ラン・オン それでも僕らは走り続ける キャスト・相関図 視聴率 あらすじ





NEW! 投票開始!


ムン・チェウォン 出演ドラマランキング


チョン・テス 出演ドラマ ランキング


ソン・イェジン 出演ドラマランキング


放送予定

●【日本放送】NETFILXでも配信

【韓国放送期間】2020年12月16日~

ラン・オン それでも僕らは走り続ける

런 온 Run On

2020年放送 JTBC   全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回2.145% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

出典:http://tv.jtbc.joins.com/runon

あらすじ

同じ言語を使っていてもコミュニケーションが難しい時代、お互い異なる世界に住んでいた人々がそれぞれの言葉でコミュニケーションして、関係を結び、愛に向かって「ラン・オン」する恋愛ドラマ

相関図


画像出典:JTBC

キャスト


出典:JTBC

イム・シワン キ・ソンギョム役 短距離陸上国家代表。陸上界の看板選手。サッカーにアン・ジョンファン、バドミントンにイ・ヨンデありとすれば、陸上にはキ・ソンギョムあり。陸上は不人気種目だったが、その上にソンギョムの顔をつけておけば、売れない試合の入場券が買われ、かつてないほど広告界のラブコールを受けた。

良い遺伝子を受けた顔、生まれつきの尊さ、心血を注いだかのようなプロポーション、ゆったりとした身だしなみ。このようにすべてのものを持ってみると、何かを熱望してみたこともない。

国会議員とトップ女優の息子で、ゴルフ女帝の弟という家族のタイトルを取ってみれば…。とある出来事をきっかけに陸上界を引退し、トラックを離れる。


出典:JTBC

シン・セギョン オ・ミジュ役 翻訳家。児童養護施設に保護された児童であることを聞くと、人々の反応はいつも“申し訳ない”だった。「私に家族がいないことが、なぜごめんなさいなのだろうか」。不器用な思いやりで、同情する権利はない。

中学校の時、最初に行った劇場で、初めて安堵感を感じた。電気が消える瞬間、安堵感に涙が出て、わあわあ泣いた。忘れられないあの日、言葉と言葉をつなぐ字幕を意識した。字幕がなければ分からなかったはずの外国語を意識し、翻訳家になった。映画の中で世界を学び、有り難かった字幕。初めて「字幕 オ・ミジュ」というクレジットを見た時に感じた感情は、震動レベルにまで上がる。

話の中の言語は、むしろ解釈しやすかった。ところが、120分の映画のセリフより、運命のように近づいてきた人の言葉が難しく感じた。


出典:JTBC

スヨン ソ・ダナ役 スポーツエージェンシーの代表&ソミョングループ常務。ソミョングループ唯一の本家の人間だが、年子で生まれた後妻の子のために後継序列で排除された。その日、ダナの辞書から人類愛は消えた。ダナは間違いは一切していない。完璧に生まれた以上、完璧である必要があった。元々、すべて私のものだったから、ただ取り戻そうとするだけ。

そのように激しく生きてきた彼女の人生にイ・ヨンファが入ってくる。誰かに申し訳ない気持ちを感じたことがなかったソ・ダナが、初めて忙しくて申し訳ないと思った男性だった。


出典:JTBC

5urprise カン・テオ イ・ヨンファ役 美大生。幼い時から“天才”という言葉を聞くのが嫌だった。謙虚ではなく、それは呪いのように聞こえた。歴史的にも有名な天才はほとんどが精神病になったりするじゃないか。ヨンファは大学で天才ではなく、平凡なレベルであった。平凡であり、適当であるのはいかに難しいことか、ヨンファは分かっていた。

自分の名前を意味する映画(韓国語ではヨンファ)とクロッキーが好き。スケッチブックを手にして街に出たり、映画を見ながらクロッキーをすることが日常だった。ところがある日、不思議な瞬間、笑顔で風変りな女性がヨンファの隠れた絵を見つけ出し、気に入った。心が揺れ、以来ヨンファの欲望はダナの恋人になること。

ヨンファにとってダナは、誰がいるのか、何をしているのか分からない、高い高いビルの上に一人で下を見下ろすかのごとく、高い塔に閉じ込められて降りられないラプンツェルのように見えた。

周辺人物


出典:JTBC

イ・ボンリョン パク・メイ役 輸入映画配給会社『五月』代表。ミジュの先輩であり同居人。のんきで、クールな人。通訳・翻訳のシニア入学通訳・翻訳大学院まで終えた、いわゆるエリートコースを踏んだ。映画も面白いが、映画祭は、もっとおもしろく、出世の道はさておき、外国映画翻訳に専念することにした。今では独立して、映画や芸術映画を輸入する小さな映画会社『五月』の代表である。


出典:JTBC

イ・ジョンハ キム・ウシク役 陸上代表選手。陸上界の有望株。おばあちゃんの手で育ち、年齢にふさわしくない若年寄りのような言い方をする。手は遅いが、足は速い。お金がなくても行うことができる運動である、陸上を選択した。ソンギョムの試合を見て一目惚れし、ソンギョムを目指し走ってきたし、代表になった。


出典:JTBC

パク・ソンジュン クォン・ヨンイル役 陸上代表選手。韓国の短距離走記録保持者。最高のスプリンターで韓国ランキング1位の選手。私だけの唯一の楽しみ、ソンギョムだけに関心がある。それが嫉妬なのか、そう…でもソンギョムの長年の仲間として、またスポーツマンとして行く道を応援することになる。


出典:JTBC

キム・ドンヨン コ・イェジュン役 ヨンファの友人であり、ドンギョンの息子。教会幼稚部からヨンファに出会い、その縁が大学まで続いた。「オレはお前で、お前はオレ」の間柄は、もう20年となった。


出典:JTBC

キム・シウン コ・イェチャン役 イェジュンの妹。ドンギョンの娘。世界で最も貧しい存在である、高3。世界一忙しいドンギョンと、世界一いたずらで悪い兄イェジュンに愛されるコ家の末っ子であり、マスコット…である。おそらく現在の願いは、高校を無事に卒業して大学に行くこと。

キ・ソンギョムの家族


出典:JTBC

パク・ヨンギュ キ・ジョンド役 4選された国会議員。ソンギョムの父。運動選手出身の政治家。“国民の初恋”だった女優ユク・ジウと、全盛期時代に結婚したおかげで、当時“国民の詐欺師”として有名になった。有名になった彼は、待っていたように政治に出場する意向を表明した。選挙シーズンに市民が認めるに値する家族を設けるのは、長い計画だった。ソンギョムの家がショーウィンドウ家族になったのは、完全にジョンドの意志であった。


出典:JTBC

チャ・ファヨン ユク・ジウ役 女優。ソンギョムの母。“国民の初恋”。2000年代にはスジ、1980年代にはユク・ジウ。カンヌ映画祭の女王とも呼ばれる完璧な女優だが、仕事を追っているため、素晴らしい母親になるどころか、母のイウンとも距離が遠い、天上の女優。


出典:JTBC

リュ・アベル キ・ウンビ役 プロゴルファー。ソンギョムの姉。世界ランキング1位のゴルフ女帝。海外遠征が多く、家族と過ごした時間は、一生で1年にもならない。大きな家に一人でいる可哀想な弟ソンギョムを考えると、切なくなる。もう1位であることに疲れ、引退して、色んなことを簡単にしてみようかと思ったら、愛する弟がほろ酔いで事故を起こした。

ソ・ダナの家族


出典:JTBC

イ・ファンウィ ソ・ミョンピル役 ソミョングループ会長。ダナの父。会社経営より結婚に本気な愛を重んじる人であり、前妻の命日にはクラシックギターを演奏し、悲しみの情を表する吟遊詩人(?)である。3度の結婚でできた子供たちの不満の声と葛藤には、あまり関心がない。ただ皆が貴重で美しい、自分の子である。


出典:JTBC

イ・シンギ ソ・ミョンミン役 ソミョングループの専務。ダナの半兄。男という理由だけで、後継者の座を占めた。能力がなく、ダナに対して常に自責の念を持っている。


出典:JTBC

チェ・ジェヒョン ソ・テウン役 アイドル。ダナの半弟。アイドルグループ『アトジュ』のメンバー。先天的に心臓が悪く、インキュベーターを始め、幼年期を完全に病院で過ごした。長くロサンゼルスで過ごし、韓国に帰ってきたが、彼を迎えたのは徹底した無関心だった。少なくともダナはテウンを嫌った。そのため、ずっとダナとの関係が悪い。

ダン・エイジェンシーの人々


出典:JTBC

ソ・ジェヒ ドンギョン役 エージェンシー『ダン』取締役兼エージェント。人を見定める目が優れているが、肝心の夫は結婚してはならない男を選んだ。不幸中の幸いで、夫を誤って選んだということを早く悟った。平日にはキャリアウーマン、土曜日はキャンプ族、日曜午後は教会の礼拝にまでと、きちんとした執事。その忙しい中で、子供たちまで愛さなければならない母でもある。


出典:JTBC

ヨン・ジェウク チョン・ジヒョン役 ダナの秘書。テウンの家庭教師として、ソミョングループと縁を結んだ。ダナの目にかなってスカウトされた。こう見えても法学部出身。与えられた仕事に最善を尽くし、時には命じられていないことでも、心に届く配慮をする優しい男性。

その他の人物たち

パク・サンウォン

ナ・ジフン

キム・ヨンホ

ソ・ジンウォン

イ・ジュウォン

ソ・ウンギョン トン・ギョン

キム・ジョンホ

出典:JTBC

スタッフ /脚本:パク・シヒョン、演出:イ・ジェフン、制作:MACE、コンテンツジウム
作成:え

.




話数ごとのあらすじと感想

hg@さらんさん

 

ラン・オン それでも僕らは走り続ける 1話・2話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 3話・4話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 5話・6話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 7話・8話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 9話・10話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 11話・12話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 13話・14話 あらすじと感想
ラン・オン それでも僕らは走り続ける 15話・16話(最終回)あらすじと感想

 




【PR】

年末・年始は韓流三昧。U-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ



NEW! 2021年版 投票開始!


韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021


韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


韓国ドラマ時代劇ランキング 2021(姉妹サイト・外部リンク)


韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー