不可殺 1話・2話 あらすじと感想

不可殺-永遠を生きる者-



不可殺-永遠を生きる者-불가살 Bulgasal: Immortal Souls プルガサリ 2021年放送 tvN土日 全16話

第1話視聴率6.346%

hg@さらんさん

第1話あらすじ

「600年前、この血には人間でない生命体がいた。それは『鬼物』。人を捕まえて食べる怪物だ。しかし、今は全て消え去った、自分以外は。自分はこの地に生き残った最後の鬼物。殺すことも死ぬこともできない『不可殺(プルガサル)』この不死の呪いを断つために、あの日からあの女を追いかけているのだ。」

《600年前、高麗時代末期》

飢饉と戦乱で村を焼き出された人々は、深い雪の中を安住の地を求めて歩く。人々が戦乱よりももっと恐れているのは鬼物に恐れながら歩く彼らの前にチョンマグ(食欲が強く人の死体まで食らう鬼物)が現れる。そのおぞましい姿に誰もが後ずさるなか、一人の妊婦が近寄っていく。

妊婦はチョンマグを呼んだ。何度も呼んだ。すると、三つの目を持つ恐ろしい姿のチョンマグは妊婦に近づいて来た。妊婦は自分の大きなお腹を示しながら、「この子を、この子を…(食べてくれないか?)」そのお腹に目をやったチョンマグは恐れて去って行ってしまう。「この子は不可殺(プルガサル)に呪いを受けた。生まれてはいけない。プルガサルが追ってくる…。」駆け寄った夫は必死で説得するが、その夜、妊婦は首をくくって死んでしまう。しかし、その死体からなんと赤ん坊が生れ落ちる。

巫女はその子が「プルサガルの呪いを受けている」と。プルガサルは魂を持たず、殺しても死なない鬼物という。その子の魂は前世でプルサガルの恨みを買った。プルガサルは恨みを持つ人間の魂をどこまでも追いかけるのだと。訳も分からずただ怯える周囲の人々。

《10年後》

名前のない男の子は一人だった。プルサガルの呪いを恐れた父親は、ずっと前にその子を捨てた。村の人々はその子を見ると不吉がり、唾を吐き捨てた。だから、その子は村はずれに一人で住むしかなかった。そんなある日、事件は起こった。山に猟に入ったパルボンという男が死んだのだ。木の上に引き上げられて、全身の血を抜かれて死んだ。これはプルガサルの仕業に違いない。

笠をかぶった謎の女がパルボンの死んだ場所にやって来て、その血を手繰ってパルボンの記憶を感じ取る。その夜、パルボンの家族は何者かによって、皆殺しにされる。そのむごたらしい光景に恐れ戸惑う人々に向かって、巫女が叫ぶ。「あの子を追ってやって来たプルガサルに、この村の人間はすべて殺されてしまうだろう。」

一人の男が「あいつを殺さなければ。」と手に武器を持ち立ち上がる。そのあとに男たちが続く。男の子は追われ追われて、凍った池の上に歩み出す。パキッ! 氷にひびが入る音。ピシッ!さらに氷は大きく割れ、その子は冷たい水の中に転落してしまう。どんどん沈んでいくその子を救う誰かの手。

洞窟の中で目を覚ました男の子は、置いてある笠と荷物を見て、もしや父が戻って来たかと急いで外に出る。そこには見たこともないような美しい謎の女がいた。あっけにとられた一瞬にまた男たちが襲って来る。もうだめだと思った時、女がその子をかばって刃を受けて倒れてしまう。混乱した男の子は反撃を試みるが、すぐに男たちに捕まってしまう。

男の子の命を助けたのはタン・グク将軍。グクはその子にファルと名付け、村から連れて行ってしまう。「将軍もきっと呪いに巻き込まれるでしょう。その子の近くにいる者は血を吐き、目には黒い土が入るでしょう。」巫女の予言を背に受けながら。

《17年後、朝鮮建国初期》

鬼物退治に人生をかけたグクは腕を失ってなお、前線を駆ける。引退の近い今、跡継ぎにはファル以外考えられない。ファルは鬼物にさえ恐れられる鬼物キラーだ。最期の鬼物を探して夜の闇を進軍していたグクは幻覚を操る女の姿の鬼物のせいで、味方の兵士たちに殺されかける。ファルは長いやりを投じて鬼物に命中させると、恐ろしい本性を現した鬼物と死闘を繰り広げる。鬼物は断末魔の呪いの言葉を吐いて死ぬ。「この恨み忘れぬ。お前の魂を覚えておくぞ。」

家に戻ったグクとファル。グクの娘でファルの妻であるソルは、半月前に子供を死産して以来、平常心ではない。決して望んで妻になったわけではないソルは、ファルの呪いのせいで息子アチャンは目の病で始終血を流し、娘は死んだとファルを憎む。アチャンはファルの愛を望んでいるが、ファルはどうしてもその手を取ってやることができない。しかし、ソルとアチャンの為にもプルガサルの呪いを終わらせなくてはいけない。

プルガサルの討伐に出たファル一行。妻とアチャンも同行する。ある村の入り口で、一人の子供が殺されるところを助けるファル。プルガサルの生贄にするという巫女と村人。見覚えがある。あいつらだ。「討伐などすれば、プルガサルに祟られる」巫女の言葉を背に山へと向かうファル一行。17年前、山中で死んだはずのあの女を見かけたファルはその姿を追いかけていく。昔と全く変わらぬ姿をしたその女がプルガサルだ。

「お父さんは私を嫌いなんでしょう。こんな目だから。」アチャンとソルの会話を聞いたファルは、逸る気持ちで一人捜索に出る。その頃、プルガサルは駐屯地に侵入して殺戮を繰り広げ、アチャンたちは山に逃げるも結局追いつかれて殺されてしまう。ファルは今わの際のアチャンを胸に抱き、怖がらずに抱いてやればよかったと後悔の涙を流す。そんなファルの背中を剣で刺したプルガサルはファルから魂を抜いてしまい…。

第1話感想

高麗時代にプルガサルは朝鮮半島に存在した伝説が実際にあるようです。特に北の方に存在したと言われる所以で1985年には北朝鮮で「怪獣プルガサリ」という映画が作られています。その時のプルガサリの姿はまるで、ゴジラと牛魔王を足して2で割ったような風貌。鉄を食べて大きくなって最終的には20mにもなる完全な怪獣でした。

制作には北朝鮮の政府から潤沢な予算が与えられ、日本の特撮スタッフやスーツアクター(着ぐるみを着て演技)が招へいされ、実際できは悪くなく映画界からの評価も高かったらしいです。しかし、政治的理由で映画は非公開になり、のちに公開された映画には日本人スタッフの名前さえクレジットされなかったそうです。

韓国でも同じ題材で映画になっていますが、こちらはだいぶ遅く1962年に公開しています。韓国の怪獣映画と言えば「グエムル」が有名ですが、伝説の「プルガサリ」とは関係はありません。ドラマでは人間の形をしているプルガサル。これからの展開に期待です。

第2話視聴率5.826%

hg@さらんさん

第2話あらすじ

プルガサルはファルの刀をつたって来た魂をその身に受け入れて、一気に力が抜ける。一方、死んだはずのファルは目を光らせ、獣のようなうめき声をあげて振り返ると、プルガサルに刀を突き立てる。さらにもう一本の刀で肩のあたりを力いっぱい差しとおす。プルガサルは家族も殺した理由はお前の業報だと言って塵と消える。

ファルがプルガサルになり、妻子を殺したと報告を受けたグクは、まもなく王よりファルの討伐命命を受け、隊の先頭に立って現地に赴く。到着した一行が山の中を捜索する中、グクだけが麓に残る。案の定、グクの前に現れたファルは膝をついて自らを殺してほしいと懇願する。刀でさされようと、崖から飛び降りようと、炎に身を投じようと死ねないこの身。妻子は自分が殺したも同然。グクは振り上げた刀を振り下ろせずに、人知れぬ場所に去れと命じる。

「プルガサルを殺せ」後ろから声が。元より卑しい身分のファルが気に入らなかった副将は、王命に背くグクに致命傷を与える。ファルは憎悪を掻き立て、鋭い爪を伸ばしてプルガサルの姿になる。「やめろ!本当の鬼物になりたいのか。」グクの一声で踏みとどまる。

ファルはグクを介抱しながらも血を欲する自分と戦う。グクは決して人の血を呑まず、人間として生きることを約束させて亡くなる。ファルと同じように遠ざけて死なせた娘に詫びながら。3人の墓の前でただ立ち尽くすファル。近づいて来た巫女から怒りを捨てるようにと懇願されるが、自分をプルガサルにした女が人間に転生すると知り、深い強い怨念をたぎらせる。

時は流れ、倭寇が半島を襲い、民衆は逃げ惑う。暗い洞窟の中で過ごすファルにも助けを求める叫び声が届く。自然に妻子の死に様を思い出したファルは、低いうなり声をあげて兵士に襲いかかる。しばらくして静かになった川のほとりには倭寇の死体が散乱する。あとには馬の血を呑んで体を癒すファルだけ。

あの女の絵を描いた絵師がいるという。絵師は女を見たとたん殺意が沸いて、殺してしまったという。「自分が殺した鬼物の生まれ変わり」だと気づいたファル。絵師は本性を現してファルを襲うが、逆に殺されてしまう。プルガサルは決して死なない。女はファルの魂を得たことで人間になったが、多くの業報を負う身の上に。

《2006年》

ファルが暗い路地で待ち合わせた探偵の男は、前世でファルをかばってくれた唯一の村人。女性を探してほしいと写真を手渡すが、大昔の写真に戸惑う男。女は今も同じ姿をしているはずと言ってファルは闇に消える。

ソウルで暮らす平凡な中学生ミン・サンウンは自動車に乗った不審な男に後をつけられる。引きこもりで双子の姉サンヨンは、サンウンが男から「肩を見せて」と言われたと聞き、顔色を変える。肩の傷を探しているなら間違いない「プルガサル」だ。サンヨンはサンウンを無理やり連れて、家を出て行ってしまう。残された末の妹シホと母は訳が分からない。

夜行バスに乗ってしばらくして、サンウンは全身に虫が這うような感覚と手の震えを訴える。サンヨンが見ると、運転手は怪しい笑いを浮かべていた。「鬼物の生まれ変わり」と直感したサンヨンはバスを降り、足早に立ち去ろうとする。が、追いついてサンウンに不気味ににじり寄る運転手。サンヨンは運転手の首に手刀を突き立てて逃げ出す。何もかもが不安なサンウンは、どうして家を出るのか、プルガサルとは何か。前世とは何なのか。混乱して心無い言葉をソンヨンに投げつける。

2人は町からぽつんと離れた小さな家を訪ねる。サンヨンを見て「お姉さん」と呼ぶ老婦人。2人は抱き合って手を取り合う。そのうち、サンヨンは「プルガサルを殺す刀を探す」とサンウンを置いて行く。サンウンは「家に連絡をしてはいけない」という約束を破って家に帰ってしまう。バスターミナルに迎えに来た母とアパートに戻って来ると、何か不穏な気配がまとわりつく。ソンヨンは戻ってきたがすでに遅く、目の前に迫った危機に部屋に閉じこもるしか方法がない。もうどこにも逃げ道がない。

母は警察に通報する間にも、ドアをガンガン叩いて来る何か。悲鳴を上げながらも2人を守ろうとする母。サンヨンはサンウンをタンスに閉じ込め「生き延びて、プルガサルを殺す武器を探して」と言い残す。激しいうなり声と争う物音。そして、静かになる。サンウンが恐る恐るタンスを出て見たものは血まみれの2人と何かの影。虫の息のサンヨンは「逃げて」と口を動かすが、サンウンは手刀を拾い上げて突進する…。

一人生き残ったサンウンは病院に運ばれ、警察に何を聞かれても言葉を失ったまま。そうして、一人になると泣きむせぶ。夜更けに病院の廊下に現れたフードの男はサンウンのベッドのカーテンを開けるが、もぬけの殻。サンウンは知人宅に預けていたシホを連れ、あの老婦人の家に身を寄せる。

ーーーあれから、15年。姉妹の消息を訪ねて来たファル。が、そこに住んでいたはずの老婦人と姉妹はすでに消えていた。ーーー

その頃、ある洗濯所に勤めている女性。屈託なく明るい表情、おどけた性格。既婚者。同僚のおばさんたちは「ヒョンジュ」と呼ぶ。彼女は15年ぶりに自宅を訪ねた。そこはもう取り壊しの決まった誰も住んでいないアパート。今はいない姉に話しかけ涙をこぼす。そう、彼女の本名はミン・サンウン。その時、部屋のドアを叩く音が…。

第2話感想

巫女はグクがファルを連れて行くときに、ファルの近くにいる人間は呪いに巻き込まれると予言しました。近くにいる者には目に黒い土が入る=アチャンの眼病のことでしょう。ファルは自分の呪いがアチャンに影響しているのを直視できず、抱きしめてさえやれませんでした。

また、養父であるグクも人の過去を見るという能力を持つ娘ソルを、周囲の人々が恐れるようにグクもまた恐れて、ファルとアチャンのごとく、遠ざけてきたのです。ファルとグクは全く同じように、自分の子供に対して愛情を示さなかったことを深く後悔する結果になったのでした。これって、偶然じゃないのでしょうね。

そして、プルガサルだった女はファルの魂を奪ったために、多くの鬼物から命を狙われることになってしまったという事。そして、現代に生まれたのが最期の転生だということ。もっと不思議なのは、その記憶を持ったサンヨンは死に、サンウンが生き残ったこと。双子の2人が魂を分け合っていたという事なのかもしれません。

不可殺 3話・4話 あらすじと感想

不可殺-永遠を生きる者- (プルガサリ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP