今、別れの途中です 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

今、別れの途中です



放送予定 

【日本放送】

●【日本初配信】Amazon Prime Video(2022/1/28~)独占配信

【韓国放送期間】 2021年11月12日~2022年1月1日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

今、別れの途中です

지금, 헤어지는 중입니다

2021年放送 SBS金土 全16話

視聴率

平均視聴率 6.63% 시청률 最低視聴率第14回4.2% 最高視聴率第2回8.0%

出典:https://programs.sbs.co.kr/

あらすじ

長い間友情を保っている女高の同窓生3人を巡る、“別れ”と書いて“恋”と読む甘くてしょっぱい、辛くて酸っぱい別れのアクチュアリー

相関図

出典SBS

キャスト

主要人物


出典:SBS

ソン・ヘギョ ハ・ヨンウン役 38歳。ファッション会社『ザ·ワン』のトップブランド『ソノ』のデザインチーム長

冷静な現実主義者で、賢い安定第一主義者。生物学的年齢は38歳だが、ファッション会社のデザイナーという職業なので、自己管理を徹底し、トレンドにも敏感。相変わらず若く、相変わらず美しく、相変わらず感覚的な女性。

仕事も、愛も、プロで、自分の能力を提供するが、補償は確実に確保する。心が惹かれ、体が惹かれる瞬間なら、一夜の恋もOK。仕事でも愛でも感情をのせたら、期待するようになり、期待以上に失望は大きくなるからだ。そして、すでに10年前に誰よりも強く、痛く、経験したから。

セレブに次ぐ華やかな人生を維持する、 かなり良い人生のようだが、ぴったりパフでいくらぎゅっと押さえても、クレンジングが一度で現れる。目元のシワのように、ヨンウンの茹でた化粧で隠せない現実の厳しさがある。

女子高の同窓生でオーナーの娘でもある、ファン·チスクの実力をい、事故処理専門班を担当。ウィロはファン·チスクの父親であると同時に「ザ·ウォン」の主人であるファン代表の信任を、下では後輩たちの尊敬を同時に、世話をしていたある日、ファン·チスクの代わりに出たお見合いの席で、ユン·ジェグクに会う。

人生、分かるほど分かると思い、「恋、やるだけのことはやってみた」と自信を示した。「もう私の人生にこれ以上男のせいで、愛のせいで揺れることはない」と断言したが、考えが変わる。この男、ユン·ジェグクのせいで。


出典:SBS

チャン・ギヨン ユン·ジェグク役 32歳。フリーランスのファッション専門フォトグラファー

外形的に彼は完璧だ。脳神経外科専門医の父からは明晰な頭脳を、しっかりした流通業を運営する母方からはかなり余裕のある服をオプションで装着。自由な魂の持ち主で、現在はパリでフリーランサーファッション専門のポーターとして活動中。

カルペ·ディエム、今日を楽しみながらこの瞬間に最善を尽くす!パリ滞在の真のパリジャンで、人生を楽しんでいる。フォトのクオリティとユニークさは日に日に上昇。その床では働きたくて並ぶホットなポーターなのに、「仕事も人も不可近」不可遠の原則を守るため、国籍も名前も、正確に知られていない男。

しかも素敵だ。当然、多くの女性と長く短い恋愛史を 詠んでも、9泊10日だけで終わり、愛だの義務だの、甚だしくは責任だの、未来というものを一生宿題のように背負っていかなければならない人生は絶対お断り。彼は非婚主義者であり、個人主義者であり、ロマンチックな自由恋愛主義者だから。

しかし、愛というものは、人生というものは計画通りには回らない。チェグクにとってはヨンウンという女性がそうだった。ヨンウンは誰も見ることのできなかったチェグクの心の断面、 その一コマを大切にしていた。そしてその日の感性を、 僕と他の時空間でしまっていた女。


出典:SBS

チェ·ヒソ ファン·チスク役 38歳。<ザ·ワン>デザインチーム総括取締役

ファッショングループ<ザ·ワン>の長女で、ヨンウンと女子高の同窓生。自称セレブと自負し、まず身上をゲットする財力を持っているが、妙にアンバランスな、いつもオーバーで、なんとなく不便なファッションを本当に一貫性のあるものにしている。

人から見ればオーナーの娘だから、世の中うらやましいことはないだろうが、彼女は欠乏だらけの女だ。現在は<ザ·ワン>の取締役として在職中。名は立派だが、実質的にやることはない。ねたみ、嫉妬、劣等感、自己卑下。資格の至心
醜くて醜い人はない。見てる人よりもっと苦しいのは、死に物狂いでできない自分自身だ。だから寂しい。

そうして人生に悲しく、愛に寂しかったある日、チェグクを見た。ヨンウンにまともにはまったこの男。能力のないことは認めるが、 男まで奪われるわけにいかないのか。

ところが、チェグクでなくソク·ドフンという男がふざける。ビジュアルであれスペックであれ、(特にフィジカル!)まったく話にならないこの男が思い出される。


出典:SBS

キム·ジュホン ソク·ドフン役 40歳。<ビジョンピーアールPR>代表

ファッションショー、グラビア、セレブとインフルエンサーとのコラボレーションを通じた、多彩なランチングショーまで企画·主管する<ビジョンピーアール>の代表取締役。

チェグクの兄と中学、高校から大学までずっと一緒に通った。おかげでチェグクとは実の兄弟のように親しい間柄。上辺では常にチェグクから非難される人物だが、「実は」彼は能力者だ。気難しいクライアントとより気難しいセレブたち、そして機嫌を取るのが難しい宅配おじさんたちの間に存在する、緩衝地帯として力のバランスを合わせる。<ビジョンピーアール>を実力のある会社に育て上げた張本人。

実は彼は「実は」という修飾語がたくさん付く男だ。上辺では目が高いからだと言うが、本当は好きでいてくれる女がいない。今までシングル。仕事がとても面白くて寂しくないと思うが、実は毎晩一人で飲むビール缶と会話する男。チスクに乱暴な毒舌を振るうが、実は小心者ではありません。チェグクに寸鉄人を飛ばすが、実はチェグクを誰よりも気遣う男。

ところが、平穏だった彼の日常が、ファン·チスクのおかげで非常に複雑になった。


出典:SBS

パク·ヒョジュ チョン·ミスク役 ヨンウンとファン·チスクの女子高校の同窓生。専業主婦

今日より明日を生きる女。やりたいものがあっても、欲しいものがあっても、家を買ったら。車を買ったら。 積み立てができたら、 義理の両親を70歳の旅行に行かせて、私は毎月知らせて来るように一ヶ月も欠かさずにやってくる言い訳のおかげで、自分の欲望を先延ばしにして生きてきた。聞くだけで、この世に二人といない良妻賢母に孝行息子のようだが、実のところ、ミスクは高校生の時、俗称「ガム」をちょっと噛んだ。父の財産が知力であることを知り、天地の分もできないファン·チスクの髪の毛をかき集めてくれた事件は、同窓会の常連。その後、専門大学を卒業してから少しモデルとして活動していたが、秘伝ピーアールの末端職員だったクァク·スホと出会い、モデルとかなんとか幻想みたいなものを綺麗に折って、今は幼稚園児が一人いる良妻賢母として「身分洗濯」をしている。

ところが最近は子供の成長発育だけが早いのではないようだ。まだ40にもならないのに来てという間は来ないで更年期が来た。理由なく全てのことが下火で消化にもならない。ああ、体はどうしたんだろう。そして···。 まさか···。二番目…? だからその夜お酒を飲んで寝るのではなかった。イヌの夫をパッと病院を探していたんですけど‥‥。


出典:SBS

ユン·ナム クァク·スホ役 36歳。『ビジョンピーアール』企画チーム次長。ミスクの夫

自ら男前であることを自負し、おおらかなふりをするが、本当は涙もろいし、情も深いし、何よりも臆病な男。特に、妻のミスクが一番怖い。恋愛する時は2歳年上のお姉さんが与える、その優しさと寛大さに惚れたが、結婚年次が積もるほど、ますます強くなって荒々しくなるミスクのせいで、家でリモコン一つ自由に使えない身の上に、だんだん小さくなる自分を感じる。そしてスホにとって、会社は体と心の安息所だ。代表のソク·ドフンにそれなりに認められ、経歴の浅い社員たちはスホにリスペクトを送るので、ここでは小さくなった肩が伸びる感じだ。

特に彼女、ソ代理! 一生懸命仕事を習って、スホの言葉なら 応援と激励を惜しまない彼女のおかげで、会社員全員が病むという月曜病は早くも完治した。

そんなある日,。妻ミスクにひどいと思い、激しく食ってかかる事件が起こる。妻のミスクが変わった。「この女は狂っているのか?」と思った時に、ショックな事実を知ることになる。

ザ·ワンの人々


出典:SBS

チュ·ジンモ ファン代表役 68歳。<ザ·ワン>の代表

早く実業高校を卒業して東大門生地店に就職。体で転がって学び、小さな修繕社をはじめ、今日の<ザ·ワン>を作った典型的な自力成功型人物。なく生きて学ぶことができなかった自分の父のように、息子はちょっと違う生き方をしてほしい。 共に自分が成し遂げたこのすべてを子どもが享受し、育ててほしい。長女チスクはどう見ても見込みがなく、年老いて生んだ息子もまだ様子を見なければならない。19歳の時から算法を身につけてきた一つの会社のオーナーらしく、人を見る目つきが鋭く、人使いも知っている。ヨンウンの能力を早くから把握し、足りない娘、チスクの隣に付けておいた。しかしそこまでだ。 ヨンウンは自分の子供のレースのための助走であるだけで、その線を越えることを容認する気持ちはない。彼もまた、オーナーである前に父親だから。 その冷静さが再び波乱を呼ぶ


出典:SBS

オ・セフン ファン·チヒョン役 ファン·チスクの年の離れた弟。 <ザ ワン> 新入社員

一人の娘を産んで息子の消息がなく、母親が聖堂の夜明け祈祷に仏に百八拝して産んだ年子の息子。貴重な年老いて育ったせいか、特有の思い切りがある。
チスクとは異なり、計算が早く、雰囲気の把握に長けており、言いたいことは言う、適当に押すこともでき、一言で賢い……。しかし! 今は完璧に自分の歯を隠して生きているところ。

幼い頃から一銭のお金に執着し、商売しか知らなかった父を見て育った。そのおかげで海外留学しながら勉強する機会まで享受したが、勉強よりは遊び方が体質に合う。

お父さんのようにお金を使い、お金を使いながら「人生鐘を鳴らしたくない」。「稼ぐ人がいれば使う人もいてこそ、世の中が変わる」しかし、父親がそれを大目に見てくれる人ではないことは、誰よりもよく知っている。大人しく父の望み通りに<ザ·ワン>に入社。無邪気で真面目な新入社員のふりをしながら、大きな利益を得てスーパーカー別に集め、一生世界を飛び回って暮らす!遠大な夢を見て、一発で逃げるつもりだが。


出典:SBS

チャン·ヒョクジン コ·グァンス役 55歳。<ザ·ワン>生産部本部長

ニックネーム「タンジ日報」。自分より偉い人、自分よりアイディアが良い人、自分よりファン代表が愛する人の意見、企画などは、一応、タンジから歩いて一歩後退させるという言葉から出たニックネーム。自分が努力してうまくいく考えをするのが道理だが、そうするには頭が足りず、むしろ他の人たちを後退させる。さらに能力を下向き平準化させると、自分にもちょっと付いていくんじゃないか。その悩みで今日も夜明けの祈りに通いながら、知恵をくれと泣訴する人間。同時に、いつどの瞬間から追い出されるか分からないという不安をのど飴で寝かしつけ、なんとかして子供たちを出家させるまでは耐え忍ばなければならない、今時の悲しき老長。


出典:SBS

ソン·ユヒョン オ·イナ役 32歳。<ザ·ワン>のセカンドブランド「ラモン」のデザインチーム長であり、ランチングブランド<クレルメリ>チーム長

善良だ、世の中純粋だ…..にだまされるな。10年間、公務員試験を準備している夫と、保育園の終日クラスに置かなければならない3歳の息子が、目にふまれて、どうしても給料注射を打たなければならない女。切羽詰って切実だという言い訳で、後頭部の達人。反省も、申し訳ないとも思わない「花瓶誘発者」。


出典:SBS

キム·ボジョン ナム・ナリ役 30歳。<ザ·ワン>「ソノ」チーム課長。

江南の母親の下で育ち、正解を選ぶことには長けている、典型的な「江南キッズ」。試験用紙を見たら、答えを出すのと同じくらい、直面している状況から模範解答を導き出す。現在、能力があり賢く、ソノを塔へと導くヨンウンを心から信じ頼りにしたがう。

そんなある日、いくら頑張っても韓国ブランドの限界、会社員の限界は個人の意志や努力では乗り越えられないということを肌で悟る事件が起こり、再び正解を選ばなければならない選択の前に置かれる。これまで生きてきたなら、正解は分かりきっている。 選ばなければならない。しかし、英銀と一緒に過ごした時間が彼女に試験のために、必ず答えがあるわけではないことを悟らせる。 危険な選択だ。 やや間違えれば、これまで築いてきたキャリアが崩壊しかねない。

ああ、人生を生きれるならどんなに良いだろうか。しかし人生は主観式だ。答えは自分が直接書くこと。ナリ、そうやって大峙洞キッズらしい賢さをベースに、ヨンウンとは、講師から学んだ人生の実利まで装着し、彼女だけの答えを書くが‥‥。


出典:SBS

ムン·ジュヨン アン·ソンジュ役 29歳。<ザ·ワン>「ソノ」チーム代理

自分感情に素直で本音を即表現するタイプ。同時に欲望にも率直だ。根拠のない希望なんかに夢やら未来やらいう童話のようなウィッシュをのせて、それを手に入れるのに時間の無駄にはならない。

それより早くセットアップできる位置に上がって、早く課長のタイトルをつけて、超高速チーム長もつけたい。それでヨンウンのように漢江ビューが見える アパートに住んでいて、私のデザインした方が現実的で合理的だから。

ソノのデザイナーという自負心はある。しかしソノと運命を共にするだけの義理合いはない。それは義理ではなく無謀な所信だと思うから。おかげで危機を招く選択をしたりもするが 、その率直さが時にはすっきり痒いところを掻いてくれ、新たな突破口を開いてくれたりもする。


出典:SBS

ハヨン チョン·ソヨン役 25歳。<ザ·ワン>「ソノ」デザインチームの末っ子

ちょうど今時の子供。平凡な家庭で美術学校入試クラスの志願程度だけ受け、コンビニ食で持ちこたえながら希望する大学に入学した。 そして現在は園に入社した新米の末っ子。このごろの子供らしく人生に適当にシニカルだ。 人生が私に幸運を下げて すごい反転があるという期待なんかもない。しかも平凡極まりない、白馬に乗った王子が現れるかもしれないし、無くても私を信じるのは自分の誠実さ。 自分の実力だけ。誰にも遠慮せずに、「ここは会社だ。自分のすべきことさえうまくやればいい」という多分に合理的な価値観を持っている。ファン·チヒョンという、代表の息子がしきりにうろうろしながら、「なぜ自分に関心を持たないのか」と問い詰める。

ヨンウン周辺の人物たち


出典:SBS

チェ·ホンイル ハ・テクス役 64歳。定年を1ヵ月後に控えた中学校の教頭先生。 ヨンウンの父親

生来の堅物で、融通性なんてことは薬に使うことも他の人たちや校長もよくやっているのに、屈せず教頭を定年退職する。「金英蘭法」ができたばかりだから、徹底的に受け取っておいた裏金もありそうなのに、立場が厳しい兄さんの 借金保証人に一度間違って立ったおかげで、単に年式の古い33坪のマンション1軒がすべてだ。それでも退職金が残っているので、退任してからはきちんと年金を受け取りながら、カンジョンジャ女史とカンウォン道とナムへ済州道へ旅行に出かけて、ヨンウンが手を差し伸べながら生きないと、夢もしっかりしているのに。突然、カン·ジョンジャ夫人が離婚を宣言する。


出典:SBS

ナム・ギエ カン·ジョンジャ役 67歳、ヒルズデパート文化センター最古参。 ハ·ヨンウンの母親

ハ·テクス先生の私募で、ハ·ヨンウンの母として、家にだけ閉じ込められて生きた。見た目はしっかりとした娘としっかりした夫がいるので、無に羨ましいことがあるだろうが、カン·ジョンジャ女史は過ぎ去った人生が惜しくて空しい。

テクスが出勤した後はデパートのカルチャーセンターに出勤し、2年が過ぎた。夫が無事定年退職したので、自分の任務も終わり、新しい人生を生きなければならない。その後、ミン夫人に会った。 一目でも上品で優雅で、聞いたところによると、結婚していない息子もいるそうだ。この機にヨンウンのパートナーにしてくれる? ヨンウンが嫁に行って、テクスと別れて、完璧に新しい人生を始めることを考える。女史にそれなりに緻密に近付いたため、テクスに積もった不満まで打ち明けながら、真の『ベストフレンド』になるが…。

チェグク周辺の人物たち


出典:SBS

チャ·ファヨン ミン女史役 66歳。チェグクの母。 流通業界の末娘

本名。ミン·ヘオク。流通網を従えた流通業家の末娘で、幼い時からきちんとした教育を受けて育った奥さん。しかし、あるふりをせず、威張らず、慈しみ深く謙遜する。体の不自由な患者のためのリハビリセンターにボランティア活動を行う。彼らの手と足になってあげ、まともな食べ物を出してあげたい。ヒルズデパートで料理の授業を受けている途中、チョンジャと知り合いになる。

外見は実に賢く賢明な婦人のようだが、 女としての人生は傷だけだ。死ぬ日まで他の女を抱いていた夫からもらえなかった愛は、子供への欲に変質し、夫や子どもに慰めてもらえない寂しさは、ますます執着になった。

それを慰めてくれたのは、文化センターで会ったカン·ジョンジャだ。どの面から見てもよく合うところが 一つもないと思ったが、本音を打ち明けたら、夫から息子にしてもらえなかった慰めになる。それがもう一つの人生の喜びになったある日、チェグクが会う女性がヨンウンだという事実を知るようになる‥‥。


出典:SBS

ユン·ジョンヒ シン·ユジョン役 40歳。デパート<ヒルズ>の常務理事

英国にケイト·ミドルトンがいるなら、韓国にはシン·ユジョンがいる。ヒルズグループの一人娘であり、インスタのフォロワー60万人以上を誇る、「申維貞(シン·ユジョン)は今の時代の真のインフルエンサーだ。デパートを運営し、トレンドを発掘する彼女ならではの感覚に実力、そして、表には出さないが滲み出る知性の品格。自発的なボランティア活動まで、 彼女は知性と人性をすべて備えた私たちの時代のインフルエンサーだから。

チェグクとは十年前、一家で結ばれた縁。チェグクが年に一度、韓国に来る度に気軽に安否を尋ねる間柄。そんなある日、チェグクに頼まれて「ザ·ワン」の新商品発売イベントに参加して、ヨンウンに会う。

季節はずれの愛だと思った。 終わった流行だと思った。ところが、ヨンウンに会い、彼女と共にするチェグクを通じて、忘れていた感情が再び上がってくる。よりによってレトロが流行るこの頃に。

その他の人物たち


出典:SBS

ユラ ヘリン役 29歳、インフルエンサー

本名ヤン·ウンヒ。持ち前のビジュアル、必死に管理する努力のおかげで、100万人以上のインスタグラムフォロワーを保有している。今の時代最高のセレブであり、プロ根性に透徹した真のインフルエンサー。

もちろん彼女に協賛をお願いする広告主の間では、気難しい「甲質女」としても有名だが、それでもかまわない。大衆は見えることだけで判断し、敏感で気難しい条件は、彼女がセレブの地位を維持するためのプロ根性であり、職業意識だからだ。


出典:SBS

キ・ウンセ ソ·ミンギョン役 33歳。ビジョンピーアールのマーケティングチーム代理

すっきりと端正でクールなキャリアウーマン。30歳を過ぎてから自ずと身についた人生のコツ、社会生活の世渡りを賢く習った。足りない部分は、直属上司のクァク·スホによく従い、彼から熱心に学んでいる。それでスホと二人きりの時間も多くなり、ぎりぎりな線を行き来したが、今はスホのオフィスワイフであり、恋人で配下の社員。

 

出典:SBS

スタッフ /
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

daisySSさん
今、別れの途中です 1話・2話 あらすじと感想
今、別れの途中です 3話・4話 あらすじと感想
今、別れの途中です 5話・6話 あらすじと感想
今、別れの途中です 7話・8話 あらすじと感想
今、別れの途中です 9話・10話 あらすじと感想
今、別れの途中です 11話・12話 あらすじと感想
今、別れの途中です 13話・14話 あらすじと感想
今、別れの途中です 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

真実の愛、一緒にいなくても続く愛の力、、、偶然から始まった出会いは、10年もの時間を経て、、、肯定的な力を持つロマンスドラマ!

チャン・ギヨンとソン・へギョが主演を務める話題の最新作!

特にチャン・ギヨンが入隊前に出演する最後の作品として知られ、放送前から注目を浴びました。ドラマの主人公はファッションデザイナーとフォトグラファー(写真家)とい設定で、ファッション業界を舞台にしたスタイリッシュで、ドキドキするロマンスドラマでした。

軽いカジュアルな出会いを求めるハ・ヨンウン(ソン・へギョ)は、ファッションウィークのパーティーに参加してユン・ジェグク(チャン・ギヨン)と一夜を過ごすことから始まるストーリーですが、二人の偶然の出会いがかさなり、真実の愛だと気づいていく様子が描かれます。

運命的な恋の相手のはずの二人、、、しかし、二人の恋は大きな困難があり、ヒロインハ・ヨンウン(ソン・へギョ)はユン・ジェグク(チャン・ギヨン)との恋を拒み、、、ドラマのタイトルが何故「今、別れている最中」となったのか理解できるようになる、展開です。

激しい展開というよりは、緩やかに主人公たちの感情や気持ちの変化を描く展開となるロマンスドラマなので、展開が遅いと感じる話もありました。でも、登場するセリフがとても素敵で、ハ・ヨンウンとユン・ジェグクの会話のやり取りを見るだけでドキドキさせられました。

単純なロマンスドラマではなく、ヒロインのハ・ヨンウンの親友たちのストーリーも描かれ、主人公たちだけではなく、登場する周辺人物たちのストーリーの展開も興味深く、伝えようとするメッセージを持つ展開が描かれます。

個人的はユン・ジェグクを演じるチョン・ギヨンが主演ということで観始めたドラマですが、予想していた以上にチャン・ギヨンがカッコよく、愛に真っすぐなキャラクターを上手に演じています。2018年に放送された「ここに来て抱きしめて」で主演を務め注目を集めたチャン・ギヨンですが、「検索キーワードを入力してください」でもカッコいけどキュートな年下男子を演じています。

2021年に放送された「九尾の狐とキケンな同居」で演じたシン・ウヨ役も素敵だったので、このドラマへの期待も高かったです。期待は裏切られることなく、このドラマでソン・ヘギョと見せたケミカル(相性)も完璧!早くも除隊して新たなドラマの主人公として復帰することが待ち遠しいです。

誰かを愛することの意味を考えさせてくれるドラマでした。お互い会えず過ごす時間を続いても変わらないお互いへの恋心に、最終話のエンディングまで結末が気になるドラマでした。ロマンスドラマを見て癒されたい方に、お薦めしたい作品です。






【放送情報】


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

    • Star 
    • 2021.11.12

    相関図が違いますよ^^

      • kdora
      • 2021.11.12

      教えて頂き有難うございます。間違えてました。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP