今、別れの途中です 9話・10話 あらすじと感想

今、別れの途中です



今、別れの途中です 지금, 헤어지는 중입니다  2021年放送 SBS金土 全16話

第9話視聴率6.9%

daisySSさん

第9話あらすじ

ユン・ジェグク(チャン・ギヨン)の母ミン・ヘオク(チャ・ファヨン)にジェグクへの気持ちを伝えるハ・ヨンウン(ソン・へギョ)。ヨンウンの気持ちを聞いたミン・ヘオクは二人の愛に確信を持てるよう自分を十分に説得したら、二人の交際を認めると話します。

その頃、ヨンウンの母カン・ジョンジャ(ナム・ギエ)も娘から交際している男性がいることを知らされ喜びを見せます。ヨンウンの父が退職する日、ヨンウンと共に現れたジェグクを発見すると父も喜びを見せます。しかし、ジェグクがユン・スワンの弟だと知ると、ヨンウンの両親も二人の交際に反対する意見を出し、悩むヨンウン。

ヨンウンとの交際を母に認めてもらいたいジェグクは、母を説得しようと食事に誘ったり、お花を送ったり、、、ヨンウンと既に会って話し合ったことをジェグクに内緒にするミン・ヘオクは、ヨンウンを自宅に招待します。

食事に招待された日、先に到着したヨンウン、、、ミン・ヘオクは冷たい態度で彼女を迎え入れます。ヨンウンが通された部屋はユン・スワンが使っていた部屋で、わざと部屋のドアを開けっぱなしにして、ジェグクと一緒に写る写真をヨンウンに見せる。スワンの写真を見たヨンウンは涙を浮かべ、今後ジェグクと一緒にいるということは亡くなったスワンも一緒にいることになるのだと語り、二人の交際を反対するミン・ヘオク。

その後、ジェグクが到着し、彼を見たヨンウンは先に失礼すると去る。兄スワンの部屋のドアが開いていることを確認したジェグクは、母の意図を確認しようとします。

ヨンウンがスワンと付き合っていたこと、彼が死を迎えて弟のジェグクと付き合うことができるか否かを確認したのだと語るミン・ヘオク。ヨンウンもスワンとのことを乗り越えることはできないと、涙を見せます。

「10年前のあの2ヶ月を消したくなる程、後悔している。これまで一度も後悔したことのなかったあの2ヶ月を初めて後悔するほどあなたを愛している。だからあなたに申し訳ない気持でいっぱい」、と気持ちを伝えるヨンウンを、ジェグクは静かに抱きしめます。

第9話感想

10年前の2ヶ月間の恋は、、、その後巡りあえた運命の相手ジェグクとの恋を邪魔する存在となる、、、涙を見せるヨンウンの姿に切ない気持になるエンディングでした。ストーリーの展開は予想できるシンプルなものですが、主人公ヨンウンとジェグクの相性が抜群によくて、ドラマにハマりました。

ジェグクへの気持ちが大きい分、ユン・スワンとの過去を乗り越えるのが難しいのでしょうか。ジェグクは何があってもヨンウンとの恋を守ろうとする姿勢を見せるようで、果たしてヨンウンもジェグクへの恋を守り通すことができるのか、ドラマの今後が楽しみです。

今話、クァク・スホ(ユン・ナム)とチョン・ミスク(パク・ヒョジュ)のストーリーも進展がありました。チョン・ミスクが癌を告知されたことを知った夫クァク・スホは、これまで妻をケアできなかったことを反省し、残された時間を妻と過ごすために会社を退職することに!

しかし、ミスクは抗がん剤治療を受けることを拒否、最後まで病院のベッドではなくやりたいことをして過ごしたいとの気持ちをつらぬこうとします。会社の部下と不倫していた夫クァク・スホ、、、果たして彼の不倫がバレることなく、ミスクは本当に治療を最後まで拒否することになるのでしょうか。

思った以上に魅力のあるキャラクターがファン・チスク(チェ・ヒソ)でした。ジェグクとヨンウンが付き合っているのを父に隠すため、ソク・ドフン(キム・ジュホン)に嘘の恋人になって欲しいと語る大胆な計画を進め、自分がユン・ジェグクではなくソク・ドフン(キム・ジュホン)に興味があり、結婚へと進むことがなかったというシナリオを展開するようです。

チスクは父にわざとソク・ドフンとキスする場面を父に見せたりと自分なりに行動を起こしますが、チスクの父ファン会長は本当に二人が付き合っているのかを疑っていた矢先、会社でソク・ドフンを発見するとチスクとの関係を尋ねます。

チスクから嘘の恋愛を演じて欲しいと提案されたことを正直にファン会長に話すソク・ドフン。しかし、彼女に対する自分の気持ちは本気だと伝え、ソク・ドフンの言葉を信じるファン。ソク・ドフンを気に入ったようで、「とりあえず、その髪型を何とかしなさい。チスクは外見重視だからね・・・」とアドバイスをします。ソク・ドフンはタイプではないと語るチスクですが、ドフンが気になる様子で二人のラブラインが面白いです。

ジェグクの母だけでなく、ヨンウンの両親までジェグクとの交際を反対した状況、、、ヨンウンはスワンとの過去を乗り越え、ジェグクと幸せなエンディングを迎えることになるのか、それともドラマのタイトル通りに二人が別れることになるのか、目が離せなくなりました!

第10話視聴率6.8%

daisySSさん

第10話あらすじ

ハ・ヨンウン(ソン・へギョ)とユン・ジェグク(チャン・ギヨン)が付き合っているのを知ったヨンウンの母カン・ジョンジャ(ナム・ギエ)は、ミン・ヘオク(チャ・ファヨン)を訪ね、、、ユン・スワンが10年前に亡くなったことを知らされると、強いショックを受けます。

ジェグクの実家を飛び出た後、ヨンウンの側で静かに彼女を見守るジェグクの姿にヨンウンは自分の彼への気持ちの大きさを再確認。別れることになったとしても、今彼を愛することを諦めることはないと心のうちを明かす。

その夜、ヨンウンの母はジェグクの兄がユン・スワンで彼が10年前に亡くなっていることから、ジェグクと別れるよう説得します。ジェグクが母と家族の縁を切って、ヨンウンを選択したとしても幸せになれないと、、、娘にジェグクを諦めるよう話す。しかし、ヨンウンはお互いへの気持ちが冷める時が来るならその時に別れると、今は彼を諦めることができないと母に反発。

ジェグクの写真館(スタジオ)に現れたシン・ユジョン(ユン・ジョンフィ)は、ヨンウンとジェグクの恋を邪魔するためヨンウンに酷い言葉を浴びせます。シン・ユジョンの無礼な発言を耳にしたジェグクはとめに入りますが、「旅行先で出会った女性との交際が許されたと思いますか。スワンさんは母から交際を反対され、飲めないお酒を飲み、、、事故に遭遇・・・」と引き下がらず語るシン・ユジョン。

ジェグクは彼女を外に連れ出すと10年前のシン・ユジョンが知らなかった真実を話します。ユン・スワンは、事故に遭遇したあの夜、ヨンウンと別れるため、、、彼女に別れを告げるため約束場所に向かっていたことを聞かされたシン・ユジョンは、涙を見せます。自分を捨ててヨンウンを選択したと誤解していた様子。

ヨンウンとジェグクを別れさせるため写真館に現れたヨンウンの母は、彼が婚外子だという理由でヨンウンと交際することを反対するとひどい言葉を浴びせます。あえてジェグクが傷つく言葉を選んだカン・ジョンジャ。

母がジェグクに酷い言葉を浴びせるのを目撃したヨンウンは、ジェグクに申し訳なく連絡ができず、ジェグクもヨンウンに連絡ができずいる状況。勇気を出して先に連絡を取ったのはヨンウンでした。母の「婚外子」という発言に黙って何も言えなかったジェグクの姿が気になり、彼のせいで婚外子として生まれたわけではないと語るヨンウン。ジェグクは「僕のために怒ってくれる人がいるって、嬉しいことです」と語ると微笑み、やっと心から本気で愛する人と巡り合えたと気持ちを伝えます。

その頃、スワンとジェグクが写る写真を見つめるミン・ヘオク。ヨンウンがジェグクを諦めないとこの世に自分は存在しなくなると語っていたミン・ヘオクの言葉を思い浮かべながら、、、ヨンウンは自分の気持ちに嘘をつけず、「私にとってもあなたは最後の愛」と語る。

第10話感想

周囲の反対にも拘わらずお互いの愛を確かめ合うヨンウンとジェグクは、別れる選択をするつもりはないようです。ヨンウンが昔のドラマの悲劇のヒロインのように映り、ドラマを楽しく視聴はしていますが、少し物足りなさを感じました。

二人の交際を反対するミン・ヘオクの言葉をこれまで、家族として縁を切るという風に解釈していましたが、今話の進む感じだと彼女が死を覚悟しているように映り、結局、ヨンウンがジェグクとの別れを選択するという展開へと発展する可能性が出てきましたね。

10年前、ユン・スワンが自分ではなくヨンウンを選択したと誤解していたシン・ユジョン、、、彼女の記憶をたどるシーンから、事故が起きた原因にシン・ユジョンがあったのかなぁと、推測することができました。スワンが運転する車を追いかけていた車はシン・ユジョンが運転する車だったことから、結局事故を引き起こす原因を彼女が与えた??10年前の事故の夜、何が起きたのかの詳細が今後明かされることになるのでしょうか。

チョン・ミスク(パク・ヒョジュ)は自分の死後を考え準備を始めます。チョン・ミスクが登場するエピソードはとてもリアルで、主人公のヨンウンとジェグクのストーリーとは対照的。ヨンウンとジェグクが付き合っていることを父に秘密にするために始まったソク・ドフン(キム・ジュホン)との嘘の恋愛が、本物へと変わろうとするファン・チスク。

髪型を変え、服装まで変わったソク・ドフンは、、、つまり、チスクの好みの男性像で現れ、真っ直ぐで変わらないチスクへの愛を誓うソク・ドフンに心を奪われた様子。この二人のリアルな恋も本格的に始まることになりますね。

ジュグクが10年前、ユン・スワンはヨンウンと別れる決心をしたこと、ヨンウンに話さなかったのは彼女への配慮だったのでしょうか。

今、別れの途中です 11話・12話 あらすじと感想

今、別れの途中です 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 




【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【ボーイフレンド】

●テレビ愛知 (2022/12/8(木)~)月曜~金曜 朝8:15~

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い海の伝説】

●BSJapanext 全26話(2022/12/16から)月~金曜日7:30から 字幕

青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP