印箱を守ることを役目とした。退魔意識中に負った傷で臨終を迎える中でも、孫のチャウンを懐かしく思い、チャウンが自分を継いで将軍様を仕えるようになると遺言を残す。


出典:MBC

チャ·ミギョン ナ·グムオク役
「不死おばあさん」を身ごしらえしている、チャ・サグムの長年の同僚、満身。頑固でしっかりしているが、本音が深い慶尚道(キョンサンド)のおばあさんだ。人間文化財に登録された実力者であるにもかかわらず、貧しい隣人にはお金ももらわずに助け、グッドをして孫娘のイェジの不満を買う。チャ・サグムとチェ・ゴンの助けで命を救ったことがあるので、チャ・サグムを巫覡として尊敬し、人間的に切ない。


出典:MBC

チャン·ハウン チョン·イェジ役
ナ・グムオクのたった一人の孫娘。さわやかでしゃきしゃきした、かわいい巫女だ。花の年頃に巫女の道を歩かなければならない宿命を悲しまないかと?ノーノーノー。とんでもないお言葉。今の世の中で、「こんなに能力のある生涯専門職がどこにあるのか」と自負している。

スルへの周辺人物


出典:MBC

キム·ジョンテ コ·ヨンシク役
早くに妻と死別した後、一人で娘のスルヘを育ててきた。正義の熱血刑事で、ほとんど事件現場で暮らしていたため、たった一人の娘を差し出す陰で、いつもスルヘに叱られる。しかし、それだけ高校生の娘と友達のように口げんかをしながら激しく過ごす娘バカ。妻にそっくりのスルヘが父親とだけ暮らしていて、ますますがっちりしているようで心配だ。


出典:MBC

キム·ジョンフン ソ·ヒス役
スルヘの長年の片思いの相手であり、カングク警察署の刑事チーム長。
カングク署長ソ·チャンホの一人息子であり、警察隊出身エリートというスペックはもちろん、明晰な頭脳と穏やかな性格、イケメン顔ぶれと全国体育大会優勝の柔道実力まで兼ね備えた「オム·チンア」のアイコンのような男。10年前、父が亡くなってから3年間、スルへと同じ家で過ごし、実の妹のように可愛がってばかりいたのに…。 知らないうちに彼女を女として見るようになった。ぎこちなくもあって、父の反対にその気持ちを一度も表現してみなかったが、もう告白する時になったようだ。

カングク署の人々


出典:MBC

チョン·ジェソン ソ·チャンホ役
ヒスの父。自分の成功と利益のためなら、子どもも道具に使える出世主義者。現在はカングク警察署長だが、次の国会議員選挙に出馬する野心がある。10年前ヨンシクが追っていた殺人犯逮捕現場で自分のミスで殺人犯を逃すと、一抹の罪悪感はあり、スルヘが高校を卒業するまで自分の家に育て上げた。それで心の借りを払いのけたと思ったが、スルヘがチャウンと出会い、ますますヨンシク事件の真実に近づき、息子のヒスもまた、スルヘのため政界との縁談に非協力的に出ると、日に日に気が引ける。


出典:MBC

チェ·ムイン ミン·ホンシク役
オヤジギャグのマニアの交番長。無事故で定年退任が願いのFM公務員で、毎回出動すると、事件を大きく育ててくるスルへのため頭が痛い。外見は年寄りの小言に見えるが、過去、お父さんのヨンシクと同じチームで働いたことがあるので、刑事課に行くために孤軍奮闘するスルヘを実の甥のように心配して支持する。


出典:MBC

アン·ジュングォン キム·イルギョン役
スルヘの先輩で誠実で頼もしい。空気を読んで所長のオヤジギャグに腹を抱えて笑いながら、気分を合わせることもできて、後輩たちの事情を事前に知り、配慮する心遣いも温かい。スルヘがチャウンと一緒に町の事件を解決してマスコミの注目を集めると、心から応援して誇りに思う。


出典:MBC

キム·ヒジェ イ·ヨンリョル役
スルヘの副社長であり、パトロールパートナーでもあるが、本性は正義感あふれるたくましい巡査。村でけんかを止める。偶然イェジと出会った瞬間、一目ぼれする。彼女が巫女だという事実さえ、彼には問題ではない!高慢に見えるがそれとなくお粗末で引っ張ると引っ張られるイェジが、ヨンリョルはただただ可愛くてたまらない!


出典:MBC

ヤン·ジュホ ピョン・テシク役
自分より年下のヒスがチーム長を務めていて、いつもいらいらする刑事だ。目上の人に媚びることと並ぶことで昇進を狙うヤバい人。署長のチャンホにぴったりと寄り添い、彼が指示するさまざまな雑事を先導して手伝っている。


出典:MBC

チェ·ヨンウ アン·チフン役
まじめで抜け目のない刑事チームの末っ子。ヒスチーム長の言葉によく従い、支えるのがうまい後輩として信任を受ける。

 

出典:MBC

スタッフ /演出:イ・ヒョンミン、チョン・サンヒ、脚本:ハ・ユナ

作成:え

話数ごとのあらすじと感想

neroさん

今からショータイム! 1話・2話 あらすじと感想
今からショータイム! 3話・4話 あらすじと感想
今からショータイム! 5話・6話 あらすじと感想
今からショータイム! 7話・8話 あらすじと感想
今からショータイム! 9話・10話 あらすじと感想
今からショータイム! 11話・12話 あらすじと感想
今からショータイム! 13話・14話 あらすじと感想
今からショータイム! 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●売れっ子マジシャンと正義感あふれるヒロインが繰り広げる、ドタバタラブコメディ!!

笑えて泣けてまた笑える、個性豊かな幽霊たちとのエピソードが満載です。主人公のチャ・チャウン(パク・ヘジン)は、テレビ出演にCMオファーにと引っ張りだこな天才マジシャン。しかし、そんなチャウンには誰も知らない秘密が…。実はチャウンのマジックをサポートしていたのは、3人の幽霊だったのです。

ひょんなことから、そんなチャウンの秘密を知ってしまったコ・スルヘ(チン・ギジュ)。熱血巡査のスルヘは、チャウンと協力して捜査を行うことに。いつしかお互いに惹かれ合っていく2人。しかし、実はチャウンとスルヘの過去にはとある因縁がありました。

パク・ヘジン演じる主人公チャウンとチン・ギジュ演じるヒロインのスルヘ、この2人のケミ(相性)がなんとも絶妙で、まるで夫婦漫才のような息の合う演技を披露しています。後半、お互いの想いを告白し、晴れて交際をスタートさせた2人。スルヘにメロメロなチャウンが、コミカルかつキュートでした。

主演を務めたパク・ヘジンは、「フォレスト」や「コンデインターン(原題)」など、ここ最近注目している俳優の1人です。淡々とした演技ながらも、どこか人を惹きつける魅力を持っているパク・ヘジン。本作でも、最初は他人に心を開こうとせず、どこかトゲのある男性を演じ、その閉ざされた心がヒロインとの出会いによって、次第に開かれていく姿を見事に表現していました。

そして、お相手を務めたチン・ギジュ。チン・ギジュの作品は本作が初めてでしたが、これまた透明感があって、ついつい見惚れてしまう女優さんだなと感じました。他の出演作品もぜひ、見てみたいと思います。

また他にも、主人公チャウンの家に代々仕える将軍神チェ・ゴムを演じたチョン・ジュノや、チャウン率いるマジックファクトリーの社員として、チョン・ソクヨン、コ・ギュピル、パク・ソヨンなど、個性豊かなキャストが名を連ねています。幽霊を題材にした作品では必ず付いてくる“成仏”という名のお別れ。とくに終盤で描かれた社員たちの成仏シーンは、思わず涙してしまいました。

全体的にはコメディタッチに描かれている本作ですが、人と人とのつながりや、前世と現世の縁、生と死など、色々と考えさせられる内容が満載でした。さらにチャウンとスルヘの前世を描いた場面では、時代劇初挑戦となったパク・ヘジンの演技にも注目です。

パク・ヘジンファンはもちろん、ラブコメが好きな方、コミカルな作品が好きな方、ちょっと泣けるドラマを見たい方にオススメの作品です。




【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP