九尾狐伝1938 7話・8話 あらすじと感想

九尾狐伝1938


九尾狐伝1938 구미호뎐1938 2023年放送 tvN 土日 全12話

daisySSさん

第7話視聴率5.324

第7話あらすじ

リュ・ホンジュ(キム・ソヨン)を助け出すためにチャン・サンボムの世界に踏み込んだイ・ヨン(イ・ドンウク)とチョン・ムヨン(リュ・ギョンス)。

そこは「チャン・サンボムの新婦」の撮影現場で、広告のワンシーンを撮影するため、リュ・ホンジュからビンタされてしますイ・ヨン。

「私あなたの記憶を見たわ。朝鮮時代に死んだはずが目を覚まして見ると、未来」と語り始めるリュ・ホンジュ。

「あなたと私は同じよ」と続ける言葉のあと、「お前が私を呼んだ。彼女はお前のせいで暗闇をさまよい死ぬことになる」と聞かされたチョン・ムヨン。

現れたイ・ヨンによって阻止されたリュ・ホンジュ。直に場面が飛び、、、別の撮影現場へと移動させられたイ・ヨンとチョン・ムヨン。別のドラマ撮影現場で、攻撃を受ける二人。

ドラマの撮影現場は、閉じ込められた妖怪たちが集まっている場所で、兄が無事に戻られるよう糸を持って待つイ・ラン(キム・ボム)の前に、これまで閉じ込められていた妖怪たちが姿を現し、イ・ランへの攻撃を始めます。

次に気が付くと、イ・ランとチョン・ムヨンは、クイズ番組に出演。司会者は亡くなったチョン・ムヨンの兄チョン・ホヨン(シム・ヒソプ)。「何故親友の兄を殺したんですか?」との質問をされたイ・ヨンは、「何があってもお互いを必ず守ろうと約束した。あの時、ムヨンを助ける方法はあれしかなかった」と返事する。

兄が亡くなった日の事を振りかえるチョン・ムヨン。弟ムヨンを殺そうとする兄チョン・ホヨンを発見したイ・ヨンは、親友を助けるためにチョン・ホヨンを刺します。刺された後も、弟を再び殺そうとするチョン・ホヨン。

イ・ヨンはムヨンの前でチョン・ホヨンにとどめをさして、兄を亡くした悲しみに涙を流すムヨンを見つめるしかないイ・ヨン。

イ・ヨンの説明を聞いたチョン・ムヨンは、「兄には理由があったはずだと、待ってほしいと言ったのに!」と怒りをぶつけます。

イ・ヨンはついにリュ・ホンジュがいる場所までたどり着きます。しかし、チャン・サンボムの新婦になって操られているリュ・ホンジュは、イ・ヨンへの攻撃を始め、「殺してしまえ」と語るチャン・サンボムの言葉に、リュ・ホンジュは二人の首を絞めます。

その時、イ・ヨンは幼い頃チョン・ムヨンとリュ・ホンジュの三人で分けて持ち続けたクシをリュ・ホンジュの手に握らせ、、、自我を取り戻すことが出来たリュ・ホンジュと共に、チャン・サンボムを退治します。

「チャン・サンボムを呼び出したのはお前だったのか?」の言葉に、チョン・ムヨンは、「1000年間生きた妖怪の清水が必要だったからな」と語ると、ボトルの中の水を飲み干します。チョン・ムヨンの体の傷がすべて癒され。。。

「お前をここに閉じ込めた。お前はもう戻られない。愛する者とも二度と会えない」と語ると、攻撃を始めます。

イ・ヨンが攻撃されて危険な状況に追い込まれた時、弟のイ・ランが現れてチョン・ムヨンを阻止します。チョン・ムヨンは、イ・ランに自分が見た未来を伝えると、その場から姿を消す。

第7話感想

チョン・ムヨンの兄が死んだ経緯が今話で明かされました!

しかし、兄を死なせたくなったチョン・ムヨン、、、彼が主張していた通り、チョン・ムヨンの兄が弟を殺そうとした背景には、何か隠された秘密があるのでしょうか。

今話は、チョン・サンボムという妖怪の世界に入ってしまったイ・ヨンとチョン・ムヨンを中心に描く一話でした。

リュ・ホンジュは、幼い頃共に育った二人を助けたいと願いますが、果たして二人を同時に助けることができるのでしょうか。

チョン・ムヨンがイ・ヨンを過去の時間に閉じ込めた理由は、兄を生き返らせる何かを未来から来たイ・ヨンが持っているからなのか、今後明かされることになるようです。

果たして1938年を生きるイ・ヨンにはなく、未来から来たイ・ヨンにあるものが何か、気になりますね。

これまで進展することのなかったイ・ランとチャン・ヨヒ(ウ・ヒョンジン)のロマンスは、妖怪たちに命を狙われたイ・ランをチョン・ヨヒが助けたことで急接近して、キスを交わすまでに発展しました。

かなり二人の距離が縮みましたら、このまま二人のロマンスは幸せなエンディングを迎えることになるのか、唯一ラブラブな関係が描かれるのはこの二人だけのため、今後の進展が楽しみです。

チョン・ムヨンがイ・ランにささやいた言葉が何か、少し不安が残るエンディングでした。

第8話視聴率6.736

第8話あらすじ

かとうりゅうへい(ハ・ドグオン)の命令で日本の妖怪たちが京成(キョンソン)に集まります。その目的は、朝鮮の固有の妖怪たちを消し去ることと、妖怪たちを使って実験をすることで武器化するためでした。

先ずは形成の街中をチェックする日本の妖怪たち。人魚のチャン・ヨヒ(ウ・ヒョンジン)を発見すると、「人魚肉を食べたら永遠に生きられる・・・」と語り、彼女から目が離せない。一方、女性妖怪は、イ・ラン(イ・ドンウク)を見ると、彼のカッコよさに惹かれる。

チョン・ムヨンから未来をつげられたイ・ラン(キム・ボム)は、自分が100年も生きられないと、、、兄イ・ヨンが生きるための犠牲になったと知ると、やるせない気持ちになります。

好きな人もできて、、、もっと生きたいと思う気持ちからか、イ・ヨンへの誤解が深まります。

イ・ヨンを誤解する理由は、彼が自分に優しくする理由が、将来自分を犠牲にして生きられたからだと、、、イ・ヨンに冷たく当たる。

チョン・ムヨン(リュ・ギョンス)は兄の骨と土と混ぜて生き返らせる呪文を問います。しかし、完璧に兄を生き返らせるためには、「守護石」と「金尺(クムチョック):死んだ者を生き返らせる力がある」を手に入れる必要がある。

チョン・ムヨンの危険な試みを知ったけんえおう(アン・ギルガン)は、これ以上危険なことは辞めるよう説得しますが、チョン・ムヨンは何があっても必ず兄を生き返らせる決意を曲げない。

行き場を失った朝鮮の妖怪たちは、奪衣婆(たつえば)に苦情を伝えます。多くのクレームが押し寄せると、彼からの問題を解決するために、奪衣婆(たつえば)は、イ・ヨンとリュ・ホンジュ(キム・ソヨン)に、彼らからの苦情を処理させます。

リュ・ホンジュは、イ・ヨンが去る時期がいつなのかを問い、「待っている人がいるので、1週間後には戻る」と告げられます。

一方、将来のことを知らされて落ち着かないイ・ラン、、、人魚のチャン・ヨヒは、「私にキスまでして」と話すと、必ずイ・ランと結婚をするとストレートな気持ちを伝えます。

萬波息笛(マンパシクジョク)には行き場を失った妖怪たちが一時的に滞在中。

そんな中、いたずらをする妖怪を発見したリュ・ホンジュは、「こんな真似をして許さないわ」と語り退治しようとした時、「あなたの知らない秘密を教える」と話すと、イ・ヨンが守護石をもっていることを教えます。

初めてリュ・ホンジュは、イ・ヨンが守護石と金尺(クムチョック)を持っていたことに気づきます。

100年も生きられないと知ったイ・ランは、ひどく落ち込み、、、寿命をかけて鬼とギャンブルを始め、、、負けてしまった結果、寿命が残りわずかの状況。

そのことを知ったイ・ヨンは弟を助けるために、彼と賭けをした鬼とのギャンブルに参加します。鬼がいかさまをやっていることに気付くと、「お互い騙すことなく勝負をしよう」と持ち掛け、、、始まった賭け。。。

イ・ランだけでなく、他の妖怪たちを騙して奪った生命をかけた対決は、イ・ヨンの勝利で終わり、イ・ランは本来の自分の寿命をキープできることになります。

未来に戻られる日が近づく中、日本の妖怪たちによって居場所を失った中間たちを助けて、未来に戻る計画を立てるイ・ラン。

第8話感想

イ・ヨンとイ・ラン兄弟・・・シーズン1で見せたブロマンスがシーズン2では期待に満ちない、、、と個人的には感じました。

自分の未来を知った後、鬼と賭け事をして問題を起こすイ・ラン。

イ・ヨンを誤解して冷たく当たっていたイ・ランが、兄を誤解していたことに気付いたのは、未来のイ・ランが自分を犠牲にして兄を助ける前に残したメッセージを見たからでした。

ひとまず、イ・ヨンとイ・ラン兄弟は誤解が解けて信頼する兄弟関係へと戻った様子。

1週間後、イ・ヨンが未来にタイムスリップする予定だとは、未だ知らないようでイ・ラン。シーズン2のイ・ランは中二病の弟のイメージでしたが、今後イメージを一新する出来事が起こる気もします。

京成(キョンソン)に日本の妖怪が現れ、朝鮮の妖怪たちの世界が見られるという設定、、、今後、どのように描いて行くのか楽しみです。

イ・ヨンを1938年に閉じ込めたチョン・ムヨンは本来なら悪役のはずが、死んだ兄を生き返らあせたいと強く願う弟として、奮闘する姿がこれまで描かれました。

日本の妖怪が本格的に登場することになり、幼い頃からの親友であるムヨンとヨンが協力して、日本の妖怪たちとの戦いに挑む、、、

ストーリーへと発展していくと予想されますが、果たしてイ・ヨンは月に一度しか開かないキャビネットを通じて未来にタイムリップすることが出来るのでしょうか。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP